趣味 と 特技 の 違い。 履歴書の「趣味・特技」が思いつかない時の対処法|例文と書き方の解説

【面接対策】おすすめ!公務員試験における趣味・特技とその注意点

趣味 と 特技 の 違い

【このページのまとめ】• ・特技とは、「趣味が高じたなにか。 自信が持てる特定の技能」を意味し、趣味とは異なる ・履歴書に書く特技がない人は、自分の趣味に対して専門的なスキルや知識を持っている場合「特技」として書けることがある ・面接の場では、応募者の人柄や特技を業務に活かせるかどうかを知るために特技を聞かれることがある ・特技欄を空欄で提出するのは避けたほうが良い ・志望職種の業務で活かせる特技や人柄がわかる特技、珍しい特技は高評価を得やすい 履歴書の趣味・特技欄に書く際、「自分の特技ってなんだろう?」と悩む人は少なくありません。 中には、趣味と特技のボーダーラインに戸惑う人も。 採用担当者が応募者のことを知る材料の1つとして注目する特技。 では、履歴書に書く特技は、どのようなものが適しているのでしょうか?趣味との違いを踏まえながら解説します。 コンテンツ目次• 特技と趣味は似ているようで、実は意味が異なるのはご存知でしょうか?実際、「趣味はあるけど、特技といえるほど極めていない」「自信があるけど、特技といって良いかわからない」と、特技や趣味に関して曖昧になってしまうことも。 一般的に、特技は「趣味が高じた何か、自信が持てる特定の技能」を意味し、趣味は「専門ではなく、楽しみとして行う事柄」を意味します。 もしも、「履歴書に書く特技がない」という人は、一度趣味を振り返ってみましょう。 その趣味に専門的なスキルや知識がある場合、趣味ではなく、特技として履歴書に書くことができるかもしれません。 <関連記事>• ・面接時の会話のきっかけにするため ・応募者の人柄や人間的な魅力を知るため ・業務で活かせる特技がないか知りたい など 特技を思いつかない人は、つい特技欄を空白にしがち。 だからといって特技欄になにも書かないというのは避けたいものです。 「特技」と聞くと深刻に考えてしまうかもしれませんが、『自信が持てる特定の技能』というのは、趣味や仕事に関することだけではありません。 例えば、節約や家事、早起きなど、実生活の中にも特技として認められるものはたくさんあります。 特技がないのであれば、特技といえる事柄を探してみましょう。 しかし、ここで1つ注意したいのが、「書くべきではない特技」。 パチンコや競艇、競馬といったギャンブルをすることは悪いことではありませんが、履歴書の特技欄や面接の場においてはマイナスイメージを与えてしまう恐れがあります。 また、ゲームやマンガに関する特技については、業種・職種によって印象が異なるでしょう。 <関連記事>• しかし、中には高評価を得たいがために嘘の特技を書いてしまい、面接の場で質問され答えられないというケースも。 特技で自分をアピールするのは大切なことですが、採用担当者は面接のプロであること、辻褄の合わない嘘は気付かれる可能性があることを認識することが重要です。

次の

【履歴書】趣味・特技欄は何を書けばいい?おすすめの書き方~見本・サンプル付き~

趣味 と 特技 の 違い

趣味と特技の違いとは(履歴書用) 履歴書を書く場合、いろいろ記載すべき欄があってそれぞれに気を使わなくてはなりませんが、中でも頭を悩ませるのが、「趣味」「特技」の欄でしょう。 この2つには一体どういう違いがあり、それぞれどう書けばよいのかわからないという人も多いはずです。 そこで今回は、履歴書の「趣味」「特技」の意味や違いなどについて、詳しく解説していきます。 趣味とは 趣味にはいくつかの意味がありますが、「個人が仕事や職業としてではなく、楽しみとしてだけ行っていることがら」という意味合いが一般的です。 具体的には、読書や映画鑑賞、サイクリングやドライブ、ゲームといったものなどが挙げられます。 こうした必ずしも金銭などの実益を伴わない、主に本人の興味のために行う活動を趣味と言います。 履歴書に趣味や特技の欄が設けられているのは、その人の人となりを見るのに役立つためです。 どういった趣味・特技を持っているかは、その人がどんなものに興味があるかを知る大きな手掛かりとなり、ひいてはその人の性質を探るポイントにもなります。 また、面接の時に趣味などの話題を持ちだすことで応募者の緊張をほぐし、その人の素の人柄を知るきっかけにするという意図もあります。 趣味と特技の具体的な違いについては、以下で見ていきましょう。 特技とは 特技とは、文字通り「特別な技」を意味する言葉です。 その人が持つ、他の人に比べて優れていると思われる技芸や技術、能力などを言います。 当然人によってさまざまなものがありますが、例としては英会話や楽器演奏、スポーツ、絵を描くことなどが挙げられます。 履歴書における特技は、趣味との違いがあいまいになりがちです。 実際に、趣味と同様好きなことを特技として書く場合もありますが、一般的には単なる楽しみ以上のスキルや知識を持つことがらを、特技として書くことが多くなっています。 特技の欄は特に迷うところですが、上に挙げたようなものに限らず、例えば整理の技術や話術、早寝早起きなど、自分が得意と思うことを書いてOKです。 ただしギャンブルなどの場合、マイナスイメージを与えることの方が多いので、控えた方が賢明でしょう。

次の

ESの趣味・特技欄の書き方|効果的なアピール方法を例文付きで紹介

趣味 と 特技 の 違い

特技とは• 趣味が高じて、趣味と呼ぶにはもったいないレベルになったもの• 好きではないけど、人に褒められる・自慢できるレベルのもの• 仕事ではないけどお金を取れるレベルの事柄 例えば趣味が飲食店めぐりの場合、それだけだと特技とは言えません。 ただ、飲食店をめぐるうちにお酒が好きになり利き酒ができるようになったとなれば、それは特技と言えます。 趣味は好きということが大前提ですが、特技は好き嫌いというより、 人に言える「特別な技術・技能」というイメージで考えておきましょう。 特技から見られていること 特技は「特別な技術や技能」ということはわかりましたが、そこから採用担当者は何を見ていると思いますか? 実は、以下の様なことが見られているのです。 特技を選ぶ規準• 仕事に関係する特技• 会話が弾む変わった特技• ポジティブな性格を表す特技• 自己PRにつながる特技 仕事に関係する特技 仕事に関係する特技というと、例えば経理や事務なら珠算、接客業なら人の顔と名前をすぐに覚えられるなどが特技と言えます。 仕事で役に立ちそうだと思ってもらえると自己アピールにもつながります。 会話が弾む変わった特技 変わった特技は場を盛り上げるきっかけになります。 例えば、編集部には「殺陣」と書いて、そこから面接官と話がはずんだなんて人もいました。 珍しい習い事をやっている方などは書いてみると良いかもしれません。 ポジティブな性格を表す特技 特技からあなたの性格を知ろうとする面接官もいます。 例としては、営業職志望で アクティブな姿勢をアピールするなら、スポーツ系の特技などを書くのがオススメです。 自己PRにつながる特技 自己PRで話したいことが決まっている場合は、 自己PRに結びつくような特技を書くのもオススメです。 仕事ぶりが認められて社内で表彰された経験などをPRしたい場合は、そこに行き着くまでに自分が人より頑張ったことを思い出してみましょう。 ExcelやWordで業務効率化をしたのであれば、Excelでマクロを組めるでも良いですし、クレーム対応でいい評価を得たのなら、相手が怒っていても冷静に対応できるといったことも特技と言えます。 特技の見つけ方• 直近を振り返り習慣になっていること、気づくとやっていることを思い出す• 自分の興味・好みの対象が何なのかを考えてみる• 友人や家族に自分のいいところを聞いてみる• 周りの人を見ていて「どうして出来ないんだろう」と思ったことを思い出す• 無料の性格診断テストをやってみる 特技というとハードルが高くなりがちですが、要は それをやったら誰かがちょっと喜んでくれる、誰かの役に立つ、それくらいにハードルを下げて考えてみると見つけやすいかもしれません。 趣味・特技欄の書き方 特技を書く場合は、一言+説明という書き方がベストです。

次の