若葉の精霊 シャドバ。 ドラクエ10 一人旅 VS 若葉の精霊

若葉の精霊

若葉の精霊 シャドバ

【進化時】ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。 これを「自分の手札の枚数」と同じだけ行う。 【ファンファーレ】このターン中に他の機械・カードをプレイしていたなら、疾走を持つ。 【ファンファーレ】このターン中に(これを含めず)カードを4枚以上プレイしていたなら、ランダムな相手のフォロワー4体を破壊する。 重なり合う決意 重なり合う決意(エルフ) ゴールド スペル 2コスト ・アリサの導き ・ラティカの抱擁 このコストと同じだけ自分のPPを消費して、チョイスしたカードとしてプレイする。 このターン中に(これを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、チョイスではなく、フェアリー2体を出す。 ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージ。 アリサの導き(関連カード) アリサの導き(エルフ) ゴールド スペル 0コスト フェアリー2体を出す。 【進化時】機械・カード(鉄扇のエルフを除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 【ファンファーレ】自分のPPを4回復。 【ファンファーレ】フェアリー2体を出す。 【ファンファーレ】このターン中に(これを含めず)カードを4枚以上プレイしていたなら、鉄甲のカブトムシ1体を出す。 相手のフォロワー1体に「自分の手札のフェアリーの枚数」と同じダメージ。

次の

Shadowverse【シャドウバース

若葉の精霊 シャドバ

概要 「必ずバーテックスに奪われた世界を取り戻す!」 本編の主人公。 香川県出身。 良家に生まれ、育ちが良い。 超が付くほど真面目な性格で、恩義や情けには報いを。 攻撃されたら報復を旨とする。 凛々しい外見でファンも多いが、単純ゆえ嘘にすぐ引っかかるなど天然さが垣間見えることも。 いい意味でも悪い意味でも頑固という欠点はあるものの精神的にも肉体的にもタフ。 (『乃木若葉は勇者である』キャラクター紹介) プロフィール 出演作品 / / 163㎝ (が得意) 好きな 、 大切なもの 人物像 本作の主人公。 四国の勇者たちをまとめるリーダー格。 とは幼馴染で親友同士である。 良家「乃木家」の出身で、育ちが良い。 小学生時代はクラス委員長を務めていた。 超がつくほど真面目で堅物な性格で、常に鍛錬を欠かさない。 しかし、その真面目さ故にかえってチームの不和を招いてしまうこともあり、自分にリーダーの資質があるのか思い悩むこともある。 「恩義や情けには報いを。 攻撃されたら報復を」を旨とし、大勢の罪なき人々を殺したに必ずや報いを受けさせんという強い意志を持っている。 だがそれ故に「友達を食ったから」という理由だけで 襲い掛かってきたバーテックスを返り討ちにしながら食べるという奇行に走った事もある(「まずくて食えたものではない」事とひなたに叱られた事で結局1回しかしなかったが)。 なお、この逸話はには尾ひれがついて 「星屑を踊り食いした」と噂されている。 凛々しい外見でファンも多いが、単純ゆえ嘘にすぐ引っかかるなど天然さも併せ持ち、身の回りの事は大抵ひなたに任せているようである。 良くも悪くも頑固という欠点はあるものの精神的にも肉体的にもタフである。 弱点は意外にも。 ひなた曰く「耳かきをしてあげるとフニャフニャになっちゃう」との事。 骨付き鳥は親鳥派。 またひなた曰く意外と甘党。 経歴 西暦2015年7月30日、修学旅行でひなたと共にを訪れていたが、地震によって避難していた神社でバーテックスの襲撃を受けた。 周囲が阿鼻叫喚の地獄絵図となる中、社殿の奥へと吹き飛ばされた若葉は、偶然そこで「生太刀」を手にする。 その瞬間、彼女は勇者の力に目覚め、その結果彼女たち自身と他の多くの人々をその場の危機から救った。 それから3年の月日が流れた西暦2018年、中学2年生になった若葉は他の4人の勇者と共にバーテックスへと立ち向かうことになる。 勇者として 切り札(大天狗)使用時 勇者衣装は「」がモチーフで、武器はに登場する「」の刀「」。 精霊は「」及び「」。 戦闘では勇者たちの切り込み隊長として果敢にバーテックスに立ち向かう。 その高い戦闘能力をもってして次々とバーテックスを斬り捨て、襲来したバーテックスの半数以上を一人で倒したことも。 しかし、バーテックスへの憎悪が募るあまり周囲が見えなくなってしまうこともあった。 花結いのきらめきでは 『』でももちろん登場。 接近戦型であり同じタイプのキャラでは風に次ぐほどのぶっ飛んだ火力を持つ超火力特化型。 手数も多く累計の部分では彼女が上回るほど。 難点は火力にあまりにも特化しているが故の全キャラワーストのHP。 なんとSSRでもHPが僅か5000前後しかない。 パートナーでの補強なしだと雑魚に数発小突かれただけでも即退場も有り得るほどに紙ペラ。 さらに、SR以上の乏しい序盤の主力となるRもステージクリア報酬での入手がなくガチャや彼女がメインのイベントでのドロップに頼らざるを得ないため、無課金勢のプレイヤーのもとでは入手や覚醒値の成長が出遅れがち。 反面スキルには優秀なものが多い。 特にSSR『誠実 乃木若葉』のアビリティは開幕時に必殺技ゲージに大きな加算補正がかかり、開幕から即必殺技を放てるようになるため、メインでなくともパーティーに是非加えておきたい。 もちろんゲスト・フレンド枠でも彼女を入れているプレイヤーは多い。 パートナーには友奈、風などの低HPを補える接近戦型キャラが向く(ゆゆゆいでは味方の体力はパートナーを含めた総合値で計算される。 この二人を置くことで殴られて即退場をある程度防げる)。 コストに余裕があるなら手数重視型と組ませた上で攻撃ペースアップや火力強化の効果を持つ精霊を投入することで「やられる前に殺る」といった長所を伸ばす構成も十分に選択肢に入るが、体力面の弱点を事実上放置することになるため、残りHPには常に気を配ろう。 特に近接型にとって鬼門に等しい愛媛編では要注意。 ちなみに必殺技には「ひなた」という言葉が入ったものがある。 その名も「 一閃緋那汰」。 しかも ゲーム中で使用する際は「ひなたーっ!」と叫ぶ事もある。 本人曰く「許可はちゃんととった」らしく、ひなたは自分の名前を使ってくれることに感動していた。 後輩の勇者達に対しては同じ勇者として対等の立場で接しており、同じくまとめ役である風とも良き友人関係を築いている。 一方で勇者部としての活動上は部内での上下関係をきっちりわきまえており、部長であり学年も上である風を立てる形で彼女の下につき、西暦チームをまとめる立場にある。 本編の時間では諏訪への遠征前のため本土との行き来ができたのだが、神世紀300年では壁の外に出ることができない理由について、壁の外の状況をその目で見たことのある東郷美森から話を聞き「何かされたな」とその後の世界の運命を察したような発言をしている(後にこの事は他の西暦組にも共有されたのか、千景も「この世界に外国は存在しないんでしょ」という趣旨の発言をしている)。 前述したようにバーテックスを食べた事がある若葉だが、ある戦闘中空腹時にその事を話題にした際は風の「夏凜かじって飢えをしのいでちょーだい」という冗談を真に受けて 夏凜にかじりつく(しかも「味がある」と評した)という奇行に走った。 アニメでは友奈もかじっていたが。 また、ハロウィンイベントで出現したカボチャ型バーテックスを見ても食べることを考えていた(これは若葉のみに限った事ではないが言い出しっぺは紛れもなく若葉である)。 一方、ハロウィンのコスプレを恥ずかしがり、「介錯してほしい」という須美の発言に突っ込まずに介錯人を引き受けようとする、どこまで本気なのかわからない一幕も。 ひなた任せだったせいかファッションセンスは疎いようで、海水浴イベントでは中学生にもかかわらずシニア用水着を選んでおり、ひなたに怒られている。 その後のプールイベントでは、樹に水泳の指導をしている際に水着姿を見ることができ、ひなたからの矯正が入ったのか普通の水着を着ていた。 また、石紡ぎの章13話では自分の靴下の保管場所さえひなた任せで知らない事も判明している。 他にも球子ほどではないが女の子らしい部分に疎い部分があり、女の子にとってデリカシーのない発言(体重についてなど)をしてしまう事もある。 の将来の夢がお嫁さんだと聞いた時には「小学生なのに結婚を考えるとは早熟な……」とつぶやく、クリスマスイベントでは神樹様をクリスマスツリーにしようと目論むに対し「敬意を損なわぬよう、しめ縄や紙垂を盛大に飾ってみるのはどうだ?」と提案するなど世間ズレした一面も見せる事も多く、後者では銀に「ボケてるのは血筋なのか…」と呆れられた。 花結いの章18話では、ひなたが他の巫女達共々一週間修行合宿に行く事になっただけで「(一週間という)それほど長い間離れていたのは生まれて初めてだ……!! 」と戸惑いを隠せず、いない間はため息ばかりついていた。 重度化したらみたいになるのだろうか… 2度目のバレンタインイベント「大事なキモチ」では、讃州中学に大勢の女生徒のファンがいることが明らかになり、園子によってチョコを渡そうとする女生徒達に押し寄せられる羽目になる。 その後ひなたが止めに入ったことで助かっており、その際の反応からひなたは女生徒達から恐れられているらしい。 なお、なにげに召喚された勇者達が他の生徒達からどのように見られているかがイベントで初めて描写されたシーンでもある。 文化祭イベント3年目でバンドを出し物と決めた際は、ひなたに「」と期待されたが早々に辞退、化粧担当に回っている。 剣を使うイメージが強い若葉だが、石紡ぎの章10話では意外にもをたまにしている事が判明。 ひなたが「流鏑馬をしている若葉ちゃんはかっこいい」と言っている辺り、それなりの腕はあるようだ。 バストサイズは球子から「(を霊峰級とするなら)クラス」と酷評(霊峰級の山がおおよそ標高8000mを超えるのと比べれば、高尾山は標高599mと10分の1にも満たない。 つまり 遠回しな「」呼ばわり)され、さらに若葉よりも「ない」球子に「まだ未来があるから気にするな」と慰められる始末。 あまり容姿には頓着しない若葉もさすがにこの評価はショックだったのか「お前には言われたくない!」と反論していた。 ただし、劇中で公式に「巨乳」と言及されている人物以外は全体的に胸囲の描写が手厳しい(例えば勇者部メンバーで言えば「ややある」方である友奈はほぼ真っ平扱いだし、「東郷に次ぐバストの持ち主」とされる風ですらTVシリーズ1期の水着姿を始めとして公式のアニメ絵ではかなり控えめに描かれている)『勇者である』シリーズにおいて、制服姿の立ち絵でも確認できるほどにはふくらみがあるので、実際には勇者達の中でも上から数えた方が早いくらいの大きさであると考えられる。 水着姿を見ても、そこまで「ない」ようには見えない。 ちなみに、ゲーム中に実装されたオートモードは前衛も後衛も関係なく突撃していく様だったため、一部では「若葉様モード」と呼ばれているんだとか… 乃木園子との関係 名字から分かるとおり、若葉は『』や『』に登場するの祖先である。 公式サイトでの紹介漫画で彼女やと共演した際には「昔のに似たものを感じる」と好感触ながら、若葉の語ったあらすじに対しては要約しすぎた上に擬音あふれる内容に「説明下手だねー」とバッサリ(ただし『勇者部びより』では勉強を教えた際わかりやすいと好評だったため単に説明が下手という訳ではないと思われる)。 さらにその落ち着いた佇まいから美森の方が自分の子孫かと思いきやひなたに似たノリの軽さを持つ園子の方が子孫だという(若葉にとって)厳しい現実を突きつけられガチ凹みする羽目になってしまった。 『花結いのきらめき』でも園子(それも小学生時代と中学生時代の2人)と対面し、両者のマイペースぶりに翻弄されたり未来の乃木家の金持ちぶりに唖然としたりしているほか、「どうすれば自分の遺伝子があんな風になるのか?」と疑問を持ったりしている。 しかし、二人そろって眠っている姿を「可愛い」と評するなど、何だかんだで子孫であり後輩でもある彼女らのことは愛おしく感じている様子。 その一方で園子のここ一番で見せる鋭い一面に関しては、理解が追いつかず「考えがわからない」とこぼしている(ひなたは園子の言わんとすることを概ね理解していた)。 なお、自身も戦闘の合間に瞑想しようとしてうっかり寝てしまう、寝ている時にカオスな夢を見ている( しかも園子と夢の内容がシンクロしていたことまである)というという血が争えない一面を見せている。 なお、園子はひなたと雰囲気が似ている事が度々指摘されており、若葉は「ひなたの子孫じゃないのか?」と言った事もある。 そういう描写からファンの中には 「若葉とひなたの子(の子孫)であってほしい」という声も(実際、ひなたはある一件で赤ん坊を預かった時、 自分と若葉の間に子供が生まれたらつける名前を上機嫌に考えていた)。 余談 『勇者GP』の西暦・神世紀対抗戦では先鋒を務め風と丸太の上でのチャンバラ対決に参加。 ウレタン素材の勇者大剣のレプリカを持ち出すという暴挙に出た風を前にしてもその反則スレスレ綱渡りの行為を咎めることなく、逆に彼女の攻撃を冷静にさばいて自滅に追い込み勝利。 初代勇者リーダーの貫録を見せつけた。 一方で、終了後の打ち上げでは甘酒で酔っぱらってに絡み、就寝前には枕投げ大会に巻き込まれ、注意してもやめない一同に激怒して自らも乱入、結果みんなと共に旅館の人に怒られるといった一面も見せている。 関連人物 乃木若葉の章• 翻弄されつつも憎めない大親友。 その関係はまるで熟年夫婦のよう。 義理堅さは彼女に対しても変わらず、『花結いのきらめき』でひなたがミスを犯した際も「ひなたの責任は私の責任でもある」と宣言して自ら危険な役目を買って出た。 バレンタインイベントでは、もちろんチョコ(チョコクリーム)をもらっている。 若葉とはいろいろな意味で正反対の存在。 故に反目される事もあったが、それは憧れの裏返しでもあった。 若葉自身も、彼女がある理由で暴走しても最後まで仲間であると信じ続けた。 『花結いのきらめき』のバレンタインイベントでは、彼女にチョコを渡している。 彼女にチームワークを助けられる事が多く、自身も「本当にリーダーに向いているのは友奈では」と考えた事もあった。 同じく骨付き鳥が好きだが、こちらは雛派。 それを巡って論争になった事もあったが、最終的に「どちらにもいい所がある」として決着した。 「勇者通信」の相手であり、顔を合わせる事がなかった友達。 蕎麦とうどんの論争を始める仲。 敬語でやり取りをしていたが、『花結いのきらめき』では対面を果たし、ため口で話すようになる。 バレンタインイベントで彼女からチョコをもらった際は、彼女との通信が心の支えだったと告白している。 花結いのきらめき• 自身のかつての経験からか、実力は認めながらも彼女達小学生組を戦わせる事に抵抗を抱いた事もあったが、ひなたの助言もあって腹を割って話し合った結果、改めて互いを認め合った。 上述した通りの子孫。 彼女には「ご先祖様」と呼ばれる事もあれば「わかちゃん」と呼ばれる事もある。 誕生日イベントで暴走する彼女へのツッコミを担当しており、最近は暴走することが減った。 同じ誕生月かつ、「鍛錬を欠かさない刀使い」という点が共通しており、一緒に鍛錬に励む事が多い。 本編での絡みは少ないが、実は彼女の方は以前会った事があるなど、この時の若葉は知る由もない。 関連イラスト 『勇者の章』では疑似精霊の青い烏となって後の勇者を見守っていたらしく(『乃木若葉の章』中では「 私も義経みたいに精霊になれるかもしれないな」という意味深な発言もあった)かつて戻れなくなったを元の世界に導き助けていた。 最終話では英霊として青い烏から勇者の姿に戻り、に協力した。 なお、歴代勇者の英霊のトリを飾ったのは初代勇者たる若葉。 勇者の姿に戻った際には、東郷に顔を向けて行動を促すような素振りを見せた。 その姿はまさに 伝説の勇者といえよう。 隣には、いつも一緒だったと思しき姿もあった。 がの全部のせ勇者パンチで倒され、全てが終わったあとは帰還した勇者部一同の見上げる空を、何処かへ飛び去っていった。 (『乃木若葉の章』コミカライズのエピローグにも、園子の部屋で若葉の勇者御記を見つけた勇者部の姿を見届けた青い鳥が空へと飛び去っていく姿が加筆され、物語の締めとなっている) なお、この青い烏はファンから「ワカバード」もしくは「 若葉ード」(断じてではない)「わかちゅん」などと呼ばれている。 またこの烏についてはであるとか、香川県宇夫階神社の伝承に伝わる鳥などといった考察がある。 ただし古来より日本において鳥・熊は天孫族(・)のトーテムとされており、本来は天の神の使い、または天の神そのものであると考えられる。 『赤嶺友奈の章』では、 神世紀72年時点でも存命していた事が判明。 直接登場はしていないが、らの鍛錬を見守っていた。 当時の年齢は86歳という事になるため、ファンからは早速 「わか婆さん」「乃木枯葉」などと呼ばれ始めている。 によると、この時点でも「綺麗な人」であったようで、中学時代の彼女と性格も変わっていない事に驚いていた。 神世紀72年にはバーテックスの襲来を実体験した世代の最後の一人が老衰で死亡したと『乃木若葉の章』下巻で語られている事や、蓮華の太刀筋が若葉に似ているなど深い関連を匂わせる描写がある事から、ファンの間では 「蓮華が失敗した御役目は若葉の暗殺なのでは?」という考察も出始めているが… ちなみにこの章ではナレーションも担当している(表記は「ーーー」)。 他の章ではメインキャラの誰かのモノローグがナレーションとなっていたため、衝撃を受けたプレイヤーが多かった模様。 関連記事 親記事.

次の

若葉の精霊 攻略

若葉の精霊 シャドバ

レジェンド 29種 神託の大天使・ガブリエル 0. カードパックで出現するカードは重複する場合があります。 1日1回限定 消費クリスタル50個 のカードパックは、毎日5時にリセットされます。 通信状況によっては、カードの出現演出がスキップされる場合や、カード出現演出の一部が正常ではない状態で表示される場合があります。 カード出現演出がスキップされた場合でも、出現したカードは所持カードに追加されます。 カード一覧やアイテム獲得履歴をご確認ください。 カードは1枚ごとに提供割合に基づいて抽選を行います。 そのため、提供割合1%のカードが100枚中1枚、必ず出現するという仕組みではございません。 同じカードはデッキに3枚まで編成できます。 Windowsシステム要件 OS バージョン Windows 8. 9以上 プロセッサ Intel Core2 Duo 2. 4GHz以上 メモリ 4GB グラフィックス NVIDIA GeForce 320M以上 ディスク空き容量 6.

次の