お気 を 付け て。 気を付けねば : 日々つれづれに

「以後気を付けます」の意味は?敬語表現やメールでの丁寧な謝罪の仕方も

お気 を 付け て

1:頬 「今って、みんなマスクしてますけど、マスクからはみ出ている頬がガサガサだと、けっこう目立ちますね。 綺麗な顔立ちの子でも、ここがガサガサだとガッカリです」(36歳男性/記者) 感染症だけでなく花粉症も気になる時期なので、花粉によってカサカサの頬にもなりやすい時期。 それでも男性たちの目はシビアです。 オイルやクリームだとベタつきを感じる場合には、ミスト化粧水などでこまめな保湿を! 2:耳の外側 「耳の外側など、すぐ見えるところにフワフワと耳垢や皮が出ていると、ギョッとします。 少しくらいなら気にならないから、週一くらいでもチェックしてほしいな」(40歳男性/飲食) 「耳の皮がむけたように耳垢がこびりついている子を、何回か見たことがあります。 清潔感がある子でもちょっとガッカリですね」(38歳男性/スポーツ) 「耳輪(じりん)」の付近など、外から見えやすい部分に耳垢や皮などが付いていると、乾いている印象と同時に、不衛生なイメージも醸し出しがち。 入浴後などに綿棒でやさしくケアをしましょう。 3:首 「最近、マスクをしていることが多いからなのか、女の子の首が目に入ります。 首がカサカサしていると、ちょっとかわいそうだな〜って思うね」(32歳男性/マスコミ) 「首は年齢がわかるって言われるけど、シワよりも、乾燥した見た目の方が気になります。 触れると痛そうなくらいガサガサしている人もいて、気の毒ですね」(40歳男性/飲食) 首もとも、湿度が低い日は乾燥しやすいパーツ。 クリームなどでしっかり保湿をするほか、古い角質のケアも定期的におこなっておくと安心ですよ。 感染症や花粉症対策で、外出時にはマスクをしている女性も多いですよね。 顔の約半分は隠れているとは言え、男性たちは「見えている部分」へのジャッジにシビアです。 油断せずに、うるおい対策を強化しましょう。

次の

気を付けたい、テレワーク時のセキュリティ7つの落とし穴

お気 を 付け て

Contents• 「身を守る」ための気を付けてを伝える4つの表現 「自分で自分の身を守る」というニュアンスを 相手に伝えたいときの英語表現を紹介します。 Watch Out! 誰かが危険な行動にでたときに 直ぐに制止させるための表現です。 思わず大声で叫んでいる情景が目に浮かびますね。 これはネイティブの間でもよく使われる英語表現です。 緊急事態、そして相手の暴言・暴動を注意する時にも 使うことができます。 Watch out! The little girl rushed out into the road. You should watch out for your tongue. Be careful. 一番親しみのある表現ではないでしょうか? 一歩間違えると怪我に繋がるような行動をしている相手や 危険な場所を通るときに使うフレーズです。 Care(注意)をful(いっぱいに)する、 という意味で 「注意して」という意味合いになると覚えておくといいですね。 Be careful not to hit your head on the ceiling. 天井に頭をぶつけないように注意してください This is the sharp kitchen knife. Be careful not to cut your fingers. これは切れ味のいい包丁です。 自分の指を切らないように注意してください 3. Watch your step! こちらは 足元に限定した表現です。 駅やデパートで、 一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? 段差があるときや、 床が濡れていてつまずきやすいときに よく使われるフレーズです。 Not run up the stairs. Watch your step! 階段を駆け上がらないで!つまずくわよ! Please watch your step here. どうか足元にお気をつけください。 「 規則を守りなさい」と注意する時など 絶対にしてはならないことを取り締まる強い表現です。 The police officer gave her a caution for exceeding speed. その警察官はスピード違反で彼女を取り締まった 大事なことに対しての「気を付けて」を伝える5つの表現 こちらでは忘れてはならないこと、 や重要な情報に対して 「注意を払う」というニュアンスで使える フレーズを紹介します。 Pay attention to ~ これは「 ~に傾聴する、注意を払う」という意味で使う 重要な英語イディオムの一つです。 大事なことに気を配っている、 というニュアンスで使いましょう。 大切な説明や、目上の人の話を聞く時などに 最適な表現ですね。 You should pay attention to every single word from that famous author. (話し手の説明をしっかり聞いておきましょう) 6. Give a notice of~ こちらは あまり良くない知らせに対し 「~の通知をする」という意味で使う表現です。 The online system gave me a notice of the expiry of the password. (そのオンラインシステムは、パスワードの期限切れを通知してきた。 ) 7. Beware of~ 面倒なことや厄介者に対して 「 気を付けて」という時のフレーズです。 「火事にご注意」、 「ひったくりにご注意」、 「猛犬にご注意」など 「 くれぐれも注意してくださいね」 というメッセージを伝えたい時に ぴったりな表現です。 Beware of the pickpockets! (スリに注意してください!) Beware of the freezing road! (路面凍結に注意してください!) 8. Keep an eye on~ こちらは直訳すると 「~の上に目を置いておく」という意味です。 「~から目を離さずに見ておく」つまり 「 ~を見張る、注視する」というニュアンスですね。 幼い子どもの動きを目で追ったり、 荷物番をしたりするときに よく使う表現です。 Would you please be sure to keep an eye on my bag? (私の外出中、この子をよろしく頼みます) 9. 日本語だと「眉に唾を付ける」 という表現がありますよね。 信用できないと感じたら、 自分のガードを固めて しっかりと見極める、 というニュアンスで覚えておくとよいでしょう。 Women should be on their guard when they walk out alone at night. では、日本語で 「お気をつけて」という時には どんな英語フレーズが 使われるのでしょうか? 送り出す相手の無事を願うときには 実はこの表現が使われています・・・! 10. 責任がある相手に対しての 気配りの意味で使われるということです。 (外はとても暗いから気をつけてね) Darling, you will be in a heavy traffic jam from now on. Take care on your way home. (ダーリン、これから渋滞に巻き込まれるわよ。 帰り道気をつけてね) まとめ いかがでしたか? 「気を付けて」を表す 英語表現がたくさんあることに 驚いた方も多いのではないでしょうか? 今日ご紹介した 10のフレーズを使いこなせれば ちょっとしたニュアンスの違いも 英語で伝えることができるようになります。 是非声に出して練習して これらの言い回しを自分のものにしてくださいね! 今回は「気をつけて」 を表すフレーズを紹介しましたが、 さらに表現力をつけるには 次の記事もおすすめです。

次の

一般向けパンフレット「多すぎる薬と副作用」作成のお知らせ

お気 を 付け て

気をつけたい感染症 「肺炎」 日本人の死因として4番目に多く、とくに65歳以上の高齢者では1番多い肺炎。 しかし、年代に関係なく、かかりやすい感染症でもあります。 肺炎とは? 肺は体内の二酸化炭素と、体内に取り込んだ酸素を交換する重要な器官です。 その肺の組織が、細菌やウイルスなどの病原体(表1参照)に感染し、炎症を起こしてしまうのが肺炎です。 感染の原因としては、高齢である、他の疾患にかかってしまった、などの理由で身体の免疫力が低下し、肺にまで病原体が侵入して、感染するケースが多いようです。 とくに、かぜやインフルエンザにかかり、ウイルスによって気管が傷つけられてしまうと、病原体を体外に排出できず、肺炎にかかりやすくなってしまいます。 肺炎の主な症状は、せき、発熱、胸痛、痰がでる、息苦しいなどで、かぜの症状と間違えられやすいのですが、症状が長引き、かぜの症状よりも重いのが特徴です。 しかし、病原体の種類によっては、せきや熱などがあまりでない場合もあり、かぜと勘違いしてしまうケースも多いようです。 また、肺炎は放っておくと重症化しやすく、入院治療が必要になってしまうこともあります。 かぜが長引いたり、高熱や激しいせきが3、4日続いたら、必らず医療機関を受診しましょう。 市中感染と院内感染 肺炎のかかり方には、普通に生活をしていてかかる市中感染と、何らかの疾患で入院していてかかる院内感染があります。 市中感染には、突然肺炎になってしまうケースもあります。 しかし、肺炎は免疫力が下がるとかかりやすくなる感染症ですから、かぜなどの他の疾患にかかってから肺炎になるケースが多数を占めます。 同様に、何らかの疾患のために入院しているときは、身体の抵抗力が著しく低下しているため、肺炎を起こしやすくなります。 これが院内感染で、通常では問題にならない細菌などによって肺炎を起こすケースもあり注意が必要です。 また近年、市中感染でも院内感染でも、肺炎の治療に使われる薬に対して抵抗力をもってしまった、非常に強い病原体(耐性菌)によって肺炎を起こしてしまうケースが増えてきています。 いずれにせよ、市中感染であれば、初期の段階で受診しましょう。 初期であれば、処方された薬を指示通りに服用し、栄養と水分、それに睡眠をしっかりとれば、1、2週間程度でよくなります。 しかし院内感染は、抵抗力が弱まっている罹患者が肺炎を起こしてしまうので、悪化しやすい場合もあります。 少しでも身体に異変を感じたら、すぐに担当医に伝えてください。 肺炎の検査・治療 肺炎、とくに細菌や、表1の「その他の病原体」が原因で起こった肺炎の治療で用いられる薬は、主に抗菌薬です。 抗菌薬はさまざまな種類があり、感染した病原体の種類によって異なります。 この病原体を突きとめるために、問診、聴診、胸部の打診、各種検査(胸部エックス線検査、喀痰検査、血液検査など)を行ない、病原体を判別、抗菌薬を処方します。 しかし病原体の種類によっては、診察や検査をしても判別しきれないものがあります。 そういった場合には、症状や診察・検査の結果から病原体を予測し、抗菌薬を処方します。 ですから、処方された薬を服用していても症状がよくならない場合、 予測とは違う病原菌が肺炎の原因である、肺炎の原因となる病原菌が複数である、肺結核など他の病気である、などのことも考えられます。 薬を服用し始めても症状が悪化する場合は、再度、医療機関を受診してください。 なお、抗菌薬には発疹などの副作用がでる場合があります。 そのときには、自己判断で服用を中断せず、医師に相談してください。 また、肝臓や腎臓などに負担をかけたり、他に服用している薬の作用を強めたり、弱めたりする抗菌薬もあります。 持病をお持ちの方は、受診したときに自分の持病や服用している薬などを伝えておきましょう。 お年寄りはとくに注意! 肺炎の症状はかぜの症状と似ていますが、基本的には、症状が長引く、かぜの症状よりも重い、などの違いがあります。 しかしお年寄りの場合、症状がでにくく、周囲の人も気がつかずに過ごしてしまい、重篤な状態になってから医師の診察を受けるケースも少なくありません。 お年寄りは抵抗力が弱いため、肺炎にかかりやすいですから、表2のような症状がある場合には、すぐにかかりつけ医を受診してください。 このとき、身近な人も付き添って、症状などを医師に伝えるとよいでしょう。 肺炎の予防 肺炎の原因となる細菌のひとつであり、市中感染の原因として多い肺炎球菌には予防ワクチンがあります。 1度接種すると5年以上は効果があるといわれています。 費用は自己負担ですが、お年寄りのみならず、表3の項目に当てはまる方は、接種しておいたほうがいいでしょう。 また、肺炎の感染理由のひとつとして、飛沫感染や接触感染があげられます。 帰宅時には手洗い、うがいをし、外出するときには気密性の高いマスクを着用するなど、予防を欠かさないようにしましょう。 かぜやインフルエンザから肺炎を患ってしまうことも多くありますので、かぜ予防を徹底したり、インフルエンザの予防接種を受けることも大切です。 〈コラム〉誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん) 気管に食物や唾液などの異物が残ってしまうと、それに潜んでいる細菌が肺炎の原因となります。 これを「誤嚥性肺炎」といい、お年寄りに多く見られます。 誤嚥性肺炎を防ぐために、以下のような点に注意しましょう。 1、 食事のときは、なるべく身体(上体)を起こし、安定させる 2、 口のなかを清潔にする。

次の