小田急 ロマンスカー 空席。 小田急、忘れ物や空席情報などをWebで確認できるチャットサービス導入

小田急ロマンスカー

小田急 ロマンスカー 空席

近未来的な白い車両が人気の車両、小田急『特急ロマンスカーVSE』の【 時刻表・料金・予約方法・空席状況・お得な割引 】をまとめました。 おもに小田急線 新宿〜箱根湯本を運転します。 運転時刻は 日によって変わります。 最新の運転情報は 〈 〉上にある『 展望席のあるロマンスカー運行予定表』という項目をクリックすると確認できます。 列車の特長 白く近未来的な外観が人気の小田急特急ロマンスカーVSEです。 予約が取りづらい人気の展望席のほか、一般席、サルーン席など様々な用途に利用できます。 カウンターブース・ひろびろとしたトイレなど、くつろげる車内になっています。 車いすスペースもあります。 VSEの座席詳細は〈〉も参考ください。 広告 料金と購入方法 【料金】 乗車には 乗車料金のほかに特急料金がかかります。 シートマップで座席も選べるWEBが便利です。 WEBからはシートマップをみながら座席を選べるので便利です。 【お得な割引】 小田急電鉄と各地への観光がお得に楽しめるフリーパスは、こちらの〈〉に載っています。 箱根・湘南・鎌倉などの観光におすすめです。 また2019年から発売されている『』 (大人2000円・子ども1000円)も人気です。

次の

小田急ロマンスカーをスマホで予約!座席指定や空席状況の確認も

小田急 ロマンスカー 空席

小田急線の特急ロマンスカーの混雑状況に関して、平日と土日祝日ではそれぞれどのくらいになるのか。 乗車率は具体的にどの程度の水準にまで達するのか。 特急「はこね」、「さがみ」、「あさぎり」、「ホームウェイ」という名称が付いているが、行き先によて混雑度が異なってくる。 行楽シーズンとなると、箱根湯本まで乗り入れる特急はこね号が最も混雑する傾向にある。 夕方の帰宅ラッシュとなると、今度はホームウェイ号が混み合う。 小田急線では、特急ロマンスカーはすべて指定席となっている。 自由席が一切ないため、特急券さえ手に入れば確実に100%座席に座れる。 しかし、満席となって空席ゼロとなると、次の列車を待つか、普通の電車に乗るしかなくなる。 土日祝日は午前中の下りが大混雑 休日ダイヤで運転される土日祝日となると、下りの午前中のロマンスカーが最も混雑する。 ちょうど、東京近辺から行楽地へ向かう人が殺到する時間帯であるため、指定席がすべて満席となる確率がかなり高い。 乗車率は当然100%ということになる。 全車指定席のため、これ以上大きくはならないが、特急券そのものが買えない状態となる。 特に9時前後に新宿駅を出発する列車では、前日かさらにその前からすでに満席のため完売していることが多い。 連休初日となる土曜日は特に混雑が激しい。 中でも箱根湯本行の列車はかなり混雑する。 首都圏の人気観光地ということもあり、箱根へ向かう人がロマンスカーを使って移動する。 途中駅で降りる人も少ない特急列車でもある。 発車直前であっても空席が多く見られるようになるのは正午を過ぎてからの午後の時間帯に入ってからとなる。 午後になれば、行楽地へ向かう人がひと段落する。 乗車率も50%以下になる例も出てくる。 今度は下りよりも上り列車の方が混み具合が大きくなっていく。 夕方は、上りの新宿方面へ向かう列車が混雑する。 前売り券であれば、夕方は比較的座席を確保しやすい。 当日になってから切符を買う人が多いためである。 ただし、発車直前になると満席となることが少なくない。 中でも箱根湯本を16~17時台に出発するロマンスカーは、一番空席がなくなりやすい。 平日は夕方の下りのホームウェイは混雑 平日は、行楽地へ向かう人が少ないこともあってロマンスカーは1日の大半は空いている。 休日とは違って、午前中でも混雑しない。 その一方、通勤客向けの「ホームウェイ」号は満席になりやすい。 乗車率が100%に達するものも少なくない。 ホームウェイ号は夕方から夜にかけての帰宅ラッシュの時間帯に下りで運転される特急ロマンスカー列車である。 他の路線で言うと、通勤用のライナー列車のような損雑である。 普通の電車だと混雑して座れないため、確実に座って自宅まで帰りたいという人がホームウェイ号を使う。 その数はかなり多いことから、平日の夕方のホームウェイ号は混雑する。 新宿駅を18~20時頃に出発する列車だと最も混雑が激しい。 小田原方面と藤沢方面へ向かう種類があるが、どちらも乗車率は変わらない。 ともに100%に達するケースが多い。 21時台に入れば、ようやく乗車率は下がってくる。 それでも、直前だと空席ゼロとなることもある。 確実に乗れるかというと、決してそういうわけではない。 おすすめ記事•

次の

e

小田急 ロマンスカー 空席

この記事の内容• ロマンスカーの予約について 予約方法 ロマンスカーの座席は事前に予約することができ、実際に乗る日の1か月前の午前10時から可能になります。 実際には以下の方法で予約することが可能です• インターネット• 小田急線各駅の自動券売機や窓口、旅行代理店 インターネット インターネットはというサービスを利用することで、会員登録無しでインターネットのみで予約を完結させることが可能です。 その他にもロマンスカー clubという事前の会員登録が必要なサービスもあります。 電話 電話の場合、自動音声による予約、もしくはオペレーターによる予約で実際に会話をしながら予約することが可能です。 小田急線各駅の自動券売機や窓口、旅行代理店 こちらの方法では、実際に駅や旅行代理店などの窓口まで予約を行います。 インターネットや電話だけでは不安だ、という場合や色々と対面で聞いてから予約したいという場合にはおすすめです。 座席の種類 ロマンスカーには主に以下の4タイプの座席があります。 一般席• 前展望席• 後展望席• サルーン 一般席は読んで字のごとく、普通の席です。 前展望席は進行方向最前列の車輌の一番前から、VSEの場合は4列目、LSEの場合は3列目までの座席を指します。 後展望席はその逆で、進行方向最後尾車輌の後ろ側の席になります。 そのため後展望席の場合逆向きに流れる景色を見ることになります。 サルーンは4席ある半個室のスペースです。 前展望席と後展望席があるのはVSE及びLSEのみとなるのでご注意ください。 インターネットでの予約手順 それでは最も多いと思われる事前予約を必要としない、インターネットでの予約手順を追ってみましょう。 e-Romancecarへブラウザーでアクセス まずはにアクセスします。 検索条件の設定 下のような画面が表示されるので、画像のように予約条件を指定します。 電車の選択 検索結果が表示されるので、乗りたい電車をクリックして選択します。 座席のタイプと予約方法を指定する まずは選択内容を確認して、選択した電車が表示されていることを確認します。 座席種別 現在予約可能な、上で説明した座席種別が表示されるのでどれかひとつを選択します。 例の場合は一般席と前展望席以外はすでに予約でうまっているため、表示されていません。 一般席を選択した場合、号車を指定することが可能です。 予約のみの場合、期日以内に支払いを行う必要があります。 期日内に行われない場合予約は自動でキャンセルされます。 以降は前展望席で予約のみを行う選択をした例で説明を続けます。 座席を選択 座席選択画面が出てきますので、マウスで座席を選択します。 灰色になっている座席はすでに予約されているため選択できません。 この例の場合4C以外は既に予約でいっぱいとなっています。 予約内容を確認する ここまできたらほぼ終わりです。 お疲れ様でした。 支払いを行う 予約が完了すると、使用したメールアドレスに予約完了のメールが送られてきます。 以下は実際に私が予約した際に送られてきたメールです。 予約完了メールに座席番号が載っていない・・・ 上の画像を見ていただくとわかると思いますが、予約完了メールには座席番号が記載されていません。 わかるのは前展望席の2席が予約されたということだけ・・・。 もしかしたらちゃんと予約されていないのではないかと心配になり、電話して確認しました。 この状態でも予約は問題なく行われていると伝えられたので、支払いを行なったところ、無事に下記のような座席番号が記載された購入完了メールが送られてきました。 どうやって展望席を確保するか さて、本題です。 展望席を予約するにはどうしたらよいかです。 実際に展望席の予約にあたって、予約が可能になるよりもだいぶ前から、どのぐらいで予約が埋まるのかを観察していたのですが、前展望席の最前列、特にVSEのものは 予約開始となる10時ちょうどになった時点で必ず埋まっていました・・・。 LSEのものは数秒なら予約可能なものが残っていることもありましたが、こちらもすぐに無くなっているような状態でした。 さて、ではどうするか。 予約手段に関する考察 どの予約手段が良いかですが、これは 実際の窓口に行くか、もしくはインターネットです。 電話では対応が遅れたり、なかなか繋がらなかったりするリスクがあります。 窓口の利点は、10時少し前に訪れて窓口の方に頼んでおけば、10時になった時点でボタンを押すだけで予約を完了できるような状態にしてもらえると思いますし、かつ駅の端末が小田急が利用しているデータベースのアクセスに有利な回線で接続可能性があるためです。 インターネットの場合はどうしたらいいかをもう少し見ていきましょう。 インターネットの場合の予約戦術 基本的に展望席の最前列は程度の差はあれすぐに埋まります。 特にVSEは本当にすぐに埋まってしまうので、まずはLSEにターゲットを絞ります。 最前列に座ってしまえば、VSEだろうとLSEだろうと見えるものはそう変わりません。 どの列車を狙うのかも決めておきましょう。 1個目がダメだったから2個目を試すほどの時間はおそらくありません。 遅めの時間のを狙う これは色々と午前10時になった際の予約状況を観察していて感じたことですが、遅めの時間のLSEのほうが予約が埋まるのが遅いように感じます。 そのため正午に近いような遅めの時間を狙ったほうが予約が成功する確率が高いと思います。 あえて2列目を狙う LSEの展望席には3列座席があります。 正直3列目だと微妙ですが、2列目であればぎりぎり展望席感を味わうことができます。 2列目が埋まるのは1列目にくらべればかなり遅いので、あえて最初から2列目を狙えば、席を確保できる確率はかなり高いと思います。 後展望席を狙う 後展望席は前展望席に比べると埋まるのが遅いです。 進行方向とは逆向きに座ることになるので、後ろに流れて行く光景を見ることになりますが、見える景色自体は一般席の窓から見るのに比べればはるかに良いです。 キャンセル席を狙う これは運ですが、定期的に見ていればキャンセルした人の席が開くこともあります。 これは根気強く定期的にチェックしておくしかできることはありませんね・・・。 あとがき 予約状況を見ていて感じたのは、上でも述べた通り、特にVSEはまさに午前10時になった状態で前展望席の最前列が埋まっていたので、インターネットの場合、人の手で選択していたのではおそらく確保は難しいということでした。 しかし私は窓口まで行けるような状態でもありませんでした。 恐るべしVSE、恐るべしロマンスカー。

次の