富士 フィルム インターン。 富士フイルム 事務系 春季インターンシップ

【富士フイルムインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

富士 フィルム インターン

必見!富士フイルムの就活情報 大手企業の富士フイルムに就職したいという就活生は多いですが、実際に採用試験を受けるためには企業研究が何よりも重要です。 まずは、エントリーシートや面接での答え方が企業の方針とずれたものにならないよう、 富士フイルムの基本情報と社風などの魅力をしっかりと理解しておきましょう。 就活中なら知っておきたい!富士フイルムの基本情報 まず始めに、細かいことになりますがよく間違えられる点として、 社名があります。 というのも、 通常フィルムと書く場合は小さいイを用いて「フィルム」と記載しますが、富士フイルムの場合は大きいイを用いて「富士フイルム」と記載します。 同じくカメラメーカのキヤノンを同じですね。 志望する会社の社名を間違えるはあってはならにことですので、エントリーシートなどを記載する際は注意しておきましょう。 そんな富士フイルムは富士フイルムホールディングス株式会社のグループ会社であり、1948年からカメラ事業に携わっています。 一世を風靡した使い捨てカメラを始め、時代と技術の進歩に合わせて現在はデジタルカメラやミラーレス一眼カメラなども販売しており、レンズメーカーとしての側面も合わせもっています。 2005年ごろからは写真フィルム事業を縮小させ、今まで培ってきた技術を応用させた液晶ディスプレイや、レントゲン写真などの画像や医療機器などの医療分野へ進出しています。 特に最近では、医師不足が深刻な問題となっており、特に高齢化が進んでいる僻地と呼ばれる地方には医師や医療施設も十分ではありません。 そこで、富士フイルムでは現地に病院がなくても遠くにいる患者さんの検査データや画像情報を病院にいる医師に遠隔操作で診断してもらい、適切な治療につなげることができるようなヘルスケアITソリューション事業にも力を入れています。 また、2008年頃からはアスタキサンチンと呼ばれる成分を用いた化粧品の販売を開始し、化粧品事業にも本格的に参入しています。 始まりはカメラなどのフイルム事業でしたが、時代や技術の進歩、消費者のニーズに合わせて事業を拡大してきた点が特徴だと言えます。 就活中なら知っておきたい!富士フィルムの社風や魅力 既存の事業に縛られることなく、常に新しい分野に進出を続けて進化している富士フイルムには、向上心を持って働いている人が多い印象があります。 会社としても 「何でもナンバーワンを目指す」という精神を大切にしているため、働く社員達も製品のフルラインナップでのナンバーワンを目指して真面目に答えを追求する姿勢があるようです。 会社全体として真面目な風土があり、コンプライアンスの遵守も徹底しています。 また、5000人近い従業員を抱える大企業なだけあり、 福利厚生や教育制度もしっかり整っており、個人を育てる環境が整備されています。 一方で、 富士フイルム株式会社自体は持株会社体制への移行に伴い新設された会社ですが、もともとの母体は歴史ある会社であるため、縦社会や年功序列などの体制は抜けきっていないという面もあります。 必見!富士フイルムに入社するための就活対策 富士フイルムの基本的な情報や魅力などについて掴めましたが、実際に富士フイルムの採用試験に臨むには、「どんな人が採用されるのか?」「富士フイルムの強みは何か」といったことも理解しておく必要があります。 というのも、 たとえどんなに素晴らしい志望動機を用意しても、会社の意向や方針とずれていては意味がないからです。 そこで、ここでは富士フイルムが求める人物像と事業内容を主軸とした他社との差別化ポイントについてご紹介します。 また、2020年度版の新卒採用ホームページでは 「踏み出せ、道を拓け」というテーマを掲げていますが、このテーマには 「社員一人一人が熱い思いを持って、より良い世界を作るために挑戦し続けてほしい」「失敗を恐れずに、自ら問題意識と当事者意識を持って活躍してほしい」という思いが込められているようです。 また、 実際に働いている社員の多くは、富士フイルムの魅力は「人」であると答えています。 つまり、それだけ、 採用試験においてはスキルや学歴などよりも「人」を見ているとも言えるでしょう。 したがって、しっかりと求められる人物像を理解した上で、自分だったらどのように富士フイルムで活躍できるのかということをイメージしてみても良いかもしれません。 富士フイルムの強みは、根幹であるカメラ事業を残しながらもカメラの技術を応用したヘルスケア事業を拡大し、着実に売上を伸ばしている点です。 実際に、ヘルスケア事業の売上はカメラ事業の3倍に達しており、市場動向としても今後伸びていく可能性が大きいため、成長する余地のある事業を有していることは大きな強みであると言えます。 何よりも、 ヘルスケア事業にまで参入できるほどの高い技術力があり、根幹であるカメラ事業に縛られずに幅広い分野でナンバーワンを狙おうとする向上心こそ、富士フイルムの強みかもしれません。 スポンサードサーチ 悔いのない就活にするために~富士フィルム入社を目指して~ 最後に、富士フイルムへの入社を目指して一番の基本である採用情報を確認をしておきましょう。 ついつい企業研究や業界研究に熱中しすぎて基本を疎かにしていまいがちですが、ホームページに記載されている採用情報には、初任給や手当、昇給など入社後に重要になってくる情報も記載されています。 入社してから「想定していた労働条件と違う!」ということにならないよう、採用情報をしっかりと確認しておきましょう。 また、富士フイルムへの入社をより具体的にイメージするために、OB訪問やインターンシップといった機会の活用もおすすめなので、ご紹介します。 海外トップ大学、大学研究機関などへ留学実績あり。 採用人数 今年度予定 51~100名 7000人の社員を抱える大企業ですが、新入社員の採用人数は51~100名とそこまで多くはありません。 つまり、それだけ富士フイルムの社員は採用後に辞めることが少ないということも言えます。 充実した研修制度や福利厚生はもちろんですが、海外展開も行っている富士フイルムでは海外留学制度も導入しています。 会社に勤めながらステップアップのために海外の大学や大学院で学ぶチャンスを与えてもらえる点は、今後のキャリアプランを考える上でも大きなポイントと言えるでしょう。 このように、採用情報からは企業の特徴や自分のキャリアを想像するヒントがたくさん見出すことが可能です。 今一度しっかりとチェックしておきましょう。 特にOB訪問では、面接で実際に聞かれたことや、先輩が富士フイルムを選んだ理由など、面接対策につながるリアルな話を聞くことが出来ます。 もちろん自分の不安や悩みを相談する機会としても活用できるため、非常におすすめです。 また、富士フイルムをではインターンシップも実施しています。 事務系と情報系に分かれており、特に事務系では情報科学を主軸とした新規取り組みを体験できる機会を提供しています。 こういった情報も新卒採用ホームページに掲載されているので、ぜひチェックしておきましょう。 インターンシップ・就活全般・ESに関してはこちらの記事もご覧ください。 スポンサードサーチ.

次の

富士フイルムの企業研究!動向、社風、就活情報など

富士 フィルム インターン

Never stop. 富士フイルムはいかなるときも歩みを止めません。 富士フイルムは写真やカメラの会社だと思っている方、まだまだ多いのではないでしょうか。 富士フイルムは本業喪失の危機を乗り越え生き抜いた、数少ない会社の一つです。 コア事業であった写真フィルムの需要が激減した2000年以降、 全社一丸となって事業変革を進め、大きく生まれ変わりました。 富士フイルムはこれからも変化を恐れることなく、新たな価値を創造するリーディングカンパニーであり続けます。 会社名 富士フイルム株式会社 企業ホームページ 代表取締役会長・CEO 古森重隆 代表取締役社長・COO 助野健児 本社 [東京ミッドタウン本社] 東京都港区赤坂9-7-3 [西麻布本社] 東京都港区西麻布2-26-30 設立 2006年10月2日 資本金 40,363百万円(2019年3月31日現在) 連結従業員数 72,332名(2019年3月31日現在) 連結事業内容 イメージング ソリューション(カラーフィルム、デジタルカメラ、光学デバイス、写真プリント用カラーペーパー・サービス・機器、インスタントフォトシステム等)、ヘルスケア&マテリアルズ ソリューション(メディカルシステム機材、ライフサイエンス製品、医薬品、グラフィックシステム機材、フラットパネルディスプレイ材料、記録メディア、電子材料等)、ドキュメント ソリューション(オフィス用複写機・複合機、プリンター、プロダクションサービス関連商品、オフィスサービス、用紙、消耗品等)の開発、製造、販売、サービス 受賞歴 この企業を見ている人にオススメの企業• 会社名 富士フイルム株式会社 企業ホームページ 代表取締役会長・CEO 古森重隆 代表取締役社長・COO 助野健児 本社 [東京ミッドタウン本社] 東京都港区赤坂9-7-3 [西麻布本社] 東京都港区西麻布2-26-30 設立 2006年10月2日 資本金 40,363百万円(2019年3月31日現在) 連結従業員数 72,332名(2019年3月31日現在) 連結事業内容 イメージング ソリューション(カラーフィルム、デジタルカメラ、光学デバイス、写真プリント用カラーペーパー・サービス・機器、インスタントフォトシステム等)、ヘルスケア&マテリアルズ ソリューション(メディカルシステム機材、ライフサイエンス製品、医薬品、グラフィックシステム機材、フラットパネルディスプレイ材料、記録メディア、電子材料等)、ドキュメント ソリューション(オフィス用複写機・複合機、プリンター、プロダクションサービス関連商品、オフィスサービス、用紙、消耗品等)の開発、製造、販売、サービス 受賞歴 当社はX線,印刷用フィルムなど写真以外の事業においても市場シェアを獲得してきました。 一方で、80年代デジタル化の兆しを感じ取り、率先してデジタル技術の開発を進め、画期的な製品を提供してきました。 当社の歴史は、社会のニーズに応え自らを変化させてきた、イノベーションの連続だったと言えます。 創立80周年を迎えた、2014年に制定したコーポレートスローガン「Value from Innovation」には、富士フイルムが「イノベーターとしてのDNA」をもとに、「新たな価値」を創出していくという想いが込められています。 今後も「Value from Innovation」のもと、自らを変革させ、人々の心が躍る「技術」「製品」「サービス」を生み出し続けます。

次の

事務系イベント・インターン・キャリアスクエアについて

富士 フィルム インターン

富士フイルムのコア技術やその応用展開の事例を紹介し、課題解決や新たなビジネスのアイデアの具体化を進める「共創」の場としてOpen Innovation Hubを新設。 当社は創業後、X線フィルム、印刷用フィルムなど写真以外の多様な事業においても高い技術力をもとに高品質な製品を提供し、市場シェアを獲得してきました。 その一方で、1980年代初頭からのデジタル化の兆しを敏感に感じ取り、時代の先を読んで率先して自社でデジタル技術の開発を進め、世の中に画期的な製品を提供してきました。 世界初のX線画像診断のデジタル化を実現した「FCR」や世界初のフルデジタルカメラ「DS-1」の開発など、当社の歴史は社会のニーズに応え、自らを常に変化させてきた、イノベーションの連続だったと言えます。 写真フィルムの需要激減に対応して大きく事業構造を転換させてきた取組みも、まさに変革の一例です。 コーポレートスローガン「Value from Innovation」には、これからも富士フイルムが「イノベーターとしてのDNA」をもとに、社内外の知恵や技術を広く集めて融合させ、「新たな価値」を創出していくという想いが込められています。 富士フイルムは今後も「Value from Innovation」のスローガンのもと、変化を恐れず自らを変革させ、明日のビジネスや生活の可能性を拡げるチカラになるために、人々の心が躍る「技術」「製品」「サービス」を生み出し続けます。 プロフィール 当社は従来の「映像と情報」の分野にとどまらず、創業以来培ってきた「技術力」「マーケティング力」「財務力」「人材」を活かして、イメージングソリューション、ヘルスケア・マテリアルズソリューション、ドキュメントソリューションと、幅広い領域でグローバルに事業を展開しています。 中でも「ヘルスケア」「高機能材料」の領域を「成長戦略の柱」と位置づけ、経営資源を集中的に投入して更なる成長に取り組んでいます。 また、現地法人の設立等、海外での販売体制を強化すると共に、現地ニーズに合った開発・生産体制を強化することで、海外市場での競争力をさらに高めていきます。 こうした当社の挑戦を成し遂げるための最大の原動力は「人材」です。 今こそ過去の習慣にとらわれず、どんな課題にも自分の想いをぶつけていける人材をもとめています。 事業内容 イメージングソリューション分野(デジタルカメラなどを扱う電子映像事業、カラーフィルム・写真プリント用のカラーペーパーなどを扱うイメージング事業) ヘルスケア・マテリアルズソリューション分野(医療画像診断機器・機能性化粧品・医薬品などを扱うヘルスケア事業、電子材料・様々な検査・測定機材などを扱う産業機材事業、ディスプレイ材料事業、グラフィックシステム事業、光学デバイス事業、記録メディア事業) 本社郵便番号 107-0052 本社所在地 東京都港区赤坂9-7-3 本社電話番号 03-6271-3111 創立 1934年1月20日 代表者 代表取締役会長・CEO 古森 重隆 資本金 403億6,300万円(2019年3月) 従業員数 72,332名(2019年3月期:連結) 4,710名 (2019年3月期:単独) 売上高 2兆4,315億円(2019年3月期:連結) 事業所 【本社】 東京 【製造拠点】 神奈川(小田原・足柄・開成)、静岡(富士宮、吉田南)、大宮 【研究所・技術開発センター】 先端コア技術研究所、高機能材料研究所、有機合成化学研究所、アドバンスト マーキング研究所、 インフォマティクス研究所、バイオサイエンス&エンジニアリング研究所、解析技術センター、 精密プロセス技術センター、画像技術センター、メディカルシステム開発センター、光学・電子映像商品開発センター、ディスプレイ材料研究所、記録メディア研究所、グラフィックシステム研究所、 エレクトロニクスマテリアルズ研究所 財務指標 【株主資本比率】 59. 7% (2019年3月期:連結) NEVER STOP 挑戦だけが未来をつくる。 写真フィルム全盛の時代、強力なライバルと渡り合い、世界市場で成長してきました。 デジタル化の時代、写真フィルム需要激減の危機を乗り越え新たな事業を開拓してきました。 つねに挑戦を重ねてきたFUJIFILMが激しい競争で培った幅広い高度な技術による製品やサービス。 それはいま、社会の新たな課題を解決しようとしています。 職場にAIを駆使したスマートなワークスタイルを。 先進のレンズ技術で4K・8Kのまだ見たことのない映像表現を 最先端のインクジェット技術で商業印刷に革新を。 3D画像解析システムで医師の診断の高度なサポートを。 そして、治療法のない病気に応える再生医療のために。 私たちは立ち止まらない。 イノベーションに挑戦し続けることで、世界を、未来をより良い場所に変えていきます。 事業を通じた社会課題解決 富士フイルムグループは、コーポレートスローガン「Value from Innovation」の下、 中期CSR計画「Sustainable Value Plan 2030」を策定し、当社グループのCSRの考え方にある「事業活動を通じて企業理念を実践することにより、社会の持続可能な発展に貢献すること」を積極的に進め、「環境」「健康」「生活」「働き方」の4重点分野を中心に社会に新たな価値を創出していきます。 【事業活動を通じての社会貢献】 ・写真フィルムで培った技術を生かし環境課題解決を目指す材料を開発 効率的な水利用をサポートするイオン交換膜、太陽電池の耐久性を高める太陽電池用バックシート等を開発しています。 ・新興国の医療環境改善のために、医療従事者の教育研修をサポート 中東・アフリカを初めとする各国で、医療技術の向上のためのサポートを実施しています。 ・感染初期のインフルエンザでも早期発見を可能にした高感度検査技術を開発 富士フイルムが培ってきた写真現像の技術を活かし、感染初期のインフルエンザの早期発見を可能にしました。 fujifilmholdings. html 平均年齢 42. 5歳 平均勤続勤務年数• 2018年• 7年 平均有給休暇取得日数(前年度実績)• 2018年• fujifilm. mynavi. html 外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!.

次の