アプローチ ドリル。 アプローチ手首NGはゴルフの常識!ベタピン量産法

アプローチ手首NGはゴルフの常識!ベタピン量産法

アプローチ ドリル

アプローチでのシャンクは、致命的 アプローチでのシャンクは、致命的なミスショットになる場合が多々あります。 テークバックを調整することでゴルフスイングの基本を見直します。 今回は、シャンクのミスショットの中でもアプローチショットの場合に限定して説明します。 アプローチショットでのシャンクは問題視しなければいけません。 それは、ボールの位置だけの問題ではなく、スイング軌道自体に原因があるためです。 正しいスイングプレーンを外れ、極端なインサイドアウトになっている可能性があります。 結果的に、クラブフェースのヒール部分にボールが当たったり、フェースが開いた状態のままインパクトを迎えたりするケースが多いのです。 この場合、アドレスでのボールの位置を変えたとしても、あまり効果は期待できません。 むしろ、ボールに合わせにいくゴルフスイングになり、さらにシャンクが出やすくなる悪循環に陥ることがありえます。 クラブフェースのトゥ側にボールをセットして構えたとしても、インサイド・アウトの軌道のゴルフスイングでヘッドがヒール側からボールに向かえば、シャンクは出てしまいます。 反対に、ヒール側にボールを置いても、アウトサイド側からクラブヘッドが下りれば、シャンクの危険性はほとんどないのです。 それは、ヒール側がボールから遠ざかりながらインパクトの瞬間を迎えるためです。 ゴルフスイングの基本ヘの修正 スポンサード リンク アプローチショットでシャンクが出始めたら、ボールの位置を変更するよりも、まず正しいゴルフスイングの基本ヘの修正を優先する姿勢が必要です。 ちなみにアドレス時のボールの最適な位置としては、クラブを構えた際に、グリップエンドとお腹の間にコブシが1個半くらい入る程度の隙間がある状態ができているのが正しいでしょう。 それはそうとして、正しいゴルフスイングでクラブを振ることが、一番重要なことは確かです。 正しいスイング軌道を外れたスイングになり、極端なインサイドアウトになると、テークバックした時に視界からクラブが消えてしまいます。 まず、常にゴルフクラブが視界に入っているように意識したゴルフスイングの基本をしてみてください。 ただし、クラブが見えていても、手先だけでテークバックするのは禁物なのは言うまでもありません。 腕を脱力状態にして、胸と腕で作った三角形の関係をキープするようにします。 体の中心を回転軸にして、常に胸の真正面の位置にゴルフクラブがあるようなスイングをこころがけます。 練習方法(ドリル) また、右膝が前に出てしまうケースでもシャンクは出ます。 この場合は、右足を下げてクローズドスタンスに構えてスイングするといいでしょう。 これだけで、シャンクは止まる可能性が高いはずです。 シャンクを、ゴルフスイングの基本から矯正する練習方法(ドリル)は、右手、左手にクラブをそれぞれ1本ずつ持ち、軽くゆったりとした連続素振りをすることです。 まるで1本のクラブを動かしているように、2本のクラブを同時に動かしてみてください。 腕に余分な力が入っていると、クラブの動きやフェースの開き具合が左右バラバラになります。 体の中心を軸にして、プラリプラリとスムーズに左右にクラブを動かす感覚を身につけましょう。 アプローチショットでのシャンクの根本療法は、手先でクラブをコントロールしようとせずに、しっかりと体全体を使って打つことが基本になります。 スポンサード リンク 女子プロゴルファーの宮里藍選手はその点でお手本になるプレーヤーのひとりです。 宮里プロのように、背筋をピンと伸ばした姿勢で胸を張るようにしてみましょう。 身体全体のパワーを活用してゴルフクラブを動かすようにすれば完璧なシャンク対策になるとも言えるでしょう。 アプローチシャンクで気をつける点 アプローチのシャンクに悩んでいる人は少なくないでしょう。 1回シャンクが出てしまうと、何度も続けて出てる症状なので、スコアもまとまらないし、ゴルフというスポーツ自体がつまらなくなってしまう人がいるかもしれません。 とりわけ最近ではグリーン周りが怖いと言う人は増えているようです。 アプローチのシャンク出ると言うのは何故起きるのか。 また、どうしたら矯正できるのかを考え直してみましょう。 ヒールシャンクと先っぽシャンクの2種類がある アプローチのシャンクには、一般的に多いのがヒールに当たるシャンクで、フェースの先っぽにボールが当たるシャンクの2通りのパターンがあります。 このうち、ヒールシャンクに関してはヘッドがインサイドから下りてくる軌道でクラブフェースが開いて、それを閉じながら打とうとしたゴルフスイングをすると起こまりす。 先っぽシャンクはアウトサイドインの軌道で、腕が委縮した状態でインパクトしようとしたときに起こるケースが多いでしょう。 インパクトの時点で腰が左へ平行移動してしまう場合もシャンクが出てしまうかもしれません。 腰が左方向へ平行に移動してしまうことで、クラブが遅れて入ってきるフォームになります。 つまり、これは振り遅れになっているということです。 振り遅れになると、ゴルフクラブのシャフト部分からボールにあたる形となりシャンクになる場合もあるのです。 シャンクは脚の使いすぎが原因だとか、右ひざが前に出ると出やすいためなどと説明されます。 基本的には、腕の長さつまり、肩からヘッドまでの距離が不安定だったり、軌道が狂ったときに生じるミスショットだと理解しておきましょう。 言い方を変えれば、スイング中の腕の長さと、軌道が安定してしまえば、シャンクというミスショットはそれほど恐れる必要のないものなのです。 心理的要素 スポンサード リンク フォームを矯正しても、シャンクが止まらないという場合もあるかもしれません。 このケースでは、シャンクの本当の原因がフォームではなく打感に対する不安感などの心理的要素と考えるべきでしょう。 実際にスイングする際に、以前のダフリやシャンクの感触がイメージとして頭の中に残っている場合、体の動きに対して大きな影響を与えてしまうケースが考えられます。 心と体はつながっていると言うわけです。 アプローチショットやパッティングといった、手先でコントロールできるようなゴルフスイングほど、打感への不安はつのるばかりです。 プロゴルファーでもパターのイップスになる人は少なくありませんが、ドライバーショットでイップスはほとんどいないでしょう。 これは、プロでも小さなショットに対する打感の不安というものが体の動きに障害を生んでしまうことがないわけではないのです。 これを克服する手段としては、何よりも打感のいいショットをたくさん打つしか決めてがありません。 初めはティアップして練習するのもありですし、何よりもいいライでたくさん練習を積んで、打感に対する不安な気持ちを少しでもなくすようにしましょう。 ラフからのアプローチショット ラフからのアプローチ・ショットで、シャンクしたりする初歩的なミス・ショットの原因について説明しておきましょう。 最初に注意が必要なことは、インパクトの瞬間に芝の抵抗を受けるという事実を認識するということです。 そのため、まずグリップがどうしてもゆるみやすい傾向があるという事実を理解しておく必要があります。 シャンクばかりではなくダフリやトップのミスショットがここに原因があるケースが多いのです。 とは言っても、必要以上に強位置からでグリップを握り締めることはまったく必要ありません。 アドレスでガチガチした構え方になってしまえば、元も子もありません。 体全体はリラックスさせた状態を保ちつつ、ボールが芝にかくれている分を考慮してクラブを吊るような感覚で構えると良いでしょう。 その際、グリップをややハンドファーストにするのが大切なことです。 スポンサード リンク これは、芝に沈んでいるボールをダイレクトに打つために、上から鋭角的に振り下ろすスイングを行なうための措置です。 つまりは、バックスイングもアップライトにしてよりタテ型になるようにします。 インサイドに内側に引くようなバックスイングは避けるようにしないと、ダウンスイングが横方向から入ってきて、ボールの手前の芝を大ダフリすることになりますから注意しましょう。

次の

今までに、一番ゴルフが上達したのを実感したドリル

アプローチ ドリル

Contents• ボディターンスイングって? ボディターンスイングとは、文字通り体のターンでスイングすることです。 逆に、体を使わずに手だけでスイングすることを 「手打ち」といいます。 この手打ちでは、 腕の力しかボールに伝えることが出来ないため飛距離が出ません。 また、 フェースの開閉が大きくなるため方向性も安定しません! それに対して ボディターンスイングは、体全体の力をボールに伝えることが出来るため、手打ちに比べて 格段に飛距離が伸びます! また、スイング軌道も安定し、フェースの開閉も最小限に抑えられるため 方向性が安定します! ゴルフ上達のためには ボディターンスイングをマスターすることが必須条件になります! 初心者はなんでスライスする? 初心者の方がボディターンだけでスイングすると、必ずと言っていいほど スライスになります。 このスライスの原因は、 ヘッドが遅れてきてフェースが開くことにあります。 では、何故ヘッドが遅れてフェースが開くのでしょうか? それは、 腕を使っていないからです!! 「腕を使わずにボディターンで・・」と言われていますが、実際は 腕を全く使っていないという訳ではありません。 プロや上級者の方は、ヘッドをスクエアに戻すための腕の動きが無意識のうちに出来ているんです! 腕を使い過ぎると球筋が安定せず、色々なミスが出てしまうため 「腕を使わずに・・」と表現しているんです! しかし、今回はそんな初心者のために、 基本中の基本から5つのステップに分けてボディターンスイングを解説していきますのでご安心ください!! ボディターンをマスターするための5ステップ スポンサーリンク では、早速ボディターンスイングを 5つのステップに分けて解説していきます。 とても参考になる動画がありましたので、各ステップ毎の 練習方法やチェックポイントを動画と一緒にご覧ください! STEP1:手首を使わない STEP1では、 クラブを短く持ち、グリップと左手首の間にできる三角形の隙間にボールを挟んでの練習です。 ボールを挟んだまま、 バックスイングでシャフトが地面と水平、フォローでもシャフトが地面と水平になるところまでスイングをします。 実際にやってみると意外と難しいので、 最初はボールを打たずに素振りで練習することをおすすめします。 慣れてきたら、低めにティーアップしたボールを打って練習しましょう! STEP1でのチェックポイントは以下の3つです。 CHECK• バックスイングを手だけで上げたり、すぐにコックを使っていないか• トップからインパクトにかけては、ヘッドの重さに負けて振り遅れていないか• フォロースルーでは、体を止めて腕だけで振っていないか ボディターンスイングの基本になりますので、出来るようになるまで 何度も繰り返し練習しましょう! ボールを落とさずに打てるようになったらSTEP2に進みましょう! STEP2:体の回転でクラブを振る STEP2では、 アライメントスティックを使用しての練習です。 アライメントスティックは、プロゴルファーが練習で使用しているのをよく見ると思いますが、 アドレスやスイングのチェックに役立つ便利なアイテムです。 1本1,000円前後と格安で購入できますので、数本持っていてもいいかもしれませんね! CHECK• スイング中、スティックが一定の圧力で左腰に当たっているか• しっかりボールをミートし、ストレートボールが打てているか この練習はボディーターンを身につける上でとても重要になりますので、何度も繰り返し練習し、 体の回転でボールを打つ感覚を身につけましょう! 違和感なくボールが打てるようになったらSTEP3に進みましょう! STEP3:ハーフスイング STEP3では、 肩から肩のハーフスイングで練習します。 STEP2と同じように スティックが左腰に当たるように持ちます。 バックスイングでシャフトが地面と平行になるまでは同じですが、そこから コックを使って左腕が地面と水平になるところまで上げていき、トップの形を作ります。 動画ではシャローに打つためにここからクラブを後ろに倒すと解説していますが、これはかなり難しいので、初心者の方などは意識しなくていいと思います。 トップからは腰を回していき、 手元が右太ももの前に来た時にはスティックが左腰に当たるように振っていきましょう! ここからは、STEP2と同じように一定の圧力でスティックが左腰に当たりながらインパクト、フォローと体の回転で振っていきましょう! この練習も飛ばそうとする必要はないので、 7番アイアンで50ヤードを目安に練習しましょう! STEP3でのチェックポイントは以下の6つです。 CHECK• バックスイングのシャフトが地面と水平になるところで、スティックが腰から外れていないか• トップで右肘が下を向いていて、曲がりすぎていないか• トップでシャフトがボールの後方を指しているか• 下半身リードで振っていき、手元が右太ももの前に来た時にスティックが左腰に当たっているか• インパクトからフォローにかけて、スティックが一定の圧力で左腰に当たっているか• フォローのシャフトが地面と水平になるところで、リーディングエッジが前傾と同じ角度になっているか チェックポイントが多く難しいとは思いますが、ハーフスイングでの練習はとても効果的です。 これが出来るようになれば フルスイングまでもう少し! ストレートボールで真っすぐ打ち出すことが出来るようになったらSTEP4に進みましょう! STEP4:正しいインパクト STEP4では、 ヘッドカバーを使って正しいインパクトの形を身につける練習です。 動画で解説されているように、 右肘が伸びたインパクトではボールに体の力を伝えることが出来ません! 右肘が曲がった正しいインパクトを身につけるために、 右脇にヘッドカバーを挟んで練習します。 ヘッドカバーが落ちない程度のハーフスイングでボールを打ってみましょう! インパクトの前にヘッドカバーが落ちてしまう方は、 右肘が伸びてしまっているということです。 STEP3までの練習を意識してやってみましょう! チェックポイントは以下の2つです。 CHECK• ヘッドカバーを落とさずに振り抜けているか• 右肘が右肋骨の前で折れた状態でインパクトを迎えているか STEP4と同じように、ストレートボールで真っすぐ打ち出すことが出来るようになったら最後のSTEP5に進みましょう! STEP5:フルスイング まずはこちらの動画をご覧ください。 スローで見ると、体と一体でクラブを上げていき、インパクト以降も体が回り続けていて、 腕ではなく体の回転で振っているのがよくわかると思います。 このようにドライバーのフルスイングでも 、 腕を使わずボディーターンで打っているんです! そのことを踏まえて、STEP5では フルスイングでボールを打ってみましょう! といっても、いきなりフルスイングで打つのではなく、最初はスティックやヘッドカバーを使わずに ハーフスイング、スリークォータースイング、フルスイングというように今までの練習を意識しながら 徐々にスイングを大きくしていきます! 上手く打てなければSTEP3や4に戻るなどして繰り返し練習しましょう! チェックポイントは1つ! ボディターンで打てているか です! スティックなどを使わない分、自分ではわかりにくいと思うので、 スマホで動画を撮るなどしてチェックしてみましょう! まとめ 今回はボディターンで打つ練習方法を5つのステップに分けて紹介させていただきました。 このボディターンスイングでウェッジからドライバーまで打てるようになれば、 飛距離も方向性も今までより格段に良くなっていると思います。 また、 「腕を使わずにボディターンで・・」という言葉の意味もわかるようになっていると思います。 最後に、フルスイングばかりで練習していると調子を崩してしまうことがあります。 そのため、STEP1~4までの練習もするようにし、 日頃からスイングの細かい部分をチェックする習慣をつけましょう!.

次の

アプローチでのシャンク

アプローチ ドリル

アプローチでのシャンクは、致命的 アプローチでのシャンクは、致命的なミスショットになる場合が多々あります。 テークバックを調整することでゴルフスイングの基本を見直します。 今回は、シャンクのミスショットの中でもアプローチショットの場合に限定して説明します。 アプローチショットでのシャンクは問題視しなければいけません。 それは、ボールの位置だけの問題ではなく、スイング軌道自体に原因があるためです。 正しいスイングプレーンを外れ、極端なインサイドアウトになっている可能性があります。 結果的に、クラブフェースのヒール部分にボールが当たったり、フェースが開いた状態のままインパクトを迎えたりするケースが多いのです。 この場合、アドレスでのボールの位置を変えたとしても、あまり効果は期待できません。 むしろ、ボールに合わせにいくゴルフスイングになり、さらにシャンクが出やすくなる悪循環に陥ることがありえます。 クラブフェースのトゥ側にボールをセットして構えたとしても、インサイド・アウトの軌道のゴルフスイングでヘッドがヒール側からボールに向かえば、シャンクは出てしまいます。 反対に、ヒール側にボールを置いても、アウトサイド側からクラブヘッドが下りれば、シャンクの危険性はほとんどないのです。 それは、ヒール側がボールから遠ざかりながらインパクトの瞬間を迎えるためです。 ゴルフスイングの基本ヘの修正 スポンサード リンク アプローチショットでシャンクが出始めたら、ボールの位置を変更するよりも、まず正しいゴルフスイングの基本ヘの修正を優先する姿勢が必要です。 ちなみにアドレス時のボールの最適な位置としては、クラブを構えた際に、グリップエンドとお腹の間にコブシが1個半くらい入る程度の隙間がある状態ができているのが正しいでしょう。 それはそうとして、正しいゴルフスイングでクラブを振ることが、一番重要なことは確かです。 正しいスイング軌道を外れたスイングになり、極端なインサイドアウトになると、テークバックした時に視界からクラブが消えてしまいます。 まず、常にゴルフクラブが視界に入っているように意識したゴルフスイングの基本をしてみてください。 ただし、クラブが見えていても、手先だけでテークバックするのは禁物なのは言うまでもありません。 腕を脱力状態にして、胸と腕で作った三角形の関係をキープするようにします。 体の中心を回転軸にして、常に胸の真正面の位置にゴルフクラブがあるようなスイングをこころがけます。 練習方法(ドリル) また、右膝が前に出てしまうケースでもシャンクは出ます。 この場合は、右足を下げてクローズドスタンスに構えてスイングするといいでしょう。 これだけで、シャンクは止まる可能性が高いはずです。 シャンクを、ゴルフスイングの基本から矯正する練習方法(ドリル)は、右手、左手にクラブをそれぞれ1本ずつ持ち、軽くゆったりとした連続素振りをすることです。 まるで1本のクラブを動かしているように、2本のクラブを同時に動かしてみてください。 腕に余分な力が入っていると、クラブの動きやフェースの開き具合が左右バラバラになります。 体の中心を軸にして、プラリプラリとスムーズに左右にクラブを動かす感覚を身につけましょう。 アプローチショットでのシャンクの根本療法は、手先でクラブをコントロールしようとせずに、しっかりと体全体を使って打つことが基本になります。 スポンサード リンク 女子プロゴルファーの宮里藍選手はその点でお手本になるプレーヤーのひとりです。 宮里プロのように、背筋をピンと伸ばした姿勢で胸を張るようにしてみましょう。 身体全体のパワーを活用してゴルフクラブを動かすようにすれば完璧なシャンク対策になるとも言えるでしょう。 アプローチシャンクで気をつける点 アプローチのシャンクに悩んでいる人は少なくないでしょう。 1回シャンクが出てしまうと、何度も続けて出てる症状なので、スコアもまとまらないし、ゴルフというスポーツ自体がつまらなくなってしまう人がいるかもしれません。 とりわけ最近ではグリーン周りが怖いと言う人は増えているようです。 アプローチのシャンク出ると言うのは何故起きるのか。 また、どうしたら矯正できるのかを考え直してみましょう。 ヒールシャンクと先っぽシャンクの2種類がある アプローチのシャンクには、一般的に多いのがヒールに当たるシャンクで、フェースの先っぽにボールが当たるシャンクの2通りのパターンがあります。 このうち、ヒールシャンクに関してはヘッドがインサイドから下りてくる軌道でクラブフェースが開いて、それを閉じながら打とうとしたゴルフスイングをすると起こまりす。 先っぽシャンクはアウトサイドインの軌道で、腕が委縮した状態でインパクトしようとしたときに起こるケースが多いでしょう。 インパクトの時点で腰が左へ平行移動してしまう場合もシャンクが出てしまうかもしれません。 腰が左方向へ平行に移動してしまうことで、クラブが遅れて入ってきるフォームになります。 つまり、これは振り遅れになっているということです。 振り遅れになると、ゴルフクラブのシャフト部分からボールにあたる形となりシャンクになる場合もあるのです。 シャンクは脚の使いすぎが原因だとか、右ひざが前に出ると出やすいためなどと説明されます。 基本的には、腕の長さつまり、肩からヘッドまでの距離が不安定だったり、軌道が狂ったときに生じるミスショットだと理解しておきましょう。 言い方を変えれば、スイング中の腕の長さと、軌道が安定してしまえば、シャンクというミスショットはそれほど恐れる必要のないものなのです。 心理的要素 スポンサード リンク フォームを矯正しても、シャンクが止まらないという場合もあるかもしれません。 このケースでは、シャンクの本当の原因がフォームではなく打感に対する不安感などの心理的要素と考えるべきでしょう。 実際にスイングする際に、以前のダフリやシャンクの感触がイメージとして頭の中に残っている場合、体の動きに対して大きな影響を与えてしまうケースが考えられます。 心と体はつながっていると言うわけです。 アプローチショットやパッティングといった、手先でコントロールできるようなゴルフスイングほど、打感への不安はつのるばかりです。 プロゴルファーでもパターのイップスになる人は少なくありませんが、ドライバーショットでイップスはほとんどいないでしょう。 これは、プロでも小さなショットに対する打感の不安というものが体の動きに障害を生んでしまうことがないわけではないのです。 これを克服する手段としては、何よりも打感のいいショットをたくさん打つしか決めてがありません。 初めはティアップして練習するのもありですし、何よりもいいライでたくさん練習を積んで、打感に対する不安な気持ちを少しでもなくすようにしましょう。 ラフからのアプローチショット ラフからのアプローチ・ショットで、シャンクしたりする初歩的なミス・ショットの原因について説明しておきましょう。 最初に注意が必要なことは、インパクトの瞬間に芝の抵抗を受けるという事実を認識するということです。 そのため、まずグリップがどうしてもゆるみやすい傾向があるという事実を理解しておく必要があります。 シャンクばかりではなくダフリやトップのミスショットがここに原因があるケースが多いのです。 とは言っても、必要以上に強位置からでグリップを握り締めることはまったく必要ありません。 アドレスでガチガチした構え方になってしまえば、元も子もありません。 体全体はリラックスさせた状態を保ちつつ、ボールが芝にかくれている分を考慮してクラブを吊るような感覚で構えると良いでしょう。 その際、グリップをややハンドファーストにするのが大切なことです。 スポンサード リンク これは、芝に沈んでいるボールをダイレクトに打つために、上から鋭角的に振り下ろすスイングを行なうための措置です。 つまりは、バックスイングもアップライトにしてよりタテ型になるようにします。 インサイドに内側に引くようなバックスイングは避けるようにしないと、ダウンスイングが横方向から入ってきて、ボールの手前の芝を大ダフリすることになりますから注意しましょう。

次の