伊東 園 ホテルズ。 伊東園ホテルズ・伊東園リゾート、ホテル営業再開のお知らせ(2020.6.26更新)

伊東園ホテルズ

伊東 園 ホテルズ

「」とは異なります。 株式会社伊東園ホテルズ ITOEN HOTELS 本社所在地 〒171-0022 南池袋1丁目10番13号 荒井ビル6階 設立 現法人設立日 創業 事業内容 観光ホテルの経営 代表者 寺沢広宣 資本金 3,000万円 純利益 1億6348万4000円(2019年09月30日時点) 総資産 102億7664万9000円(2019年09月30日時点) 決算期 9月末日 主要株主 (グループ) 外部リンク 伊東園ホテルズ(いとうえんホテルズ)は、カラオケ店チェーン『』などを経営するグループの 株式会社伊東園ホテルズが東日本を中心に展開している格安ホテルチェーンの総称・通称である。 かつては 伊東園ホテルグループと呼称していた(明確な変更時期不明)。 概要 それまで東京都で、、などが入居する複合施設を運営するなどしていたの実業家、が、倒産してにかけられていた「伊東園ホテル」()を2001年に買収したのが始まりである。 李は当初、これを自社社員用の研修所とする目的で購入したものだったが、「いける」と考え直し、改装のうえ一般向けのホテルとして同年12月に再開業させた。 李はその後、倒産や経営不振に陥った宿泊施設を次々に買収(いわゆる)、格安ホテルとして再生させていった。 この手法を用いることによって、2019年3月現在、()を中心に、からまで、計48館の・及び日帰り温泉施設1館が、「伊東園ホテルズ」として運営されるに至っている。 元々はクリアックスグループのが運営していたが、10月に会社分割により同グループ内に新規設立された 株式会社伊東園ホテルズが運営する。 の影響によるの発動を受けて、2020年4月12日から5月31日(予定)の間、全館で休館している(初回発表時点では非常事態宣言対象県所在の施設は神奈川県・千葉県の3館のみだったが、一斉に休館)。 系列運営会社 一部は、系列の別会社が運営する非直営の施設が存在するようで(例えば、伊東園ホテル土肥の現地に掲示されている温泉成分表示等に「株式会社土肥伊東園」との記載が見られる)、クリアックス公式サイトでもクリアックスグループの店舗運営会社ホテル部門として、以下の企業を挙げている。 社名から施設との紐付けは一部を除きイメージが付くが、それ以外の施設について伊東園ホテルズ直営なのかこれら運営会社のいずれかに委託されているのかどうか詳細は不明。 株式会社伊東園• 株式会社アタミ・イン• 株式会社新風月• 株式会社ロイヤル• 株式会社黄金の湯• 株式会社湯元• 株式会社大野屋本店• 株式会社土肥伊東園• 株式会社水明館 特徴 以前は旅館・ホテル業界では当たり前であったシーズン料金を導入せず、「365日同一料金1泊2食付」という独自の料金システムで営業し(湯西川ホテル・彦根ビューホテルを除く)それが最大の特徴だったが、後述の通り、2017年4月1日付で熱海地区の一部で、それ以外のホテルでも2018年10月1日付でシーズン料金に変更された。 また、チェックイン・アウトの時間が自由であったり、多くの施設ではカラオケ歌広場の系列会社だけありを設置した個室数部屋が設置され無料で貸切が可能(ラウンジなど個室ではないところに設置され自由に歌える施設もある)となっているほか、・・・ルーム等の付帯設備も無料で提供されていたりする。 かつては、独自構築した旧予約システム上の制約により、(静岡県)や熱海金城館(同)等一部ホテルにおける団体客の受け入れ(通常料金体系と異なる)を除いて、原則旅行会社を通しての予約は受け付けることができず、公式サイト上のフォームまたは各ホテルへの直接電話による予約となっていたが、2014年に予約システムを刷新し、現在は外部からも予約が申し込めるようになっている。 安価な宿泊費の実現のため、を徹底して削減。 を廃し、食事はアルコール飲料を含む(ただし、追加料金で特別料理も追加できる、メニューは宿によって異なる)とした。 また客がする部屋にはすでにが敷かれている。 人件費のほかにも、取りまとめ以外からの仕入れや工事の発注など、地元温泉街のしきたりとは異なる独自の運営を行っている。 また、宿泊施設自体も徹底的に安価に購入されたものであり、物件によっては当初の建設費の10分の1以下の価格で買い叩いたものである。 明確な時期の境はないが、2010年前後より一部ホテルで実施していた部屋食のシステムが廃止されたり、アルコール飲料飲み放題の有料化、シーズン料金の導入、宿泊施設内にある飲食設備(喫茶や居酒屋)を廃止するなどサービスや経営面で合理化が進んでいる。 部屋のタイプなどは問わずに統一料金とするのを基本としているが、一部では、風呂付きの部屋や二間続きの大部屋などの特別室あるいはオーシャンビュー等の景観保証オプション、設備が極端に劣る旧館や窓が小さく景観の無い洋室一人部屋等で料金差を付けている施設もある。 熱海館・熱川・尾瀬老神山楽荘・ニューさくら(鬼怒川)では、それぞれ隣接する複数施設(ニューさくらは3、それ以外は2)を一括買収し、連絡通路を新設の上(熱海館は元来は同じ施設の本館と分館を分離独立させていたものを一括買収したので通路は既設)、フロントやバイキング会場などを集約して一つの施設の本館と別館の関係にして開業した。 特に山楽荘は本館と別館で浴場の源泉・泉質が異なることを売りにしている(逆に熱川・ニューさくらでは別館の浴場は閉鎖された)。 2017年4月1日より、熱海エリアの内、熱海ニューフジヤホテル・熱海金城館・ホテル大野屋・アタミシーズンホテルを 伊東園リゾートと位置付け、正式にシーズン料金の導入、バイキングのグレードアップ、客室の改築、熱海エリアの巡回バス運行の対応が行われた。 これら施設は元々グレードの高い施設に位置付けられており、料金が高めとなっていたが、それがオフシーズン最低料金となり、ピーク料金は一般施設の早割などの割引料金と比べると倍の値段となる。 2018年10月より、全ホテルでシーズン料金が導入された。 「人生は旅。 」をキャッチフレーズとしており、ロゴ化したものが、館内スリッパ、タオルなどに印字されている(業務効率化で一部省略されつつある)。 2019年頃からは、「いい湯かげん 旅かげん。 」というキャッチフレーズ及び「7,800円 税別 からの通える温泉宿」というコンセプトを新たに使用開始し、同年8月より俳優のをCMキャラクターに起用している。 傘下施設一覧 温泉地を中心に展開しており、伊豆半島のほか、北海道、青森県、福島県、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、長野県、新潟県など東日本各地の温泉地を中心に合計50館を運営している(開業予定1館含む)。 このうち4館がグレードの高い伊東園リゾート枠、2館がシティホテル、1館は宿泊機能無しの日帰り温泉施設である。 年末年始・ゴールデンウィーク・夏休み以外の時期には、、、、、、、、、などから往復バス(いわゆる)が運行されている。 原則有料だが、キャンペーン等で無料(もしくは割引)運行されることもある(土曜日は除く)。 2017年4月以降、地区のうち4館をグレードの高い施設として運営している。 特徴は、(正式に)シーズン料金を導入、食べ放題・飲み放題メニューの充実、部屋の改装、ホテル間無料連絡バスを使用して4館全ての温泉が利用可能。 同ホテルと金太夫の宿泊者は無料(同じ伊香保地区のとどろきは2018年8月現在、案内無し)。 群馬県 前橋マーキュリーホテル(2017年7月31日を持って伊東園ホテルズとしての営業終了、翌8月1日付けで、株式会社エフェックスに営業譲渡 、改装後に「前橋マーキュリー」に改称) 脚注• (3ページ)• (クリアックス企業情報)• (2014年12月1日、2018年5月21日閲覧)• (2018年3月16日、2018年3月17日閲覧)• (2019年8月19日、同日閲覧)• - 伊東園ホテルズ• 朝日新聞社. 2015年5月19日• 宮城裕也 2015年5月19日. 毎日新聞社• - 毎日新聞青森版2015年10月7日付• 東奥日報社. 2015年6月1日• デーリー東北新聞社. 2015年6月2日• (伊東園ホテルズ、2017年6月1日。 2017年6月2日閲覧) 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 西日本で同種の展開をしている企業。 伊東園ホテルズとは出店エリアが重複せず、ホームページ内相互リンクや宿泊施設に互いにパンフレットを置くなど協調関係にある。 - 同種の展開をして伊東園ホテルズと競合する企業。 外部リンク• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

伊東園ホテルズ・伊東園リゾート、ホテル営業再開のお知らせ(2020.6.26更新)

伊東 園 ホテルズ

「」とは異なります。 株式会社伊東園ホテルズ ITOEN HOTELS 本社所在地 〒171-0022 南池袋1丁目10番13号 荒井ビル6階 設立 現法人設立日 創業 事業内容 観光ホテルの経営 代表者 寺沢広宣 資本金 3,000万円 純利益 1億6348万4000円(2019年09月30日時点) 総資産 102億7664万9000円(2019年09月30日時点) 決算期 9月末日 主要株主 (グループ) 外部リンク 伊東園ホテルズ(いとうえんホテルズ)は、カラオケ店チェーン『』などを経営するグループの 株式会社伊東園ホテルズが東日本を中心に展開している格安ホテルチェーンの総称・通称である。 かつては 伊東園ホテルグループと呼称していた(明確な変更時期不明)。 概要 それまで東京都で、、などが入居する複合施設を運営するなどしていたの実業家、が、倒産してにかけられていた「伊東園ホテル」()を2001年に買収したのが始まりである。 李は当初、これを自社社員用の研修所とする目的で購入したものだったが、「いける」と考え直し、改装のうえ一般向けのホテルとして同年12月に再開業させた。 李はその後、倒産や経営不振に陥った宿泊施設を次々に買収(いわゆる)、格安ホテルとして再生させていった。 この手法を用いることによって、2019年3月現在、()を中心に、からまで、計48館の・及び日帰り温泉施設1館が、「伊東園ホテルズ」として運営されるに至っている。 元々はクリアックスグループのが運営していたが、10月に会社分割により同グループ内に新規設立された 株式会社伊東園ホテルズが運営する。 の影響によるの発動を受けて、2020年4月12日から5月31日(予定)の間、全館で休館している(初回発表時点では非常事態宣言対象県所在の施設は神奈川県・千葉県の3館のみだったが、一斉に休館)。 系列運営会社 一部は、系列の別会社が運営する非直営の施設が存在するようで(例えば、伊東園ホテル土肥の現地に掲示されている温泉成分表示等に「株式会社土肥伊東園」との記載が見られる)、クリアックス公式サイトでもクリアックスグループの店舗運営会社ホテル部門として、以下の企業を挙げている。 社名から施設との紐付けは一部を除きイメージが付くが、それ以外の施設について伊東園ホテルズ直営なのかこれら運営会社のいずれかに委託されているのかどうか詳細は不明。 株式会社伊東園• 株式会社アタミ・イン• 株式会社新風月• 株式会社ロイヤル• 株式会社黄金の湯• 株式会社湯元• 株式会社大野屋本店• 株式会社土肥伊東園• 株式会社水明館 特徴 以前は旅館・ホテル業界では当たり前であったシーズン料金を導入せず、「365日同一料金1泊2食付」という独自の料金システムで営業し(湯西川ホテル・彦根ビューホテルを除く)それが最大の特徴だったが、後述の通り、2017年4月1日付で熱海地区の一部で、それ以外のホテルでも2018年10月1日付でシーズン料金に変更された。 また、チェックイン・アウトの時間が自由であったり、多くの施設ではカラオケ歌広場の系列会社だけありを設置した個室数部屋が設置され無料で貸切が可能(ラウンジなど個室ではないところに設置され自由に歌える施設もある)となっているほか、・・・ルーム等の付帯設備も無料で提供されていたりする。 かつては、独自構築した旧予約システム上の制約により、(静岡県)や熱海金城館(同)等一部ホテルにおける団体客の受け入れ(通常料金体系と異なる)を除いて、原則旅行会社を通しての予約は受け付けることができず、公式サイト上のフォームまたは各ホテルへの直接電話による予約となっていたが、2014年に予約システムを刷新し、現在は外部からも予約が申し込めるようになっている。 安価な宿泊費の実現のため、を徹底して削減。 を廃し、食事はアルコール飲料を含む(ただし、追加料金で特別料理も追加できる、メニューは宿によって異なる)とした。 また客がする部屋にはすでにが敷かれている。 人件費のほかにも、取りまとめ以外からの仕入れや工事の発注など、地元温泉街のしきたりとは異なる独自の運営を行っている。 また、宿泊施設自体も徹底的に安価に購入されたものであり、物件によっては当初の建設費の10分の1以下の価格で買い叩いたものである。 明確な時期の境はないが、2010年前後より一部ホテルで実施していた部屋食のシステムが廃止されたり、アルコール飲料飲み放題の有料化、シーズン料金の導入、宿泊施設内にある飲食設備(喫茶や居酒屋)を廃止するなどサービスや経営面で合理化が進んでいる。 部屋のタイプなどは問わずに統一料金とするのを基本としているが、一部では、風呂付きの部屋や二間続きの大部屋などの特別室あるいはオーシャンビュー等の景観保証オプション、設備が極端に劣る旧館や窓が小さく景観の無い洋室一人部屋等で料金差を付けている施設もある。 熱海館・熱川・尾瀬老神山楽荘・ニューさくら(鬼怒川)では、それぞれ隣接する複数施設(ニューさくらは3、それ以外は2)を一括買収し、連絡通路を新設の上(熱海館は元来は同じ施設の本館と分館を分離独立させていたものを一括買収したので通路は既設)、フロントやバイキング会場などを集約して一つの施設の本館と別館の関係にして開業した。 特に山楽荘は本館と別館で浴場の源泉・泉質が異なることを売りにしている(逆に熱川・ニューさくらでは別館の浴場は閉鎖された)。 2017年4月1日より、熱海エリアの内、熱海ニューフジヤホテル・熱海金城館・ホテル大野屋・アタミシーズンホテルを 伊東園リゾートと位置付け、正式にシーズン料金の導入、バイキングのグレードアップ、客室の改築、熱海エリアの巡回バス運行の対応が行われた。 これら施設は元々グレードの高い施設に位置付けられており、料金が高めとなっていたが、それがオフシーズン最低料金となり、ピーク料金は一般施設の早割などの割引料金と比べると倍の値段となる。 2018年10月より、全ホテルでシーズン料金が導入された。 「人生は旅。 」をキャッチフレーズとしており、ロゴ化したものが、館内スリッパ、タオルなどに印字されている(業務効率化で一部省略されつつある)。 2019年頃からは、「いい湯かげん 旅かげん。 」というキャッチフレーズ及び「7,800円 税別 からの通える温泉宿」というコンセプトを新たに使用開始し、同年8月より俳優のをCMキャラクターに起用している。 傘下施設一覧 温泉地を中心に展開しており、伊豆半島のほか、北海道、青森県、福島県、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、長野県、新潟県など東日本各地の温泉地を中心に合計50館を運営している(開業予定1館含む)。 このうち4館がグレードの高い伊東園リゾート枠、2館がシティホテル、1館は宿泊機能無しの日帰り温泉施設である。 年末年始・ゴールデンウィーク・夏休み以外の時期には、、、、、、、、、などから往復バス(いわゆる)が運行されている。 原則有料だが、キャンペーン等で無料(もしくは割引)運行されることもある(土曜日は除く)。 2017年4月以降、地区のうち4館をグレードの高い施設として運営している。 特徴は、(正式に)シーズン料金を導入、食べ放題・飲み放題メニューの充実、部屋の改装、ホテル間無料連絡バスを使用して4館全ての温泉が利用可能。 同ホテルと金太夫の宿泊者は無料(同じ伊香保地区のとどろきは2018年8月現在、案内無し)。 群馬県 前橋マーキュリーホテル(2017年7月31日を持って伊東園ホテルズとしての営業終了、翌8月1日付けで、株式会社エフェックスに営業譲渡 、改装後に「前橋マーキュリー」に改称) 脚注• (3ページ)• (クリアックス企業情報)• (2014年12月1日、2018年5月21日閲覧)• (2018年3月16日、2018年3月17日閲覧)• (2019年8月19日、同日閲覧)• - 伊東園ホテルズ• 朝日新聞社. 2015年5月19日• 宮城裕也 2015年5月19日. 毎日新聞社• - 毎日新聞青森版2015年10月7日付• 東奥日報社. 2015年6月1日• デーリー東北新聞社. 2015年6月2日• (伊東園ホテルズ、2017年6月1日。 2017年6月2日閲覧) 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 西日本で同種の展開をしている企業。 伊東園ホテルズとは出店エリアが重複せず、ホームページ内相互リンクや宿泊施設に互いにパンフレットを置くなど協調関係にある。 - 同種の展開をして伊東園ホテルズと競合する企業。 外部リンク• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

伊東園ホテルズ・伊東園リゾート、ホテル営業再開のお知らせ(2020.6.26更新)

伊東 園 ホテルズ

「」とは異なります。 株式会社伊東園ホテルズ ITOEN HOTELS 本社所在地 〒171-0022 南池袋1丁目10番13号 荒井ビル6階 設立 現法人設立日 創業 事業内容 観光ホテルの経営 代表者 寺沢広宣 資本金 3,000万円 純利益 1億6348万4000円(2019年09月30日時点) 総資産 102億7664万9000円(2019年09月30日時点) 決算期 9月末日 主要株主 (グループ) 外部リンク 伊東園ホテルズ(いとうえんホテルズ)は、カラオケ店チェーン『』などを経営するグループの 株式会社伊東園ホテルズが東日本を中心に展開している格安ホテルチェーンの総称・通称である。 かつては 伊東園ホテルグループと呼称していた(明確な変更時期不明)。 概要 それまで東京都で、、などが入居する複合施設を運営するなどしていたの実業家、が、倒産してにかけられていた「伊東園ホテル」()を2001年に買収したのが始まりである。 李は当初、これを自社社員用の研修所とする目的で購入したものだったが、「いける」と考え直し、改装のうえ一般向けのホテルとして同年12月に再開業させた。 李はその後、倒産や経営不振に陥った宿泊施設を次々に買収(いわゆる)、格安ホテルとして再生させていった。 この手法を用いることによって、2019年3月現在、()を中心に、からまで、計48館の・及び日帰り温泉施設1館が、「伊東園ホテルズ」として運営されるに至っている。 元々はクリアックスグループのが運営していたが、10月に会社分割により同グループ内に新規設立された 株式会社伊東園ホテルズが運営する。 の影響によるの発動を受けて、2020年4月12日から5月31日(予定)の間、全館で休館している(初回発表時点では非常事態宣言対象県所在の施設は神奈川県・千葉県の3館のみだったが、一斉に休館)。 系列運営会社 一部は、系列の別会社が運営する非直営の施設が存在するようで(例えば、伊東園ホテル土肥の現地に掲示されている温泉成分表示等に「株式会社土肥伊東園」との記載が見られる)、クリアックス公式サイトでもクリアックスグループの店舗運営会社ホテル部門として、以下の企業を挙げている。 社名から施設との紐付けは一部を除きイメージが付くが、それ以外の施設について伊東園ホテルズ直営なのかこれら運営会社のいずれかに委託されているのかどうか詳細は不明。 株式会社伊東園• 株式会社アタミ・イン• 株式会社新風月• 株式会社ロイヤル• 株式会社黄金の湯• 株式会社湯元• 株式会社大野屋本店• 株式会社土肥伊東園• 株式会社水明館 特徴 以前は旅館・ホテル業界では当たり前であったシーズン料金を導入せず、「365日同一料金1泊2食付」という独自の料金システムで営業し(湯西川ホテル・彦根ビューホテルを除く)それが最大の特徴だったが、後述の通り、2017年4月1日付で熱海地区の一部で、それ以外のホテルでも2018年10月1日付でシーズン料金に変更された。 また、チェックイン・アウトの時間が自由であったり、多くの施設ではカラオケ歌広場の系列会社だけありを設置した個室数部屋が設置され無料で貸切が可能(ラウンジなど個室ではないところに設置され自由に歌える施設もある)となっているほか、・・・ルーム等の付帯設備も無料で提供されていたりする。 かつては、独自構築した旧予約システム上の制約により、(静岡県)や熱海金城館(同)等一部ホテルにおける団体客の受け入れ(通常料金体系と異なる)を除いて、原則旅行会社を通しての予約は受け付けることができず、公式サイト上のフォームまたは各ホテルへの直接電話による予約となっていたが、2014年に予約システムを刷新し、現在は外部からも予約が申し込めるようになっている。 安価な宿泊費の実現のため、を徹底して削減。 を廃し、食事はアルコール飲料を含む(ただし、追加料金で特別料理も追加できる、メニューは宿によって異なる)とした。 また客がする部屋にはすでにが敷かれている。 人件費のほかにも、取りまとめ以外からの仕入れや工事の発注など、地元温泉街のしきたりとは異なる独自の運営を行っている。 また、宿泊施設自体も徹底的に安価に購入されたものであり、物件によっては当初の建設費の10分の1以下の価格で買い叩いたものである。 明確な時期の境はないが、2010年前後より一部ホテルで実施していた部屋食のシステムが廃止されたり、アルコール飲料飲み放題の有料化、シーズン料金の導入、宿泊施設内にある飲食設備(喫茶や居酒屋)を廃止するなどサービスや経営面で合理化が進んでいる。 部屋のタイプなどは問わずに統一料金とするのを基本としているが、一部では、風呂付きの部屋や二間続きの大部屋などの特別室あるいはオーシャンビュー等の景観保証オプション、設備が極端に劣る旧館や窓が小さく景観の無い洋室一人部屋等で料金差を付けている施設もある。 熱海館・熱川・尾瀬老神山楽荘・ニューさくら(鬼怒川)では、それぞれ隣接する複数施設(ニューさくらは3、それ以外は2)を一括買収し、連絡通路を新設の上(熱海館は元来は同じ施設の本館と分館を分離独立させていたものを一括買収したので通路は既設)、フロントやバイキング会場などを集約して一つの施設の本館と別館の関係にして開業した。 特に山楽荘は本館と別館で浴場の源泉・泉質が異なることを売りにしている(逆に熱川・ニューさくらでは別館の浴場は閉鎖された)。 2017年4月1日より、熱海エリアの内、熱海ニューフジヤホテル・熱海金城館・ホテル大野屋・アタミシーズンホテルを 伊東園リゾートと位置付け、正式にシーズン料金の導入、バイキングのグレードアップ、客室の改築、熱海エリアの巡回バス運行の対応が行われた。 これら施設は元々グレードの高い施設に位置付けられており、料金が高めとなっていたが、それがオフシーズン最低料金となり、ピーク料金は一般施設の早割などの割引料金と比べると倍の値段となる。 2018年10月より、全ホテルでシーズン料金が導入された。 「人生は旅。 」をキャッチフレーズとしており、ロゴ化したものが、館内スリッパ、タオルなどに印字されている(業務効率化で一部省略されつつある)。 2019年頃からは、「いい湯かげん 旅かげん。 」というキャッチフレーズ及び「7,800円 税別 からの通える温泉宿」というコンセプトを新たに使用開始し、同年8月より俳優のをCMキャラクターに起用している。 傘下施設一覧 温泉地を中心に展開しており、伊豆半島のほか、北海道、青森県、福島県、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、長野県、新潟県など東日本各地の温泉地を中心に合計50館を運営している(開業予定1館含む)。 このうち4館がグレードの高い伊東園リゾート枠、2館がシティホテル、1館は宿泊機能無しの日帰り温泉施設である。 年末年始・ゴールデンウィーク・夏休み以外の時期には、、、、、、、、、などから往復バス(いわゆる)が運行されている。 原則有料だが、キャンペーン等で無料(もしくは割引)運行されることもある(土曜日は除く)。 2017年4月以降、地区のうち4館をグレードの高い施設として運営している。 特徴は、(正式に)シーズン料金を導入、食べ放題・飲み放題メニューの充実、部屋の改装、ホテル間無料連絡バスを使用して4館全ての温泉が利用可能。 同ホテルと金太夫の宿泊者は無料(同じ伊香保地区のとどろきは2018年8月現在、案内無し)。 群馬県 前橋マーキュリーホテル(2017年7月31日を持って伊東園ホテルズとしての営業終了、翌8月1日付けで、株式会社エフェックスに営業譲渡 、改装後に「前橋マーキュリー」に改称) 脚注• (3ページ)• (クリアックス企業情報)• (2014年12月1日、2018年5月21日閲覧)• (2018年3月16日、2018年3月17日閲覧)• (2019年8月19日、同日閲覧)• - 伊東園ホテルズ• 朝日新聞社. 2015年5月19日• 宮城裕也 2015年5月19日. 毎日新聞社• - 毎日新聞青森版2015年10月7日付• 東奥日報社. 2015年6月1日• デーリー東北新聞社. 2015年6月2日• (伊東園ホテルズ、2017年6月1日。 2017年6月2日閲覧) 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 西日本で同種の展開をしている企業。 伊東園ホテルズとは出店エリアが重複せず、ホームページ内相互リンクや宿泊施設に互いにパンフレットを置くなど協調関係にある。 - 同種の展開をして伊東園ホテルズと競合する企業。 外部リンク• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の