トーンモバイル レンタル。 トーンモバイル、TSUTAYAでスマホレンタルを開始……シニア層には健康増進サービスを提供

即日レンタル可!格安スマホの貸し出し無料サービスを徹底比較

トーンモバイル レンタル

お客様サポート窓口に電話し、MNP予約番号発行を依頼• 受付の翌日以降にMNP予約番号が発行• MNP予約番号を乗り換え先の格安SIMに提出• MNP切り替え手続きを行う 上記の手順でMNP予約番号を発行できます。 MNP予約番号の発行方法は、お客様サポート窓口に電話するのみです。 店舗やネットでは、MNP転出手続きができません。 発行されたMNP予約番号の有効期限は 15日間です。 15日を過ぎてしまうと、再度MNP予約番号を発行する必要があります。 乗り換え先の格安SIMによって、契約時に必要なMNP予約番号の必要残日数が異なるので、事前に確認しておきましょう。 お客様サポート窓口の詳細は以下の通りです。 090音声オプションの利用期間が6ヶ月未満でMNP転出する場合は、MNP転出違約金はかからず、解約金9,800円のみとなります。 トーンモバイルを解約するタイミングを解約するタイミングを事前に計画しておきましょう。 契約の自動更新はないので、 更新月は存在しません。 すなわち、最低利用期間の24ヶ月を過ぎてしまえば、いつ解約しても解約金は発生しません。 解約金やMNP転出違約金以外にも、トーンモバイルで購入した端末の代金を支払い終えていない場合は、端末代金の残金を払う必要があります。 見落としがちな端末代金。 トーンモバイルで端末を購入した人は、端末代金の残金も忘れずに頭に入れておきましょう。 トーンモバイルを解約した月の月額料金は、全額支払いになります。 日割りに対応していないので、なるべく月末まで使った方が損は少ないです。 ただし、解約手続きが25日を過ぎないようにしましょう。 トーンモバイルのSIM返却方法 トーンモバイルを解約したあとは、使用していたSIMカードを返却する必要があります。 返却先や返却方法を以下の表にまとめました。 返却先 〒847-0083 佐賀県唐津市和多田大土井4740-1 トーンモバイル株式会社 お客様サポート窓口 行 返却方法 郵送 郵送料 自己負担 返却期限 解約月の翌々月の25日 25日が休日の場合は、前営業日まで 参照: 「」 上記返却先に忘れずにSIMカードを返却しましょう。 SIMカード返却用の封筒をトーンモバイルの公式サイトからダウンロードできます。 あなたにピッタリの格安SIMを見つけよう トーンモバイルを解約する手順と、SIMカードの返却方法を紹介しました。 トーンモバイルの解約方法は簡単です。 手続きの流れも簡単ですぐにできるので、本記事で紹介した手順で解約手続きを行ってください。 トーンモバイルから他の格安SIMへ乗り換える人が多いと思いますが、乗り換え先の格安SIMを迷っていませんか。 人気の格安SIMから新進気鋭の格安SIMまで網羅している編集部が格安SIMを比較しました。 乗り換え先の格安SIMに迷っている人は、以下の記事で 自分にピッタリの格安SIMを見つけましょう。

次の

トーンモバイルの評判は実際どう?子ども・シニアに持ってもらたい格安スマホ!

トーンモバイル レンタル

使える高速データ通信容量に限りがある 高速チケットオプションを使うことで高速データ通信が可能になりますが、このオプションは月に2回までしかチャージできません。 そのため、トーンモバイルで使用できる高速データ通信に関しては1か月ごとに使える高速データ通信は2GB程度になってしまいます。 高速データ通信をガンガン使いたい人にはおオススメできません。 しかし、あまりデータ通信をしない人であれば、問題ありません。 トーンモバイルを使っている人の声 トーンモバイルの口コミを調べてみると、「料金が安くなって満足している」という内容が多かったです。 「データ通信速度が多少遅くなるのが問題ないか」と、「2種類のTONE端末で満足できるか」ということが選ぶポイントになってるようです。 トーンモバイルの良かったと思う所は、料金プランが一種類しかないことです。 大手携帯会社などは何種類もプランやオプションがあって店員の言われるがままに入って、このオプション1回も使わなかったこともあります。 そう考えるとTONE モバイルの基本プラン1000円だけというのは分かりやすくていいです。 その流れで端末も二種類しかなく、高機能モデルかエントリーモデルのどちらかです。 スマホも色々と機種が出ていますので、選ぶ時もどれにしたらいいのかわからない時もあるので二種類だけというのはありがたかったです。 通話や通信に関しても大手携帯会社と使用感は変わらないので、月額料金の値段も安いし、今のところ不便なく使わせてもらっています。 自分の中ではそこまでひどいと思ったことがないのですが、ネットの口コミなどで見ていて、確かにと思ったのは、最大通信速度が高速通信と比べたら遅めなことです。 自分はネットをしてものんびりしているので早く通信しろよと思ったことはありませんが、アプリや画像をダウンロードする時は少し遅いと感じます。 もう少し早く通信できたらいいなと思います。 色々な機種から選びたい人にもおすすめはできません。 トーンモバイルは二種類しかないので、どっちを選ぶかしかありません。 新機種がいつ出てくるかわからない所もデメリットだと思います。 長期間同じスマホを使う人はいいでしょうが、2年に1度買える人はおすすめできません。 他社の方がいいでしょう。 トーンモバイルの問題点は、やはりスマホを新規契約する必要があることです。 docomo通信回線を利用していれば、端末が不要と思われますが、端末も同時購入というのは無駄な出費にもなります。 我が家の場合、スマホ自体が古くなっていたため、端末の購入も同時に行いました。 また、通信速度も500〜600kbpsであり、メールやIP電話が使用できれば十分と考えてm14を購入しました。 購入した理由としては、元々の時点で通信速度に上限があり、敢えてLTE対応のm15を契約する必要性が感じられなかったためです。 2台で20,000円の差となり、1台当たり10カ月分の月額料金が削減出来てしまいます。 やはり、料金プランは非常に魅力的であるため、今後はSIMのみの提供を期待します。 自宅以外では、殆どインターネット通信を利用していません。 メインで使用するのはLINEアプリ、そして音声通話はIP電話で十分の我が家にとっては非常に良い通信サービスと考えます。 通信速度は、500〜600kbpsもあれば自宅以外での利用に問題も無く、IP電話を利用すればわざわざ高額なプランに加入する必要性が無いと考えています。 月額1,000円で2台を維持し、光インターネット回線を契約しても月額8,000円以下で通信回線を維持できるため、大手キャリアを契約する意味が無くなりました。 また、Tポイントをコツコツと貯めてたり、Yahoo! ショッピングを毎月利用される方にはポイントも付与されるため非常におすすめの格安スマホだと考えます。 さらに私自身の周りでトーンモバイルを利用している方に、実際に感想を聞いてみました。 もっと詳しい口コミ評判を知りたい方はどうぞ。 動画の視聴などは難しいですが、LINEやホームページの閲覧など、普段インターネットを使った時に行うようなことは全く問題なくできてしまうくらいの速さなのです。 なので、トーンモバイルはあまりスマホを使わない初心者の方や子供、お年寄りにおすすめなのです。 トーンモバイルのプラン料金とオプションの詳細 トーンモバイルは基本プランに加入し、好きなオプションを組み合わせて使います。 できれば加入しておきたいオプションは「090音声オプション」です。 プラン料金のだいたいの目安は 基本料金 1,000円 +SMSオプション 100円 +090音声オプション 953円 で 2053円くらいです。 このプラン料金に端末代金を足した金額が、1ヶ月に払う金額になります。 月に2回(2GB)までチャージすることが可能 フラットパックオプション 500円 0円 以下2つのサービスを安く利用できるオプションサービス。 ・高速チケット1GB 300円分 ・IP電話60分相当の通話 1,260円分 安心オプション 500円 0円 以下2つのサービスを安く利用できるオプションサービス。 ・全国のWi-Fiスポットが利用できる。 ・万が一の端末破損、盗難時に見舞金が出る。 なお、トーンモバイルの利用料金を支払うと、200円ごとにTポイントが1ポイント貯まります。 Tポイントを貯めるにはTカード番号の登録が必要になるので、トーンモバイル契約後に必ずTカード番号の登録をしてください。 トーンモバイルのスマホ端末のスペック トーンモバイルで販売されているスマホ端末「TONE」には2つのモデルから選んで購入できます。 TONE m15 LTE対応、1300万画素カメラ搭載のハイスペック端末。 箱に置くだけで不具合修復をしてくれる「置くだけサポート」に対応 スペックが高いスマホを使いたい中級者以上の方におすすめ。 本体価格:29,800円 税抜き 24回払いの場合:月額1,300円 税込み TONE m17 防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応の上位モデル。 耐久性にも優れており、扱いやすい。 箱に置くだけで不具合修復をしてくれる「置くだけサポート」にも対応 防水性や性能の高いモデルを求めている方におすすめ。 本体価格:34,800円 税抜き 24回払いの場合:月額1,500円 税込み 防水機能やより高い性能を求める方はm17がお勧めですが、とくに気にしない方は m15でも十分な性能を持っています。 なお、m15とm17は箱に置くだけで問題解決をしてくれる「置くだけサポート」という機能に対応しています。 私も機能を試してみましたが、本当に置くだけで設定が直ったのでスゴイと思いました。 同一名義で一度に複数台を申し込むとお得なや、家族や友達を紹介するとお得ななどが実施中です。 契約する際の 事務手数料 3,000円 や 月額プラン料金 1,000円 が3ヶ月無料になったりとお得です。 家族でトーンモバイルを複数台契約する予定がある方は、ぜひキャンペーンをご利用ください。 トーンモバイルがオススメの人・オススメでない人.

次の

即日レンタル可!格安スマホの貸し出し無料サービスを徹底比較

トーンモバイル レンタル

トーンモバイルは、レンタルショップのTSUTAYAが提供する、格安スマホ・格安SIMサービスです。 安全に通信する機能やサポートサービスが充実しており、 子どもやシニアのご家族にスマホを持ってもらいたい方にオススメです。 離れていても位置を把握できたり、有害なサイトにアクセスできないように設定できたりと安全性が高いことから、 全国子ども会連合会に推奨されています。 また、通信速度は 最大0. 5~0. 6Mbpsと一般的なMVNOの実測値(10Mbps程度)と比べて控えめですが、 データ容量は無制限で使えますよ! この記事では、トーンモバイルが子どもやシニアにオススメである理由や料金プラン、安心の付帯サービス、実際に契約しているご家庭での評判などを詳しく解説します。 子ども会推奨マーク認定商品にも登録されている トーンモバイルは、子ども向けにインターネット通信を制限できる「あんしんインターネット」や、子どもが今いる場所を保護者がすぐに確認できる「居場所確認」など、子どもに持たせても安心ですし、 子どもの安全を守る上で便利な機能が搭載されています。 そのため、トーンモバイルのスマホを子どもに持たせることを推奨する国や自治体、団体もあります。 たとえば、公益社団法人の全国子ども会連合会はにあるとおり、 トーンモバイルのスマホを子ども会推奨マーク認定商品に指定しています。 安全・適切な利用をサポートする機能がついている 子どもや高齢者にスマホを持たせても安全に適切な利用ができるよう、次のようなサポート機能が付いています。 これらの機能があれば、子どものスマホの使い過ぎを防止できますし、子どもが学校から塾に行くとき、高齢者が散歩や買い物に出かけるときなど、安全を確認することも可能です。 ・移動通知 乗り物に乗った時や下りたときに、保護者に通知が届きます。 ・あんしんインターネット 小学生・中学生・高校生のモードを選択することで、アダルトサイトや出会い系サイトなどの有害サイトへのアクセスをブロックできます。 また、除外したいURLを20件まで設定できる、アクセスを禁止しているサイトにアクセスしようとした回数や時間などを確認できる機能もあります。 ・居場所確認 スマホが今ある場所を確認でき、塾や学校、公園などあらかじめ登録した場所を出入りすると、保護者に通知が届く機能もあります。 居場所を常に知ることができる安心の機能です。 ・アプリ制限 アプリをインストールする際には、保護者による承認がないとインストールできないように設定可能です。 ・時間制限 スマホの使用を、1日6時間まで、朝8時から夜の10時までなど、スマホ利用時間を30分単位で設定できます。 子どものスマホの使い過ぎを制限できます。 無料サポートが何回でも受けられる トーンモバイルでは、 電話による無料サポートを何回でも受けられます。 <電話サポート窓口> 電話番号: 受付時間:10:00〜19:00(土日祝日も対応) 必要に応じてスタッフが遠隔操作でサポートもしてくれるため、スマホの操作に慣れていない人や高齢者の方も安心して使えます。 サポート内容には次のようなものがあります。 ・基本操作・設定 画面設定やサウンド設定を変えたい、端末のデータ量の確認をしたいなど ・アプリの基本操作・設定 電話帳ツールやブラウザ操作、カメラ操作、音楽の再生、LINE、Twitterなどの操作方法や設定変更の方法を知りたい ・トーンモバイル提供アプリの基本操作・設定 IP電話やメール、TONEファミリーなどのトーンモバイル提供アプリの操作や設定変更の方法を知りたい ・その他の基本操作・設定 Wi-FiやBluetoothなどのネットワーク設定やプリンタなどの周辺機器との接続設定の方法を知りたい ・初期設定 アカウントの取得、メール設定、Googleアカウントなどの初期設定をしてほしい TSUTAYA・カメラのキタムラの店舗で契約できる トーンモバイルの契約は、全国のTSUTAYAとカメラのキタムラで受け付けています。 ただし、すべての店舗で申込を受け付けているわけではないので、トーンモバイルの公式サイトので取扱店舗を確認してください。 TSUTAYAやカメラのキタムラの店舗以外でも、トーンモバイルので申込むことも可能です。 トーンモバイル同士なら通話料無料 トーンモバイル同士なら通話料が無料なので、家族全員のスマホをトーンモバイルに統一すれば、家族間通話が24時間無料で利用できます。 たとえば、お年寄り夫婦で利用する、お父さんお母さんが2代目のスマホでトーンモバイルを契約して、子どもにもトーンモバイルのスマホを持たせるなどという使い方もできます。 データ量を使い過ぎても心配なし! 一般的なスマホには一ヶ月に利用できるデータ量の制限がありますが、トーンモバイルにはありません。 ですから、データ量を使いすぎる心配がないので、安心して子どもや高齢者にも持たせられます。 月間データ量制限がないスマホは月額料金が高くなる場合が多いですが、トーンモバイルは月額1,000円からと比較的安めの設定であることがわかります。 【MVNO各社データ無制限プランの料金比較】 トーンモバイル UQモバイル 楽天モバイル DTI SIM スマモバ 1,000円~1,953円 1,980円~2,680円 1,480円~6,980円 2,200円~2,900円 3,980円 データ量が無制限なのに料金が安い理由は、通信速度がそこまで速くないからです。 普通にWebサイトを見るだけなら問題ない速度ですが、動画を視聴すると待ち時間が発生するため厳しいでしょう。 しかし、これは逆に子どもにスマホを持たせても、動画を見すぎることはないというメリットにもなります。 トーンモバイルはデータ量無制限のかわりに、速度がひかえめ トーンモバイルは月額データ量制限がないかわりに、通信速度がひかえめです。 5~0. 6Mbps(500~600kbps)の「中速」と、あまり速いとはいえません。 Webサイトを閲覧するなら問題ありませんが、動画を視聴する際には1Mbpsが必要とされているため、遅いと感じるでしょう。 もっと通信速度を速くしたいのなら、 高速チケットオプションをつけることで対応できます。 詳しくは、「」の章でご説明します。 トーンモバイルが扱うのは、トーンモバイルオリジナル機種とiPhoneに挿してつかうSIMカードであるTONE SIM(for iPhone)の2種類があります。 トーンモバイルオリジナル機種の最新モデルは「TONE e19」です。 TONE SIM(for iPhone)は、iPhone端末に挿すだけで使えるSIMカードです。 それぞれの月額料金設定について、ご説明します。 一括払い:19,800円(税抜) 分割払い:月々825円(税抜)24回払い 便利なオプションサービスも用意されている トーンモバイルに用意されている便利なオプションについて、詳しくご説明します。 ・TONE電話かけ放題オプション 「TONE電話かけ放題オプション」とは、TONE電話アプリから発信する、番号の先頭に050が付いているIP電話への10分以内の国内通話が何度でもかけ放題になるオプションで、月額料金は500円です。 通話時間が10分を経過すると、超過分の通話料金が必要なのでご注意ください。 ・090音声オプション 「090音声オプション」とは、090・080・070で始まる番号での通話ができるオプションで、月額料金は950円です。 MNP(ナンバーポータビリティ)で前に使っていた番号でトーンモバイルを使う際に、必須となるオプションです。 つまり、MPNでトーンモバイルに転入する場合には、月額料金1,000円に950円プラスした、1,950円が月額料金になるということです。 このオプションを使う際には、さらに「090おとく電話オプション」をつけることで、通常の通話料18円/30秒が17円/30秒になります。 「090おとく電話オプション」の月額料金は0円なので、MNPをするならつけるべきです。 ・SMSオプション 「SMS オプション」とは、090・080・070で始まる番号同士でSMSメッセージを送受信できるオプションで、月額料金は100円です。 ショートメッセージだけでなく、LINEやTwitter、FacebookなどのSNSサービスを利用するために必要なので、つけた方がいいでしょう。 SMSメッセージとは、お互いの電話番号だけがわかっていればできるショートメッセージ機能のことです。 SMSメッセージをやり取りするためには「SMS認証」という機能が必要ですが、このオプションをつければ「SMS認証」を利用できるようになります。 ショートメッセージを送信する際には、月額料金とは別に、トーンモバイル公式サイトのに記載された送信料がかかりますので、ご注意ください。 「SMS認証」は、LINEやTwitter、FacebookなどのSNSを利用する際にも必要です。 また、銀行系のアプリやコンサートやスポーツ観戦などのチケット購入時にも必要になるケースがありますので、これらのサービスを利用したい方は必ず選択しましょう。 なお、「090音声オプション」にはこのSMSオプションが含まれているので、090音声オプションをつけていれば不要です。 ・高速チケットオプション 「高速チケットオプション」とは、動画やアプリを快適に利用できるようにするサービスです。 トーンモバイルの通信速度はそこまで速くないので、より快適に使いたいなら高速チケットオプションをつけるといいでしょう。 利用料金は次のとおりです。 トーンモバイル端末:300円/1GB TONE SIM(for iPhone):445円/1GB 高速チケットオプションは使いたいデータ量に応じてチケットを購入する仕組みで、31日ごとに10回まで、合計10GB分をチャージ可能です。 チケットには31日間の有効期限があり、有効期限が切れると残っているデータ容量は無効ですのでご注意ください。 ・安心オプション 端末の破損や盗難が起きた際に、端末の交換を行えます。 月額料金は500円で、初月は無料です。 端末の交換は1年に最大2回まで可能ですが、1回につき5,000円かかります。 トーンモバイルの申し込み方法 トーンモバイルの申し込み方法と手続きに必要なもの、手続きの注意点について、詳しくご説明します。 【新規申込時に必要なもの】 クレジットカード または、端末購入代金 Web申込の場合は、クレジットカードのみ 有効なメールアドレス 他社から乗り換える場合は、乗り換え前のキャリアメールの使用は不可 MNP予約番号 MPN(他社からの乗り換え)をする場合のみ必要 Tカード 申込時に発行することも可能 同意書・委任状 代理人・18歳以上20歳未満の未成年が申込む場合のみ必要• にある店舗で申込む• 本人限定受取でスマホが自宅に届く• 初期設定が済んでいるので、すぐに利用できる インターネット利用が多いユーザーは他のキャリアを検討しよう トーンモバイルは通信速度が0. 5~0. 6Mbps(500~600Mbps)と遅めであるため、インターネット利用が多いユーザーに適しているとはいえません。 SNSや動画視聴など、普段からインターネットに接続する機会の多い人であれば、ストレスなく利用するには最低でも10Mbpsはほしいところ。 トーンモバイル以外の格安SIM・格安スマホには、10Mbps以上の実測値が期待できる事業者が多く存在します。 ここでは、通信速度で評価の高い格安SIM事業者をご紹介していきます。 使い放題プランが安い!「楽天モバイル」 楽天モバイルなら、プランに応じた高速データ通信が可能です。 (プランSは2GB、プランMは6GBなど) しかも、高層データ通信容量を使い切ってしまった後でも、最大1Mbpsで使い放題です。 1Mbpsは標準画質の動画再生であれば問題ないレベルの速度ですので、楽天モバイルならほぼストレスなく無制限に通信できるといえます。 月額基本料金はプランSが2,980円、プランMが3,980円と、使い放題プランでも安いのが魅力ですよ! 通信スピード最重視ならここ!「UQモバイル」 通信スピードで選ぶなら、UQモバイルがオススメです。 au 4G LTEの高速回線を使った通信が可能で、UQモバイルの通信スピードはY! mobileやBIGLOBEモバイルなどの格安SIMサービス中ではナンバーワンという調査結果もあります。 LINEモバイルでも他キャリアと同様に月間データ通信量が設定されていますが、プランごとに対象のSNSサービスが使い放題になります。 そのため、SNSをよく使う人にオススメです。 トーンモバイルを実際に使っている人の評判は? Twitterで「 トーンモバイル」と検索したところ、100件ほどのツイートが見つかりました。 イメージキャラクターの坂口健太郎くんについて、トーンモバイルで実施中のクイズの回答について、キャンペーン中のアマゾンギフト券プレゼントの報告などのツイートが多かったです。 安い! — Paul神田敏晶 Paul Toshi kanda knnkanda 月額料金に関しては、安いというツイートがよく見られました。 他のキャリアに比べると、月額1,000円からなのはたしかに安いといえます。 ServersMan SIM Unlimitedで速度測定したら500〜600Kbps回線のとき、80. 4Kbpsでした 相変わらずクソ。 このハゲーと言ってみたい。 ストーン!! — ATC ATC240 気になる通信速度ですが、通信速度が80. 4Kbpsだったというツイートがありました。 やはり、通信速度にはあまり期待せず、月額料金が安く子どもやシニア向けと割り切って使った方が良さそうですね。 去年娘にトーンモバイル購入しました!今年の夏は息子に購入予定です。 トーンモバイルなら、子どもにも安心してスマホを持たせられるという保護者の方のツイートがありました。 [お友だち登録するときはパパかママにいうこと。 勝手にゲームなどダウンロードしないこと!] — ココナッツ coconuts0408 子どもにスマホを持たせたときの約束事に関するツイートもありました。 トーンモバイルでは子どものスマホキャンペーンという、子どもにスマホを持たせる際に役立つキャンペーンも実施しています。 キャンペーンに参加するとアマゾンギフトなどが当たるので、ぜひ参加してみてください。 トーンモバイルが一定の運動量でTポイントが貯まるライフログサービスを開始 — asciijpeditors asciijpeditors TSUTAYAが提供しているスマホなので、Tポイントが貯まるというメリットもあります。 一定量運動することでTポイントが貯まるライフログサービスもあるそうです。 健康的な生活を送れそうですね。 まとめ トーンモバイルは、TSUTAYAが提供する格安スマホ・格安SIMサービスです。 月額料金が1,000円からと、他のMVNOと比べても安めに設定されており、子ども・シニア向けの設定が豊富で、無料サポートも充実しています。 普段あまりインターネットを使わないがスマホが欲しい人、安心して子どもにスマホを持たせたい人、高齢のご家族に使ってもらいたい人などにオススメです。 ただし、通信速度はさほど速くないため、動画視聴など重いデータ通信には不向きです。 普段から動画の視聴やゲームをすることが多い人は、他のキャリアを利用するといいでしょう。

次の