エコ ドライブ 日記。 エコドライブ

日記: 燃費の向上を実現するエコドライブ法

エコ ドライブ 日記

ロードサービスを呼ぶ• JAFを呼ぶ• ロードサービスご利用時の確認事項• ロードサービスを知る• 入会・継続・各種手続き• 会員制度・入会費用について• 手続き一覧• 会員特典• 会員証について• JAFをもっと活用する• セーフティドライブ• お問い合わせ・サポート• 国際業務の取扱窓口• エコドライブに取り組む前に、正しい運転姿勢がとれているかどうか確認しましょう。 かかとの位置が後ろ過ぎると、つま先だけでアクセルペダルを踏むようになります。 この姿勢では、微妙なアクセルワークができず、エコドライブに適しません。 チェック!• 座席に深く腰掛けて、背もたれと座面に密着するようにします。 アクセルペダルとかかとの位置が離れすぎないように、シート位置を調節します。 踏み込みは、かかとを支点にして足全体でアクセルペダルを押します。 この時、ブレーキペダルとの踏み替えやすさも意識しましょう。 ペダルを深く踏み込んだ時に、靴のシワがたくさんできるのは、つま先だけで操作している証拠。

次の

日記: 燃費の向上を実現するエコドライブ法

エコ ドライブ 日記

また、エコドライブは、交通事故の削減につながります。 燃料消費量が少ない運転は、お財布にやさしいだけでなく、同乗者が安心できる安全な運転でもあります。 心にゆとりをもって走ること、時間にゆとりをもって走ること、これもまた大切なエコドライブの心がけです。 エコドライブは、誰にでも今すぐに始めることができるアクションです。 小さな意識を習慣にすることで、あなたの運転がよくなって、きっと社会もよくなります。 できることから、はじめてみましょう、エコドライブ。 ECO DRIVE POINT 1 自分の燃費を把握しよう ECO DRIVE POINT 3 車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転 走行中は、一定の速度で走ることを心がけましょう。 車間距離が短くなると、ムダな加速・減速の機会が多くなり、市街地では2%程度、郊外では6%程度も燃費が悪化します。 交通状況に応じて速度変化の少ない運転を心がけましょう。 ECO DRIVE POINT 4 減速時は早めにアクセルを離そう 信号が変わるなど停止することがわかったら、早めにアクセルから足を離しましょう。 そうするとエンジンブレーキが作動し、2%程度燃費が改善します。 また、減速するときや坂道を下るときにもエンジンブレーキを活用しましょう。 暖房のみ必要なときは、エアコンスイッチをOFFにしましょう。 また、冷房が必要なときでも、車内を冷やしすぎないようにしましょう。 10分間のアイドリング(エアコンOFFの場合)で、130cc程度の燃料を消費します。 エンジンをかけたらすぐに出発しましょう。 (自動アイドリングストップ機能搭載車は問題ありません。 ) ・手動アイドリングストップ中に何度かブレーキを踏むとブレーキの効きが悪くなります。 ・慣れないと誤動作や発進遅れが生じます。 またバッテリーなどの部品寿命の低下によりエンジンが再始動しない場合があります。 ・エアバッグなどの安全装置や方向指示器などが作動しないため、先頭車両付近や坂道での手動アイドリングストップはさけましょう。 ECO DRIVE POINT 7 渋滞を避け、余裕をもって出発しよう 出かける前に、渋滞・交通規制などの道路交通情報や、地図・カーナビなどを活用して、行き先やルートをあらかじめ確認しましょう。 たとえば、1時間のドライブで道に迷い、10分間余計に走行すると17%程度燃料消費量が増加します。 さらに、出発後も道路交通情報をチェックして渋滞を避ければ燃費と時間の節約になります。 また、エンジンオイル・オイルフィルタ・エアクリーナエレメントなどの定期的な交換によっても燃費が改善します。 ECO DRIVE POINT 9 不要な荷物はおろそう 運ぶ必要のない荷物は車からおろしましょう。 車の燃費は、荷物の重さに大きく影響されます。 たとえば、100Kgの荷物を載せて走ると、3%程度も燃費が悪化します。 また、車の燃費は、空気抵抗にも敏感です。 スキーキャリアなどの外装品は、使用しないときには外しましょう。 ECO DRIVE POINT 10 走行の妨げとなる駐車はやめよう 迷惑駐車はやめましょう。 交差点付近などの交通の妨げになる場所での駐車は、渋滞をもたらします。 迷惑駐車は、他の車の燃費を悪化させるばかりか、交通事故の原因にもなります。 迷惑駐車の少ない道路では、平均速度が向上し、燃費の悪化を防ぎます。

次の

日記: 燃費の向上を実現するエコドライブ法

エコ ドライブ 日記

警察庁、経済産業省、国土交通省及び環境省で構成するエコドライブ普及連絡会では、エコドライブの普及・推進において統一的に用いられるエコドライブ10のすすめを見直しました。 1.『エコドライブ10のすすめ』について エコドライブ普及連絡会では、これまで、エコドライブとして推奨すべき「エコドライブ10のすすめ」を平成15年に策定し、平成18年及び平成24年の一部見直しを経て広報啓発を行ってきました。 今般、前回の見直しから一定期間経過していることから、10のすすめの項目の見直しの必要性について、関係団体等と点検を行いました。 エコドライブに取り組もうとするもしくは継続的に実施するきっかけとしては、「燃費を把握する」ことが重要であると考えました。 このため、第10項目『自分の燃費を把握しよう』を第1項目に移すなどの見直しを行い、新たな『エコドライブ10のすすめ』を下記のとおり策定しました(別添1)。 『エコドライブ10のすすめ』• 自分の燃費を把握しよう• ふんわりアクセル「eスタート」• 車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転• 減速時は早めにアクセルを離そう• エアコンの使用は適切に• ムダなアイドリングはやめよう• 渋滞を避け、余裕をもって出発しよう• タイヤの空気圧から始める点検・整備• 不要な荷物はおろそう• 走行の妨げとなる駐車はやめよう 2.『エコドライブ10のすすめ』のリーフレットについて エコドライブ10のすすめの改訂に合わせて、その周知を図るために『エコドライブ10のすすめ』リーフレットを作成しました。 新しい『エコドライブ10のすすめ』リーフレットは、ドライバーに新しい10のすすめを知っていただくだけではなく、ドライバーが子供と一緒にエコドライブで学ぶことをコンセプトに作成されています。 また、エコカーの利用や、ハイブリッド車、電気自動車のエコドライブ運転方法のコツなどが記載されておりますので、御参照ください(別添2)。 今後も、『エコドライブ10のすすめ』とともに、警察庁、経済産業省、国土交通省及び環境省で構成するエコドライブ普及連絡会は、エコドライブの普及・推進に努めてまいります。 ガソリン量、給油日、オドメーター距離などを入力するだけで燃費がわかる燃費管理アプリが便利。 燃料噴射量及び車速から算出される瞬間燃費が表示されるものもある。 関連資料• 資源エネルギー庁 省エネルギー課長 江澤 担当者:井出、後藤 電話:03-3501-1511(内線 4541) 03-3501-9726(直通) 03-3501-8396(FAX)• 製造産業局 自動車課 電池・次世代技術室長 吉村 担当者:西野、佐藤 電話:03-3501-1511(内線 3831) 03-3501-1665(直通) 03-3501-6691(FAX).

次の