ミス ジャパン 土屋。 土屋炎伽【コネ疑惑】おバカでも明治大学&ミスジャパンの謎!?

土屋炎伽【コネ疑惑】おバカでも明治大学&ミスジャパンの謎!?

ミス ジャパン 土屋

女優・(24)の姉で会社員の土屋炎伽(つちや・ほのか/27)さんが11日、都内で行われた『2019ミス・ジャパン 日本大会』の最終選考会に出場。 6月に行われた東京大会でグランプリを獲得し東京代表として本戦に参加。 見事、初代グランプリに輝いた。 『ミス・ジャパン』は、国内のミスコンテストの決定版として、今年から新しく開催する年間のページェント。 ファイナリストは、9月3日から1週間の合宿を経て、きょう11日の日本大会に出場した。 グランプリには賞金1000万円が贈られ、1年間にわたり公式イベントやチャリティー活動に参加する。 今年は地方大会を勝ち上がったファイナリスト41人が出場した。 土屋さんは1stセッションでは、和を基調とした模様の入った衣装で登場。 客席に向かって満面の笑みを見せた。 1stセッションを通過すると、黒をベースとした水着で、同時開催されている『ミスター・ジャパン』の候補者と堂々とウォーキングした。 最後の質疑応答では、日本が世界に誇れる部分を聞かれ「技術」と回答した土屋さん。 続けて「日本は国土が小さく、資源も少ない中で、様々な工夫が施され、優れた技術者のみなさまがいらっしゃいます。 これを世界に広めていきたいです」と答えていた。 受賞の喜びを聞かれると、「このたびは『2019ミス・ジャパン』に選出していただきありがとうございます。 このような素晴らしいステージに立てていることにこころから感謝申し上げます」とコメント。 「とても勇気のいる覚悟のいる挑戦でしたが諦めなくてよかった。 そう確信しております。 今後とも精進して参ります。 本日は本当にありがとうございました」と充実の笑顔でスピーチした。 審査は、1stセッションでカジュアルウェアを着てウォーキング。 そこでTOP16が決まり、2ndセッションの水着ウォーキングでTOP5が決定。 その後、ドレス審査と質疑応答を経て、初代王者が決まった。

次の

ミス・ジャパン初代女王に冷たい視線…土屋太鳳の姉・炎伽を待つ不穏な未来

ミス ジャパン 土屋

2019年6月3日にミスジャパンの東京最終選考会で行われ土屋太鳳さんのお姉さんである土屋炎伽さんが東京代表に選ばれました。 土屋炎伽さんは現在、富士通のチアリーダー部に所属していて、今回「自分を変えたい」と家族には内緒で応募したそうです。 土屋太鳳さんのお姉さんだけあって、すごい美人ですよね。 最終選考会では周りの女性のレベルも高くその中で代表に選ばれるなんて凄すぎです。 ただ、土屋炎伽さんが東京代表に選ばれたことで、ネットでは審査に対する疑問の声が挙がっていました。 今回はそんな土屋炎伽さんがミスジャパン東京に選ばれた理由や審査に対する疑問の声を見ていきたいと思います。 題して 「土屋炎伽がミスジャパン東京の理由は?身長や審査基準に疑問の声も」です。 Contents• その一番の要因としてはやはり 土屋太鳳さんの存在ではないでしょうか。 今では人気女優としての地位を確立した土屋太鳳さんと姉の土屋炎伽さんを美人姉妹として今後売り出していきたいという事務所の思惑なのでは?と思われる方もいるようです。 ただのひがみなのかもしれませんが、そう言われると有り得なくもなさそうですよね。 審査の評価が同じだった場合は妹が土屋太鳳さんの方を選んでしまいそうですからね。 土屋炎伽さんも芸能活動に関しては 「チャンスをいかしたい」とコメントしていますし、このようなアンチ発言が出るほど今回の土屋炎伽さんが東京代表に選ばれたニュースは注目されました。 スポンサーリンク 土屋炎伽の身長は低い? 土屋炎伽さんがミスジャパン東京代表に選ばれたことに疑問を抱く理由があります。 それは土屋炎伽さんの 155cmという 身長の低さです。 この身長は最終選考に残った 21人の中で最も低い身長でした。 ミスコンといえば大体170cmのモデルスタイルの女性のイメージが強いので驚きですよね。 ここで実際にミスジャパンの応募資格を見てみたいと思います。 もしかしたら身長が低い女性でも諦めなければ代表に選ばれるというメッセージが込められているのかもしれませんが…。 大会本部がミスジャパンを盛り上げるために行ったシナリオなのか、偶然に色々な要因が重なっただけなのかわかりませんが、土屋炎伽さんが東京代表に選ばれたことで注目を集めたことは間違いありません。 続いて今回のミスジャパンの審査基準に対してのネットでの声を見ていきたいと思います。 土屋炎伽の審査基準にネットでは疑問の声も 土屋炎伽さんに対するネットの声は次のようなものです。 朝のニュースでやってた! 土屋炎伽様!めっちゃ美人😍 — ゆう y13ts 土屋炎伽さん綺麗すぎ〜 芸能人で1番好きかも! 笑顔最強 トップめざして頑張って欲しい💪💪 — 長谷川じゃない人 Hasehas123 土屋太鳳のお姉ちゃんべっぴんすぎて衝撃うけた!美しい!!姉ちゃんの方が好み!!じゃんじゃんテレビに出て私の目を保養してほしい。。 — るな。 身長の低さが審査に対して疑問を抱く理由のようです。 たしかに土屋炎伽さんが他の女性と並んでいる映像や写真がほとんどないので、どんなメンバーの中から選ばれたのかわからないのも素直に喜べない理由かもしれません。 大会のイメージにもつながると思うので、土屋炎伽さんが東京代表に選ばれた理由を公式に発表してほしいですよね。 まとめ 今回は 「土屋炎伽がミスジャパン東京の理由は?身長や審査基準に疑問の声も」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。 今回、土屋炎伽さんがミスジャパン東京代表に選ばれた理由について調べてみましたが、妹の土屋太鳳さんのコネなのではないかという声が一定数ありました。 また、土屋炎伽さんの身長が155cmで最終選考に残ったメンバーの中で一番低いということが、審査基準に対しての疑問や出来レースという噂につながったようです。 もちろん土屋炎伽さんに対して 「めちゃくちゃ美人」、「土屋太鳳さんより好き」という賞賛の声もたくさん挙がっていました。 ぜひ土屋炎伽さんの今後の活躍を期待したいです。 それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ミス・ジャパン初代女王に冷たい視線…土屋太鳳の姉・炎伽を待つ不穏な未来

ミス ジャパン 土屋

女優・土屋太鳳の姉として有名になった、土屋炎伽(つちやほのか)。 クイズ番組に出場しては 炎上させ、 母校・明治大学とミスジャパンの品位を落としている!とまで批判されています。 クイズ番組では、中学生も分かるような問題に答えられず 「こんなに教養がないのに、明治大学っておかしくない!?」という声が広まり、2019年に 土屋炎伽がグランプリを獲得したミスジャパン大会における 【コネ疑惑】が再浮上。 「妹・土屋太鳳の七光りを使った出来レースだったのでは…?」と噂されている ミスジャパン大会に引き続き、 「明治大学入学もコネ推薦だったのでは!?」 という 【コネ疑惑】 が強くなってきているようです。 明治大学入学はコネ推薦?• ミスジャパン優勝は妹・土屋太鳳の七光りを利用した出来レース? この2つ土屋炎伽についての 【コネ疑惑】についてまとめました。 びっくり。 それなのに 『おバカ枠』どころか『準インテリ枠』で出てるのが謎過ぎる。 横の鈴木光の清々しい汚れのない感じの美しさと比較してしまった。 偽物と本物って感じ。 何とも思って無かったが、 土屋炎伽 嫌いになった。 土屋炎伽の言い分は? これらの炎上を受けて、放送3日後にインスタグラムで謝罪。 いちいち自分の頭の悪さを説明しなくていい。 芸能人気取りで 謝罪 文まで書いて「大丈夫!それでもファンだから」とかチヤホヤされたいかまってちゃんか。 自分の周りで迷惑被ってる、とか言いたいなら、お前がクイズ番組を辞退したらいいだけ。 それでも懲りずに出続ける辺り頭の中、お花畑か。 だいたいこういう奴は実際頑張ってない なかなか厳しい意見も多いですね。。 それでも、土屋炎伽本人の発言から 「指定校推薦などの条件にも満たないため、一般入試で合格した」 ということがハッキリと明言されたので、 明治大学に入学したのは噂の【コネ推薦】ということではなかったようですね。 とりあえず一安心です。 (引用元:Yahoo! ニュース) クイズ番組などで 土屋炎伽の 「おバカ」ぶりが露呈され「ミスジャパンに教養は必要ないのか!?」と揶揄される事態に。 実際の、ミスジャパンでは 「教養」についての審査はあったのでしょうか? ミスジャパンの審査基準と、 土屋炎伽のコネが疑われている理由について解説します。 ミスジャパンに教養は必要ない? 話題のスピーチ ミスジャパンの審査の中に、こんなシーンがありました。 「あなたが日本を世界に誇るとしたら、どんなところでしょうか?」 という質問に 土屋炎伽が答える という場面。 緊張していたことを差し引いても、 正直これでグランプリはちょっと〜…という感じです。。 「私が世界に日本、で誇れることは技術です。 国土も小さく、えー資源も少ない。 そんな日本の中で、様々な工夫が、施され、とても高い技術が、えー日本では培われて参りました。 そして、優れたぎじゅ、技術者のみなさまが育まれて参りました。 そういった日本が持っている技術を、誇りに思い、世界に広めたいと思っています。 以上、以上です。 」 短いスピーチなので仕方ないのですが、 あまり自分の意見(つまりは、それを持てるだけの教養)がなさそうな印象。。 これでは「クイズは苦手」に打ち勝つ材料にはならなさそうですね。 ミスジャパンの選考基準は? では、実際に 「教養」というのは、ミスジャパンの選考基準として設けられているんでしょうか? 実は、ミスジャパンの公式ホームページには、 全く選考基準が明記されていません。 それどころか、 開催趣旨も明記されていません。 他には「身長制限なし」 「語学力不問」 「水着審査なし」 ということは提示されてたのですが、 どんな人がミスジャパンとしてふさわしいのか、という点についてはPR動画内では、全く触れられていませんでした。 応募フォームには、基本的な情報欄以外に、• LINEアカウント• Instagramアカウント• Youtubeチャンネル• 応募動機・自己PR• 写真(全身・バストアップ) これらを記入する項目しかありませんでした。 どうゆうこと?? SNS関連で影響力が強い人が審査に通りやすいということでしょうか? 「身長制限なし」なのに、身長を記入する欄があるのも謎です。 土屋炎伽のことを調べようと思ったら、 ミスジャパンの闇に迷い込んでしまいました(笑) しかし、朗報です! ミスジャパン東京(グランプリの前の地方大会)のホームページには、具体的なことが書かれていました。 【選考基準】 単なる外見の美しさだけではなく、 知性・感性・人間性・誠実さ・自信などの内面も重視されます。 国内外の諸問題に関心をもち、日本を代表する グローバルな女性を求めています。 ということで 「知性」は選考基準に入っているようですね。 とはいえ、あくまで「知性」という表現で「学力」をそのまま指す訳ではない。 なので、土屋炎伽がクイズ番組で見せた 「おバカぶり」でも、選考基準的には引っかからないのかもしれませんね。。 個人的には疑問が残りますが。。 土屋炎伽が出来レース(妹・土屋太鳳の七光り)と言われる理由3つ 「教養」以外にも、土屋炎伽がミスジャパンのグランプリを取ったのは 「出来レース(妹・土屋太鳳の七光り)」ではないか?とコネが疑われている理由について説明していきます。 他の方と比べると、一目瞭然。 しかし、先ほど「選考基準」のところでもお伝えしたように、ミスジャパンの大会では 「身長制限なし」なんです。 ) ・ミスワールド; 記載なし ・ミスユニバース: 身長制限なし 意外にも身長について明確に記載されているのは「ミスアース」だけということが分かりました。 しかし、実態は 「目安として身長160cm以上の方が比較的最終選考へ進む可能性が高い」ということのようです。 というのも「4大ミス大会」は、 世界大会に進出するための予選だからです。 この後に世界大会で戦うことを踏まえると、 見劣りしない高身長な人が必然的にファイナリストとして選ばれやすいという事情があるそうです。 その反面、土屋炎伽が出場した ミスジャパン。 こちらは 国内でのみ完結するものなので、身長にはあまり左右されないようです。 (引用元:土屋炎伽インスタグラム) ただ「ミス」という名前が付く大会なので、他の「4大ミス大会」のイメージが強く 「(これまで高身長の人ばかりなのに)低身長の土屋炎伽が選ばれた!」ということで 「普通ならありえない」ということで 【コネ疑惑】が生まれてしまったようですね。 西川史子• 太田光代社長• デヴィ・スカルノ• 堀江貴文• 井上康生 謎のメンツすぎて、これは一体、どういう基準なのでしょうか?? 100歩譲って、うーん…まぁ………… …………ごめんなさい。。 100歩譲ってみても、この方々が「ミスジャパン」の審査員に選ばれる基準が分からないです。。 ホリエモンなんか、絶対独自の基準で選びそうだしww このように、 土屋炎伽をミスジャパンを選んだ審査員たちの顔ぶれが、何か美の専門家だったりするわけではなく、 バリバリの芸能人たちだった。 このために、 土屋炎伽の芸能界デビューを前提とした出来レースなのでは? という声が大きく上がったようですね。 事実、土屋炎伽がミスジャパンのグランプリに輝いた際は、受賞後のインタビュー内容から 「GP受賞も芸能界に興味なし?」なんて言われていましたが、東京の地方大会で優勝した際には、 今は会社員として働いていますが、どこか表に出て反応をもらいたい気持ちもあって、 機会があれば芸能界など、いただいたチャンスを生かしたいです。 日本舞踊を3歳からやっているので、日本の文化を発信して、広く伝えていけたら。 妹と弟と共演したいですね。 大きな夢です。 芸能界入りに積極的な発言をしていました。 その後、テレビ番組にもバンバン出演していますが、結局のところどうなんですかね?? ちなみに、後日、ミスジャパンの審査員の1人だった 西川史子先生がこんな衝撃発言を…!!! 選考で光った点について問われ 「 土屋太鳳の お姉さんだから」と一言。 左から、土屋太鳳・土屋炎伽・土屋神葉 実はこの「ミスジャパン」、 土屋炎伽がグランプリに輝いた 2019年大会が記念すべき1回目の開催。 ミスジャパン大会の主催者(MJ)は以前、ミス・ユニバースの日本大会を運営していたものの、その 運営権を失ったことから、ノウハウを活かして本大会を創設したとのこと。 どんな事情があったかは分かりませんが、これは絶対に失敗できないやつ。。 (笑) ミス大会は、有名なものでもすでに「ユニバーサル」「インターナショナル」「ワールド」「アース」とあるわけですから、 その中で「ミスジャパン」という新たな大会を成功させるためにはかなりの話題性が必要。 そこで、 土屋太鳳の姉として知名度抜群な「土屋炎伽」はうってつけの人材だった! ということも 【コネ疑惑】として「出来レース(妹・土屋太鳳の七光り)」が噂される理由となっています。 土屋炎伽自身も? ちなみに、土屋炎伽自身も「自分が選ばれたらそういう声が出るだろうな、と最初から思っていました」と言っていたようです。 土屋炎伽も 「母校やミスジャパンの価値を誤解されてしまう状況を作ってしまいました。 恩ある人たちや場所に失礼になってしまうかもしれない。 思い描く女性像も自ら遠ざけてしまっていて、とても悩んでいる日々です』とコメント。 40年前のミスの風貌。 スタイルも国際的じゃない。 何で選ばれた。 ミスジャパンも地に落ちた。 今後どう言われるかは、 土屋炎伽次第。 他の場面での活躍する姿を見せて、何とか名誉挽回してほしいですね!.

次の