アオリイカ 産卵 大潮。 シーズン別(春夏秋冬)のアオリイカの釣り方

アオリイカ釣りマニュアル ヤエン釣り

アオリイカ 産卵 大潮

潮の状態でのイカ釣り釣果について 漁師さんは、「若潮」を基準にして漁のタイミングを考えるのだそうです。 潮の干満差が最小から大きくなり始めるのが「若潮」で、潮が再び大きくなる状態、つまり「潮が若返る」タイミングにイカは捕食行動が活発になると言われています。 アオリイカはフィッシューターなので、ベイト(エサとなる小魚)やエビ類が多ければ活性が高くなり、捕食行動が活発になります。 小魚たちの常食はプランクトンで、プランクトンは潮が動くと活発になります。 そうであるなら、大潮によく釣れるはずだ!と思ってしまうのですが、イカはあまり釣れていません。。 特に、満月の日は、夜でも釣れづらいです。 イカがよく釣れるのは長潮と若潮と中潮! イカ釣りで釣果が多い潮は、長潮の翌日である「若潮」だと言われています。 長潮は、潮の干満差があまりなくゆっくりとした潮の動きですが、若潮と同様にイカの活性は高くなるようです。 ベイドが活発に活動するのは大潮のような気がするのですが、大潮の日はイカが釣れません。。 「大潮だー!」と張り切って釣りに行ってみたものの、釣果はさっぱりです。 特に満月の日は夜でも釣れにくいです。 過去にかなり粘って釣りをしましたが結局釣れませんでした。 同様に、小潮でも釣れるかを確かめにエギングに出掛けてみても、やはり釣れない気がします。 エギングの腕の問題もあるので一概には言えませんがご参考までに。。 今までの釣果を振り返ると、中潮、長潮、若潮、の満潮前後にイカが釣れている気がします。 一方、大潮、小潮ではあまり釣れていません。 月の状態でイカが釣れる状態は以下になります。 新月、満月の大潮終わりからの中潮4日間 表にまとめるとこんな感じになります。

次の

【釣れた理由】アオリイカが釣れタイミングは満ち潮?引き潮?野北での釣果を振り返ってみる

アオリイカ 産卵 大潮

アオリイカ メインターゲットのアオリイカは非常に目が良く、かなり遠くからでも餌やエギを認識できます。 集団で行動しており1杯釣れるとその近くには何匹もいることが多いです。 実際、エギングをしていると釣れたアオリイカの後ろから別のイカが追いかけて来るのを良く目にします。 ちなみに、アオリイカの寿命は1年間で、春の産卵後には死んでしまうようです。 6kgのアオリイカ。 パイレーツ・オブ・カリビアンに出てくるイカ顔の船長デイビー・ジョーンズみたい。 ちなみに、アオリイカにはシロイカ系とアカイカ系、クワイカ系と呼ばれる3種類が存在します。 一般的によく釣れるのが、シロイカ系のアオリイカ。 アカイカ系は和歌山の南部などで釣れる大型のアオリイカでレッドモンスターと呼ばれています。 クワイカは少し紫がかったカラーのアオリイカで九州や沖縄など南方で釣れる事が多いようです。 エギングのタックル エギ エギは「餌の木」と書くように元々は木で作られた漁師の道具です。 アオリイカやケンサキイカ、コウイカなど、様々な種類のイカを効果的に狙う事が可能なルアーで、釣り具メーカーから沢山の種類が発売されています。 陸っぱり用、船用などターゲットや用途によって種類も色々です。 エギのタイプ 汎用的なノーマルタイプや、浅場を狙うためのシャロータイプ、反対に深場狙いのディープタイプなど釣り場の環境にあわせたエギがあります。 また、ダート幅が大きいものや、ラトルで音を出すタイプなど、動きや視覚効果、音、温度など様々な特徴を持ったエギが開発されています。 サイズ(号数) 標準的に使用するサイズは3. 狙うアオリイカのサイズに合わせてエギのサイズもチョイスします。 春イカならより大きめのサイズ、秋イカなら小さめが基本。 ただし、逆パターンが効果的な場合もありますので、春も秋も色々な種類のサイズを用意しておきましょう。 カラー(下地とボディー) サイズやタイプよりも豊富なのがカラー。 アオリイカは目が良いので、エギのカラーにも敏感に反応します。 あるカラーでは全く反応が無かったのに、カラー変更した途端釣れるようになるなんてこともあります。 カラーは下地カラーとボディカラーの組み合わせによってイカへの目立度が変わってきます。 (カラーは通常エギのパッケージに記載してあります) 下地は金・銀・赤・虹色(マーブル)・紫・ピンク・オレンジなど。 ボディーはピンクやオレンジ、レッドやパープル、グリーン、茶色、金アジなど。 一般的に言われているのは、高活性時や朝マズメや夕マズメ時は、アピール力の高い派手なカラー(下地はゴールドや銀で、ボディはピンクやオレンジ)。 全部ではありませんが纏めてみたので参考まで。 エギングのシャクリ方 エギを使ったアオリイカの釣り方は、フォールさせる、しゃくってエギを動かす、この2つの動作の繰り返しで行います。 まず、ロッドの先からエギを7〜80cmぐらい垂らした状態からキャスト。 エギが着水したらラインスラック(余計なライン)をリールで巻き取り、若干糸を張りエギの重みを感じながら、ボトム付近までエギをフォールさせます。 着底したらロッドを7時か8時の位置まで下げ、11時か12時までしゃくりあげます。 連続してシャクったり、強くシャクってみたりと強弱をつける事でエギの動きが変わります。 ちなみに、イカがエギに抱きつくのは主にフォール時。 シャクリ後のフォール時にアタリが出やすいので、ラインと手元に特に集中しましょう。 フォール時にラインが急に走ったり、引き込まれたり、ヌンっ重みがかかったりするのがアタリです。 すかさず合わせを入れましょう。 フォールのさせ方も、ラインを張った状態でフォールさせるカーブフォールや、ラインをフリーに送り出しながらフォールさせるフリーフォールなどがあります。 その日のイカの反応を探りながらフォールのさせ方も工夫しましょう。 ちなみに、ドラグをしめすぎると、合わせた時にイカの身切れを起こしてしまうので、普通にシャクってドラグが「ジッ、ジッ」と出るぐらいに調整しておきましょう。 基本的なシャクリ方を解説した動画です。 分かりやすいのでおすすめ。 エギングポイント:防波堤 防波堤や漁港の中、沈み根があるような砂浜、地磯など潮通しが良くベイトとなる餌が付きやすい場所がアオリイカのポイント。 船の通り道「ミオ筋」や急に深くなっているようなブレイクラインに沿ってアオリイカは回遊してきます。 夜間であれば常夜灯に集まる小魚を狙いにきたイカも狙い目です。 よく釣れているポイントでは足元に墨跡が沢山残っていたりするので、ポイントの参考となります。 周りをよく見てみましょう。 ただ、人気のポイントではイカもどんどんスれてくるので、エギへの反応が悪い場合があります。 慣れてきたら足を使ってどんどんランガンし、良いポイントを見つけながら開拓していくのが良いですね。 あまり人が入っていないような竿抜けポイントを見つけられると釣果もアップしますよ。 また、アマモなどの海藻類が生えている場所も狙い目です。 藻場はエビや小魚などの餌が豊富で隠れ場所としても良いのでイカが付きやすい場所です。 特に春イカの場合は浅場のアマモに産卵しにくるタイミングを狙うと良いでしょう。 満月大潮のタイミングに産卵すると言われておりよく釣れるタイミングでもあります。 アオリイカが釣れる時間帯 人気の記事• こんにちは。 最近流行りのルアーを使ったタコ釣りについ... イカメタルはイカからの繊細なアタリをとって積極的に掛... ハマチやブリ、ヒラマサなどの青物からキジハタ、アカハ... こんにちは。 こないだ某釣具ブランドのファミリーセール... ロックフィッシュ釣りをこれから始めようと考えている人... 船のタコ釣り用ロッドを紹介します。 海底の起伏に合わせてタコエ... 明石のタコと言えば高級食材。 そんな美味しいタコを船か... ジギング(オフショア)に必要なタックルやジグのしゃくり方を紹... タコエギにも色々な種類が発売されています。 その中でも個人的に... こんにちは。 もうすぐイカメタルの時期がやって...

次の

アオリイカ釣りマニュアル ヤエン釣り

アオリイカ 産卵 大潮

つまり自分の立ってる位置から沖へ沖へと潮が飛んでいる場合、アオリが、こちらを向いていると考えて良いと思います。 最高です! 潮の見方は、様々。 アテ潮と言い、潮が自分の方向に流れている、つまりアオリは反対を向いています。 私なら即退散です。 30分くらい投げまくります。 最高です! しかし、エギが着水した時より右に流されたとなると、あまりよろしくありません。 アオリは真っ直ぐ沈んでいくエギを好むからです。 こうゆう場合「潮に合わせ、少し右に投げる」か「エギを糸オモリ等でチューニングし強制的に真っ直ぐ沈める」のが有効です。 大きい重いエギを使えば?とゆう人も居ますが、食いが悪いときは、やはり小さい方が良いし、大きいエギだと潮を受ける面積が大きくなり逆効果になる事があるので注意してくださいね。 要するに「潮の真正面、潮の上 かみ に立つ」これが最高です! ちなみに産卵に接岸したアオリイカは離れません。 ですから捕食時間等、関係無く潮が良ければ可能性ありますよ。 簡単に言えば潮の終着点です。 方向の違う潮が、ぶつかり合い1つの方向に流れている場所です。 ここにも魚が寄ります。 潮が、ぶつかり合って出来るので堤防では先端によく発生します。 ポイントに着いた時、潮目や潮溜まりがあれば、まずその真上にキャストすると良いかもしれませんね。 何故かは分かりません。 しかし、私がつけてる「アオリイカ釣果日記」を見たところ、ボウズが8割超えてました。 実際、意識して行ってみると確かに1日中、潮があまり動かないのが実感できます。 でも、これは一概には言えませんね。 そして、大潮に産卵します。 つまり長潮〜若潮明けの大潮に釣りに行くと「産卵を控え、警戒心の強まった食い気の無いモンスター」が大半の為、釣るのは困難。 ですから、モンスターが群れをなして大回遊し、接岸、そして産卵前に腹一杯に捕食する。 そう…長潮〜若潮に獲るのです!! 産卵期は各地方違いますが、約2ヶ月。 その間に数回ある長潮〜若潮を絶対に外してはいけません! 私の地元でも毎年、最大サイズは長潮〜若潮に上がってます。 知り合いでは、回遊してきたのがデカ過ぎて十数回ラインブレイク 引きが強すぎてラインが切れる した後、3キロ近いメスを、やっと獲ったとか…メスですよ!? おそらくソコに居たオスは6近い……まぁなんせ長潮〜若潮は大チャンスですよ。 スミマセン。 皆さんの釣果に繋がれば幸いです。

次の