ジャル パック デジタル パンフレット。 JAL海外ツアー

びゅう旅行商品 電子パンフレットの使い方|JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社

ジャル パック デジタル パンフレット

23,400円~107,900円• 22,100円~85,900円• 18,300円~91,800円 【大阪発】• 22,600円~107,000円• 14,000円~53,300円• 19,100円~101,000円 【その他発】• 20,100円~135,300円• 28,100円~128,720円• 21,100円~40,800円• 14,000円~85,700円• 22,000円~79,200円• 36,700円〜143,700円• 【旅行特集ページ】• 【海外旅行】•

次の

お得な出張パック・ビジネスパック|【日本旅行】ビジネスホテルの予約

ジャル パック デジタル パンフレット

社長メッセージ 社長メッセージ 安心と品質の 「いい旅、あたらしい旅。 」を お客さまに喜んでいただき、 平和で豊かな社会づくりに貢献します。 平素よりジャルパックをご利用いただいているお客さま、お取引先さま、ご支援いただいているすべての皆さまに心より御礼を申し上げます。 私どもジャルパックは、1964年のブランド誕生以来これまで、JALグループの旅行会社として、常に、安心と品質、お客さまの感動を大切に「いい旅、新しい旅。 」の提供に努めてまいりました。 ブランド誕生当初は海外ツアーの企画・手配を専門とする旅行会社でしたが、その後、2つのグループ旅行会社との統合を経て、現在では海外旅行、国内旅行を事業の柱にしつつ、近年は訪日インバウンド旅行事業にも意欲的に取り組む等、常に挑戦する姿勢を大切にしてまいりました。 パンフレット掲載のツアーはもとより、多様化するお客さまのニーズに合わせ、航空券プラス宿泊のみの、シンプルで使いやすい、お手頃価格のダイナミックパッケージと言ったWEB予約限定ツアーにも力を入れています。 また、JALグループの仲間と協力して、旅行を通じた地方創生やSDGs 持続可能な開発目標 にも積極的に取り組んでいます。 こういった事業上の取り組みに加え、「企業価値を高める主役は全社員」という信念のもと、近年は「働き方改革」や「健康経営」といった分野においても、日本の旅行業界における変革のフロントランナーでありたいと日々努めています。 近現代以前、人間にとって「たび(旅 」とは、多くの場合、危険を伴ったり、不便であったり、辛く厳しいものでした。 一方で「たび」は人々や物、文化の交流を促進することで社会を豊かにし、個々人の成長も促してきました。 現在そして未来に向け、「たび」の形態は変われども、「たび」が持つ意義や重要性はますます大きくなっていくと我々ジャルパックは考えます。 「移動」プラス「泊(とまり)」に、JALグループの旅行会社であるジャルパックならではの安心、品質、便利さといった付加価値を追加することで、「たび」をお客さまの生活や人生を豊かにする必需品にまで高めたい。 その実現に向け、全社員が心を一つに努力してまいります。 どうぞ、これからもジャルパックにご期待ください。 代表取締役社長 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive].

次の

お得な出張パック・ビジネスパック|【日本旅行】ビジネスホテルの予約

ジャル パック デジタル パンフレット

社長メッセージ 社長メッセージ 安心と品質の 「いい旅、あたらしい旅。 」を お客さまに喜んでいただき、 平和で豊かな社会づくりに貢献します。 平素よりジャルパックをご利用いただいているお客さま、お取引先さま、ご支援いただいているすべての皆さまに心より御礼を申し上げます。 私どもジャルパックは、1964年のブランド誕生以来これまで、JALグループの旅行会社として、常に、安心と品質、お客さまの感動を大切に「いい旅、新しい旅。 」の提供に努めてまいりました。 ブランド誕生当初は海外ツアーの企画・手配を専門とする旅行会社でしたが、その後、2つのグループ旅行会社との統合を経て、現在では海外旅行、国内旅行を事業の柱にしつつ、近年は訪日インバウンド旅行事業にも意欲的に取り組む等、常に挑戦する姿勢を大切にしてまいりました。 パンフレット掲載のツアーはもとより、多様化するお客さまのニーズに合わせ、航空券プラス宿泊のみの、シンプルで使いやすい、お手頃価格のダイナミックパッケージと言ったWEB予約限定ツアーにも力を入れています。 また、JALグループの仲間と協力して、旅行を通じた地方創生やSDGs 持続可能な開発目標 にも積極的に取り組んでいます。 こういった事業上の取り組みに加え、「企業価値を高める主役は全社員」という信念のもと、近年は「働き方改革」や「健康経営」といった分野においても、日本の旅行業界における変革のフロントランナーでありたいと日々努めています。 近現代以前、人間にとって「たび(旅 」とは、多くの場合、危険を伴ったり、不便であったり、辛く厳しいものでした。 一方で「たび」は人々や物、文化の交流を促進することで社会を豊かにし、個々人の成長も促してきました。 現在そして未来に向け、「たび」の形態は変われども、「たび」が持つ意義や重要性はますます大きくなっていくと我々ジャルパックは考えます。 「移動」プラス「泊(とまり)」に、JALグループの旅行会社であるジャルパックならではの安心、品質、便利さといった付加価値を追加することで、「たび」をお客さまの生活や人生を豊かにする必需品にまで高めたい。 その実現に向け、全社員が心を一つに努力してまいります。 どうぞ、これからもジャルパックにご期待ください。 代表取締役社長 [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive].

次の