中村 幸也。 中村幸也(ゆたぼんの父親)は心理カウンセラー?中卒で元暴走族だった!?

中村幸也の嫁(妻)や長女とは不仲?wikiと経歴や評判まとめ!

中村 幸也

スポンサーリンク ゆたぼん(父中村幸也)の主張!義務教育は義務ではない? ゆたぼんの主張学校行くのは子供の権利 日本の義務教育は、1872年に発令されました。 これを『学制』と言うんですが、そこから色々と形を変え、現在は憲法と、1947年に公布された教育基本法と言うもので落ち着いています。 「国民は、その保護する子女に、九年の普通教育を受けさせる義務を負う」(第4条)と定められている。 くやしいですか?(笑 勘違いしやすい義務教育の真意 学校に通う「就学」については、 「保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満12歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う」(学校教育法第17条第1項)、また「子が小学校又は特別支援学校の小学部の課程を修了した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満15歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを中学校、中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の中学部に就学させる義務を負う」(同条第2項)と定められている。 ちなみに文部科学省は、インターナショナルスクールやフリースクールなどへの就学については「就学義務を履行していることにはならない」としている。 自宅で教育を受ける「自宅学習」についても同様であろう。 との言葉ですが、実は背景の条件が重要です。 しかし! 親に対してはそうではありません。 大阪から沖縄に渡ったとの事ですが、沖縄に渡ってから入学手続きをしたかどうか? が問題点です。 はじめから入学させる意思がなく、手続きもしていなければ 違反に問われる可能性はあります。 例えば 『学校なんて行かんでええから働け!』 の様な、戦後にあったような流れを汲むとよろしくないわけですね。 しかし・・・ 問題なのは罰則される過去事例がないと言う事。 つまり、義務教育の違反を中村幸也氏が、してようがしてなかろうが、何のお咎めもないわけです。 3000程度の視聴数だったのが4倍までに膨れ上がっています。 チャンネル登録者数も順調に上がっているようです(苦笑 で、前の記事でも書きましたが、この動画を見て 『クッソ腹立つわぁ!』 『ふざけんなよ〇ケが!』 と思った結果なのでしょうか。 高評価146件 低評価3584件 と圧倒的に低評価が勝っています。 低評価を押せば押すほど、動画自体の評判が上がる仕組みになっています。 その結果、広告収益が上がり、より目立つ位置にこの動画が挙げられることになります。 これ以上拡散してほしくない!子供の目から遠ざけたい!という貴方は低評価を押さずにスルーしてみないようにしましょう。 視聴数も伸ばし、動画配信者からしたら、大事なお客様になるだけです。 端からスルーしていきましょう(笑.

次の

中村幸也@心理カウンセラーさんのプロフィールページ

中村 幸也

大阪府茨木市に生まれる。 元暴走族。 現在は心理カウンセラー、あきらめる生き方の専門家、禁煙カウンセラー。 中学時代はかなりのやんちゃ坊主。 盗んだバイクでグランドを走りまわり、タバコを吸いながら廊下を堂々と歩く。 中学卒業後、すぐに就職し働き始めるが、3ヶ月で辞める。 のちに20回以上転職を繰り返す。 暴走族の副総長となる。 地元を離れ、家族や友人すべてと連絡を絶ち、生まれて初めてただガムシャラに働き、独学で勉強して高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格する。 その後、自分の可能性を広げる為、会社を退職しパソコンのスキルを身につけ、営業の仕事を始める。 営業の仕事をしながら独学で心理学とカウンセリングを学び、のちに日本メンタルヘルス協会の衛藤信之先生と出会う。 2010年、本格的に心理学とカウンセリングを学び心理カウンセラーとなる。 以後、人の心を癒すことを使命とする。 「悩みの答えは必ずその人の心の中にある。 誰だって幸せに生きていける」という言葉を信条に、カウンセリングを心がけている。 relax-kinen. mag2.

次の

中村幸也(ゆたぼん父)のwiki年齢や長女と心理カウンセラー評判は?経歴や学歴と沖縄に移住?

中村 幸也

中村幸也 心理カウンセラー 作家、心理カウンセラー。 自由人。 「あきらめる勇気」という本を出しています。 2018年6月に妻と子ども4人を連れて大阪から沖縄に移住。 医者や弁護士になるのには資格が必要だけど、誰かにやさしい言葉を投げかけるのに資格なんかいらない。 ただ、やさしい気持ちがあればいい。 愛の心があればいい。 そんな思いで毎日更新し続けています。 これからの時代は自分の好きな事、やりたい事をしながら生きられる時代。 ロボットのように働くだけの労働者ではなく、自分の好奇心に素直に従いながら、どんどん新しい扉を開いて生きて、そんな生き方をする人たちを増やしていきたいです。 僕のように中卒の元暴走族でも本を出版する事はできるし、大人になり、結婚して、子どもができても、遊びながら自由に生きる事だって出来る。 今後も自由に自分の好きなように生きながら、次の本を書く事にも繋げていこうと思っています。 現在はカウンセリング、執筆活動、ブログ、メルマガなどの情報発信を中心に活動。 2019年3月16日 土 には不登校の天才YouTuberゆたぼんと一緒に沖縄で親子講演会をします。 他、詳しいプロフィール等は著書「あきらめる勇気」をお読みください。 mag2. facebook.

次の