エミネム lose yourself。 エミネム

Eminem(エミネム)の人生が詰まった「Lose yourself」の歌詞が泣ける!!

エミネム lose yourself

Contents• Eminemとは? 1972年生まれ、アメリカ合衆国ミズーリ州セントジョセフ生まれ。 幼い頃から極貧の環境に育ち、父親に捨てられ、母親からはひどい仕打ちを受け続けてきました。 カンザスシティとデトロイトを転々とする。 そんな状況なので当然友達もできず、トラブルの絶えない日々を過ごす。 そんな悪環境だったので、彼がヒップホップに興味を持ったのは必然だったのかもしれません。 14歳ごろから本格的にMCとして活動しはじめ、黒人優位のヒップホップ界において、白人ながらいくつものMCバトル・コンテストに挑戦する。 1997年、MCバトルに盛んに参加しレコード会社にデモ ・テープを送りまくったことにより、デモテープがドクタードレの目に留まり、その才能にほれ込んだドレにより、ドレのレーベルと契約、1999年に「ザ・スリム・シェイディ EP」をベースにメジャー・デビューアルバム『ザ・スリム・シェイディ LP The Slim Shady LP 』をリリース。 いきなり全世界で600万枚を超えるセールスを記録し「グラミー賞最優秀ラップアルバム部門」受賞。 一気に スターダムにのし上がった。 2000年に2ndアルバム『ザ・マーシャル・マザーズ LP』をリリース、これまた前作以上の爆発的ヒットをする。 2002年、3rdアルバム『ザ・エミネム・ショウ』の発売。 これは2002年に最も売れたアルバムとなる。 また、半自伝的映画「8 Mile」に主演。 主題歌「ルーズ・ユアセルフ」はエミネムの代表曲となり、2003年度アカデミー歌曲賞を受賞。 以降、Encore、Relapse、Recovery、The Marshall Mathers LP 2、Revivalをリリース。 全てのアルバムで全米一位を獲得している。 アルバムトータルセールスが1億枚を超える史上最も売れたヒップホップ・ミュージシャンであり、2000年代に世界で最もアルバムが売れたアーティストでもある。 Eminemのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム My Name is 収録アルバム:The Slim Shady LP Machine Gun Kellyの『Rap Devil』自分に対するディスに対してのアンサーソング。 1週間で仕上げてきた当たり、いまだに彼の戦闘力はすさまじいですね。 かなりロジカルにお前の曲のここがだめってダメだししてるし、老害ディスに対して、俺はお前より売れてるけど何??みたいな煽りされたら言い返せないよな(笑) 極めつけには、お前はJay-ZやNotorious BIGにはなれないと切捨て御免。 これは完全にエミネムの軍配ですね。 まとめ 個人的にまず聞いてほしい曲。 アルバム• Eminem showが個人的には好きだけど、Lose Yourselfとかも聞きたいならCurtain call hits ベスト盤 聞くのがいいかも! おわりに いかがだったでしょうか。 とにかく痺れるほどかっこいいという言葉に尽きるのではないでしょうか。 確かに聞きながら歌詞を理解するのは難しいかもしれませんが、ラップという音楽を聴いてみるのにエミネムはマジでおすすめです。 それに、色々と聞いていけば英語力も上がって、少しずつ聞き取れるようにもなりますよ。 なのでぜひ聞いてみてください、エミネム!!.

次の

Lose Yourself/Eminem

エミネム lose yourself

今回は、ラップ界のスターであるエミネムの代表曲「Lose yourself」を紹介します。 この曲は、彼自身が主演を務めた半自伝的映画「8mile」の主題歌としても話題になった曲です。 では、簡単なエミネムの経歴に触れながら、曲の紹介及び歌詞から英語フレーズをシェアしていきたいと思います。 エミネムって 引用元:NME. com アメリカデトロイトの出身のラッパーで、ヒップホップ界では神のような存在で、類まれなるライムセンスは非常に評価が高いです。 今までリリースしたアルバムやシングルの合計枚数は2億枚を超えており、ヒップホップファンだけでなく様々なファン層を取り込んでいます。 史上初の白人ラッパー エミネムが爆発的な人気を誇る理由の大きな要素として、白人として初めてラップ界で成功したということが挙げられます。 ラップというのは、元々黒人文化であるヒップホップから生まれたカルチャーの一つだったのですが、エミネムの活躍のおかげでラップという音楽ジャンルが白人文化にも浸透していきました。 ヒップホップは1970年代にアメリカのニューヨークで黒人たちの間で生まれた文化で、ラップ、DJプレイ、ブレイクダンス、グラフィティ 落書きアート の4つの要素からなると言われています。 Lose Yourselfってどんな曲? 冒頭でも説明したようにエミネム主演映画で使われた曲で、彼の最大のヒット曲でもあります。 この曲は、映画の主人公ジミースミス エミネム に向けられた曲で、幼少期のエムネムの体験が基になって作られました。 ジミーについて描写した曲となっていますが、エムネムが客観的に自分のことを書いた曲でもあると思います。 曲の内容としては、ステージで怖気づいてしまうジミーに「チャンスはこの一回だけだから掴みとったほうがいいぞ」とアドバイスしているような感じです。 なんでもエミネムは幼少期に母親と貧しい生活を送っていたことから、その苦しみから早く抜け出せと過去の自分に語り掛けているようです。 ちなみに歌詞で出てくるスパゲッティとは彼が実際に幼少期の頃によく食べていたそうです。 ただ、韻を考えた言葉選びをしているだけでなく、リアルな体験を歌詞に載せているのが彼が多くの共感を集める理由ではないでしょうか。 では、そろそろフレーズの紹介にいきます。 Look, if you had one shot, or one opportunity To seize everything you ever wanted, in one moment Would you capture it, or just let it slip? His palms are sweaty, knees weak, arms are heavy There's vomit on his sweater already: Mom's spaghetti He's nervous, but on the surface he looks calm and ready To drop bombs, but he keeps on forgetting What he wrote down, the whole crowd goes so loud He opens his mouth, but the words won't come out He's choking, how? Everybody's joking now The clock's run out, time's up, over, blaow! Snap back to reality, ope there goes gravity, ope There goes Rabbit, he choked, he's so mad but he won't Give up that easy, no, he won't have it, he knows His whole back's to these ropes, it don't matter, he's dope He knows that but he's broke, he's so stagnant, he knows When he goes back to this mobile home, that's when it's Back to the lab again yo, this whole rhapsody Better go capture this moment and hope it don't pass him, and You better lose yourself in the music The moment, you own it, you better never let it go You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime, yo You better lose yourself in the music The moment, you own it, you better never let it go You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime, yo You better… His soul's escaping through this hole that is gaping This world is mine for the taking, make me king As we move toward a New World Order A normal life is boring; but superstardom's Close to post-mortem, it only grows harder Homie grows hotter, he blows, it's all over These hoes is all on him, coast-to-coast shows He's known as the Globetrotter, lonely roads God only knows, he's grown farther from home, he's no father He goes home and barely knows his own daughter But hold your nose, 'cause here goes the cold water These hoes don't want him no mo', he's cold product They moved on to the next schmoe who flows He nose-dove and sold nada, and so the soap opera Is told, it unfolds, I suppose it's old, partner But the beat goes on: da da dum da dum da da da da You better lose yourself in the music The moment, you own it, you better never let it go You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime, yo You better lose yourself in the music The moment, you own it, you better never let it go You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime, yo You better… No more games, I'ma change what you call rage Tear this motherfuckin' roof off like two dogs caged I was playin' in the beginning, the mood all changed I've been chewed up and spit out and booed off stage But I kept rhymin' and stepped right in the next cypher Best believe somebody's payin' the Pied Piper All the pain inside amplified by the Fact that I can't get by with my 9-to-5 And I can't provide the right type of life for my family 'Cause man, these goddamn food stamps don't buy diapers And there's no movie, there's no Mekhi Phifer, this is my life And these times are so hard, and it's gettin' even harder Tryna feed and water my seed, plus teeter-totter Caught up between bein' a father and a prima donna Baby mama drama, screamin' on her, too much for me to wanna Stay in one spot, another day of monotony's Gotten me to the point I'm like a snail, I've got To formulate a plot or end up in jail or shot Success is my only motherfuckin' option, failure's not Mom, I love you, but this trailer's got To go; I cannot grow old in Salem's Lot So here I go, it's my shot: feet, fail me not This may be the only opportunity that I got You better lose yourself in the music The moment, you own it, you better never let it go go You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime, yo You better lose yourself in the music The moment, you own it, you better never let it go go You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime, yo You better… You can do anything you set your mind to, man 作詞: jeffrey bass, luis resto, marshall mathers フレーズ紹介 You better lose yourself in the music 「音楽に没頭にしてみろよ」 " lose yourself"で「 不安なことは忘れて、好きなことに没頭する」というような意味になります。 "better"は「した方がいい」という意味で助動詞のような働きをしています。 文法的には"had better"が正しいですが、会話の中では省略されて"better"だけが使われることが圧倒的に多いです。 ちなみに"had better"相手へのアドバイスになる表現ですが、"should"よりかなり強い表現になり、しないとまずいことになるぞ!というニュアンスが含まれているので、会話の中では特に強調したい場合を除いてあまり使わないほうがいいかもしれません。 It don't matter, he's dope 「そんなの関係ねぇ、あいつは最高だぜ」 " dope"で「 最高な」という意味で、若者に間でよく使われます言葉です。 本来は「麻薬」という意味ですが、最近では上記のようなスラングの意味で使われるのがほとんどです。 but he's broke 「でも、あいつは金がねぇ」 " be broke"で「 金がない」という意味で、頻繁に使われる表現です。 日本語でも「お金がない」「金欠」というのはよく使うフレーズではないでしょうか。 今まで、"I don't have money"しか使ったことがない人は是非使ってみてください。 今回はここまでとなります。

次の

映画8Mileの主題歌「Lose Yourself」歌詞和訳!

エミネム lose yourself

Eminem — Lose Yourself この曲を知らない人はいないであろう。 それほどこの曲はヒップホップだけではなく、音楽業界インパクトを残した曲である。 15年経った今でも、音楽ファンに限らず、として愛されている。 そんなエミネムの最高傑作と呼ばれる「Lose Yourself」であるが、この曲のキーマン/プロデューサーとなったのが「Bass Brothers」のJeff Bassである。 デトロイト出身のプロデューサーであり、エミネムとはをはじめとし、長年一緒に仕事をしてきた。 そんな彼がにて語っていることがなかなか興味深いので紹介をしたい。 From: エミネムと出会った頃の話 Jeff:最初にこのプロデューサーという立場をはじめたとき、俺たち(Bass Brothers)は本気で俺たちの音楽的な方針を理解できる人たちと一緒にやろうと決めたんだ。 エミネムも他と同じようにトライしたんだけど、他とは違うことがあった。 彼の仕事にたいするガッツは他とはレベルが違かった。 彼はいとも簡単に20時間ぶっ続けで作業できるようなやつだった。 俺たちは彼の期待に答えるためにも、毎日長時間を音楽に費やした。 常に仕事をしているから、結構脱落する人も多いんだけど、エミネムはまさに「兵士」だった。 彼はそれほどハングリーだったんだ。 エミネムとの関係構築 Jeff:最初はエミネムのデビュー前のアルバム「Infinite」で監修みたいなことしていたんだけど、「Slim Shady LP」では実際に何曲もプロデュース/作曲したんだ。 俺らはいつも冗談ばかり言っていた。 彼も冗談ばかり言うひょうきん者だったし、俺らもいつも冗談を言ってるからそこでも気が合った。 Lose Yourselfについて Jeff: 最初トラックを作ったときは「このトラックめっちゃ聞いてて素晴らしい気持ちになる」としか感じなかったんだよね。 なんでそう感じたかはわからないんだけど。 でもエミネムが「8 Mile」の脚本を書き終わり、それを元にリリックを書いたとき、全てががっちりハマったんだ。 あのギターリフはとても簡単だけど、「心を掴んで離さない」力があると感じるよ。 15年経った今でも、大きなスポーツの試合とかで100,000人の会場が全員歌ってる姿を見ると、間違いないと思う。 エミネムとJeff Bassがヒップホップ業界に残した功績ははかりしれないだろう。 白人ラッパーと白人のプロデューサーが作った曲が、ヒップホップ史上に残る楽曲を世に提示したのである。 もちろん人種的な功績もあるかもしれないが、デトロイト出身の「音楽しか道がなかった」人たちがのし上がっていく姿はまさに「」であると感じる。 人種としての議論などは常に行われているが、肌の色を関係なしに、このような姿勢の彼らが「ヒップホップ」だと言える。

次の