スシロー qrコード決済。 PayPay

スシローで使えるクレジットカード・電子マネー・ポイントカード&クーポン情報

スシロー qrコード決済

「スシロー」実店舗で使えるバーコード決済電子マネーは8つ! PayPay 使える LINE Pay 使える d払い 使えない 楽天ペイ 使える auPay 使える Origami Pay 使える メルペイ 使える 微信 支付 使える 支付宝 使える 2019年12月17日 火 よりスシローの店舗で「LINE Pay」・「PayPay」・「楽天ペイ」・「メルペイ」・「au PAY」・「Origami Pay」に加え、「WeChatPay」・「Alipay」でのお支払いが可能になりました! 各種QRコード決済はセルフレジにも対応! 一部対応してない店舗もありますが2020年柱には対応可能になりそうです。 iD 使えない nanaco 使えない QUICPay(クイックペイ) 使えない 楽天Edy 使えない WAON(ワオン) 使えない メルペイ 使えない Apple Pay 使えない PiTaPa 使えない スシローではFelica対応(おサイフケイタイ)は基本的に対応不可でした。 ポイントは来店だけではなく、 持ち帰りにもまいどポイントが付きます。 ポイントが貯まると鉄火巻ステージから大トロステージまでランクアップしますので楽しく利用できます! 「スシロー」のお得なクーポンは? スシローのお得なクーポンは、スシローが運営している公式「LINE」アカウントよりもらえます。 各店舗5000人までお友達になれてお得なクーポンをもらうことができます。 50円引きクーポンなどもらうことができます。 他にもLINE Payクーポンやau スマートパスプレミアムでクーポンをもらうことができます。 まとめ スシローでは、日本でメジャーどころPayPayやLINE Pay そして楽天ペイ が利用可能という結果でした!さらに中国などで人気のアリペイなどにも対応しておりました。 スシローは、安くて美味しいお寿司が食べられるので、日本だけでなく海外の利用者も多いのではないでしょうか。 定期的に使っているのであればお得なクーポンが貰える「 スシロー 公式アプリ Produced by EPARK」に登録しておくことをおすすめします。 公式HP.

次の

【2020年7月最新版】人気の回転寿司チェーンのキャッシュレス対応状況(スシロー,くら寿司,はま寿司,魚べい,元気寿司,かっぱ寿司,銚子丸,すしざんまいなど)

スシロー qrコード決済

先日、久しぶりにスシローに行きました。 すると次の2点が進化していたんですよ。 注文用のタッチパネルが見やすくなっていた• セルフレジが導入されていた この内のタッチパネルについては、取り外せてテーブルの上で見られるところも出てきているみたいですね。 そして今回私が注目したのは「セルフレジ」。 知らなかったのでびっくりして思わず撮影してきちゃいました。 ってことで今回の記事では、 スシローのセルフレジの使い方について、動画と画像でわかりやすくお伝えしたいと思います。 また合わせて、スシローのセルフレジで使える 支払い方法やポイントカードに関する情報についても触れていきますので、ぜひご覧ください。 今回の動画では、スキャナを手に取って読み取ってしまったのですが、直後に店員さんが来て、 「そのままかざしてくださいネ。 」 って言われました。 ってことで、画像のようにスキャナにかざして読み取りましょう。 現金かクレジットカードのどちらかを選択します。 画像がわかりにくいのですが、左側が「現金」で右側が「クレジット」になります。 セルフレジ横に設置されている、クレジットカードの端末で支払いをします。 この時、暗証番号の入力が必要ですので、事前に確認しておきましょう。 最後にレシートが出てきますので、受け取って終了となります。 どうでしたか? 全部で4ステップになります。 慣れれば3分とかからないでしょう。 では次に、私が実際にやってみて「最初はココがわかりにくいなぁ」と感じたポイントをお伝えしましょう。 スポンサーリンク 注意点 スシローのセルフレジを体験した結果、次の点に最初は注意が必要だと思います。 お会計札の読み込み方• クレジットカード支払いの場合の端末の位置 では簡単に確認していきますね。 お会計札の読み込み方 先程も書きましたが、スキャナが手に持つ形になっているので、ついつい持ってしまったのですが、そのままかざせばOKですので気を付けましょう。 クレジットカード支払いの場合の端末の位置 動画にあったように、クレジットカードの端末は セルフレジ台の横に設置されています。 初めて使う時には注意してくださいね。 それでは続いて、スシローのセルフレジで使える支払い方法についてまとめておきたいと思います。 スポンサーリンク クレジットカード スシローのクレジットカード決済の場合、セルフレジも有人レジも、次の国際ブランドのカードのみ対応しています。 VISA• MasterCard このことは、私が行くお店では出入り口のドアガラスに次のようなステッカーが貼られていますので、確認できると思いますよ。 私のカードを例に、確認する部分をお伝えしておきますね。 このように、この部分に「VISA」または「MasterCard」と表示されていれば使えますので、気になる方は一度確認してみてくださいね。 ちなみに私は楽天カードを使っているのですが、このカードは楽天市場以外の支払いでも、100円で1ポイントたまるので、とってもお得なんです。 QRコード決済【2020年1月3日更新】 スシローでは2019年12月17日現在、以下のQRコード決済に対応しています。 LINE Pay• PayPay• 楽天ペイ• メルペイ• au PAY• Origami Pay• WeChatPay• Alipay 詳しくは以下で確認できますよ。 2019年12月17日 火 よりスシローの店舗で「LINE Pay」・「PayPay」・「楽天ペイ」・「メルペイ」・「au PAY」・「Origami Pay」に加え、「WeChatPay」・「Alipay」でのお支払いが可能になりました! 各種QRコード決済はセルフレジにも対応しております。 引用元: なお、対応店舗も上記ページで確認できます 今後も順次、他のQRコード決済にも対応していくかもしれないですね。 スシローの支払い方法についてまとめた記事もありますよ。 今回の記事ではスシローでの支払い方法について特集してみました。 商品券は使えるのかや、現金以外にもクレジットカードやQRコード決済はできるのかなどについてわかりやすく解説しています。 では続いて、使えないものをチェックしてみましょうね。 使えないもの スシローの支払いでは、有人レジもセルフレジも現金とクレジットカード(VISA、MasterCard)、先ほど示したQRコード決済にのみ対応しています。 つまり、電子マネー、VISAとMasterCard以外のクレジットカード、デビットカード、一部のQRコード決済には 対応していないんですよね。 また、ギフトカードや全国共通すし券にも対応していません。 すし券に対応していないのはちょっと意外でしたね。 しかし、今後は順次対応していくかもしれないので、注目していきましょう。 では続いて、スシローの支払いで使えるポイントカードはあるのかについて触れておきます。 スシローでポイントカードは使えるの? スシローでは「dポイントカード」「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「Pontaポイントカード」などの共通ポイントカードは 使えません。 個人的には、これらのポイントが貯まればもっと行きたいと思いますので、今後対応していってもらえると嬉しですね。 では最後に今回の内容を確認して、終わりにしたいと思います。 まとめ いかがでしたか? セルフレジはかなり普及していてとても便利ですが、初めての時はちょっと不安を感じる方もいると思います。 そんな方にこの記事が役に立てるとうれしいですね。 ではまとめをご覧ください。 スシローのセルフレジは「お会計札をスキャナにかざす」「支払い方法を選択」「支払い」「レシートを受け取る」の4ステップ• 支払い方法は現金とクレジットカード(VISA、MasterCard)、QRコード決済に対応• スシローの支払いには、電子マネー、VISAとMasterCard以外のクレジットカード、デビットカード、一部のQRコード決済には対応していない• スシローの支払いには「dポイントカード」「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「Pontaポイントカード」などの共通ポイントカードは使えない 私は楽天ポイントを貯めているので、個人的には今後、楽天Edyが使えるようになることを期待したいですね。 今回は以上となります。 最後までご覧いただき、 ありがとうございました。

次の

スシローで使える電子マネー・キャッシュレス決済の一覧

スシロー qrコード決済

スマホ決済のメリット• スマホ決済独自のポイント還元がある• クレカと合わせてポイントの2重・3重取りできる• 消費税増税でもスマホ決済ならお得• カードお断りの店でもクレカのポイントが付く• 競争激化でキャンペーンも激しい• 手間がかからない• 個人間送金もできる• 現金化までの時間も短縮になる• スマホでデータを管理できる スマホ決済に対応する店舗やサービスは年々増え続けております。 2018年の日本人の キャッシュレス人口は20%程度です。 東京オリンピックに向けて外国人インバウンド対策や店舗のハンドリングコスト(人件費削減)のためにも急速に加速していくと予想されます。 スシローで使える「クレジットカード」.

次の