半導体 業界 動向。 半導体装置市場、報じられない地殻変動…カギ握る台湾TSMCの動向、中国市場の挙動不審

中国における半導体産業市場の動向/前編|読めば世界がぐっと近くなる 海外コンサルティングの現場から|山田コンサルティンググループ株式会社|企業情報サイト

半導体 業界 動向

米調査会社のGartner(ガートナー)は2020年の世界半導体市場の売上高を4599億米ドル(前年比9. 9%増)と予測し、2019年12月の前回予測4707億米ドル(同12. 5%増)から108億米ドル下方修正したことを明らかにした。 新型コロナウイルスの影響を加味した形だが、この予測は2020年2月にAppleが収益予測の下方修正を発表する前の時点のもので、中国湖北省での新型コロナウイルス感染拡大の封じ込めが2020年3月末までに終わるというベストケースでの想定だった。 Gartnerのシニアプリンシパルアナリスト、山地正恒氏は、新型コロナウイルスがいつ終息するか分からないため予測は困難としつつも、「その後の状況を加味すれば、より大きく下方修正することになるだろう」としている。 生産できても、オーダーが止まる状況 山地氏は、新型コロナウイルスは現在のところ半導体メーカーの生産体制に直接的な影響を及ぼしてはおらず、「オーダーさえあれば生産は可能な状況だ」と説明。 今回の予測は中国内にある電子機器メーカーの工場の稼働停止や生産能力低下に伴って、半導体メーカーの受注が減少、在庫積み増しが続く、という状況を想定している。 山地氏は「工場が止まれば半導体メーカーへのオーダーが止まる。 2020年第1四半期は相当な影響を受けると考えられる」と述べた。 また、Samsung ElectronicsとSK hynixという大手メモリメーカー2社を有する韓国において感染者が急増しているが、山地氏は、仮に韓国内の工場が稼働停止となった場合も「依然として在庫があるので、すぐに足りなくなるということにはならないだろう」と説明。 そのうえで、「もともと2020年中に需給バランスが戻ることで価格が上昇に転じ、市場も大きく伸びると予測をしているが、その価格上昇が大きく加速する可能性はある」としている。 自動車メーカーの工場停止に関する影響に関しては、「現在のところ、特に影響は聞いていない」という。 また、車載市場において日系半導体メーカーの中国、韓国依存度は低いため、「影響が大きくなると懸念されるのは欧州系の半導体メーカーだろう」とも説明していた。 売り上げ増見込みの5割が車載、産業機器市場 ただ、中長期的には世界半導体市場が成長へ向かうという予測は変わらない。 山地氏は、「工場の稼働が再開すれば、需要に応えるため当初の予定よりも生産を拡大してリカバーする流れになるだろう」と見通しを述べる。 今後の成長について市場別で見ると、特に車載、産業機器市場はそれぞれ半導体市場全体の1割前後という比較的小規模な市場ながら、向こう5年間で見込まれる売り上げ増の約5割を占めているという。 山地氏は、「ストレージ市場も大きく伸びが期待されるが、その恩恵が得られるのはごく限られたメーカーだけだろう。 一方で車載、産業市場は、非常に幅広い半導体メーカーに恩恵がもたらされる」と、その可能性に言及している。 【訂正:Gartnerからの申し出により、図版を削除しました。 (2020年3月2日午前9時48分/編集部)】 関連記事• 現時点で、市場調査会社のアナリストは、コロナウイルスによる影響をどのように見ているのか。 新型コロナウィルス拡散が半導体/エレクトロニクス市場、さらにはマクロ経済にどれほどの影響を与えうるのだろうか。 ある程度の前提を定めた上で、おおよその影響を定量化してみたい。 米国半導体工業会(SIA:Semiconductor Industry Association)は2020年2月3日(米国時間)、2019年の世界半導体売上高が前年比12%減の4120億米ドルだったと発表した。 SIAは、「進行中の世界的な貿易紛争や製品価格の周期性などのさまざまな要因が重なった」と分析している。 エレクトロニクス業界の回復を担う技術、今後の開発動向や成長が注目される技術を、10個取り上げる。 2020年はどんな年になりそうなのか。 半導体デバイス、半導体製造装置業界の2020年見通しについて考えてみたい。

次の

半導体業界 の現状・今後の動向について

半導体 業界 動向

ドライエッチングに抜かれた露光装置市場 2015年以降、メモリ市場が爆発的に成長するとともに、それまで最大規模を誇っていた露光装置市場は、ドライエッチング装置市場に1位の座を奪われた(拙著記事、2019年10月15日)。 その露光装置市場では、オランダのASMLが圧倒的な強みを誇っていると思い込んでいた。 ところが、i線(365nm)、KrF(248nm)、ArFドライ(193nm)、ArF液浸(193nm)、EUV 13. 5nm の各露光装置について、2019年の出荷額および企業別シェアを調べてみたところ、「ASMLが圧倒的」と一括りにして言うことはできないことがわかった(カッコ内は光源波長)。 なお、光源波長が短いほど、微細なパターンが形成できる上、露光装置の価格も高い。 たとえば、i線が約4億円、KrFが約13億円、ArFドライが約20億円、ArF液浸が約60億円、EUVが約200憶円といわれている。 現在ロケットの打ち上げ費用が約100憶円で、最先端露光装置のEUVはそれよりはるかに高額である。 本稿では、まず各露光装置における企業別の出荷額シェアを分析することにより、すべての露光装置においてASMLが圧倒的というわけではなく、ニコン、キヤノン、米Veecoがうまく棲み分けていることを示す。 次に、地域別の露光装置市場の分析から、各国の 半導体市場の動向がおおよそ把握できることを論じる。 その上で、2020年には再び露光装置がドライエッチング装置を抜いて、市場規模1位に返り咲くという推論を述べる。 露光装置をめぐる企業の攻防と棲み分け 図1に、各露光装置および全露光装置市場における出荷額と企業別シェアを示す。 2019年の露光装置全体の出荷額は9060憶円と予測されている。 その企業別シェアは、ASML(81. 2%)、 ニコン(5. 9%)、キヤノン(11%)、米Veeco(1. 9%)となっており、ASMLが圧倒的である。 ASMLは、2019年に市場規模が最大となる最先端露光装置EUVを唯一製造できる企業である上に、EUVに次いで市場規模の大きなArF液浸も94. 3%と圧倒的なシェアを占めている。 つまりASMLは、最先端かつ市場規模の大きなEUVとArF液浸のシェアを独占しているために、全体のシェアが圧倒的なのだ。

次の

半導体・エレクトロニクス業界とは

半導体 業界 動向

参考: ここでは車載半導体の出荷台数と売上予測を出してますが、 2020年以降順調に伸びていく様子が分かると思います。 すでにご存じかもしれませんが車はもう電子機器の塊になりつつあります。 例えば最近開発が過熱している自動運転車では、実に2,000個の半導体が搭載されているとも言われます。 それだけ車自体が電子化し、いわゆる半導体使用の最終製品になったと言えます。 みずほ総合研究所半導体市場予測 こちらは市場の動向・予測に関して高い実績を残しているみずほ総合研究所さんの半導体市場の予測結果です。 結論から言えば、 2020年以降、世界半導体売上高は増加の傾向となる。 こちらが2020年以降の予測値も含めた世界半導体売上高予測。 製造メーカーとしては東芝、ソニー、ルネサス、ロームなどがランクインしていますが、それぞれフラッシュメモリ、CMOSセンサー、車載LSI、アナログ・高耐圧LSIという 独自の圧倒的な強みを持っています。 一方、装置メーカーとしても東京エレクトロン、アドバンテスト、SCREENといったメーカーが入っていますね。 もしあなたが半導体エンジニアになりたい、と思われるなら製造メーカーだけに拘る必要はありません。 本物の技術力を身に着ける もしあなたが半導体業界で長く生きていきたいなら、本物の技術力を身に着けることはとても重要です。 というのも 理論に基づく技術力さえあれば、どの半導体メーカーでも使える知識だからです。 さきほど述べたように統廃合の多い半導体業界の中で、万が一あなたの会社が他社と統合し、リストラ対象になったとしても本物の技術力さえあればどこでも生きていけます。 残念ながら、会社の業務の中では 本物の技術力が身につく仕事、そうでない仕事が存在しており、半導体メーカーでもそれはあります。 例えば、購入したウェーハをクリーンルーム内に運ぶだけの仕事、装置の定期メンテナンスを機械的にするだけの仕事、レイアウト設計で何も考えず自動配置のボタンだけ押す仕事。。 これらの仕事では技術力も身につかず、人材としての市場価値も上がらず、いざ会社が危なくなった時にも転職できるスキルもありません。 そこで私がお勧めしたいのが 開発系の仕事で技術力をつけること。 開発の仕事では、回路をどんな動きにするか、プロセス加工条件をどう最適化するかなど、0から悩み自分でくみ上げることでしっかりと技術が身につくのです。 悩み実行し失敗しながら着実に成長できます。 複数分野の専門家になる 複数分野の専門家になることは、半導体業界で実力をアピールし生き残るためには重要なことです。 というのも半導体の性能は、 複数分野の出来栄えが複雑に影響しあうからです。 詳しくはこちらの記事でも述べています。 物理・化学系専攻の方はプロセス開発 半導体プロセスも結局のところ物理現象や化学現象の積み重ねです。 大学の研究室での実験を大きなスケールに焼き直したと思えば分かりやすいかと思います。 例えば CMP ケミカルメカニカルポリッシング という工程があります。 これはどんな工程かというと、ウェーハをヤスリに押し付けてゴリゴリ削って平らにするプロセス処理です。 この時に実は表面の削れ具合を早くするために、表面が溶ける薬品をかけながら削る、みたいな工夫をしています。 もしあなたが今半導体エンジニアに挑戦したいな、と思ったらぜひ参考にしてみてください。 やはり自分が大学で専攻した分野の延長であればやる気も習得力も上がりますから。 まとめ• 尖った強いメーカーで仕事をする• 本物の技術力を身に着ける• 複数分野の専門家になる の3点になります。 もしあなたが本日の記事を読んで半導体エンジニアに転職したい!という気持ちになったならこれほど嬉しいことはありません。 将来有望な仕事に気づけて良かったです。 ただせっかく決意が固まっても、日々の仕事に忙殺されてしまい、本当に疲れクタクタで「将来有望」と分かっている半導体業界の仕事でさえ情報集めに億劫になってしまいます。 であれば、まずは転職サイトや転職エージェントに無料登録だけして 「常に新鮮で自分に合った条件の求人情報を自動でゲットする」ことをいますぐ実行してみてはいかがでしょうか? いつの日か「職場を辞めるなら今だ!」「今こそやりがいのある仕事をしたい!」と思った時に、 自分の条件に合った求人情報があれば即座に行動に移せるので圧倒的に有利です。 人気求人はすぐになくなりますから。 すぐに転職する必要はないので、まずは有益な求人情報だけを下記サイトに登録して無料でもらってしまいましょう。 エージェントから丁寧なアドバイスももらえますよ。

次の