イソプロピル アルコール。 100%イソプロピルアルコール 500ml

2

イソプロピル アルコール

イソプロピルアルコールとは?アルコール?の特徴と注意点を解説! みなさんはイソプロピルアルコールをご存知でしょうか?このイソプロピルアルコールというのは低級アルコールの一種で、別名イソプロパノールや2-プロパノールとも呼ばれている液体です。 イソプロピルアルコールはエタノールととても良く似た成分のアルコールであり、殺菌力が大変強く防腐剤としても使われています。 また殺菌力が優れているのに価格も安く、医療機関でも手指や皮膚の消毒・医療機器の消毒用のアルコールとして利用されています。 使用方法は、原液・もしくは水で1. 4倍程度に薄めた液を消毒綿などで消毒部位に塗布していきます。 ただし傷のある皮膚や粘膜の部分には使えません。 イソプロピルアルコールはウィルスなどの微生物のたんぱく質を変性凝固させることによって殺菌作用が働くという性質があります。 ですので消毒目的として使用する場合に、たんぱく質が含まれる血液や体液などが付着している場合には、十分に洗い流してから使用するようにしましょう。 アルコールについて! イソプロピルアルコールはアルコールの一種ですが、そもそもアルコールとは一体何なのでしょうか?お酒などでも馴染みの深い言葉ですが、ここでアルコールについて詳しくご説明いたします。 アルコールとは アルコールという言葉は普段よく耳にしますが、「アルコール=お酒」の意味で使われることも多いと思います。 ですが実際に、飲むことの出来るアルコールの種類というのは1種類のみということはご存知でしょうか? アルコールというのは鎖式・脂環式炭化水素の水素原子をヒドロキシル基で置き換えた化合物の総称のことを指しています。 そして代表的なものとしては、メタノール(メチルアルコール)・エタノール(エチルアルコール)というアルコールの種類で、いつも私たちが「アルコール」と読んでいる飲酒できるアルコールというのは、このエタノール(エチルアルコール)の事を言うのです。 また、アルコールには分子中にヒドロキシル基が2個ある二価アルコール(エチレングリコール)や3個ある三価アルコール(グリセリン)という種類もあります。 アルコールは無色透明の液体であり、揮発し燃えやすく、有機物をよく溶かすという性質があり、現在では様々な用途で用いられています。 またアルコールの語源は、アラビア語でal-koh'l(粉状物質)に由来します。 当時は現在のアルコールとは異なる意味であったが、その後お酒から可燃物質を蒸留することを「アルコール化」と呼ぶようになり、ここから得られた留出物がアルコールと呼ばれるようになったそうです。 アルコールの利用方法 アルコールの利用方法のご紹介いたします。 まずはやはりアルコールといえばお酒の成分として一番有名な利用法ですよね。 このお酒の成分のアルコールに使われているのは、エタノール(エチルアルコール)という種類のアルコールになります。 デンプン質や果実を酵母や細菌の作用によりアルコール発酵をおこし、これを蒸留してアルコールを作るといった方法もあります。 またアルコールは、医療機関でも医薬の製造に用いられたり、手や指・医療機器などのさまざまな消毒液としても用いられています。 またアルコールランプなどのように燃料としてや、溶剤としても利用されるため、アルコールは私たちの生活に様々な形で用いられている成分なのです。 主なアルコールの種類とは? イソプロピルアルコールとは低級アルコールという種類のアルコールに含まれますが、それではアルコールには他にどのような種類があるのでしょうか?さっそくご紹介いたします。 メタノール(メチルアルコール) まずはメタノール(メチルアルコール)についてご紹介いたします。 メタノールは化学式は「CH3OH」で、別名メチルアルコール、カルビノール、メチールとも呼ばれるアルコールです。 メタノールはホルマリンやフェノール樹脂の原料や、アルコールランプの燃料としても利用されています。 また刺激臭のある無色透明の揮発性の液体であり、水に溶ける性質もあります。 またメタノールは有毒であり、少量の飲用でも失明や致死の危険性があるため、使用には十分注意が必要です。 必ずお子様の手の届かない所に保存するようにしましょう。 エタノール(エチルアルコール) 次にエタノール(エチルアルコール)についてご紹介いたします。 エタノールは化学式は「C2H6O」で、別名エチルアルコールとも呼ばれるアルコールです。 エタノールはアルコール飲料としてお酒の主成分となります。 その他にも殺菌・消毒剤や自動車の燃料、調味料や食品の防腐剤として様々な用途に利用されています。 低級アルコール 続いて低級アルコールについてご紹介いたします。 低級アルコールというのは、アルコールに含まれる炭素の数が5つまでのものを言います。 低級アルコールには様々な種類のアルコールがあり、イソプロピルアルコールもこの低級アルコールに含まれます。 そのほかの低級アルコールについていくつかの例をあげてご紹介いたします。 <エチレングリコール> 化学式は「C2H4 OH 2」で、別名はエタン-1、2-ジオールとも呼ばれる低級アルコールです。 水冷エンジンの不凍液や、ポリエステルやポリエチレンテレフタラートの原料として用いられており、体内に入ると肝障害を引き起こす恐れがありますので使用の際は注意が必要です。 <グリセリン> 化学式は「C3H5 OH 3」で、別名グリセロールとも呼ばれる低級アルコールです。 絵の具の原料や化粧品、浣腸液や利尿剤、目薬や不凍液などに利用されており、血液内に入り込むと肝不全を引き起こす恐れがあります。 高級アルコール 最後に高級アルコールについてご紹介いたします。 高級アルコールというのは、アルコールに含まれる炭素の数が6つ以上のものを言います。 <カプリルアルコール> 化学式は「C8H18O」で、別名はオクタノールとも呼ばれる高級アルコールです。 炭素の数が8つの脂肪族一価アルコールの総称で、n-オクタノール、イソオクチルアルコール、エチルヘキサノールなどがあります。 <セチルアルコール> 化学式は「C16H33OH」「CH3 CH2 15OH」で、セタノール、セチルアルコール、パルミチルアルコールとも呼ばれている高級アルコールです。 界面活性剤や増粘剤や潤滑油などに用いられています。 イソプロピルアルコールについて! それではイソプロピルアルコールとは一体なんなのでしょうか?さっそくイソプロピルアルコールについてご紹介していきましょう。 イソプロピルアルコールとは イソプロピルアルコールというのは、炭素の数が5つまでの低級アルコールの種類に属しているアルコールのことです。 化学式は「C3H8O」で、別名はイソプロパノール、2-プロパノール、プロパン-2-オールとも呼ばれています。 イソプロピルアルコールは頭文字をとって「IPA」とも呼ばれており、商品などにも「IPA」と表記されています。 特にイソプロピルアルコールは有機溶剤として使うアセトンなどの原料や、消毒液や燃料タンクの水抜き剤、塗装の剥離剤などにも利用されていて、私たちの生活の中でも身近にあるものなのです。 MSDS情報 続いてイソプロピルアルコールのMSDS情報をご紹介いたします。 MSDSとは<material safety data sheet>の略で化学物質等安全データシートという、化学物質の特性や取扱いに関する情報を記載したものを言います。 イソプロピルアルコールの分子量は60. 10で、引火点は11. また火災によって刺激性又は毒性のガスを発生する恐れがあるので、使用に関しては裸火禁止・火花禁止・禁煙・強力な酸化剤との接触禁止といったように、火気に対して十分注意する必要があります。 製造方法 それではイソプロピルアルコールの製造方法についてご紹介いたします。 イソプロピルアルコールは、プロピレンの水和反応(水分子付加反応)によって製造されています。 この水和反応には 直接水和法と間接水和法の2つの種類があり、日本では酸化タングステンや酸化チタンなどの金属酸化物を触媒として用いる直接水和法が使われることが多いそうです。 また世界的には、硫酸化後に加水分解を行う間接水和法を取る方法が主に使われているとの事です。 イソプロピルアルコールの特徴とは? それではイソプロピルアルコールの特徴とは一体何なのでしょうか?さっそくイソプロピルアルコールの特徴についてご紹介していきましょう。 無色透明で芳香を帯びた液体 イソプロピルアルコールは無色透明で芳香を帯びた液体です。 アルコール臭があり水とも混和する液体で、引火性も高いのが特徴です。 イソプロピルアルコールは眼に対して強い刺激があり、生殖能力や胎児へ悪影響を及ぼす 恐れがあります。 飲み込んだり吸入しただけでも特定臓器中枢神経系や腎臓へ障害が出たり、気道への刺激を与える可能性もあるため取り扱いには十分注意が必要です。 脱脂性が強い また、イソプロピルアルコールは脱脂性が強く刺激感があるため手が荒れやすいという特徴があります。 ただこの脱脂性という性質を活かして、塗装の現場ではイソプロピルアルコールが脱脂剤としても使われています。 またレンズクリーナーなどの一部にもこのイソプロピルアルコールを用いられている場合があるそうですが、これもイソプロピルアルコールの脱脂性が強いという特徴を活かした利用法と言えそうです。 比重は水より重い イソプロピルアルコールの比重は水よりも重く、さらに粘性が低くて難分解性であることが多いという事です。 ですので。 もしイソプロピルアルコールを大量に地下に浸透してしまった場合には、土壌汚染や地下水汚染を起こすことがありますので、廃棄方法にも環境へ配慮が求められています。 常温常圧で容易に揮発する イソプロピルアルコールは常温常圧で容易に揮発するといった性質があります。 また引火性も高いため保存方法などにも注意が必要です。 火の気のあるところには近づけないようにしたり、薬が残った場合には保管しないで廃棄するなど、取り扱いにお気をつけ頂ければと思います。 イソプロピルアルコールの用途! イソプロピルアルコールは私たちの生活の中でも様々な用途で使用されています。 では一体どんなところにイソプロピルアルコールは使われているのでしょうか? それではさっそくイソプロピルアルコールの用途についてご紹介いたします。 有機溶剤の原料 イソプロピルアルコールは有機溶剤の原料として使われています。 工業原料としてのイソプロピルアルコールは、アセトン合成の中間原料として用いられる重要な物質でグリセリンの合成原料としても用いられています。 そして物質を溶かす性質を持つ有機溶剤としては、キシレンなどにくらべると環境への影響も少なく、印刷用や文具用インクの基材としても利用されています。 またプラスチック・アクリル樹脂やゴムなどにも用いられる場合もあります。 また身近な使用方法としてはイソプロピルアルコールの有機溶剤という特性を活かして、金属やガラスやプラスチックなどについたマジックを消したり、シールやシールを剥がしたあとの残ったノリをキレイにしたりという使い方もあります。 また塗装や両面テープを貼る際に、塗装面や接着面に脂分が残っているとしっかり接着できない為、イソプロピルアルコールで拭くことで脂分を除去するという効果もあります。 イソプロピルアルコールは有機溶剤の性質があるため、ゴムやプラスチックに使用すると素材を痛めてしまう可能性があるので、使用の際は目立たない場所で試してから使うなどの注意が必要となります。 消毒薬 イソプロピルアルコールは消毒薬として、医療機関などでエタノールと並び多く利用されています。 イソプロピルアルコールはエタノールよりも殺菌できる菌種は少ないのですが、安価で購入できるため普及率が高くなっているようです。 しかしイソプロピルアルコールはエタノールに比べると、毒性と刺激性が少し強めのため手指や医療器具の消毒が主な使用方法となっているとの事です。 イソプロピルアルコールは酒税がかからなく安価の為、エタノールにイソプロピルアルコールを混ぜて価格を抑えている製品もあるそうです。 またイソプロピルアルコールは、湿式のDVDレンズクリーナーのクリーニング液やコピー機のガラスやレンズの洗浄液としても使用されていて、表面を清潔でキレイな状態に保つのに適しているのです。 この性質を活かして清掃目的としても幅広く使われています。 イソプロピルアルコールは、メチルアルコールに比べると蒸発も少なく環境や身体により安全であることや、エタノールほどの規制がない為手軽に購入でき、ブチルアルコールに比べて匂いが少ない点が、幅広く使われている理由と言えそうです。 燃料用水抜き剤 イソプロピルアルコールは、自動車用の燃料用水抜き剤としても利用されています。 自動車の燃料タンク野中に入った水分を排出するための水抜き剤として、イソプロピルアルコールが主成分として用いられています。 イソプロピルアルコールは水と油分の両方に親和性があるため、混入してきた水分を燃料中に乳化させて燃焼室に送り、燃焼や蒸発させることで水分を排出することができます。 これは、親水性と親油性でさらに水分を含んでいなければ良いので、無水エタノールでも同様の効果があるそうです。 イソプロピルアルコールをはじめとするアルコールは、濃度が高い場合にはゴムやアクリル樹脂を劣化させる性質を持っているため、水抜き剤に使用するには燃料に対する添加濃度が指定されています。 塗装の剥離剤 最後にイソプロピルアルコールは塗装の剥離剤としても利用されています。 模型製作などを行なう際に塗装を綺麗に剥がすのに使われています。 イソプロピルアルコールは、清掃などにも用いられるため取れにくい汚れや塗装の剥離にも効果的です。 使用上の注意点! それではイソプロピルアルコールを使用する際にはどのような注意点があるのでしょうか?イソプロピルアルコールを安全にお使いいただく為にぜひお守りいただきたいと思います。 それではさっそくイソプロピルアルコールの使用上における注意点についてご紹介いたします。 安全対策 それではイソプロピルアルコールの安全対策についてご説明いたします。 イソプロピルアルコールは必ず指示された使用方法に従って使用し、傷のある皮膚や粘膜の部分には使わなないようにしましょう。 また、医療器具などに使用する場合などで血液や体液などのたんぱく質が付着している場合には、まず血液などをしっかりと洗い落としてから使用するようにしましょう。 イソプロピルアルコールは外用にのみ使用し、誤って飲んだり吸い込んだり眼に入らないように十分注意しましょう。 イソプロピルアルコールを広範囲に使用する場合や、または長期間使用するといった場合には、蒸気を吸入しないよう換気などをして十分注意して行なうようにしましょう。 使用中に気分が悪くなったりと言った異常を感じた時には、すぐに使用を中断して医師の診断を受けることをおすすめいたします。 イソプロピルアルコールの蒸気は、エタノールよりもやや毒性が強いため、もし多量に吸入してしまった場合に、気道の刺激症状や頭痛や悪心を起こしてしまう危険性があります。 またまれに湿疹様皮膚炎を起こすこともあるため、使用の際には十分注意して行なうようにしましょう。 救急処置 イソプロピルアルコールを使用するにあたっての救急処置についてご紹介いたします。 イソプロピルアルコールの使用については十分にご注意いただきたいのですが、もしトラブルが起こった時には早急な救急処置が求められますので覚えておくと良いでしょう。 もしイソプロピルアルコールを吸入した場合してしまった場合には、該当者をすぐに新鮮な空気の吸える場所に移動させて、呼吸しやすい体勢で休憩させましょう。 そして気分が悪いなどの症状があるようでしたら、すぐに医師の診断を受けるようにしましょう。 次にイソプロピルアルコールが皮膚に付着した場合には、付着した衣類を脱ぎ、すぐに多量の水と石鹸で洗い流しましょう。 もし皮膚に刺激を感じた場合や気分が悪い時には医師の診断を受けるようにしましょう。 次にイソプロピルアルコールが目に入った場合には、コンタクトレンズを着用している場合にはコンタクトを外し、速やかに数分間ほど水で洗い流し続けましょう。 もし眼の刺激感が持続している場合や気分が優れないときには医師の診断を受けるようにしましょう。 最後にイソプロピルアルコールを飲み込んだ場合には、口をすすぎ吐かせないようにして、すぐに医師の診断を受けましょう。 保管方法 イソプロピルアルコールの保管方法についてご紹介いたします。 まずは必ず、乳幼児や小児の手の届かないところで、直射日光や火気・高温や湿気を避けて保管するようにしましょう。 また薬が残った場合には保管しないで廃棄するようにしましょう。 保管する場所は、冷所であり換気の良い場所で貯蔵して、酸化剤から離して置くようにしましょう。 廃棄方法 イソプロピルアルコールの廃棄方法についてご紹介いたします。 環境への影響を考えイソプロピルアルコールやこれを含む製品を排水溝・河川・水路・下水溝などに流さないようにしましょう。 イソプロピルアルコールが少量の場合には、乾燥土・砂や不燃材料で吸収させるか、密閉できる空容器に回収し廃棄処理をします。 少量の場合には吸収したものを集めるときに、清潔な帯電防止工具を用いて処理をします。 イソプロピルアルコールを大量に廃棄処理する場合には、盛土で囲って河川などへの流出を防止し、安全な場所に導いて回収するようにしましょう。 イソプロピルアルコールの入手方法! それでは最後にイソプロピルアルコールの入手方法についてご紹介いたします。 ホームセンター イソプロピルアルコールはホームセンターで購入可能です。 パッケージに「IPA」と書かれているので、ぜひお探しいただければと思います。 車の燃料用水抜き剤や塗装の剥離剤といった用途があるので、自動車や塗装関係のコーナーに置いてある場合もあります。 店内スタッフにご確認いただければと思います。 ガソリンスタンド またイソプロピルアルコールはガソリンスタンドでも購入可能です。 この場合は、車の燃料用水抜き剤と言っていただければすぐに分かると思います。 イソプロピルアルコールはイソプロパノールとも呼ばれることもありますが、同じ成分ですのでご安心ください。 薬局 次にイソプロピルアルコールは薬局でも購入可能です。 ただ薬局に置かれているものは、消毒用として他のものが混ざっていたりして成分の割合が低い場合もありますので、ご確認いただければと思います。 通信販売 最後にイソプロピルアルコールは通信販売で購入する事も可能ですので、ぜひチェックしてみていただければと思います。 イソプロピルアルコールを安全に使用しましょう! 最後までお読みいただきましてありがとうございました。 イソプロピルアルコールについてご紹介してまいりました。 イソプロピルアルコールは様々な用途で使われているアルコールの一種ですが、使用の際の注意点などもたくさんあります。 ぜひ正しい方法で、安全にイソプロピルアルコールをお使いいただければと思います。

次の

イソプロピルアルコールの消毒・殺菌効果を解説!濃度や危険性も説明!

イソプロピル アルコール

CC O C 特性 C 3H 8O 60. 5 n D 1. 2-プロパノール(2-propanol)は、第二級の一種である。 の2種類ののうちの一つである。 に定める第4類危険物 アルコール類に該当する。 別名、 イソプロパノール、 イソプロピルアルコール、 IPA。 溶媒、殺菌に使われ、エタノールより安価。 化合物名 [ ] により名付けられる化合物名には、化合物の構造から系統的に決まる組織名(系統名)と、いくつかの基本的な化合物や構造に使用が認められた慣用名(許容慣用名とそれ以外)とがある。 この化合物の場合は 2-プロパノール(2-propanol)、 プロパン-2-オール(propan-2-ol)が組織名で、 イソプロピルアルコール(isopropyl alcohol、基官能命名法)は慣用名から誘導した化合物名である。 IUPAC命名法では双方とも利用は認めているが、組織名(2-プロパノール)を使用することを推奨している。 ただ、IUPAC命名法にはよらないが、「 s-プロピルアルコール」、「 sec-プロピルアルコール」(secondary propyl alcohol)、あるいはまたでも規程されている イソプロパノール(isopropanol という名称が用いられることもある。 特性 [ ] 無色透明で芳香を帯びた液体で、可燃性であり、引火点 11. による性を持つことから水、アルコールなどの極性溶媒に溶ける。 同時に、相対的に大きな疎水性基(イソプロピル基)を持つためになどの非極性溶媒にも溶ける両親媒性を示す。 またCH 3CH OH -を構造中に持つためを示す。 すると、するととなる。 、あるいはなどの光化学的還元反応において、還元剤兼溶媒としてはたらく。 は光の作用で空気中の酸素と反応して、微量ながらとしてを生じる。 環状イミドオキシム触媒などを用いて、積極的に酸化させて過酸化水素を製造する手法が研究されている。 用途 [ ] 工業原料・有機溶剤 [ ] 合成の中間原料やの合成原料としても用いられる。 などの有機溶剤にくらべ環境負荷が小さく、印刷用・文具用インクの基材として利用されている。 ()やを侵す場合もある。 消毒・清掃用品 [ ] 医療機関等で消毒用として、と並び広く利用されている。 エタノールと比べて殺菌できる菌種は少ないが、がかからないため安価である。 エタノールに比べて、脱脂作用が強く、やや毒性と刺激性が強いため、手指や器具のが目安である。 (創傷面や損傷皮膚への使用や、内服は禁忌である) に2-プロパノールや添加物を混ぜている製品があるが、これは酒税を回避する措置である。 安価であること、油脂類をよく溶かすこと、速乾性であることなどから、機械部品の洗浄にも使用される。 燃料用水抜き剤 [ ] 等の燃料タンク内に入り込んだ水分を排出するための添加剤として、2-プロパノールを主成分としたものが利用されている。 2-プロパノールは水と油分の両方に親和性があることから、混入した水分を燃料中にさせて燃焼室に送り、燃焼あるいは蒸発させて水分を排出する。 この目的には親水性かつ親油性で水分を含んでいない物質であればよく、無水エタノールでも同様の効果がある。 自動車のガソリンや軽油の、の屋外設置型タンクで使用される。 用途や商品によってはやエンジン保護剤、(用)、黒煙防止剤(同)を混合している物もある。 清浄剤やオクタン(軽油用はセタン)価向上剤なども含むものは、燃料添加剤に分類される。 燃料タンク内の水分には、タンクの中のに含まれる水分がの低下とともにしてタンクの底に溜まるものがある。 特に重力による自然流下によって燃料を供給するタンクでは燃料タンクの蓋に小さな通気口が設けられていて、蒸散したガソリンが大気中に流れ出すと同時に外気も入り込んでくるため、水分の結露が発生しやすい。 こうした水分がタンクに溜まることはタンク内壁の錆を招く可能性があるとして、水抜き剤が製品化された。 とはいうものの、自動車は基本的にタンク底面からポンプでガソリンを汲み上げる構造であり、乗車中はタンクが撹拌されているため、底面に溜まった水分がガソリンと同時に燃焼されるので問題は起きにくい ただし、キャブレター式の二輪車は自然流下式の場合があり、問題になりやすい。 別の問題として、タンクの底に溜まる水のほうがガソリンより先に流下するため、キャブレターに水が溜まり、回転不良を起こす場合がある。 2-プロパノールをはじめとするアルコール類は、濃度が高い場合はや()を膨潤させて劣化させる性質を持つため、水抜き剤には燃料に対する添加濃度が指定されている。 近年では、の一種であるも用いられている。 これも水と油分の両方に親和性があり、燃料に混入した水分を微粒子化し、燃焼室で完全燃焼させて水分を排出させるもので、従来の2-プロパノールを主成分とする水抜き剤に比べ、ゴムや樹脂を劣化させにくい特徴がある。 (こちらも燃料に対する添加濃度は指定されているが)また、インジェクター、インテークバルブなどといった燃料系統の蓄積したカーボンなどの汚れを落とし、目詰まりを解消し、結果、燃費を改善させる効果もある他、防錆効果もある。 水和反応には 2種類あり、日本国内では酸化タングステンや酸化チタンなどの金属酸化物を触媒として用いる直接水和法が多用されている。 2000年の日本国内における生産量は15万tである。 もう一つは硫酸化後に加水分解を行う間接水和法であり、世界的には間接水和法が主力である。 間接水和法は、に最初の工業的な合成が始まったときから採用されている伝統的な製法でもある。 硫酸を媒介とする水和反応はの形式で進行する。 関連する法規 [ ]• 註・出典 [ ] []• C 1• C 2• C 3• C 4• C 5• C 6• C 7• C 8• C 9• C 10• C 11• C 12• C 13• C 14• C 15• C 16• C 17• C 18• C 19• C 20• C 21• C 22• C 23• C 24• C 25• C 26• C 27• C 28• C 29• C 30• 2-メチル: C 4•

次の

消毒用アルコール含有のイソプロパノールの毒性は?

イソプロピル アルコール

キャッシュレス還元についての詳細は下記をご参考ください。 【ご購入個数について】 この商品はお一人様4本までご購入とさせて頂きます。 ご迷惑をおかけしますがご協力お願い致します。 【お知らせ】 新型コロナウイルスの影響で、アルコール液の入手が困難な状況が続いています。 また、容器のデザインなど掲載画像と異なる場合がございます。 予めご了承ください。 【納期について】 弊社商品はすべて在庫を確保してから販売しております。 予約販売ではございませんので、安心してご購入頂けますが、新型コロナウイルスの影響で物流が混雑しており、お届けが2〜3日遅れる場合がございます。 ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが予めご了承ください。 ) 業務用ですがご家庭でも大活躍中! 安心・安全・無害のアルコール除菌剤です。 キッチンまわりの清掃に手すり、ドアノブの除菌に 拭くだけでウイルス・菌を除去します。 ウイルスの感染予防に! アルコール除菌はウイルスに効果があると言われています。 火気、その他の着火源に近づけないよう注意してください 発送伝票に記載する品名は特にご指定がない場合、 【雑貨】または 【衣類】で発送させて頂きます。 CD、化粧品、サンプル品などでも発送可能ですので、備考欄にてお気軽にお申し付け下さい。 商品名で送ることはございませんが、具体的な品名になってしまう場合もございますので予めご了承下さい。

次の