ダウ 平均 先物。 ダウ平均株価指数チャート

世界の株価と日経平均先物

ダウ 平均 先物

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。

次の

日経平均先物のダウ・夜間・大証が話題

ダウ 平均 先物

18日のアメリカ株式市場ではダウ平均が急落して取引が始まりそうだ。 時間外のダウ平均先物とS&P500先物、ナスダック100先物は、アジア時間にサーキット・ブレーカーが発動して取引が停止している。 ムニューシン米財務長官は17日に新型コロナウイルス対策で行動しなければ、アメリカの失業率は20%に達し、経済が長期的な打撃を受ける可能性あると警告し政権が打ち出した総額1兆ドルの景気刺激策を承認するよう求めたという。 議会調整が難航していることの裏返しと受け止められよう。 産みの苦しみだ。 リーマンショック発生時に米議会の対応が後手に回った記憶が蘇る局面でもある。 18日のアメリカ株式市場は超大型景気対策を催促する相場に変わっているとみる。 トランプ政権は1兆ドル規模の景気刺激策を米議会に要請している。 リーマンショック時の景気対策(オバマ政権による7800億ドル)を上回る規模の超大型景気対策だ。 同時に米国債増発に伴う財政赤字の拡大問題を内包していることも見逃せない。 時間外では米国10年債利回りが1. 1%台まで上昇幅を拡大している。 18日の米債券相場のリアクションを慎重に見極める必要があるだろう。 時間外のゴールドも軟調に推移しており、18日のアメリカ金融市場では投資資金のパーキング先を見失うことになりかねない。 18日のダウ平均は、ダウ平均先物の停止で売り需要を消化できていない注文も重なる形で急落スタートとなりそうだ。 再び2万ドルの大台を割れて、現在のトランプ政権が発足した2017年1月20日のダウ平均の終値(1万9827ドル)を見に行く局面が出てきてもおかしくない。 18日中にも超大型景気対策の成立が実現すれば、ファーストリアクションで下値を拾う動きも入ってこよう。 アメリカ議会からのブレーキング・ニュースに細心の注意が必要だ。 売り方と買い方の力比べとなる。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

米ダウ平均先物時間外上昇続く

ダウ 平均 先物

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の