もえあず 株式投資。 「株式投資」に負ける人と勝つ人の決定的な差

9割の投資家が損をしている…株式投資「売買のタイミング」

もえあず 株式投資

投資は必要なの? 将来のお金について考えてみよう 一生のうち必要なお金は貯蓄だけで足りるでしょうか? 住宅・教育・結婚など、お金のかかるイベントはいくつもありますが、特に日本人の寿命は長くなったことにより、老後の生活費や医療費などのための十分な蓄えが必要になってきています。 将来に必要なお金を準備するための「資産形成」には、「貯蓄」と「投資」の2つの方法があります。 様々な考え方がありますが、一般的には、「貯蓄」とはお金を蓄えることで、銀行の預金などがこれに当たります。 一方、「投資」とは利益を見込んでお金を出すことで、株式や投資信託などの購入がこの「投資」に当たります。 (引用:「貯蓄と投資の違い」) や、など、国が行っているお得な制度もあります。 将来のために今から投資をはじめてみてはいかがでしょうか? 『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

株式投資に大学生が着手するメリットと着手時の注意点

もえあず 株式投資

株式売買のタイミングを見極める3つのポイント 株式市場にはたくさんの銘柄と情報があります。 ネットを検索すれば、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析など、とても勉強しきれないほどの情報が見つけられるでしょう。 しかし重要なことは、これらのなかから、あなたの投資スタイルに合ったものを見つけ、安定して利益を上げること、情報に振り回されないで、利益を上げ続けられるようになることです。 株で利益を上げるなら安いところで買って、高くなったら売る、これを繰り返せばいいということです。 しかし現実では9割の投資家が株式市場で損をしています。 株式投資の初心者もベテランも、いま一度、株式の売買のポイントを押さえておきましょう。 株式売買のポイントは、大きく3つあります。 それは相場の地合、対象銘柄の需給、そしてあなたの投資期間です。 まず相場の地合ですが、世界経済や政治など、マクロといわれる視点から考える必要があります。 世界情勢が不安定化していると、そもそも株式市場に資金が入りにくくなります。 戦争になるかもしれない国にお金を預けるよりも、安全な国やゴールドなどの無国籍金融資産にお金が向かいます。 次に対象銘柄の需給です。 これは非常に幅広いとらえ方があるため、投資家の考え方も千差万別です。 たとえば、株式指標に採用されるような銘柄なら、先ほどの地合が個別銘柄の需給に直接的に影響します。 一方、小型の新興企業なら、その銘柄や業界のテーマ性、ニュースによって、地合を無視した値動きをします。 需給に関しては、投資スタイルの適正も大きく影響するので、しっかり勉強しましょう。 最後にあなたの投資期間です。 株式市場には様々な情報が飛び交っています。 投資家のなかには、他の人が知らない情報を得て利益を上げようとすることがあります。 しかし、これだけ豊富な情報があれば、そんなことを考える必要はないといえます。 考え方を逆にして、あなたがどんな銘柄にどれくらいの期間投資するのか、しっかり考えてみてください。 そうすれば、玉石混合の情報から、あなたの投資に役立つものが見えてきます。 あとは、自分の方針がぶれないように投資を実行するだけです。 長年勝てないで、知識ばかり豊富な投資家はたくさんいます。 しかし、株式売買の目的が儲けるためということを考えれば、余分な知識がなくても利益を上げられる事が重要です。 このポイントを忘れず、売買を続けていきましょう。 「買いポイント」が上手だと損を出しにくくなる 株式売買をする場合、まず買う(ポジションを取る)必要があります。 この買いを十分な準備なしに行うと、なかなか投資成績が良くなりません。 理由は簡単で、利益を上げるイメージができていないと、わずかな含み損で損切りしたり、せっかくの含み益も欲張って利益確定し損なったりするからです。 特に初心者は、自分はうまくやれると思いがちですが、9割の投資家は、同じように考えて損失を重ねています。 さらに、損失が重なると、元本を取り戻すまで意地になって売買を繰り返し、取り返しのつかない損失を出すことがあります。 このような悪循環に陥らないためにも、買いポイントをしっかりと考え、利益確定のイメージを作ってからポジションを取りましょう。 買いより難しい「売りのポイント」 株の売買で最も難しいといわれるのが売り(ポジション解消)のポイントです。 実は、自分の投資期間で適当な利益を上げることは、比較的容易にできます。 しかし、その結果に心から満足できるかどうかは、別の問題になります。 この満足感のコントロールができないと、売買を重ねるうちに売りのポイントがずれていくことになります。 実際、有名な個人投資家でも、売った後に株価が伸びるのを見ると、自分の売買プランは間違っていたと、悔しい思いをするそうです。 それでも儲けを出せるのは、売買プランが利益で終えているからです。 悔しいのを避けるために売買プランを変えてしまうと、利益が残らなくなります。 つまり、儲かっても損をしても、悔しい思いをする覚悟が必要といえるでしょう。 この心構えができたところで、2つの基本的な判断基準を紹介します。 まずひとつ目は目標の損益で、ポジション解消するということです。 ここでのポイントは損益です。 利益確定だけでなく、損失もあらかじめ決めておくことが重要になります。 損益の幅と勝率で、最終的に資産が増えていれば良いのです。 もうひとつは、カレンダーの区切りでポジション解消するということです。 たとえば、週末や月末はポジションの持越しをしないで、現金化します。 このメリットは、気持ちを引きずらないで済むということです。 含み損益があると、休み明けの売買に心理的影響を与えます。 そのせいで当初のプランと違う売買をしてしまうと、いつまでたっても売買が上達しません。 他にも、様々な判断基準が考えられます。 あなたの資金と投資期間に合った基準を見つけてください。 連載個人投資家が「株式投資」で勝ち続けるための極意• 【第10回】 9割の投資家が損をしている…株式投資「売買のタイミング」•

次の

【株式投資】デイトレードに必要なパソコンの性能(スペック)は?

もえあず 株式投資

株式売買のタイミングを見極める3つのポイント 株式市場にはたくさんの銘柄と情報があります。 ネットを検索すれば、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析など、とても勉強しきれないほどの情報が見つけられるでしょう。 しかし重要なことは、これらのなかから、あなたの投資スタイルに合ったものを見つけ、安定して利益を上げること、情報に振り回されないで、利益を上げ続けられるようになることです。 株で利益を上げるなら安いところで買って、高くなったら売る、これを繰り返せばいいということです。 しかし現実では9割の投資家が株式市場で損をしています。 株式投資の初心者もベテランも、いま一度、株式の売買のポイントを押さえておきましょう。 株式売買のポイントは、大きく3つあります。 それは相場の地合、対象銘柄の需給、そしてあなたの投資期間です。 まず相場の地合ですが、世界経済や政治など、マクロといわれる視点から考える必要があります。 世界情勢が不安定化していると、そもそも株式市場に資金が入りにくくなります。 戦争になるかもしれない国にお金を預けるよりも、安全な国やゴールドなどの無国籍金融資産にお金が向かいます。 次に対象銘柄の需給です。 これは非常に幅広いとらえ方があるため、投資家の考え方も千差万別です。 たとえば、株式指標に採用されるような銘柄なら、先ほどの地合が個別銘柄の需給に直接的に影響します。 一方、小型の新興企業なら、その銘柄や業界のテーマ性、ニュースによって、地合を無視した値動きをします。 需給に関しては、投資スタイルの適正も大きく影響するので、しっかり勉強しましょう。 最後にあなたの投資期間です。 株式市場には様々な情報が飛び交っています。 投資家のなかには、他の人が知らない情報を得て利益を上げようとすることがあります。 しかし、これだけ豊富な情報があれば、そんなことを考える必要はないといえます。 考え方を逆にして、あなたがどんな銘柄にどれくらいの期間投資するのか、しっかり考えてみてください。 そうすれば、玉石混合の情報から、あなたの投資に役立つものが見えてきます。 あとは、自分の方針がぶれないように投資を実行するだけです。 長年勝てないで、知識ばかり豊富な投資家はたくさんいます。 しかし、株式売買の目的が儲けるためということを考えれば、余分な知識がなくても利益を上げられる事が重要です。 このポイントを忘れず、売買を続けていきましょう。 「買いポイント」が上手だと損を出しにくくなる 株式売買をする場合、まず買う(ポジションを取る)必要があります。 この買いを十分な準備なしに行うと、なかなか投資成績が良くなりません。 理由は簡単で、利益を上げるイメージができていないと、わずかな含み損で損切りしたり、せっかくの含み益も欲張って利益確定し損なったりするからです。 特に初心者は、自分はうまくやれると思いがちですが、9割の投資家は、同じように考えて損失を重ねています。 さらに、損失が重なると、元本を取り戻すまで意地になって売買を繰り返し、取り返しのつかない損失を出すことがあります。 このような悪循環に陥らないためにも、買いポイントをしっかりと考え、利益確定のイメージを作ってからポジションを取りましょう。 買いより難しい「売りのポイント」 株の売買で最も難しいといわれるのが売り(ポジション解消)のポイントです。 実は、自分の投資期間で適当な利益を上げることは、比較的容易にできます。 しかし、その結果に心から満足できるかどうかは、別の問題になります。 この満足感のコントロールができないと、売買を重ねるうちに売りのポイントがずれていくことになります。 実際、有名な個人投資家でも、売った後に株価が伸びるのを見ると、自分の売買プランは間違っていたと、悔しい思いをするそうです。 それでも儲けを出せるのは、売買プランが利益で終えているからです。 悔しいのを避けるために売買プランを変えてしまうと、利益が残らなくなります。 つまり、儲かっても損をしても、悔しい思いをする覚悟が必要といえるでしょう。 この心構えができたところで、2つの基本的な判断基準を紹介します。 まずひとつ目は目標の損益で、ポジション解消するということです。 ここでのポイントは損益です。 利益確定だけでなく、損失もあらかじめ決めておくことが重要になります。 損益の幅と勝率で、最終的に資産が増えていれば良いのです。 もうひとつは、カレンダーの区切りでポジション解消するということです。 たとえば、週末や月末はポジションの持越しをしないで、現金化します。 このメリットは、気持ちを引きずらないで済むということです。 含み損益があると、休み明けの売買に心理的影響を与えます。 そのせいで当初のプランと違う売買をしてしまうと、いつまでたっても売買が上達しません。 他にも、様々な判断基準が考えられます。 あなたの資金と投資期間に合った基準を見つけてください。 連載個人投資家が「株式投資」で勝ち続けるための極意• 【第10回】 9割の投資家が損をしている…株式投資「売買のタイミング」•

次の