かゆみ 全身 発疹 なし。 体がかゆい原因!ぶつぶつがある時とないときで違いがあるの?

掻痒症(そうようしょう)

かゆみ 全身 発疹 なし

ふと気づいたら、皮膚に赤い斑点が できることってありますよね。 今までそんな斑点なんて体にできなかったのに、 急に症状が出てきたら病気なのではないかとか、 いろいろと気になるところですよね。 皮膚にできる赤い斑点は体の様々な箇所にでき、 手足とか顔にできたりもします。 また、 かゆみがある場合とない場合でも、 症状や原因は変わってきます。 そこで、自分がどういったことが原因で 斑点ができてるのかなども気になりますよね。 それによって対処なども変わってきますし、 治したい時はどうすればいいのかなども、 知っておけばすべきことも変化していきます。 そこで今回は皮膚に赤い斑点ができたときの かゆみがあるないの7つの原因と対処法などをご紹介します。 皮膚に赤い斑点ができてかゆみがある症状の原因とは? まず、赤い斑点ができた際にかゆみがある症状に関して どんな原因があるのかをご紹介します。 1.ダニに噛まれたもの 朝起きたときに急に赤い斑点があることがあります。 そして、 赤い部分がかゆい場合はダニに噛まれた可能性があります。 蚊に刺されたような感じに見えますが、 根が張っていてなかなか治るのに時間がかかり、 かゆみも一週間ぐらい続きます。 基本的には放っておけば自然に治癒していきます。 ダニは布団の中にいるものなので、 ちゃんと定期的に布団を干したり、 クリーニングしたりしましょう。 2.皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹というのは あまり聞きなれない症状かもしれません。 これは皮膚が乾燥しているときに、 痒みが出て掻いてしまうと湿疹が出ることがあります。 症状の対処方法としては肌が乾燥しないために、 保湿クリームなどでしっかりとケアをすることです。 3.蕁麻疹 蕁麻疹は急に体に異変があって痒くなり始めたり、 チクチクとして、赤い斑点が出る症状のものです。 最初は赤い斑点がどこかに出るのですが、 それが段々と広がって全身に出て腫れたようになります。 蕁麻疹はアレルギー、ストレスなどが原因と言われています。 対処法としは数日で自然に治癒すると言われていますが、 どうしてそうなったのかを知っておかないと再発することもあります。 何かのアレルギーでなったのか、それともストレスなのかなど、 ちゃんと調べておくことが大事になります。 4.肌カビ 肌カビと聞くと何か怖い病気のように思えるかもしれませんが、 誰にでもなり得るもので、 症状としては肌が赤くなりかゆくなるものです。 肌カビはマラセチア菌が原因になるのですが、 この菌自体は特別なものではなく誰の肌にもいるものです。 この肌カビは汗がもとで発症することが多く、 汗をかいた後に放っておかずに拭くことが大事です。 他にもお風呂に入った際に体を洗うときに 強くこすったりするのも原因になるそうです。 対処法としては汗をかいた後にそのまま自然に 乾燥するのを待つのではなく、 ちゃんと拭き取るようにしましょう。 5.手湿疹 手湿疹はその名前の通り、手にできる湿疹のことです。 手湿疹は美容師、調理師、水仕事で強い洗剤を 素手で使う主婦などによくみられるものです。 この手湿疹には乾燥型と湿潤型とがあり、 乾燥型は手が普段よりも乾燥してしまうものです。 そして、もう一方の 湿潤型は小さな発疹で赤い斑点がでたり、 水ぶくれなどの症状が出るものです。 この手湿疹に関して対処法に関しては水仕事で洗剤を使い場合は ゴム手袋を付けるなど直接触れないようにしましょう。 仕事でそれができない場合はハンドクリームなど、 しっかりとケアをすることが大事です。 6.痒疹 痒疹とは肌が虫刺されのような 赤いぽちっとしたものが全身にできる症状です。 皮膚が盛り上がったような感じになり、 痒みもかなり強いです。 この痒疹は放っておける症状でもないので、 病院で診てもらいましょう。 7.あせも あせもはわりと誰でも知ってるかもしれませんが、 汗を多くかいたときなどに汗が皮膚内に溜まってしまい、 赤い点がポツポツとできるものです。 対処としては衣服など汗を吸収しやすいものを着たり、 ちゃんと汗を拭きとるなどが大事になります。 赤い斑点でかゆみがない場合の原因とは? 赤い斑点の中でかゆみがない症状のものもあり、 どういったものがあるのかをご紹介します。 1.単純性紫斑病 単純性紫斑病は赤い斑点というか 紫っぽい点がでますが、かゆみのない症状です。 斑点は特に足にできやすく、 若い女性に症状がでることが多いそうです。 これは 何かの要因で内出血をして、 それが斑点としてでるものです。 対処法としてはビタミンCを摂取していことが大事です。 ビタミンCには血管を強くする効果もあるので、 内出血するのをおさえることができるそうです。 ただし、再発する可能性もある症状なので、 病院で診てもらったほうがいいです。 2.うっ滞性皮膚炎 うっ滞性皮膚炎は症状としてはふくらはぎや脛などに 赤い斑点ができて、かゆみはあまりないです。 この症状は 長時間立ちっぱなし仕事の方に現れやすく、 女性のほうがなりやすいと言われています。 長時間立ちっぱなしでいると、 下半身の血液の循環が上手くできす、 それが原因となるそうです。 対処としては血液の循環を良くさせるために、 足をマッサージしたり、お風呂にゆかりと入るなど、 ケアをしていくことが効果的です。 3.毛嚢炎 毛嚢炎は汗などをかきやすいところにできやすく、 毛穴がぷちっと腫れて膿ができるものです。 赤いぷちっとした斑点と膿みは気になりますが、 症状が軽い場合はかゆみも痛みもあまりないものです。 毛嚢炎は毛穴が炎症したときに汗などで湿ったままにすると、 普段は無害なブドウ球菌が感染して起こるものです。 夏場など汗をかいた後にそのまま拭き取らなかったりして、 炎症した箇所に濡れた状態にしていると感染しやすくなります。 基本的には軽い症状のものは数日で自然に治るものです。 対処としては夏場などは汗など放っておかずに ちゃんと拭き取るなどしましょう。 皮膚に赤い斑点ができなくするための対処法 皮膚に赤い斑点ができる要因は様々なものがあり、 それぞれ対処の仕方も変わってきます。 症状の中には病院でちゃんと治療しないといけないものもありますが、 ちゃんとケアをしていけば、自然と治るものもあります。 その中でも汗の放置がもとになって発症するもの多いので、 対処としては肌を清潔にしておくことが大事です。 原因を特定しておくことでより正確な対処もできるので、 そういった部分を知ることも重要になりますね。 また、症状が酷い場合や原因がわからないものは、 必ず病院で診てもらうようにしましょう。 まとめ ここまで皮膚に赤い斑点がでるのは病気かどうかや、 かゆみがあるなしでの種類別での7つの原因などご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の

子供に赤い発疹!熱なしでかゆみあり・なしの場合は何の病気?

かゆみ 全身 発疹 なし

ふと気づいたら、皮膚に赤い斑点が できることってありますよね。 今までそんな斑点なんて体にできなかったのに、 急に症状が出てきたら病気なのではないかとか、 いろいろと気になるところですよね。 皮膚にできる赤い斑点は体の様々な箇所にでき、 手足とか顔にできたりもします。 また、 かゆみがある場合とない場合でも、 症状や原因は変わってきます。 そこで、自分がどういったことが原因で 斑点ができてるのかなども気になりますよね。 それによって対処なども変わってきますし、 治したい時はどうすればいいのかなども、 知っておけばすべきことも変化していきます。 そこで今回は皮膚に赤い斑点ができたときの かゆみがあるないの7つの原因と対処法などをご紹介します。 皮膚に赤い斑点ができてかゆみがある症状の原因とは? まず、赤い斑点ができた際にかゆみがある症状に関して どんな原因があるのかをご紹介します。 1.ダニに噛まれたもの 朝起きたときに急に赤い斑点があることがあります。 そして、 赤い部分がかゆい場合はダニに噛まれた可能性があります。 蚊に刺されたような感じに見えますが、 根が張っていてなかなか治るのに時間がかかり、 かゆみも一週間ぐらい続きます。 基本的には放っておけば自然に治癒していきます。 ダニは布団の中にいるものなので、 ちゃんと定期的に布団を干したり、 クリーニングしたりしましょう。 2.皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹というのは あまり聞きなれない症状かもしれません。 これは皮膚が乾燥しているときに、 痒みが出て掻いてしまうと湿疹が出ることがあります。 症状の対処方法としては肌が乾燥しないために、 保湿クリームなどでしっかりとケアをすることです。 3.蕁麻疹 蕁麻疹は急に体に異変があって痒くなり始めたり、 チクチクとして、赤い斑点が出る症状のものです。 最初は赤い斑点がどこかに出るのですが、 それが段々と広がって全身に出て腫れたようになります。 蕁麻疹はアレルギー、ストレスなどが原因と言われています。 対処法としは数日で自然に治癒すると言われていますが、 どうしてそうなったのかを知っておかないと再発することもあります。 何かのアレルギーでなったのか、それともストレスなのかなど、 ちゃんと調べておくことが大事になります。 4.肌カビ 肌カビと聞くと何か怖い病気のように思えるかもしれませんが、 誰にでもなり得るもので、 症状としては肌が赤くなりかゆくなるものです。 肌カビはマラセチア菌が原因になるのですが、 この菌自体は特別なものではなく誰の肌にもいるものです。 この肌カビは汗がもとで発症することが多く、 汗をかいた後に放っておかずに拭くことが大事です。 他にもお風呂に入った際に体を洗うときに 強くこすったりするのも原因になるそうです。 対処法としては汗をかいた後にそのまま自然に 乾燥するのを待つのではなく、 ちゃんと拭き取るようにしましょう。 5.手湿疹 手湿疹はその名前の通り、手にできる湿疹のことです。 手湿疹は美容師、調理師、水仕事で強い洗剤を 素手で使う主婦などによくみられるものです。 この手湿疹には乾燥型と湿潤型とがあり、 乾燥型は手が普段よりも乾燥してしまうものです。 そして、もう一方の 湿潤型は小さな発疹で赤い斑点がでたり、 水ぶくれなどの症状が出るものです。 この手湿疹に関して対処法に関しては水仕事で洗剤を使い場合は ゴム手袋を付けるなど直接触れないようにしましょう。 仕事でそれができない場合はハンドクリームなど、 しっかりとケアをすることが大事です。 6.痒疹 痒疹とは肌が虫刺されのような 赤いぽちっとしたものが全身にできる症状です。 皮膚が盛り上がったような感じになり、 痒みもかなり強いです。 この痒疹は放っておける症状でもないので、 病院で診てもらいましょう。 7.あせも あせもはわりと誰でも知ってるかもしれませんが、 汗を多くかいたときなどに汗が皮膚内に溜まってしまい、 赤い点がポツポツとできるものです。 対処としては衣服など汗を吸収しやすいものを着たり、 ちゃんと汗を拭きとるなどが大事になります。 赤い斑点でかゆみがない場合の原因とは? 赤い斑点の中でかゆみがない症状のものもあり、 どういったものがあるのかをご紹介します。 1.単純性紫斑病 単純性紫斑病は赤い斑点というか 紫っぽい点がでますが、かゆみのない症状です。 斑点は特に足にできやすく、 若い女性に症状がでることが多いそうです。 これは 何かの要因で内出血をして、 それが斑点としてでるものです。 対処法としてはビタミンCを摂取していことが大事です。 ビタミンCには血管を強くする効果もあるので、 内出血するのをおさえることができるそうです。 ただし、再発する可能性もある症状なので、 病院で診てもらったほうがいいです。 2.うっ滞性皮膚炎 うっ滞性皮膚炎は症状としてはふくらはぎや脛などに 赤い斑点ができて、かゆみはあまりないです。 この症状は 長時間立ちっぱなし仕事の方に現れやすく、 女性のほうがなりやすいと言われています。 長時間立ちっぱなしでいると、 下半身の血液の循環が上手くできす、 それが原因となるそうです。 対処としては血液の循環を良くさせるために、 足をマッサージしたり、お風呂にゆかりと入るなど、 ケアをしていくことが効果的です。 3.毛嚢炎 毛嚢炎は汗などをかきやすいところにできやすく、 毛穴がぷちっと腫れて膿ができるものです。 赤いぷちっとした斑点と膿みは気になりますが、 症状が軽い場合はかゆみも痛みもあまりないものです。 毛嚢炎は毛穴が炎症したときに汗などで湿ったままにすると、 普段は無害なブドウ球菌が感染して起こるものです。 夏場など汗をかいた後にそのまま拭き取らなかったりして、 炎症した箇所に濡れた状態にしていると感染しやすくなります。 基本的には軽い症状のものは数日で自然に治るものです。 対処としては夏場などは汗など放っておかずに ちゃんと拭き取るなどしましょう。 皮膚に赤い斑点ができなくするための対処法 皮膚に赤い斑点ができる要因は様々なものがあり、 それぞれ対処の仕方も変わってきます。 症状の中には病院でちゃんと治療しないといけないものもありますが、 ちゃんとケアをしていけば、自然と治るものもあります。 その中でも汗の放置がもとになって発症するもの多いので、 対処としては肌を清潔にしておくことが大事です。 原因を特定しておくことでより正確な対処もできるので、 そういった部分を知ることも重要になりますね。 また、症状が酷い場合や原因がわからないものは、 必ず病院で診てもらうようにしましょう。 まとめ ここまで皮膚に赤い斑点がでるのは病気かどうかや、 かゆみがあるなしでの種類別での7つの原因などご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の

湿疹が全身に!かゆくないブツブツの原因と対処法

かゆみ 全身 発疹 なし

スポンサーリンク 子供の発疹にはどんな種類がある? 発疹の形状や色 かゆみがあるかどうか、発疹の形状や大きさ、色も診断の材料になります。 発疹の形状には、水疱(みずぶくれ)・丘疹・膨疹があります。 発疹の色には、赤、茶、黒、紫などに変化することもあれば、ほとんど色の変化がない場合もあります。 発疹が出た場所でも、口の中、顔、手、足、全身など発疹がでる場所も病気によって異なります。 発疹がかゆかったり、痛かったりすることもありますが、何も感じないこともあります。 発熱や鼻水、咳などの風邪に似た症状や、関節痛など体の痛みを伴うこともあります。 子供の発疹が「熱なし、かゆみなし」の場合に疑われる病気 ・伝染性紅斑(りんご病) 小学校低学年くらいの子供に多く発症する病気で、頬が赤くなり、手足にレース模様のような赤い発疹があらわれます。 発疹は何も感じないことが多いものの、多少かゆくなることもあります。 子供の発疹が「熱なし、かゆみあり」の場合に疑われる病気は ・汗疹(あせも) 場所は特に決まっていないので、どこでもできます。 とくに首、お腹、背中、わきの下など、汗が出て湿気がたまりやすい場所にあらわれる、赤く小さい発疹です。 ・小児ストロフルス 虫の活動が活発な春から夏にかけて起こりやすい病気で、虫刺されのあとに多く発症します。 かゆみを伴った赤い発疹が、手や足などにできます。 ・蕁麻疹(じんましん) じんましんは、運動などで汗をかいたあとや、寒い時期に起こりやすく、光にあたることや、金属などのアレルギー反応で起こることもあります。 ・アトピー性皮膚炎 顔や耳たぶの下、首、肘や膝の関節などの皮膚がやわらかい部分に、粉をふいたようなかさついた状態が見られたあと、頭皮や手足、肩、背中に湿疹ができます。 湿疹には強いかゆみがあり、夏は細菌が感染してじゅくじゅくしたり、冬は乾燥してガサガサしたりします。 ・おむつかぶれ(おむつ皮膚炎) おむつにおしっこやうんこをしたまま放置していることでお尻が蒸れ、細菌やかびが発生することで、皮膚が炎症を起こすことがあります。 そうするとお尻が赤くなったり、小さな赤い発疹ができたりします。 ・アレルギー性紫斑病 3~10歳の男の子に多く発症する病気で、わずかに盛り上がった発疹が両足の前側にあらわれます。 子供の発疹が「熱とほぼ同時に起こり、かゆみあり」の場合に疑われる病気は? ・小児ストロフルス 虫の活動が活発な春から夏にかけて起こりやすい病気で、虫刺されのあとに多く発症します。 スポンサーリンク 虫刺されから、膨らんだ赤い発疹になり、水ぶくれになることもあります。 ・手足口病 主に夏に流行し、5歳以下の子供に多い感染症です。 口のなかや手のひら、足の底、足の甲などに、2~3mmの水ぶくれのような発疹があらわれます。 ・とびひ(伝染性膿痂疹) 破れやすい水ぶくれ状の発疹が体中にでき、それらが破けることで菌が広がっていく病気です。 ・ヘルペス湿疹 アトピー性皮膚炎や皮膚が弱い子供などに単純ヘルペスウイルスが感染すると、発熱や、たくさんの水ぶくれ状の発疹があらわれることがあります。 ・川崎病 川崎病は、4歳以下の子供が発症しやすく、特に1歳前後にかかることが多い病気です。 発熱、咳、鼻水など、一般的な風邪のような症状からはじまり、高熱が続く、全身に発疹があらわれる、両目が充血する、舌に赤いブツブツができる、リンパ節が腫れるなどの症状があらわれます。 子供の発疹が「熱のあとに起こり、かゆみあり」の場合に疑われる病気は? ・麻疹(はしか) 発熱や咳、くしゃみといった風邪のような症状があらわれた数日後に、白い斑点が口内の粘膜にあらわれます。 再度高熱が出た後、頬の裏側の口内粘膜に白い小さな粒(コプリック斑)が現れ、半日~1日で消えます。 コプリック斑が現れた直後に耳の後方に赤く小さな発疹が現れ、顔全体に広がるようになります。 小さな発疹の1つひとつがしだいにつながり、まだらに見えるようになります。 ・風疹 風疹ウイルスによる急性ウイルス性の疾患になります。 軽い発熱や咳など、風邪のような症状とともに、小さな赤い発疹が全身にあらわれてきます。 潜伏期間】 2~3週間です。 ・水疱瘡(水痘) 帯状疱疹ウイルスの感染によって起きる病気になります。 軽い発熱や頭痛のあとに、赤い発疹が顔や体から出始め、全身に広がっていきます。 頭部から陰部までの広い範囲に赤い発疹や水疱が現れるようです。 ・猩紅熱(しょうこうねつ) 溶連菌感染症の一種で、38~40度の発熱や喉の痛み、舌にイチゴのようなブツブツの赤みがあらわれます。 また発熱から1~2日後に、かゆみのある小さな赤い発疹が全身にあらわれることもあります。 ・突発性発疹 突然高熱になり、喉が赤くなったり、下痢が起こったりすることがある病気です。 赤い湿疹が出た場合には何科に行くべきか? 子供の皮膚に異常が出た場合には小児科と皮膚科のどちらに行こうか迷うと思いますが、どちらで診察をしても問題ないです。 小児科と皮膚科の場合だと回復するまでのアプローチが若干違うとされているようです。 子供がいつも通っている小児科の病院があると思いますので、もし皮膚科か小児科のどちらに行こうか迷った場合には、かかりつけ医に相談するのが一番良いでしょう。 まとめ まずは子供が発疹の他にどんな症状を引き起こしているのかを冷静に判断して、病院の先生に診察してもらいましょう。 発疹が出た時は、かならず医療機関を受診してください。 発疹は、感染症の場合も多くありますので、自己判断は厳禁です。

次の