消毒用エタノール。 新型肺炎対策に使える「消毒用エタノール」…そっくりだけど“価格が違う2種類”の差は効き目ではなかった

手指消毒用エタノールの優先供給について

消毒用エタノール

「エタノール」はエチルアルコールの国際化学命名法での呼び名です。 そして、 「エタノール」は「アルコール」の一種です。 一方、「アルコール」は「エタノール」を含めたアルコール類の総称のことです。 「エタノール」とは エタノールはエチルアルコールの国際化学命名法での呼び名で、アルコールの一種です。 ちなみに、日本語では酒精 しゅせい と呼ばれています。 そして、アルコール類の中では唯一、飲んでもあまり害になりません。 ただ、もちろん飲みすぎると毒になってしまいます。 ちなみに、お酒に入ってるアルコールがエタノールです。 ここからはエタノールの性質、原料、種類について詳しく見ていきましょう。 エタノールの性質 エタノールの性質として一番大きいのは、やはり消毒作用でしょう。 エタノールには細菌を殺す性質があるため、消毒用としてよく使われます。 その上、 水にも油にも混ざりやすいという性質があるため、幅広い色々な汚れを除去する能力が高いです。 特に、キッチンなどの油汚れを除去する時にエタノールは有効でしょう。 カビ対策をする時にも役立ちます。 ちなみに、100%のエタノールは速く蒸発してしまい効果が弱く、エタノールの濃度が80%くらいのものが一番、汚れを落とす能力が高いです。 また、これはあまり知られていませんが、エタノールにもアレルギーがあります。 これは消毒液を使った時の発疹やかゆみ、化粧品による肌荒れなどで発覚することが多いですが、それがアレルギーだと判断しにくく、あまり有名でもないため、見過ごされがちです。 また、 エタノールは蒸発してすぐに乾いてしまう、揮発性の高い液体です。 そして、燃えるため燃料として使われることがあるでしょう。 ちなみに、燃えた時には青白く見えにくい色の炎になります。 また、燃えても悪臭やすすを出しません。 エタノールの原料 エタノールには2種類の原料があります。 発酵エタノール 発酵エタノールは糖質とでんぷん質で作られたエタノールです。 ちなみに、糖質の原料は糖蜜やさとうきびであることが多いでしょう。 また、でんぷん質の原料はトウモロコシやさつまいもなどであることが多いでしょう。 合成エタノール 合成エタノールとは石油から得ることができるエチレンを原料とするエタノールのことです。 エタノールの種類 消毒用エタノール 消毒用エタノールは文字通り、消毒を行うためのエタノールでドラッグストアなどに売っていることが多いでしょう。 そして、肌に直接使用するものについては医薬品の指定を受けていることも多いです。 ちなみに、消毒用のエタノールはエタノールと水だけでできているものと、他のアルコール類も含まれているものに分けられます。 まず、エタノールと水だけでできているものは一応飲むことができるので、酒税がかかり、少し値段が高めです。 なぜなら、酒税がかかる条件はアルコール濃度が1%以上であり、かつ飲むことができるというものだからです。 ただ、消毒用のエタノールを飲むと食道や胃などが荒れてしまうので、あまりおすすめはできません。 次に、エタノールと水だけでなく、他のアルコール類が入っているものは飲むことができないので、酒税はかかりません。 ちなみに、含まれているアルコール類はイソプレパノールであることが多いでしょう。 そして、これが入っているものは消毒用エタノールIPとして発売されていることが多いです。 ちなみに、このタイプの消毒用エタノールは傷口などには使うことができないので注意が必要です。 手指消毒用エタノール 手指消毒用エタノールの代表としては手ピカジェルがあげられます。 エタノールは蒸発する時に肌の油を奪ってしまうので頻繁に使用すると肌が荒れてしまいます。 しかし 手指消毒用のエタノールにはそれを予防するための保湿成分が入っています。 ちなみに、これは医薬品ではないため多少の不純物が含まれていると考えられますが、日常で手指に使う分には問題ないでしょう。 無水エタノール 無水エタノールとは、水が含まれていないタイプの純粋なエタノールです。 これは精密機械など、水に触れるとよくないものの洗浄に使われます。 エタノールはすぐに蒸発するため、精密機械への影響がないのです。 また、自家製の化粧水を作る時にも使われます。 これは飲用不可ではないため酒税がかかり、なおかつ純度の高いエタノールであるため、値段はかなり高いです。 キッチンなどの掃除用エタノール これは肌などに使うものではないため、純度の基準が厳しくなく、お手頃な価格で手に入れることができます。 ちなみに、 エタノールの濃度が80%の時、一番消毒の効果が高いので、掃除用エタノールを買う際にはエタノール濃度が80%に近いものを買うのがおすすめです。 そして、このタイプのエタノールに他の用途はありません。 「アルコール」とは アルコールは広い意味ではエタノールを含むアルコール類の総称のことです。 そして、アルコール類にはエタノールのほか、メタノールやイソプレパノールなどが含まれます。 ただ、 一般的にはエタノールを指していることも多いです。 ここからはメタノールとイソプレパノールの詳細について解説していきたいと思います。 メタノール メタノールとはアルコールの一種で、メチルアルコールと呼ばれることもあります。 これは体に害があるため他の用途には適していません。 そして、 毒物劇薬取締法で劇物として指定されています。 純粋なメタノールだと30g~100gほどが致死量になります。 ただ、この量を超えなければいいというわけではありません。 メタノールは神経に作用するので致死量に達していなくても失明したり、嘔吐したりする危険性があるのです。 そして、メタノールはランプの原料として用いられることが多いでしょう。 イソプレパノール イソプレパノールはアルコールの一種で、強力な消毒剤などに用いられます。 まとめ 以上、この記事では、「エタノール」と「アルコール」の違いについて解説しました。

次の

消毒用エタノールの保管方法は?直射日光は?取り扱いの注意は?

消毒用エタノール

消毒用エタノール. みかげ薬品で 消毒液を大量に販売しはじめたのは2008年からですから、早5年(2013年現在)になります。 その間に販売した本数は数知れず・・・。 消毒液についての質問は今でこそ比較的すぐに答えられるようになりましたが、販売開始直後にはメーカーに確認をとっていたのも良い思い出です(笑)。 消毒用エタノールとは? 消毒用エタノールとは、 エタノール(C2H6O)76. 9~81. 4vol%を含有しているので、手や指や皮膚の消毒、医療機器の消毒、お掃除などと、幅広い用途に使用されている消毒液です。 消毒用エタノールと消毒用エタノールIPの違い 「消毒用エタノール」と「消毒用エタノールIP」の違いは、IPという言葉が付いているだけです。 IPが付いているか付いていないかが大きな違いで、 消毒用エタノールIPにはイソプロパノール(イソプロピルアルコールとも言います)という消毒液を添加物として混っています。 このイソプロパノールを混ぜることによって、消毒用エタノールが飲めなくなります。 ちなみに、IPが付いていない普通の消毒用エタノールは、飲もうと思えば(そんな人いないと思いますが)飲めます。 エタノールはアルコールです。 飲めるアルコールには酒税がかかりますが、飲めないアルコールには酒税がかからなくなります。 そのため、飲めるか飲めないかの違いだけの同じ効能・効果でお安く手に入れることができます。 消毒用エタノールと無水エタノールの違い 消毒用エタノールと無水エタノールは、 主成分はエタノールと同じですが、純度が違います。 消毒用エタノールは76. 9~81. 4vol%、無水エタノールは99. 5vol%です。 「純度が高い=殺菌力が強い」と勘違いしがちですが、エタノールの殺菌力が一番強いのが76. 9~81. 4vol%となります。 つまり、 消毒に向いているのは、消毒用エタノールとなります。 無水エタノールはその名の通り、水分を一切含んでいません。 消毒用エタノールの使い方 消毒用エタノールは 薄めたりせず(薄めると殺菌消毒作用が落ちます)に、そのままの原液を塗擦またはガーゼ、脱脂綿に浸して使用します。 消毒用エタノールを使える場所・使えない場所 消毒用エタノールは、 体の部位で、傷がある場所や眼の周囲、粘膜などには使えません。 その他の体の部位に使うときも、局所刺激作用があるので、過度の使用は皮膚荒れなどを起こすことがあるので、気をつけてください。 また消毒用エタノールには、• 揮発性がある• カビの予防作用がある などの特性から、 お掃除にも適しています。 お掃除で使える場所は、窓のガラスやトイレなどの陶器、お風呂場などの壁(カビの予防)などに使用できます。 揮発する前に染みこんでしまう可能性のある木製品やカーペットなどのシミになって困る部分には使わないようにしましょう。 木製の下駄箱の中板などには(下駄箱の中板はシミになっても困らないでしょう)カビの予防や消臭作用が期待できます。 消毒用エタノールは火気厳禁商品なので、コンロなどの火を使う場所やコンセントまわりなどに使うのはやめましょう。 消毒用エタノールの保存方法・取り扱いの注意 消毒用エタノールは、揮発性があり、引火性があるので、直射日光の当たらない火気をさけて室温保存してください。 室温とは、1~30度のことです。 また使用期限の過ぎた消毒用エタノールは使わないようにしてください。 よくある質問 消毒用エタノールについて、よくある質問 Q. 消毒用エタノールは薄めて使っても殺菌力はありますか? A. 消毒用エタノールは薄めると殺菌消毒作用が弱まってしまいます。 エタノールは76. 9~81. 4vol%の純度が一番殺菌力があります。 消毒用エタノールのまま使うのがいいでしょう。 消毒用エタノールの使用期限はどのくらいありますか? A. 製造から3年となります。 当店(みかげ薬品)について、よくある質問 Q. 製品安全データシートはもらえますか? A. 消毒用エタノールの製品安全データシートをご希望のお客様には、ご注文時におっしゃっていただけますと、商品と一緒に同梱させていただいております。 どうして、消毒用エタノールを安く販売できるのですか? A. みかげ薬品では、自社サイトでのローコスト運営のため、大手ショッピングモールなどの登録料、売上に対する数パーセントの販売手数料などがかかっておりません。 また少数での運営のため、人件費もあまりかかっておりません。 このような経費を抑えることにより、消毒用エタノールを低価格での販売として、お客様に還元させていただいております。 休みと営業時間を教えてください。 みかげ薬品の休みは元旦のみです。 営業時間は通常9時から22時までです。 水曜日のみ19時閉店することがあります。 インターネット、FAXでは24時間ご注文受付中です。 配送業者はどこですか? A. 2013年現在、佐川急便にて配送しております。 クレジットカードは使用できますか? A. 佐川急便が消毒用エタノールをお届けしたときの代金引換のときにクレジットカードが使用できます。 お支払い方法はどんなものがありますか? A. 代金引換(クレジットカード)や銀行振込があります。 代金引換ですと即日発送、銀行振込ですと振込確認後の発送となります。

次の

健栄製薬

消毒用エタノール

「エタノール」はエチルアルコールの国際化学命名法での呼び名です。 そして、 「エタノール」は「アルコール」の一種です。 一方、「アルコール」は「エタノール」を含めたアルコール類の総称のことです。 「エタノール」とは エタノールはエチルアルコールの国際化学命名法での呼び名で、アルコールの一種です。 ちなみに、日本語では酒精 しゅせい と呼ばれています。 そして、アルコール類の中では唯一、飲んでもあまり害になりません。 ただ、もちろん飲みすぎると毒になってしまいます。 ちなみに、お酒に入ってるアルコールがエタノールです。 ここからはエタノールの性質、原料、種類について詳しく見ていきましょう。 エタノールの性質 エタノールの性質として一番大きいのは、やはり消毒作用でしょう。 エタノールには細菌を殺す性質があるため、消毒用としてよく使われます。 その上、 水にも油にも混ざりやすいという性質があるため、幅広い色々な汚れを除去する能力が高いです。 特に、キッチンなどの油汚れを除去する時にエタノールは有効でしょう。 カビ対策をする時にも役立ちます。 ちなみに、100%のエタノールは速く蒸発してしまい効果が弱く、エタノールの濃度が80%くらいのものが一番、汚れを落とす能力が高いです。 また、これはあまり知られていませんが、エタノールにもアレルギーがあります。 これは消毒液を使った時の発疹やかゆみ、化粧品による肌荒れなどで発覚することが多いですが、それがアレルギーだと判断しにくく、あまり有名でもないため、見過ごされがちです。 また、 エタノールは蒸発してすぐに乾いてしまう、揮発性の高い液体です。 そして、燃えるため燃料として使われることがあるでしょう。 ちなみに、燃えた時には青白く見えにくい色の炎になります。 また、燃えても悪臭やすすを出しません。 エタノールの原料 エタノールには2種類の原料があります。 発酵エタノール 発酵エタノールは糖質とでんぷん質で作られたエタノールです。 ちなみに、糖質の原料は糖蜜やさとうきびであることが多いでしょう。 また、でんぷん質の原料はトウモロコシやさつまいもなどであることが多いでしょう。 合成エタノール 合成エタノールとは石油から得ることができるエチレンを原料とするエタノールのことです。 エタノールの種類 消毒用エタノール 消毒用エタノールは文字通り、消毒を行うためのエタノールでドラッグストアなどに売っていることが多いでしょう。 そして、肌に直接使用するものについては医薬品の指定を受けていることも多いです。 ちなみに、消毒用のエタノールはエタノールと水だけでできているものと、他のアルコール類も含まれているものに分けられます。 まず、エタノールと水だけでできているものは一応飲むことができるので、酒税がかかり、少し値段が高めです。 なぜなら、酒税がかかる条件はアルコール濃度が1%以上であり、かつ飲むことができるというものだからです。 ただ、消毒用のエタノールを飲むと食道や胃などが荒れてしまうので、あまりおすすめはできません。 次に、エタノールと水だけでなく、他のアルコール類が入っているものは飲むことができないので、酒税はかかりません。 ちなみに、含まれているアルコール類はイソプレパノールであることが多いでしょう。 そして、これが入っているものは消毒用エタノールIPとして発売されていることが多いです。 ちなみに、このタイプの消毒用エタノールは傷口などには使うことができないので注意が必要です。 手指消毒用エタノール 手指消毒用エタノールの代表としては手ピカジェルがあげられます。 エタノールは蒸発する時に肌の油を奪ってしまうので頻繁に使用すると肌が荒れてしまいます。 しかし 手指消毒用のエタノールにはそれを予防するための保湿成分が入っています。 ちなみに、これは医薬品ではないため多少の不純物が含まれていると考えられますが、日常で手指に使う分には問題ないでしょう。 無水エタノール 無水エタノールとは、水が含まれていないタイプの純粋なエタノールです。 これは精密機械など、水に触れるとよくないものの洗浄に使われます。 エタノールはすぐに蒸発するため、精密機械への影響がないのです。 また、自家製の化粧水を作る時にも使われます。 これは飲用不可ではないため酒税がかかり、なおかつ純度の高いエタノールであるため、値段はかなり高いです。 キッチンなどの掃除用エタノール これは肌などに使うものではないため、純度の基準が厳しくなく、お手頃な価格で手に入れることができます。 ちなみに、 エタノールの濃度が80%の時、一番消毒の効果が高いので、掃除用エタノールを買う際にはエタノール濃度が80%に近いものを買うのがおすすめです。 そして、このタイプのエタノールに他の用途はありません。 「アルコール」とは アルコールは広い意味ではエタノールを含むアルコール類の総称のことです。 そして、アルコール類にはエタノールのほか、メタノールやイソプレパノールなどが含まれます。 ただ、 一般的にはエタノールを指していることも多いです。 ここからはメタノールとイソプレパノールの詳細について解説していきたいと思います。 メタノール メタノールとはアルコールの一種で、メチルアルコールと呼ばれることもあります。 これは体に害があるため他の用途には適していません。 そして、 毒物劇薬取締法で劇物として指定されています。 純粋なメタノールだと30g~100gほどが致死量になります。 ただ、この量を超えなければいいというわけではありません。 メタノールは神経に作用するので致死量に達していなくても失明したり、嘔吐したりする危険性があるのです。 そして、メタノールはランプの原料として用いられることが多いでしょう。 イソプレパノール イソプレパノールはアルコールの一種で、強力な消毒剤などに用いられます。 まとめ 以上、この記事では、「エタノール」と「アルコール」の違いについて解説しました。

次の