いとや旅館。 いとや旅館

いとや旅館の口コミ・評判

いとや旅館

ホテルと旅館の違いとは? 「今回は旅館とホテルどちらを予約しようか」と旅をするときに毎回迷う。 あなたはどうやって宿泊先を決めているだろうか。 例えば、ご飯や温泉目的なら旅館、観光優先なら宿代をリーズナブルなホテルにする…なんて人もいるのでは? そもそも和式で彩られた旅館、洋式一色で装飾されているホテル、2つの違いはこの外観だけ?具体的にはどう違うのだろう? 実は宿泊施設を建設するには 『旅館業法』というものがあり、構造設備の基準がきちんと定められている(昭和23年施行)。 ホテルと旅館の他に民宿やペンションにも基準が設けられているが、今回はこの2つにスポットをあててみた。 旅館の基準 和の代表「旅館」を建設するには以下を含めた色々な基準がある。 ・客室数はおもに和室で5部屋以上 ・客室の広さは7平方メートル以上。 2名以上で基本は食事付き(最近は1人で宿泊や素泊まりOKな旅館も増えている) ・寝具は布団、またはベッドを置く ・適当数のトイレと入浴設備も備えるetc… またネットやパンフレットに、客室をタタミ何畳分と定員数で表示することが多い。 ホテルの基準 続いてホテル営業の構造設備の基準はこうなっている。 ・客室数はおもに洋室で10部屋以上 ・客室の広さは9平方メートル以上 ・洋式浴室又はシヤワー室を有する ・出入口、窓は鍵をかけられること ・客室は壁で仕切られているetc… 客室は(ダブル 32平米 定員数)で表示することが多い。 またホテルにはシティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテル、100部屋を超える大型のホテルなど種類も様々ある。 スポンサードリンク サービスの違いは何だろう? では、各サービスを見てみよう。 「お客様に満足と感動を提供する」基本姿勢は共通しているが、ホテルと旅館のサービスにはそれぞれ特長がある。 旅館は日本の文化「もてなしの心」が息づいている。 仲居さんが荷物を部屋まで運んでくれて、頼めば分からないことや必要なこと一切のお世話をしてくれる。 食事はプランにより部屋で食べることもできるので、他人に気を遣わずゆっくり食事をとりたい人にはおススメしたい。 ほとんどの旅館には温泉があり、また館内は浴衣で出歩ける。 細かな気配りや心配りで出迎えから帰るまで、客に寄り添ったサービスを提供し、私たちを満足させてくれる。 一方ホテルは「おもてなし」もさることながら、客のプライバシーを守ることが大前提だ。 部屋は防音対策がされており、ドアの鍵もセキュリティの高いものを使用している。 荷物はホテルのスタッフが運んでくれる。 食事はレストランを使用できるが、ルームサービスもある。 客と節度ある距離を保ち、安心と快適さを第一に考えてくれている。 ホテルと旅館のメリットデメリット 最後に各施設のメリットとデメリットを考えてみた。 旅館は通常 1泊2食付が基本になっているので(1泊朝食付も増えてきた)深夜到着や早朝出発などの時間の融通が利かないことが多い。 一方ホテルは 一泊朝食付が主流。 (こちらももちろんプランによって2食つけることも素泊まりも可能)夕食は自分で手配しないといけないが、朝食はバイキング型式をとることが多く開始時間も早朝からなので、到着時刻や出発時刻も融通が利く。 また、おもてなしを大事にする旅館には、忙しい日常を忘れて至れり尽くせりを味わいたい人に向いている。 逆にあまり干渉されず一人でゆっくり過ごしたい人には、客のプライバシーを第一に考えるホテルが向いているように思う。 両施設をわざわざメリットとデメリットで比較することもないが、この記事を読んでいただきあなたの旅行がより快適になれば嬉しい。

次の

糸魚川市内の宿一覧

いとや旅館

\ 館主秘蔵の日本酒あり!おすすめ日本酒3種飲み比べ / 「自分だけの隠れ家にしたいから、口コミしないでおこう・・・!」 そんな声が出るほど隠れた人気のある当館併設「糸蔵」。 取り扱っている日本酒は、確かな腕を持った館主自ら 地元山形はもちろん、全国各地から選んだ選りすぐり。 素材の味を活かし、かつ引き立てるよう、 1品、1品丁寧にお作りした料理をお楽しみください。 予めご了承下さいませ。 【アメニティ】 バスタオル・ハンドタオル・歯ブラシ・浴衣・ひげそり シャンプー・ボディソープ・ドライヤー 【おススメ観光スポット】 ・ワイナリー 全国2位のぶどうの出荷量を誇る山形県。 なかでも当館のある南陽市は、その中心地です。 四季折々の自然の変化を楽しみながら、足を伸ばしてごろりと、お寛ぎ頂けます。 荷物を置いて観光に出かけるもよし、お部屋でのんびりおこもりもよし…。 日本海・太平洋のほぼ中間の立地のため、それぞれの旬を味わえます。 地元山形をはじめ、「全国から厳選した日本酒」をリーズナブルな価格で 味わえるのも魅力の一つ。 その時々によって入荷している日本酒が異なるので 足しげく通う方もしばしば。 最高のあては、同じ糸蔵で時間を共有している皆さんとの会話。 「初めて訪れたのにどこか安心する」そんな時間をぜひ体験して下さい。 予めご了承下さいませ。 【お風呂】 やわらかな木の香りが漂う檜風呂。 24時間いつでもご入浴いただけます。 湯船は広さもあるため、ゆったり入浴することができます。 ご入浴される際は、「入浴中」の立て札を立てていただくようお願いしております。 【アメニティ】 バスタオル・ハンドタオル・歯ブラシ・浴衣・ひげそり シャンプー・ボディソープ・ドライヤー 【おススメ観光スポット】 ・熊野大社 当館から徒歩10分 再建1200年以上の歴史を誇る熊野大社。 ・赤湯温泉街 当館から車で10分 ・ワイナリー 全国2位のぶどうの出荷量を誇る山形県。 なかでも当館のある南陽市は、その中心地です。 素材の味を活かし、かつ引き立てるよう、 1品、1品丁寧にお作りした料理をお楽しみください。 予めご了承下さいませ。 <ご朝食> バランスのとれた和朝食をご用意いたします。 広さもあるため、ゆったり入浴することができます。 当館目の前のお稲荷さまはポケストップとなっております。 ・熊野大社 当館から徒歩10分 再建1200年以上の歴史を誇る熊野大社。 ・ワイナリー 全国2位のぶどうの出荷量を誇る山形県。 なかでも当館のある南陽市は、その中心地です。 四季折々の自然の変化を楽しみながら、足を伸ばしてごろりと、お寛ぎ頂けます。 迷ったらコレ!当館1番人気のスタンダードプラン! 心安らぐ日本庭園。 真心を込めてお作りする地産地消にこだわった料理。 【お食事】 〜夕食〜 地元山形の素材を中心にご用意いたします。 素材の味を活かし、かつ引き立てるよう、 1品、1品丁寧にお作りした料理をお楽しみください。 予めご了承下さいませ。 〜朝食〜 バランスのとれた和朝食をご用意いたします。 広さもあるため、ゆったり入浴することができます。 【おススメ観光スポット】 ・ポケストップ(当館目の前) ポケモントレーナーの皆様へ。 当館目の前のお稲荷さまはポケストップとなっております。 ・熊野大社 当館から徒歩10分 再建1200年以上の歴史を誇る熊野大社。 境内には30柱の神様をお祀りしています。 ・ワイナリー 全国2位のぶどうの出荷量を誇る山形県。 なかでも当館のある南陽市は、その中心地です。 四季折々の自然の変化を楽しみながら、足を伸ばしてごろりと、お寛ぎ頂けます。 予めご了承下さいませ。 ご利用希望の場合は、予め直接ご連絡ください。 < お部屋でのんびり過ごしたい方は… > 居酒屋メニュー(お酒も含む)をお部屋まで出前も可能です! 「糸蔵」では、地元山形の素材の味を生かしたお料理をご用意いたします。 ・時間:7:00〜9:00 ・場所:お食事処 【お風呂】 やわらかな木の香りが漂う檜風呂。 広さもあるため、ゆったり入浴することができます。 【おススメ観光スポット】 ・ポケストップ(当館目の前) ポケモントレーナーの皆様へ。 当館目の前のお稲荷さまはポケストップとなっております。 ・熊野大社 当館から徒歩10分 再建1200年以上の歴史を誇る熊野大社。 境内には30柱の神様をお祀りしています。 店主や地元の方とのコミュニケーションもお愉しみいただけるのも魅力です。 予めご了承下さいませ。 ご利用希望の場合は、予め直接ご連絡ください。 < お部屋でのんびり過ごしたい方は… > 居酒屋メニュー(お酒も含む)をお部屋まで出前も可能です! 【朝食】 バランスのとれた和朝食をご用意いたします。 ・時間:7:00〜9:00 ・場所:お食事処 【お風呂】 やわらかな木の香りが漂う檜風呂。 広さもあるため、ゆったり入浴することができます。 【おススメ観光スポット】 ・ポケストップ(当館目の前) ポケモントレーナーの皆様へ。 当館目の前のお稲荷さまはポケストップとなっております。 ・熊野大社 当館から徒歩10分 再建1200年以上の歴史を誇る熊野大社。 境内には30柱の神様をお祀りしています。 ・ワイナリー 全国2位のぶどうの出荷量を誇る山形県。

次の

ホテルと旅館の違いが深い!こんなメリットデメリットもあった

いとや旅館

ホテルと旅館の違いとは? 「今回は旅館とホテルどちらを予約しようか」と旅をするときに毎回迷う。 あなたはどうやって宿泊先を決めているだろうか。 例えば、ご飯や温泉目的なら旅館、観光優先なら宿代をリーズナブルなホテルにする…なんて人もいるのでは? そもそも和式で彩られた旅館、洋式一色で装飾されているホテル、2つの違いはこの外観だけ?具体的にはどう違うのだろう? 実は宿泊施設を建設するには 『旅館業法』というものがあり、構造設備の基準がきちんと定められている(昭和23年施行)。 ホテルと旅館の他に民宿やペンションにも基準が設けられているが、今回はこの2つにスポットをあててみた。 旅館の基準 和の代表「旅館」を建設するには以下を含めた色々な基準がある。 ・客室数はおもに和室で5部屋以上 ・客室の広さは7平方メートル以上。 2名以上で基本は食事付き(最近は1人で宿泊や素泊まりOKな旅館も増えている) ・寝具は布団、またはベッドを置く ・適当数のトイレと入浴設備も備えるetc… またネットやパンフレットに、客室をタタミ何畳分と定員数で表示することが多い。 ホテルの基準 続いてホテル営業の構造設備の基準はこうなっている。 ・客室数はおもに洋室で10部屋以上 ・客室の広さは9平方メートル以上 ・洋式浴室又はシヤワー室を有する ・出入口、窓は鍵をかけられること ・客室は壁で仕切られているetc… 客室は(ダブル 32平米 定員数)で表示することが多い。 またホテルにはシティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテル、100部屋を超える大型のホテルなど種類も様々ある。 スポンサードリンク サービスの違いは何だろう? では、各サービスを見てみよう。 「お客様に満足と感動を提供する」基本姿勢は共通しているが、ホテルと旅館のサービスにはそれぞれ特長がある。 旅館は日本の文化「もてなしの心」が息づいている。 仲居さんが荷物を部屋まで運んでくれて、頼めば分からないことや必要なこと一切のお世話をしてくれる。 食事はプランにより部屋で食べることもできるので、他人に気を遣わずゆっくり食事をとりたい人にはおススメしたい。 ほとんどの旅館には温泉があり、また館内は浴衣で出歩ける。 細かな気配りや心配りで出迎えから帰るまで、客に寄り添ったサービスを提供し、私たちを満足させてくれる。 一方ホテルは「おもてなし」もさることながら、客のプライバシーを守ることが大前提だ。 部屋は防音対策がされており、ドアの鍵もセキュリティの高いものを使用している。 荷物はホテルのスタッフが運んでくれる。 食事はレストランを使用できるが、ルームサービスもある。 客と節度ある距離を保ち、安心と快適さを第一に考えてくれている。 ホテルと旅館のメリットデメリット 最後に各施設のメリットとデメリットを考えてみた。 旅館は通常 1泊2食付が基本になっているので(1泊朝食付も増えてきた)深夜到着や早朝出発などの時間の融通が利かないことが多い。 一方ホテルは 一泊朝食付が主流。 (こちらももちろんプランによって2食つけることも素泊まりも可能)夕食は自分で手配しないといけないが、朝食はバイキング型式をとることが多く開始時間も早朝からなので、到着時刻や出発時刻も融通が利く。 また、おもてなしを大事にする旅館には、忙しい日常を忘れて至れり尽くせりを味わいたい人に向いている。 逆にあまり干渉されず一人でゆっくり過ごしたい人には、客のプライバシーを第一に考えるホテルが向いているように思う。 両施設をわざわざメリットとデメリットで比較することもないが、この記事を読んでいただきあなたの旅行がより快適になれば嬉しい。

次の