死にたいほど辛い。 死にたいほど仕事が辛い(本気で会社が辛い)

死にたいあなたへ、飛び降り自殺失敗者が送るメッセージ|専業主婦卒業宣言!

死にたいほど辛い

自分のミスで子どもが命に係わるような大きな怪我をした• 保護者からの理不尽なクレームを受け続けて精神的に辛い• 朝から晩まで毎日多くの子どもたちと接していて体力的にも精神的にも辛い• 残業も持ち帰りの仕事も多くて休み日にも休めていない• 職場のお局からイジメのターゲットにされていて辛い• うまく保育ができないことで周りから怒られてばかりで泣きたくなる あなたにもいろいろと死にたいほどに辛いことはあるかもしれませんね。 まずは、辛い作業かもしれませんが、あなたの辛い気持ちはどこからきているのか考えてみてください。 その辛い状態はどうすればいいのか?と辛い気持ちが来ている原因を探ることから抜け出す方法は見つかります。 死にたい気持ちから抜け出すためには? では、死にたい気持ちから抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか。 自分から声を上げて助けを求める 今の保育園ではその辛いことを解決することはできないでしょうか。 保育園で信頼できる上司や先輩は一人でもいませんか?もし、職場に話せる人がいないならあなたの家族でも構いません。 周りに助けを求めない限りは、周りからもあなたがどれだけ辛い中にいるのかは理解されません。 今のあなたの気持ちを聞いてもらえる誰かにまずは助けを求めてください。 勇気をもって休みをもらう どうしても辛い時は、勇気をもって休みをもらいましょう。 でも、ほとんどの人が、休む=悪と捉えてしまうものなので、なかなか休みたいと思っても休めないという人も多いのも事実です。 日本人って特に、子どものときから我慢して頑張ることを教えられてきていることがほとんどなので、なかなか自分を甘やかすという行為ができないものです。 でも、そのままの状態でいるのがキツイなら、しっかり休みをもらって気持ちを元の状態に戻す方が絶対に職場にも良い影響が出てくるはずです。 一時的に周りの人に迷惑をかけても、死にたいほどに辛い時は休むという選択をしてください。 心療内科の受診が必要な場合も また、精神的に病みすぎて体調面への影響は出ていないでしょうか。 休みの日でも仕事のことを考えて辛くなったり、ふとした瞬間に涙が止まらない・・・といった、いつもとは違う何かがあるのであれば、あなたは精神的にも追い詰められている状態です。 保育士の仕事をしていてうつ病になる人は少なくはなく、実際に私も病んでいく友人を目にしたこともあります。 もし、体調面への影響も出始めていると思った時には、なるべく心療内科を受診するようにして下さい。 早めに対処でできることをすることが、そこから抜け出すための秘訣です。 職場環境を見直そう でも本当はもう保育士を辞めたい・・・と思っているけれど、辞めるわけにはいかない・・・という気持ちもあるという人もいるかもしれませんね。 確かに生活もあるので、今すぐに保育士の仕事を辞めるわけにはいかないかもしれません。 でも、死にたいほどに辛いならいっそそこから離れてみるということも時として必要な場合があります。 何も保育士の仕事にこだわらなくてもいいですし、今の時代、保育士の仕事に就こうと思えば就くことだってできますよね。 人間はそもそも変化することを本能的に避けてしまいがちなので、辛くても今の状態のまま続けてしまおうとしてしまいます。 でも、その状態のまま精神的に病んでしまうくらいなら、一度は職場環境自体を見直してみてくださいね。 保育園って本当に働く場所が変われば、保育方針も人間関係もすべてが変わります。 保育園を変えることで解決できる問題があるなら、転職自体も視野に入れてみるようにしましょう。 心機一転させたうえで働けば、もう一度あなた自身が自分の可能性を信じられることもあるはずですよ。 実際に倒れてしまってからではその気力さえもなくなってしまうので、今のうちに将来の転職を見据えて転職サイトへの登録がおすすめです。 将来的な転職を考えているといった方でも、登録からその後のサポートまで完全無料なので安心して利用することができますよ。

次の

死にたいときに読んで欲しい、あなたへの最後のメッセージ

死にたいほど辛い

Contents• 仕事が辛く、いつも死にたいと思っていた私の話 プロフィールでも紹介しているように、私は昔から人間関係を築くことが大の苦手で、今までに14回という、なんだかもうよく分からない回数の転職を繰り返してきました。 14回の転職の中で、仕事の辛さからいつも死にたいと思いながら働いていた時の話を紹介します。 死にたい気持ちを我慢しながら働いた日々 私がある通信販売会社で、経理の仕事をしていた時の話しです。 その会社は人間関係がとても悪い職場で、何とも言えない職場の淀んだ空気感を今でも忘れることができません。 特に上司は機嫌がいい時と悪い時のギャップが激しい人で、機嫌がいい時はつまらない冗談でみんなを困らせることが得意でしたが、さっきまで機嫌が良かったので話しかけてみると、いきなり大声で怒鳴られることも日常茶飯事でした。 そのため、職場のみんなもその上司に怯えつつ、何事もなく1日が終わることを誰もが願っているような職場でした。 職場のみんなも上司からよく怒られていましたが、はっきりしない性格の私は特に上司から怒られる回数も多くありました。 怒られることはもちろん辛いのですが、みんなの前に立たされて怒鳴られた時などは、その後どのような顔をして仕事をすればいいのか分からず、本当に死にたいような気持ちになりました。 そのため、毎日のように会社に行きたいくないと思い、必死で会社を休む理由を考えました。 もう会社に行きたくない!わざと転んで足をくじいてみよう。 そうすれば病院に行ってから会社に行けるから、半日は会社に行かなくて済む。 うまくいけば1日休めるかも… 今考えると本当に身勝手で馬鹿みたいなことを考えていましたが、仕事に行きたくないと苦しんでいた当時は、いつやろうかと真剣に考えていました。 このように毎日死にたい気持ちの中で仕事を続けていくことで、日に日に精神的に追い込まれていくことになり、精神的にも限界に近い状態で会社に行っていました。 死にたいほど嫌な仕事を我慢し続けて失ったもの このような状況で仕事を続けていく中、ある朝仕事に行こうとベッドから起き上がろうとすると、体が思うように動かなくなってしまいました。 仕事に行かなければと思い体を動かそうとしますが体に力が入らず、ベッドの上でただ横になっているしかない状態でした。 まずは会社に連絡しなければいけないのですが、自分の体が動かないことが怖くなり、しばらくはそのままの状態で横になっていました。 何とか体が動かせるようになると、枕元に置いていたスマートフォンで母親へ連絡し、病院へ連れて行ってもらいました。 久しぶに自分と会った母親は自分の表情(顔が死んでいたようです)を見てちょっと驚いた顔をしていましたが、とにかく病院へ連れて行ってもらいました。 小さな母親の肩を借りて車の助手席まで運んでもらう時には、なんだか情けないような申し訳ないような気持ちになり、自然と涙が出てきました。 病院に着いてから診察してもらうと、軽いうつ病になっていることが分かりました。 その後は通信販売会社を退職することになり、会社を辞めてから半年間は何もすることができませんでした。 結局、次の職場へ転職するまでには会社を辞めてから 1年半の歳月がかかることになりました。 自分の働き方を考えるきっかけになったこの出来事も、今振り返ると貴重な体験になりますが、死にたいような気持ちを我慢しながら働き続けたことで私は1年半という 「大切な時間」を失いました。 この記事を見ていただいている人の中には、もっと辛い状況の中で仕事をしている人もたくさんいるはずです。 しかし、死にたいほど辛い気持ちを我慢して働く仕事の時間も、自分が満足のいく会社で働く時間も、どちらも同じ時間を過ごすことになります。 この時間だけは後からどんなに頑張っても取り戻すことはできません。 今の状況をなんとかしようと悩む時間は大切ですが、 悩むだけでは状況は変わらないことも、また事実です。 悩んでいる間に時間だけはあっという間に過ぎていきますが、行動をしなければ状況が変わることは絶対にありません。 私は精神的に弱い部分があるため、全ての人が私と同じような状態になるとは言えませんが、死にたいような辛い気持ちを我慢しながら働き続けることで、私のように 働くことが難しくなる状態になる可能性もあります。 心や体を壊してまでやる仕事が、あなたにとっていい仕事のはずがありません。 これから先も死にたいほど辛い状況が続きそうな人は、大切な時間を日々失っていることを覚えておいて下さい。 仕事の辛さから死にたい気持ちになった人が考えるべき3つの事 死にたい気持ちを我慢して働き続けたことで、働くことが難しくなった私の体験を紹介しました。 あなたを含めて、私たちは仕事で辛い経験をした時には無意識のうちに自分を追い込んでしまい、仕事の辛さが大きくなった時には死ぬことさえ考えてしまいます。 仕事の辛さから死にたい気持ちになった人は、次の3つのことを考えてみて下さい。 死にたいほど辛い今の仕事を続ける理由はありますか? 死にたいと思うほど辛い今の仕事ですが、その辛い仕事を続けなければいけない理由が、あなたにはあるでしょうか? 私は死にたい気持ちを我慢しながら何とか仕事へ行っていた時、何度も会社を辞めようと思いました。 しかし、会社を辞めようとする度に心の中で様々な葛藤が起こりました。 みんなも自分と同じように大変な中で、仕事を頑張っている• 今会社を辞めたら、自分は逃げたことになるんじゃないか?• もう少し自分が頑張れば、今の状況を変えられるかもしれない• 石の上にも3年。 まだ3年経ってないから、もう少し頑張った方がいいのかも• 転職しても、次の転職先が決まるか分からないし このような心の葛藤からズルズルと働き続けてしまい、結果は先ほど言ったように 働くことが難しい状態になってしまいました。 もちろん、生活をするためには働かなければいけません。 しかし、生活の安定などを考えなければ、今の時代はアルバイトでも生活自体はできるはずです。 仕事が死にたいほど辛くなった時、あなたはいつでも仕事を辞めることができます。 あなたが死にたいほど辛い今の仕事を続けている理由について、もう一度よく考えてみて下さい。 「辛い仕事から逃げる=悪」ではない 仕事が死にたいほど辛くなった時には仕事を辞めても問題ありませんが、私たちは苦しい思いをしながら今の仕事にしがみつきます。 最低でも今の仕事を3年間は続けよう• 辛い仕事に耐えることで初めて成長できる• 任された仕事はどんなことがあっても最後までやるべき これらは大切なことですが、その思いが度を過ぎることで死にたいと思うほど自分を追い込んでしまいます。 「辛い仕事から逃げる=悪」ではなく「自分の心や体を壊す働き方=悪」です。 自分の心や体を壊しながら働くことが、あなたにとっていいはずがありません。 仕事が辛くなった時は逃げてもいいですし、全ての仕事を完璧にやらなくても大丈夫です。 死にたいと思うほど仕事に真面目に取り組んでいるあなたは、少し肩の力を抜いて働くことも考えてみて下さい。 「仕事=人生の全て」ではない 起きている時間の半分近くを過ごすことになる仕事の時間ですが、仕事の時間が人生の全てではありません。 仕事が終わった後や休日には自分の趣味ややりたい事を楽しむこともできます。 趣味がない人もいますが、 仕事以外に自分が楽しいと思えるものを1つでも持つことで、楽しいことをやるために仕事を頑張れることもあります。 「仕事=人生の全て」ではなく、仕事以外の あなたの やりたいことも含めたものが、あなたの人生です。 今の辛い仕事はあなたの人生の一部でしかなく、仕事にあなたの人生を振り回される必要はありません。 死にたいほど辛い仕事からどうしても解放されない人は… 仕事の辛さから死にたい気持ちになった時に考えるべき3つのことを紹介しましたが、今の仕事を続けるかぎり現状をどうしても変えることができない人もいます。 このような 「幸せに働いている1年後の自分の姿を想像できない人」は、現状を変える1つの手段として 転職することも考えてみて下さい。 世の中には約17,000 の職業と420万社 を超える企業があり、 1人でコツコツ働くことが好きな人やみんなで協力しながら働くことが好きな人など、 それぞれの人に合った仕事が必ずあります。 しかし、勇気を出して転職をしても 4人に1人が転職したことを後悔している現実があります。 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる• 担当者によってサービスにばらつきがある 転職エージェントを利用することで、 あなたが日中仕事をしている間も転職エージェントが希望条件に合った求人を探してくれます。 そのため、あなたが疲れて家に帰り求人探しができなかった時も 自動的に転職活動を進めることができます。 また、自分1人で転職活動をする時には知ることが難しい 「職場の人間関係」 「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった 転職先の生の情報も転職エージェントを通して事前に知ることができるため、 転職前後のギャップによる 転職の後悔や失敗を防ぐことができます。 一口に転職エージェントと言っても大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には 約18,000もの転職エージェントがあります。 そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは 人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントでは いきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。

次の

死にたいほど仕事が辛い人は「自分に合った仕事」への転職を考えて|転職feed.partizan.com

死にたいほど辛い

死にたいほど辛いです。 特に勉強に関して、なぜ将来で使うかどうかの強化を一緒懸命にしなくてはならないのですか? なぜテストの点数で人の価値が決まるのでしょう なぜテストの点数で勝っている人は負けている人を見下すのでしょう? 人のテスト踏んで、言った言葉がどうせ点数低いから大丈夫やろwと、なぜ人って人を見下す事が多いのでしょう 聞きたくもない点数を聞かされて、勝手に自分の点数をバラされて、平均以上あるのに落ちこぼれだのなんだの 関わりたくないけど、学校を休むのは嫌、そしてもう生きるのが嫌です。 点数、点数とプレッシャーがもう耐えられないです。 本当に悩んでいます。 どうすればいいとは軽々しくきけないですし、 いじめのようで、先生にも相談しました。 注意はしてくれましたが、酷くなりました。 お前先生に頼ったんかよwと言われるし かなり重い内容ですが、すみません。 アドバイスを下さるとありがたいです。 高校生です。 でした、今年の春辞めました。 年齢で言うと高2です。 僕もあなたと同じようなことを考えていました。 なぜ勉強をする必要があるのか、なぜ僕は当たり前に学校に通うことになっているのか。 なぜ、と片っ端から大人に聞きました。 父は言いました。 学校へ行くのは社会で必要なことを学ぶためだと。 こう応える大人が多かったです。 顧問は言いました。 学校へ行くのはかけがえのない仲間と共に生きる力をみにつける為だと。 こう応える大人は何人かいました。 だけど誰一人として、学校へ行く必要は必ずしもない、と答える大人は居ませんでした。 どれもこれも俺にはピンと来なかったです。 みんな人生に安定を求めるから勉強して、将来に安定を求めるから、よりいい学歴を求めていい仕事に就こうとする。 確かにそれは模範的な人生の幸せと言えるでしょう。 だけどそれじゃあ、俺たちは生まれながらに「義務教育」と言う目に見えない不自由に縛られて敷かれたレールに沿って歩くだけの人生になるんじゃないか。 て思ったんですよね。 だから僕はやりたいことだけの為に、自分の人生を使うことにしました。 今僕はチリのある小さな村で過ごしています。 必要なだけのお金を稼いで、そこで生活できています。 幸せって誰が決めるんでしょうね。 俺にとって幸せは、日本の社会に縛られず、10代だろうと学生だろうと自分の行きたいところに行きたい時に行く、そういう自由が許される環境を手に入れることでした。 話、思い切り逸らしてすいません、 何が言いたいのか要約すると、テストなんてただの紙で成績なんて数が大好きなつまらない大人のただの仕事の資料です。 そこにどんな数字が記してあってもあなたの価値はあなたのものです。 だから自分がやりたいことをやれる人間になればいいのでは?言ってはダメなことなどないのだから、言いたいことは言ってやって、やりたい事もやればいい。 と簡単に言いましたが難しいですか? 何も俺みたいに学校やめろって言ってるんじゃないですよ。 ちょっと力を抜いて、もっと楽しく息してください。 社会は楽しいです。 ただ、それを縛って邪魔する外野がうるせんです。 もっと自由になりましょ 学校の勉強が社会で直接役立つとは言えませんが、普遍的な情報処理能力、思考力、記憶力の計測という面では意味のあるものだと思います。 高校程度までの勉強ができない人が、より複雑な社会の物事を理解するのは難しいかと。 もちろん仕事のできない東大卒やお金持ちになる低学歴の人もいるでしょうけど、全体の傾向としては相関あると思います。 テストや学歴で見下すのは良くないです。 そもそも人を見下すこと自体が終わってますけども。 それでも競争心理が働いてしまいますからね…闘争本能の一つでしょう。 点数ばらされたり落ちこぼれと言われるのは普通ではないです。 環境が悪すぎるのでは?その周りを変えることは難しいことでしょうね。 勉強は社会で役立たないと不満を言う割に点数を気にしすぎです。 大切なのは受験当日なので、今の点数はそれほど重要ではありません。 あくまでも理解度を知り、今後に繋げるためのテストだと思いましょう.

次の