正常 脈拍 数。 徐脈になる原因を徹底解説!脈拍数が少なくなるとどんな症状が表れる?

運動強度と心拍数の目安(計算シートあり)

正常 脈拍 数

脈拍の正常値についてです。 脈拍の正常値は、一般成人で 1分間に60~100回を正常値の範囲としています。 もし脈拍が100回を超えると「頻脈」、脈拍が60回未満の場合は「除脈」と呼び不整脈と診断されます。 脈拍は、男性より女性の方が多い傾向があり、 男性では65~75回ほど 女性では70~80回が標準的な脈拍の正常値となっています。 スポンサーリンク また脈拍は日中常に変動していますが、夜にかけて徐々に脈拍回数は減少する傾向にあります。 もし夜の脈拍が正常値の60回を少し下回ったとしてもさほど気にする必要はないです。 脈拍の正常値を 一覧表にしてみましたのでご覧下さい。 脈拍 正常値 脈拍の回数 高齢者の脈拍 60~80 成人の脈拍 60~100 中学・高校生の脈拍 60~100 子供・小学生の脈拍 70~110 乳幼児の脈拍 100~140 乳幼児の脈拍は、100回以上が正常値とされていてますが、小学生になる頃には脈拍の数はかなり減少してきます。 そして中学生に入る頃には、一般成人の脈拍の正常値60~100回へ落ち着いていきます。 スポンサーリンク 脈拍を測るには、手首に指を2本当てて測るのをご存知だと思います。 しかし今の家庭用血圧計は、血圧の値だけでなく、脈拍も正常値かどうか測定してくれます。 血圧を測定する際には、脈拍も一緒に正常値かどうか確認する習慣を身に付けていきましょう。 血圧と脈拍をスピーディーに測定してくれる優れものを3,000円~20,000円で取り揃えてくれています。 血圧と脈拍の管理にはぜひオムロン血圧計をご用意下さい。 スポンサーリンク その他の記事• 血圧の正常値を一覧表に致しました。 血圧の正常値は上の血圧が129mmHg、下の血圧で84mmHgまでです。 上下の血圧どちらかでも超えると血圧は正常値とは言えません。 次に血圧が正常値である割合を年代別に一覧表に致しました。 年齢別に血圧が正常値かどうか判断するための指針が必要になってきます。 今の所その指針となる数値は、下の表の「年齢別の血圧の平均値」しかありません。 妊婦さんについてです。

次の

心拍数と脈拍数は必ず同じなの?

正常 脈拍 数

運動強度の目安 運動強度は最大心拍数(220-年齢)を基準に%表示した数値の事で、100%が全力の運動という事になります。 一般的な目安を下表に示します。 ただ、これはあまり運動をしていない一般の方の目安となります。 運動強度(%) 自覚的な強度 主な効果 50~60 リラックスした運動強度。 運動しながら息を切らさずに会話を続ける事が出来る 基礎体力つくり、健康増進 60~70 快適な運動強度。 会話するのがややキツイ 有酸素能力の向上 70~80 ややキツイ強度。 会話を続けるのは困難。 有酸素能力の向上(ATトレーニングレベル) 80~90 非常にキツイ強度。 会話が出来ない 無酸素性能力の向上 90~100 ほぼ全力。 日頃の運動により無酸素性作業閾値(AT値)が向上しているためです。 その場合は優位な有酸素能力の向上は難しいので少し強度を上げる方が心肺機能という点で考えると良いトレーニングとなります。 というか強度が高い方が心肺機能、有酸素能力は向上します。 無酸素性作業閾値(AT)とATトレーニング 無酸素性作業閾値(AT)とは有酸素運動と無酸素運動の境目の運動強度の事を言います。 通常、筋肉を動かすには酸素が必要です。 運動強度を上げていくと酸素の供給が追い付かなくなり無酸素運動に変わっていきます。 この無酸素性運動になり始める強度をATと呼び、ATトレーニングはこの境目の閾値を上げるためのトレーニングとなります。 マラソンなど持久力のトレーニングは、つまるところAT値の底上げです。 具体的な 方法はAT付近の心拍数で運動を続ける事です。 じゃあ、今の自分のATはどの位なんだという事ですが、AT値を正確に測るには呼気ガスや血中の乳酸濃度など測定する必要があるため、自覚強度から推測する事になります。 私の感覚では『ちょっとキツイけど2時間は続けられる運動強度』で、その時の心拍数をATとしています。 一般的なAT値 運動習慣等によってこの%は異なるためあくまで目安という事になりますが、私が良く参考にする運動学の書籍によると 一般的には75%程度がATの心拍数に相当するという事です。 ネットでも色々値が出回っていますが、普通の人はおおよそ60~80%の間になります。 よく分からない方は計算シートに75の数値を入れた値をAT値の心拍数の目安としてください gkrsnama様 コメントありがとうございます。 なのに実測は180まで上がる。 どっちを最大と考えれば良いの?という事だと捉えました。 実は、本気を出せばほとんどの方は一時的にこの計算上の最大心拍数を超えます(私も全力ランなら超えます)。 ただ、出るからといって実測値を最大とした場合には目安とする対象(データ)がなくなってしまい、あまり意味のない数値となってしまいます。 これは書籍にも載っているような、多くのデータに基づいた統計上の目安です。 例えば、もし60歳で心拍数140(運動強度80%台)なら運動を全然続けれる。 というのであれば、一般的な年齢基準からみると有酸素能力が相当高いという事が言えます。 本記事のATトレーニングの箇所で記載したように、日頃の運動経験等によって有酸素と無酸素の閾値(AT)が変わってくるため、この辺は個人差が大きいとは思います。 60歳でも生活習慣や運動習慣により実年齢よりも身体が若い方は大勢いると思います。 gkrsnama様もおそらくその一人なのでしょう。 というか心拍170を普段から使っているというのはフィジカルモンスターな気もします。 くれぐれも無理はなさらないようにお願いします。 追伸 私は最近なまけていてタイムを追っていないため、170超えると持ちません。 ゆったりと、細く長くランニングを続けていきます。 戸田様 コメントありがとうございます。 返信遅れましたが回答します。 まず、速く走る(最大酸素摂取量を上げる)という観点でいうと、インターバル走などの高強度のトレーニングが最も効率が良いです。 短時間で効果は高いです。 トレーニングジャーナルや書籍でも高強度運動の持久力アップ効果は有酸素運動より高い事が示されています。 無酸素運動の領域で『ゼーゼー』するくらいの運動強度です。 ただ、辛いのであまりおススメしません。 リスクもあるし回復にも時間が掛かるため、取り入れても週1~2回だと思います。 もし、有酸素と無酸素の境目の強度(AT値)でトレーニングする場合は60分くらい欲しいところです。 私の手元にある書籍のグラフでは、AT値付近の運動強度では30分までは優位に効果が上がり、さらに30~60分程度までは効果が上がります。 その後、横ばいになり、90分まで続けても60分とそんなに差はありません。 週2~3の頻度が適切かどうかは目的によると思われます。 単純にスピードを上げたいのであれば短時間で高強度のランを週2~3(回復期間が必要なため)が良いと思います。 ただ、そこまでリスクを負って追い込まず、無理ない範囲で記録を伸ばしていきたいとするならAT値付近で週2~3で全く問題ないと思います。 明確にどの程度が良いとは分かりませんが、AT値で60分は結構負荷が高いです。 最初はそのくらいで十分だと考えます。 慣れてきて余力が十分とれるようになったら最後の1~2kmだけペースアップ(AT値超え)するなど程よい感じに負荷量を調整すると良いかと。 最大酸素摂取量はトレーニングによる伸びしろが20%程度で上限に達し、思ったより伸びないものと言われています。 そのため、伸び悩んできた時はラン速度を上げたり筋トレなどで筋量を増やす事で、同じ速度でも心肺にかかる負担を減らすという考えにシフトする必要が出てきます。 でも、まずは無理なく続ける事が肝要です。

次の

脈拍数が少ないと

正常 脈拍 数

Q 脈拍(遅い)について教えて下さい こんにちは。 某雑貨メーカー勤務、女・28歳です。 早速ですが、脈拍について教えて下さい。 元々、頭痛持ちで立ちくらみもよくあるのですが、 最近、やたら息が苦しく(胸(肺?)が苦しい感じ)、 動悸もするし、立ちくらみもしょっちゅう。 さすがにおかしいな、と血圧を測ってみると 上が117、下が74、脈拍が47でした。 (普段はもう少し低血圧です。 数回測りましたがほぼ変わらずです) 脈拍の正常値を知らなかったのですが、家族に 「遅すぎる。 60を切ったらマズイ」と言われ ネットで調べると成人女性の平均値は70~80との事。 仕事柄(商品の企画・開発)、残業も多く、平日の睡眠時間は 平均4時間半~5時間程度。 疲れやストレスから一時的に脈が遅くなる等あるのでしょうか? 病院に行こうにも忙しく、行く時間が取れません・・・ 近日には何とか時間をとって行こうと思いますが、不安なので、 先にこちらで質問させていただきました。 よろしくお願いします。 Q 半月ほど前の夜に突然天井が回るほどのめまいがし、翌日の朝もふらふらするめまいが続いたため、内科で検査をしましたが異常はありませんでした。 検査内容は(心電図、血液検査、レントゲン、MRI。 診察し薬を処方してもらいました。 その際、めまいが続くようであれば耳鼻咽喉科べ見てもらった方がいいでしょうといわれました。 10日ほど経過したころ、またまっすぐ歩けないほどのめまいが。 耳鼻咽喉科に行き診察をしましたが左右の耳の聞こえ方に差があるのが原因でしょうと言われ薬を処方。 そしてその10日後もう一度耳鼻科を受診、前回と同じ結果。 先生から循環器内科へ行ってみてはと行ってみてはと言われました。 行った方がいいのでしょうか。 長くなりましたがよいご意見がありましたらお願いいたします。 Q 最近、病院で痴呆症(おそらくアルツハイマー型)の疑い有りと診断された 1人暮らしの叔母の事が心配で、ほとんど毎日のように家庭訪問しております。 ここ半年位で認知症が進んだせいか、降圧剤やその他の薬の区別がつかなくなったり、 飲み忘れがひどくなり最低でも1ヶ月以上、降圧剤を飲むのを忘れてた期間があった事が 判明しました。 私が測定すると最高血圧が180~210で最低血圧が80~100と上の値が極端に高いのです。 横になってしばらく安静にしてると、徐々に上の血圧が160近くまで下がる場合もあります。 かりつけの病院に同行して、いつもの降圧剤を処方してもらい、飲み始めたところ 現在は140以下に安定してるようですが、話してる時は160まで上がりますね。 高血圧とはこんなものでしょうか? 不思議なのは血圧が200もあってもめまいも何もしないというのです。 それと血圧が高い時でもいつも脈拍が49~59とマラソン選手並に低い のが気になります。 心臓の機能が低下してるのでしょうか? 念のため、痴呆症の診断の時に心電図検査をしてもらいましたが、何の連絡もありません。 薬の飲み忘れによる高血圧も心配なので、地域包括支援センターで相談して 訪問介護でヘルパーさんに管理してもらう手続きをする段階にきてますので、 それまでが心配なのです。 最近、病院で痴呆症(おそらくアルツハイマー型)の疑い有りと診断された 1人暮らしの叔母の事が心配で、ほとんど毎日のように家庭訪問しております。 ここ半年位で認知症が進んだせいか、降圧剤やその他の薬の区別がつかなくなったり、 飲み忘れがひどくなり最低でも1ヶ月以上、降圧剤を飲むのを忘れてた期間があった事が 判明しました。 私が測定すると最高血圧が180~210で最低血圧が80~100と上の値が極端に高いのです。 横になってしばらく安静にしてると、徐々に上の血圧が160近くまで下がる場合... Q 先日、医者に「洞性徐脈の可能性がありますね」と言われました。 24時間心電図をとる「ポータル心電図」というものをした結果、そういう回答が先生からきました。 通常の人より、脈が打つ回数が少し少ないようです。 通常の生活には支障はない程度なのですが、これになった原因というのが知りたいのです。 インターネットで調べても 「加齢または、激しいスポーツをする人に多く見られる」というものはあるのですが、それに、私は、当てはまりません。 年齢は、30代になったばかりです。 お医者さんに聞いても、心臓の電池切れみたいなものですからと説明されたのですが、それがどうして、私の体に起きたのか原因が知りたいのです。 例えば、食生活とか・・・確固たるお話しは、ないかと思いますが、こういう説があるという様なお話でもかまいません。 対処できるものなら、して行きたいとおもうのですが・・・いかがでじょうか。 教えてください。 A ベストアンサー 心臓の脈を刻む時計仕掛けに当たる場所を洞結節と言います。 そこで発生するリズムが心臓全体に伝わって行き収縮をはじめます。 安静時には50~80程度のリズムとなるのが普通ですが、それ以下の状態を洞性徐脈と呼びます。 病名と言うよりも徐脈を区分する心電図上の所見といった扱いで、30程度など病的な状態と考えられれば洞不全(症候群)と呼ばれる病名で扱います。 若年者では迷走神経の緊張(ブレーキが効いた状態)による機能的なものが多く、症状がなければ経過観察となるものです。 一応、運動時に充分脈が増加することを確認するためにトレッドミルや自転車エルゴメーターによる運動負荷試験を受けるといいでしょう。 gik. ncvc. html st2 Q 脈拍が低いと何か影響はありますか。 最近、血圧を測ると脈拍が低く、40台前半くらいしかありません。 50以上は滅多にいかなくなりました。 去年までは健康診断でも55位で毎年安定していました。 仕事中でも負荷がかかると息苦しくなるのが、長時間続きます。 また、前かがみになるような作業をすると、息苦しさが倍増します。 仕事は2時間おきに休憩がありますが、その2時間続くこともあり、一日中になることもあります。 この時に必ず左上半身が鈍くなり動作がかなりつらいですが、右側は違和感なく普通に動きます。 プライベートでも突然の息苦しさと、胸の内側から重苦しさを感じることがあります。 気分が悪い時などは、脈拍が上がっているほうが多いですが、それでも60以下です。 40台に近づくにつれて、気分は回復することもあります。 この前、夜間救急センターで風邪の診察を受けた時に不整脈があるとの指摘を受けました。 一度、病院で診てもらったほうがいいでしょうか。 Q おつもお世話になっています。 私の母は少し血圧が高めで、たまに血圧が180/100とか160/100など、ときには最高血圧が200くらいになることがあります。 以前も仕事中に急に血圧が上がって、迎えに行くことになりました。 今は、職場が変わり、ヘルパーとして夜勤のある施設に勤めています。 私も遠く離れた学校の近くで一人暮らしを始め、母が急変した時に助けてあげることができない状況となりました。 先日、母が夜勤の時にまた血圧が上昇して、頭がガンガンするといって、私に電話をかけてきました。 私が看護学生なので、なにか救急の対処法が聞けると思って電話してきたらしいのですが、私には何もすることができず、その夜は心配でよく眠れませんでした。 母には早く病院に行って、高血圧の薬をもらうように言っているのですが、まだ行っていないようです。 薬を飲めば済む問題だとは思いますが、 急激な血圧の上昇時の対処法をご存知の方、アドバイスをよろしくお願いします。 A ベストアンサー 一時的に血圧を下げる方法はあるにはあります。 geocities. tubodojo. htm URLでは手心が高血圧のツボとありますが、経験的に合谷 ごうこく を マッサージするほうが血圧が下がりました。 私の母も高血圧 上が180くらい ですが、ためしに両手を30秒ずつ自分で強めにマッサージして計ってみると、30くらい下がっていてびっくりしていました。 これなら寝たままで自分でできますが、個人差があると思いますしあくまで一時的なものですから、やはり医師の診断を仰いで投薬を受けるべきでしょう。 Q 一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。 初めてなったのが3年前くらいです。 ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。 その時、会話は継続してできていました。 友達の声も聞こえています。 なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。 時間は0. 3秒くらいです。 頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。 エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。 周囲は暗くなっていません、見えています。 お風呂でのぼせる現象に近いですが、時間があまりにも短いし、下に落ちていく感覚がありますので、あきらかに「のぼせ」とは違います。 金縛りの経験は数年前に2回ありますが、あきらかに違います。 身体は倒れこんだり、座り込んだりしません。 体勢はしっかりとしています。 3ヶ月に一度くらい間隔で起きます。 現在まで、20回程度です。 おそらく自分では脳に関係している病状だと思います。 自分が一番気になるのは「エレベーターを一階分0. 3秒の一瞬で落ちるような感覚」です。 いずれ医者に行こうかと思っていますが、その前にこの症状に似ている病名、考えられる病名を知りたいと思っています。 また、同じような経験者様の声や、家族の方で同じ症状が居るというかたの話が聞きたいです。 とても一瞬なので周囲の人にはわかりません。 (気づかれません) 【症状説明】 *エレベーターを一階分落ちるような感覚 *会話をしていたり、テレビを観ていたりしていて一瞬体が落ちる感覚。 *頭がグラッと落ちる感覚。 *周囲の音が一瞬絞られるような感覚。 *症状が一瞬(0. 3秒くらい) *意識はある。 *症状の最中も会話はできている *音も聞こえる *吐き気・頭痛はまったく無し。 *倒れない。 *3ヶ月に一度くらい(20回程度) *脈は正常 *どうき・息切れの経験無し。 (どうき・息切れの症状がイマイチわからない) 【プロフィール】 *男 *30代後半 *身体や性格はかなり丈夫なので貧血や腰をぬかすといった経験はまったく無し。 *意識を失う経験は無し。 *人生いままでずっと血圧正常。 *大きな病気無し。 *服用している薬無し。 *酒やらない *タバコ1日、1箱未満。 *過去に薬物使用経験10年程度あり(症状が出る前にとうにやめている) ちょっと、ここ数日何度か連続して起き、最近は起きた後に数秒「よいん」が残るので質問してみました。 過去に薬物経験とありますが、ちょっとこれは説明が難しいのですが自分は薬物との「直接的な関係」はないと思っています。 たとえば「過去に薬物をしていたなら脳が正常ではない」のではないかとかですが、正常か異常かだと「異常」だと思います。 脳に関する異常だととくに目立って自覚はないのですが、経験のない人と比べると少なからず「記憶障害」くらいは後遺症としてあるのではないのかと思います。 もし目立って後遺症がでるならば、臓器にでていると思います。 もしあるとしたなら、「薬物と脳」の関係ではなく、血管注入していたので「血液と脳」に関する問題や、心臓には関係しているとは思います。 宜しくお願いいたします。 一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。 初めてなったのが3年前くらいです。 ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。 その時、会話は継続してできていました。 友達の声も聞こえています。 なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。 時間は0. 3秒くらいです。 頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。 エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。 周囲は暗くなっ... A ベストアンサー 一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。 人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。 健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。 心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。 心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。 心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓 血液凝固 を生じます。 血栓が脳の微細血管内で詰まると,脳血栓症 脳卒中の一症状 を起こします。 極めて微細な血栓が脳内で一瞬詰まって,ごく短時間に外れて回復するという事例は,四十代前後の成人でも時折見掛けられるようです。 加齢と共に血管老化により危険度は増します。 血栓が大きくなると,極めて危険です。 血栓の大きさと詰まった場所や経過時間によっては,命取りになる事も後遺症を残すこともありますが,ほんの一瞬で血管が開通すれば,貴方のような状態にもなり得ます。 大事に至らないためには,心房細動を防ぐこと,血流を良くするために血液の凝固防止剤 いわゆる『血液サラサラ薬』 の服用など,医師の診断による処方投薬等が必用です。 血栓は心臓弁膜の不正常でも起こります。 循環器内科,ハートクリニック等で受診されることをお勧めします。 一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。 人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。 健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。 心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。 心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。 心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓 血液... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... Q この前献血をしようと思ったら、断られました。 一番の理由はヘモグロビンの値が低い(貧血)だからでした。 ただ、ほかにも脈拍数の少なさ(そのときは1分間で45、寝る前は41,2くらいになります)や、血圧(上が85で下が55くらいでした)の低さも指摘されました。 そのあと思い出したのですが、大学生の頃は、健康診断にて脈も1分間に60くらいあり、血圧も110と65くらいでした。 学生のころと比べると、明らかに最近、やる気の低減やだるさ、イライラの頻度や度合いがひどいです。 (このイライラに一番悩んでます。 ) ちなみに、つい先日立ち上がった際平衡感覚を失い倒れてしまいました。 最後のは明らかに貧血が問題だと思いますが、最初三つの悩みも引き起こすことがありますか? 回答よろしくお願いします。 明らかに「低血圧症」です。 出来るだけ大きな病院、特に地域の中核病院として「新患」をもっとも重視している病院があるので、まず「総合内科」を受診して下さい。 精神的な問題は明らかに「低ヘモグロビン症」のため脳に充分な酸素が供給されていないのです。 高血圧は加齢に伴って誰にでも現われますが、低血圧、低ヘモグロビン症は見逃されるので非常に危険です。 最悪心臓疾患も疑われます。 この段階で気付いて良かった、全てを投げ捨てて病院へ行って下さい、小さなクリニックの場合、直ぐ紹介状を書いてくれます、非常に危険です、自動車の運転中に小学生の列に突っ込む例が取上げられますが、テンカン持ちだけでは無いのです。

次の