ダウン カレント。 クォーク

過去最強クラスのダウンカレント|パラオ ペリリュー島のダイビングショップ|OMZ(オムズ)

ダウン カレント

「ダウンカレント 下げ潮 と、命の重み。 〜かつての私の体験談に重ねて〜」 現在、で調査中の事項である本件は、レスキュー時の曳航ボート転覆、そして行方不明者の発生という、非常に痛ましい事態を引き起こしている。 本件の事故調査内容については、さらに細かくは語らない。 が、本件について、少し思う事あったので、コメントする。 暫くお付き合い願いたい。 私は水面下のスクーバ活動に、一時期、傾注していたことがある。 今は引退状態だが、一時期は月に何度か海へ繰り出していた。 かなり幸運だったのかもしれない。 私自身は海で大きな事故に直面する事はなく、三桁の経験本数ながら、悲しい思いをすることなく、良い思い出を残す事が出来た。 あまり冒険的な行動方針ではない私だったが、しかし、事故の話を聞くと、必ず思い出す出来事がある。 あれは、夏の終わりだったか、とある沖合で、沖でドリフトダイビングのコース取りをした日の事。 元々、そのポイントは流れるのが特徴だったが、初期に流れに逆らう、基本的なセオリー通りにコース取りして、浮上に移ろうとした、その時に事件は起きた。 浮上のサインを出し、みんなが浮上に移ろうとした時に、水深がなぜか増えていくのだ。 少しずつだが確実に周囲が暗くなっていく。... 何かがオカシイ。 近くの水中の根に目をやり、それがゆっくりと上へ行くのを認めて、ダウンカレント、それも結構早い、という事に気がついた。 急いで、水中集合し、互いの肩を支え合い、スクーバジャケットに加減しつつ、エアを入れ、フィンキックをする。 と、一人だけ、ほんの少し水深が深いだけなのに、段々下へ離れていくのがいる。 一瞬、躊躇した。 この時間、一瞬のはずなのに、感覚では、凄い長い時間に感じられた。 だが、一瞬の躊躇の後に、拾い上げ、必死にキックして、仲間と合流し、幸運にも、ダウンカレントは長い間続かなかったので、暫くしてから、通常の浮上状態になり、キックせずに、ゆっくりな浮上速度を守って、水面に復帰することができた。 帰りのボート、実は膝ががくがくだった。 一番経験本数が大きなのが私だったので、安心させるためにも、平静を装い、実は怖さを実感していない経験浅めなメンバーをさりげなく確認しつつ、港に帰りつき、一人になった時に、初めてへたり込んだ。 実はとても怖かった。 ダウンカレントは、出会わないように気をつけているとはいえ、潮の当たり具合によっては、根の状態や、海底の状態など、予想の範疇をはみ出して、発生する。 実際、ダウンカレントがもっと激しかったり、バラけるメンバーが、もっと出たら、こうやって、ネットで書き込みなんかしておらず、今頃は墓石の下だった可能性だってある。 いや、まだ墓石に埋まるのは良い方で、遺留品がスクーバジャケットだけとか、そういう場合だって、実際に事例として、ある。 スクーバ潜水の場合、毎回、宣誓書 危険を認識していますの文書に確認サインをする があるとはいえ、危険を毎回認識しているか、と言われれば嘘になろう。 油断だってあったし、経験が三桁をこえる頃には、自惚れだって、多分あった。 が、今、こうやって生活できているのには、あのダウンカレントで胆を冷やした事が良い薬になった、と私は思っている。 あの時に、メンバーを助ける時に躊躇した自分の暗黒面、メンバーを拾い上げた時の体の重みというより、相手の命の重み、それを忘れないでいたから、多分、今の自分がここに居られる、と思っている。 自然環境に冒険に繰り出す方々に、一つだけ言っておきたい事がある。 あまりカッコいい言い草ではないが、自然は怖いという事、また、予想したつもりで、予想範疇を簡単に越えると言う事。 また、越えた時に、必死でフォローしないと、悲しい出来事が起きると言う事。 その点だけは、決して忘れないでほしい。 もちろん、気をつければ、まったく事故が起きない、なんて嘘だ。 それこそ、ゼロリスク。 いつかは誰かが犠牲になる。 しかし、それは真摯に、気を使った結果の、できるだけ配慮をした結果であってほしいと、私は思うのだ。 ちなみに、私が医療にゼロリスクを求めないのは、ある意味、こういった私の原体験があるからかも知れない。 人はいつか死ぬもの。 スクーバ潜水では、結構、それを思い知る体験をする事がある。 私は、幸運だったのか、不運だったのか、それは分からないと思う...。 要救助者の際には、救助できるかどうかを判定できる事が、二次災害を防ぎますが、現場の判断ではなかなか迷うものです。 一人だけバラけるケースは、距離があまりなかったから、助けに行けましたが。 見捨てる判断をする場面にならなくて良かった、と心底、思いました。 勿論、水中集合した理由は、バラけたらフォローできないからですね。 水中拘束時には刃はあまり役に立たない事も多いので、刃のない奴を選んでます。 なお、水中での圧搾空気呼吸者なんて、あまりも不自然な存在ではあります。 故に、意識して呼吸することが第一原則。 第二原則は、減圧症発生しないため、浮上速度をコンすること。 第三、潜水計画を守る事。 第四、安全を見込んだ潜水計画を立てる事。 最後に、危険を感じたら潜らない事。 参考リンク.

次の

【楽天市場】ダウンキャビネット:キッチンパーツショップ カレント

ダウン カレント

Sponsored Links 海の中を楽しそうに泳いでいるダイバーたちですが、3:30あたりから事態は一変します。 下降海流に飲み込まれたダイバーたちは、一生懸命上に向かって泳いでいますが水流によって浮き上がるどころか沈み込んでいきます。 水流によって泡が浮き上がってことや水面が遠ざかる様子からもそのことが確認できます。 ダイバーは、この状態にパニック状態に陥ってしまい、叫びながら必死に泳ぎますが浮上することはできません。 しかし、どうにか海流から逃れ、浮上することに成功しました。 こちらの映像を見れば、下降海流に飲み込まれたダイバーが浮上できていないことがよく分かります。 こういった海流に飲み込まれたときは、海流には逆らわず横に逃げて流れから離れるのが一番の対処法です。 まぁ誰でも水面が遠ざかればパニックになってしまいそうですけどね。 Sponsored Links• アーカイブ• 109• 120• 124• 112• 124• 124• 120• 124• 120• 124• 124• 120• 124• 120• 124• 115• 124• 124• 120• 124• 119• 124• 124• 118• 164• 175• 183• 166• 187• 186• 180• 185• 176• 186• 186• 179• 186• 180• 184• 168• 186• 185• 180• 187• 181• 186• 185• 179• 261• 299• 288• 316• 366• 365• 341• 339• 351• 435• 474• 437• 428• 365• 367• 325• 312• 314• 295• 302• 310• 275• 253• 255• 240• カテゴリー• 免責事項.

次の

ダウンカレント(下げ潮)と、命の重み。 〜かつての私の体験談に重ねて〜

ダウン カレント

これがダウンカレント。 命の守り方。 簡単に言うと、海の深さが変わるため水が下に流れ込む流れができる場合や、深い方から来た流れが浅いところにぶつかり、水が下に潜り込む流れができる場合があります。 この下向きの流れがダウンカレントなのです。 何度も海に潜っている人でも捕まってしまい、場所によっては下降する流れが急で逃げ出せなくなることもあるようです。 海の流れはなかなか見えるものではありません。 流れに捕まって気付くことが多いのだそうです。 突然強い流れになったりすることもあるので、助けを呼ぶためにもスキューバダイビングはとにかく単独行動しないことです。 万が一ダウンカレントにつかまったら、弱いダウンカレントであれば、流れに真っ向から逆らうのではなく、横や斜めに泳いで脱出します。 エアーに余裕がある場合は岩場につかまって強い流れが弱まるのを待つことも一つの方法ということです。 流れに逆らう泳ぎは体力を消耗するので気を付けた方がよいとのことです。 引きずり込まれて初めて気づく恐怖 ダウンカレントに捕まった経験者の方々は「気が付いたら水深が深くなっていた」「気が付いたらどんどん沈んでいき、思う様に浮上できなかった」とおっしゃっています。 水の流れは本当に怖いものだと改めて思います。 海中撮影に没頭してガイドとはなれてしまった、単独行動をしてしまい一緒に潜った仲間が見えなくなってしまった、そんなときにダウンカレントに巻き込まれてしまっては大変です。 パニックになれば冷静な判断もできなくなるのではないでしょうか。 まずはガイドさんやそのスポットに詳しい人の注意事項を守る。 単独行動をとらない。 そして潜る前に対処法などを調べ頭にいれておく。 命が一番です。 海の中は非日常。 きれいな海に潜ったときはきっと夢中になると思います。 でも、命をまもるために、例え経験者でも上級者でも安全を第一に考えてダイビングしていただきたいと思います。

次の