手塚 治虫 ai。 “手塚治虫らしさ”をAIが学習、新作漫画「ぱいどん」誕生 「モーニング」に掲載

AIが描いた手塚治虫の「新作」 27日モーニング掲載:朝日新聞デジタル

手塚 治虫 ai

ストーリーは、手塚治虫作品の世界観・時代背景・キャラクター等を人間が分析し、データ化した上で、AI技術に学習。 漫画の世界観、登場人物像、あらすじなどの構成要素から成るプロットをAI技術が生成した。 そのプロットから人間が発想を広げてシナリオ化。 その顔画像から人間がシナリオに沿って服装等のキャラクターデザインを行った。 AI技術とクリエイティブという全く異分野のコラボレーションで新しいことにチャレンジすることは、「大変」の一言に尽きます。 ただし、これはどんな分野においても同様で、「初めての取組み」をステップに、技術が確立されていくのだと思います。 今回のプロジェクトでもいくつもの困難な局面を乗り越えた結果、手塚治虫作品を学習したAI技術が生成したプロット構成要素や、キャラクター画像には「手塚治虫らしさ」が確かに存在していました。 さらなる研究と検証が必要にはなりますが、AI 技術は私たちクリエイターにとって心強いパートナーになり得るのではないかと期待を寄せています。 こうしたテクノロジーは人間の使い方ひとつによって、結果が大きく変わります。 結局はテクノロジーの面においても、クリエイティブの面においても、もっともっと努力し、創造の可能性を広げ、正しい使い方を探求していくことが人間に求められているのではないでしょうか。 私は、多くの人に「未来に夢を持って欲しい」と思っています。 私たちは手塚治虫作品からその点を学んできたはずで、「ぱいどん」からもこうした想いが伝わることを願っています 現在、手塚治虫作品の中から、一番記憶に残る作品、キャラクター、思い出に「 マイベスト手塚」をつけてツイートすると、抽選でロボットアームが描き下ろした新作漫画「ぱいどん」の限定キャラクター画が当たるTwitterキャンペーンが実施中。 キャンペーンは3月20日まで。 漫画 白黒の線画 の顔を、「顔」として認識しない AI にとって、手塚治虫作品は非常にハードルが高く、とても苦心しました。 だからこそ、今回の AI 技術と人間によるコラボレーションは、今後の AI 技術と人間がどう向かい合い、付き合っていくかを模索する、非常に価値ある取組みとなりました。 現代を予言していた手塚治虫先生に感服するとともに、AI 技術による生成データを読み取り、作品として仕上げていくクリエイター陣の熱意や発想力に、人間の魅力、可能性の大きさを改めて感じています。 三浦敏宏氏 『モーニング』編集長 「AI手塚治虫」。 とても夢のある企画です。 それでも、現状ではまだまだAIが描く漫画と呼べるものではないでしょう。 ですがプロジェクトメンバーである栗原教授の、AIによる創作を研究する程にヒトが如何に高遠なのかをむしろ思い知る、というお話に心が動きました。 なぜならそれは、アトムを作った時の天馬博士と同じ苦悩なのです。 手塚先生なら、きっとこの企画を面白がったのではないか、その時そう思えました。 何年後かはわかりませんが、将来本当に「AI作家」が出現する時代への、壮大な「予告編」として今回モーニング編集部は協力させていただくことにします。 キオクシアは「記憶」で世界をおもしろくする」というミッションのもと、今と未来をつなぐ新しい価値を創造し世界を変えていく存在を目指していくとしている。

次の

AIが手塚治虫の漫画に挑んだら…本当の「働き方改革」が見えてきた(松田 雄馬)

手塚 治虫 ai

おおまかなあらすじ(ネタばれなし) 2030年の東京が舞台になっています。 主人公の哲学者ぱいどんは、世の中の管理社会が嫌いでホームレスをしているのですが、その「 ぱいどん」が事件の謎を解いていくという内容です。 人探しの依頼をされて話しが始まるのですが、どうもこの人探している人物が一癖も二癖もありそうな感じ。 そして、単なる人探しだけでは終わらさそうな展開になっています! 今回の掲載は前編なので、次号も楽しみですよ! AIと人の融合 この「ぱいどん」というマンガは、 「もしも、今、手塚治虫さんが生きていたら、どんな未来を漫画に描くだろう? 」 をテーマに、AIと人の力を融合させて制作されました。 キャラクター像とおおまかなストーリー、キャラクターデザインの原案をAIが考え、細かなストーリーや作画を人の手で仕上げた共同作品となっています! 人工知能(AI)技術を使って手塚治虫の新作漫画を生み出すとういプロジェクトの話しを聞いて、手塚眞氏は、 「とんでもない、無茶な話しだ」と思う一方で、クリエイターとしては「可能性はゼロじゃない。 何かできるかもしれない。 どうせなら一番ハードルの高いところにダメ元で挑戦したい。 と考えたそうです。 う~ん、夢がありすぎ! 手塚治虫先生の他にも、水木しげる先生とか新作も読めるのかもと思うとドキドキしますね! 読んでみた感想! ではさっそく読んでみた感想ですが、まず、 2月27日発売の漫画誌『モーニング』13号(講談社)にて掲載されるていて、この号では巻頭の4ページで今回のを特集がされていて、後の20ページで『ぱいどん』のマンガが描かれています。 率直な感想として、 手塚治虫先生やん! って思いました! 手塚治虫先生の漫画は、哲学なんです。 セリフの言い回しとがが独特でかっこいい、でも多くをセリフで語らないところがあるんです。 絵とか、キャラの表情、動きでセリフ以上に伝えてくる感じ。 正直ゾクゾクしました! 今風のキレイな漫画ではなくて、昔の昭和の漫画という仕上がりも個人的には嬉しかったですね! 僕は手塚治虫先生の作品が大好きで、家に何冊も本を持っているぐらいなんですが、 画風とか世界観がもうバッチリ手塚治虫先生! これは面白いのでぜひ読んでほしい! ネタバレになるので内容については書きません 笑 我が家の手塚治虫先生の漫画たちです まとめ:AIはどこまで人に近づけるのか 今回の「ぱいどん」でAIの可能性を凄く感じたのと、AIとの正しい共存に期待を持てました。 正直、AI技術が行きすぎると怖さもあるのですが、今回のように人とAIが分担して作業することで新しい可能性が増えると思います! 今回の人工知能(AI)技術はまだまだこれからのツールで、特に 漫画においては機械が真似の出来ない部分が読む人にとっては面白いと感じることのほうが多いとのこと。 機械は安定した一定の枠に収まったものを作ることには優れているけども、枠からはみ出るようなものでないと名作にはならないということでしょうね。 10年後には人工知能(AI)技術をしっかりとしたツールにして人とAIが共存できるようなものにしてもらいたいですね! 今回の、人工知能(AI)技術に手塚治虫先生の漫画を描くことができるのか、と言う挑戦は、もし手塚治虫先生がご存命ならすごく面白がってたんじゃないかな~って思いました! 「新作漫画はまさに手塚治虫の世界のよう。 まだ発展途上だか、漫画文化を未来に残すのに役立つ技術」 とのことです! これからも楽しみにしましょう!.

次の

AIが描いた手塚治虫の「新作」 27日モーニング掲載:朝日新聞デジタル

手塚 治虫 ai

おおまかなあらすじ(ネタばれなし) 2030年の東京が舞台になっています。 主人公の哲学者ぱいどんは、世の中の管理社会が嫌いでホームレスをしているのですが、その「 ぱいどん」が事件の謎を解いていくという内容です。 人探しの依頼をされて話しが始まるのですが、どうもこの人探している人物が一癖も二癖もありそうな感じ。 そして、単なる人探しだけでは終わらさそうな展開になっています! 今回の掲載は前編なので、次号も楽しみですよ! AIと人の融合 この「ぱいどん」というマンガは、 「もしも、今、手塚治虫さんが生きていたら、どんな未来を漫画に描くだろう? 」 をテーマに、AIと人の力を融合させて制作されました。 キャラクター像とおおまかなストーリー、キャラクターデザインの原案をAIが考え、細かなストーリーや作画を人の手で仕上げた共同作品となっています! 人工知能(AI)技術を使って手塚治虫の新作漫画を生み出すとういプロジェクトの話しを聞いて、手塚眞氏は、 「とんでもない、無茶な話しだ」と思う一方で、クリエイターとしては「可能性はゼロじゃない。 何かできるかもしれない。 どうせなら一番ハードルの高いところにダメ元で挑戦したい。 と考えたそうです。 う~ん、夢がありすぎ! 手塚治虫先生の他にも、水木しげる先生とか新作も読めるのかもと思うとドキドキしますね! 読んでみた感想! ではさっそく読んでみた感想ですが、まず、 2月27日発売の漫画誌『モーニング』13号(講談社)にて掲載されるていて、この号では巻頭の4ページで今回のを特集がされていて、後の20ページで『ぱいどん』のマンガが描かれています。 率直な感想として、 手塚治虫先生やん! って思いました! 手塚治虫先生の漫画は、哲学なんです。 セリフの言い回しとがが独特でかっこいい、でも多くをセリフで語らないところがあるんです。 絵とか、キャラの表情、動きでセリフ以上に伝えてくる感じ。 正直ゾクゾクしました! 今風のキレイな漫画ではなくて、昔の昭和の漫画という仕上がりも個人的には嬉しかったですね! 僕は手塚治虫先生の作品が大好きで、家に何冊も本を持っているぐらいなんですが、 画風とか世界観がもうバッチリ手塚治虫先生! これは面白いのでぜひ読んでほしい! ネタバレになるので内容については書きません 笑 我が家の手塚治虫先生の漫画たちです まとめ:AIはどこまで人に近づけるのか 今回の「ぱいどん」でAIの可能性を凄く感じたのと、AIとの正しい共存に期待を持てました。 正直、AI技術が行きすぎると怖さもあるのですが、今回のように人とAIが分担して作業することで新しい可能性が増えると思います! 今回の人工知能(AI)技術はまだまだこれからのツールで、特に 漫画においては機械が真似の出来ない部分が読む人にとっては面白いと感じることのほうが多いとのこと。 機械は安定した一定の枠に収まったものを作ることには優れているけども、枠からはみ出るようなものでないと名作にはならないということでしょうね。 10年後には人工知能(AI)技術をしっかりとしたツールにして人とAIが共存できるようなものにしてもらいたいですね! 今回の、人工知能(AI)技術に手塚治虫先生の漫画を描くことができるのか、と言う挑戦は、もし手塚治虫先生がご存命ならすごく面白がってたんじゃないかな~って思いました! 「新作漫画はまさに手塚治虫の世界のよう。 まだ発展途上だか、漫画文化を未来に残すのに役立つ技術」 とのことです! これからも楽しみにしましょう!.

次の