坂本 美雨 の ディア フレンズ。 坂本美雨オフィシャルサイト » 今週のディアフレンズのゲストをご紹介。

坂本美雨は結婚してる?ディアフレンズとは?父母の影響でエホバに

坂本 美雨 の ディア フレンズ

人物 父親は、母親はという、ミュージシャンの両親の元に生まれ、やを胎教として育った。 5歳年上の異父兄、風太がいる。 祖父は編集者の。 9歳だった(2年)には家族で・に移住し、高校卒業まで同地で過ごしたため、とのである。 高校時代には美術を専攻していた。 名前の「美雨」は、を意味する英語、「ミュータント(mutant)」に由来し、父が名付けた。 初恋の人は両親の友人であった音楽バンド、のボーカル、。 初めて買ったCDはの「」だった。 16歳だった(平成9年)より日本での音楽活動を開始。 現在は都内在住であるが、母親の矢野顕子がニューヨーク在住であることからの母の住まいを「実家」と称し、度々行き来していることをブログで明かしている。 北京、上海、韓国での経験もある。 大の映画好きであり、新作映画への推薦コメントや批評の執筆も行っている。 演劇、ダンス好き、読書家にして愛猫家。 また旅好きでも知られ、これまでカナダの、中国(、、、、、)、、(、)、、、など様々な都市へ出かけたほか、に乗り3週間旅したドキュメンタリーが放送されたことがある(なお、坂本は自らいわゆる「」であると称している )。 さらに演劇への造詣も深く、舞踏全般、主にコンテンポラリーやを観劇。 自身の"声を楽器として"さらに意識した楽曲制作、コンサート活動を行う(インタビューより)。 シンガーソングライターとのユニット『おお雨』としても活動。 の藤戸じゅにあとのエレクトロユニット『NAKED LAMP』や、との『サカモト兄妹』など、コラボレーションも多数。 Salyu、映画「」サントラなど他アーティストへの歌詞提供も行う。 また、演劇の舞台出演やダンス公演なども行い、『音楽劇ファンファーレ』ではメインのファーレ役をつとめる。 熱心な愛猫家である。 愛猫"サバ美" が雑誌や新聞に掲載されるなど、人気を集めている。 「FreePets〜ペットと呼ばれる動物たちの生命を考える会」のメンバーとして、また一般社団法人「ランコントレ・ミグノン」のボランティアとして動物愛護活動も行い、東日本大震災の被災動物の救援活動にも熱心に携わる。 略歴 1997年• 1月29日、16歳にして「Sister M」名義で坂本龍一の「」に客演して歌手デビュー。 当初 Sister M の正体は公表されておらず、当時に所属し、坂本龍一とそれぞれが共演経験を持っていたやではないかと噂が飛び交った が、の『』で坂本龍一が正体を公表した。 この曲はドラマ『』の主題歌で、CD売上が70万枚を越えるヒットとなる(オリコン推定売り上げ721,690枚、最高位6位)。 坂本龍一によれば本来、の為に書いた曲だが(のちに日本語の歌詞で『』としてリリースされた)、素人っぽい謎めいたアーティストを探していた際にニューヨークの自宅でたまたま美雨に歌わせてみたところ、「イメージとピッタリ合ったので起用した」と語っている。 坂本龍一はそれまで娘の歌声は聞いたことがなかったと言う。 1998年• 11月、本名・坂本美雨としてミニアルバム『aquascape』でよりデビュー。 のギタリストと、そのSUGIZOが時代からリスペクトしている、が共同でプロデュースした。 1999年• 音楽活動を続けながら通っていたニューヨークの現地の高校を卒業。 映画『』の主題歌を歌う。 初のオリジナルアルバム『DAWN PINK』をリリース。 その中で母の「ひとつだけ」をカバーしている。 2000年 - 2002年• 数枚のシングルをリリース(セカンドアルバム『miutation』をリリースする予定でレコーディングしていたが、レコード会社の事情によりお蔵入りに)。 執筆活動も増え、連載、絵本の翻訳、テレビでの司会、ラジオのパーソナリティなど幅広い分野で活躍。 テレビ番組 のドキュメンタリー番組の撮影で、に乗り3週間ロシアを旅した。 2003年• ジュエリー・ブランド「」のプロデュースをスタート。 詩画集『aqua』を社より出版。 東京・名古屋で個展も行う。 この頃から、中国でのライブ、ミュージシャンでのプロデューサーであるとのコラボレーション、中国各地への取材旅行など、中国との縁も深まっている。 2004年 - 2005年• へ移籍。 初めての舞台に立つ。 シェイクスピア『夏の夜の夢』ハーミア役。 自身が生まれて初めて観た映画『』の主題歌をカバーし、の企業CMに起用された。 2006年• 5月、オリジナルアルバム『Harmonious』をリリース。 このアルバムは父・の手を一切借りず、アーティスト坂本美雨としてひとり立ちを果たすことに成功した作品といえる。 アルバムのアートワークはなどのアートワークで数々の賞を受賞しているアートディレクターが手がけ、公私共に親しい仲である。 「」のミュージック・ビデオでは、ダンス・カンパニー主宰のが踊りで出演。 この年、女優デビューを果たす。 の勧めで舞台『竹中直人の匙かげん2』に出演し、、らと共演。 下北沢、大阪、静岡で約1ヶ月間上演される。 2007年• の新商品、ヱビス〈ザ・ホップ〉のTVCMに出演。 友人である歌手と共演。 12月、3枚目のアルバム『朧の彼方、灯りの気配』をリリース。 "人力トランス"として知られるバンドのメンバー、の、の、のなどと組み、自身の声を中心とした色彩豊かな音を創りあげる。 タワーレコードインストアライブ(東名阪)を行う。 シンガーソングライターとのユニット『おお雨』を結成。 ライブ活動を行う。 自身のPV「Swan Dive」で初監督(ダンス演出は)。 写真家のの個展『NINAGAWA WOMAN』の看板を飾る。 (12月13日から翌2008年1月6日) 2008年• -Tribute to Haruomi Hosono 2-』に参加。 (2008年1月23日発売)• 11月5日、アルバム「ZOY」を発売。 (、、、、、、参加。 エンジニアは益子樹())• 12月12日、朗読劇『LOVE LETTERS』出演。 (相手:舞踏家)• ツアー『Zoy's Room』(東名阪)• 『情熱大陸スペシャルライブ』東京・大阪公演に出演。 雑誌アイスランド特集号の表紙・巻頭特集でアイスランド音楽を紹介。 名古屋でレギュラー番組『 Future Standard』のナビゲートを開始。 (毎週日曜 9:35-9:50) 2009年• 演出は主宰、近藤良平。 『』におおはた雄一と出演。 トリビュートアルバムに参加。 横浜開港150周年『』のシアター映像作品『gift〜未来へのおくりもの』のテーマ曲を作詞・歌唱• 1st アルバム『PLEASURE』に「baby blue」で参加。 ザ・ミュージアムの展覧会『ピカソとクレーの生きた時代』テーマソング「Libera in Sleep」(「ZOY」収録) 2010年• 「NIGHT COLOR」CMナレーション。 2月1日から2月7日まで渋谷駅前大型ビジョン4台をジャックし深夜0時より1時間放映。 金沢eAT'10 『トキメキからだフェスティバル』出演。 、らと共演。 テーマソングの歌唱、ダンス出演。 5月19日、新アルバム『PHANTOM girl』発売。 NY在住のミュージシャンShanghai Restoration Projectと共作。 アートワークは、アルバム4作目の共作となる友人のアートディレクターが担当。 先行シングル「Phantom girl's first love」が『』のエンディングテーマとなる。 Shanghai Restoration Projectと共にタワーレコードインストアライブ(東名阪)を行う。 との共作曲「地球はやっぱり青かった」を発表。 「おお雨」名義で『情熱大陸スペシャルライブ』札幌公演に出演。 自主企画ライブイベント『Direct MIUsical』(会場:EATS and MEETS Cay をスタートさせる。 第一回ゲストは、第二回目ゲストは。 ・藤戸じゅにあとのユニット『NAKED LAMP』を結成。 化粧品『草花木果』TVCMテーマソング『はじまり はじまり』(作詞:、作曲:)を歌唱。 動物愛護活動を本格的に始める。 社団法人の立ち上げに参加。 NHK『ミューズの微笑み』で美術館を巡る旅人を務める。 2011年• のらとのダンス公演『山羊ボー走』ニューヨークのでの公演。 とのユニット『おお雨』ファーストワンマンライブを行う。 ダンス公演『山羊ボー走』凱旋公演(神楽坂セッションハウス)。 のソロアルバム『』に歌唱参加。 『坂本美雨presents Direct MIUsical』第3回目公演を主催。 ゲストはシンガーソングライターの。 バンドは、鈴木正人、。 ヒガシトーキョーフェス『道との遭遇』に出演。 東日本大地震支援アルバム『Play for Japan Vol. 10』に参加しYMOの「Perspective」を、とカバー。 5月18日、6枚目のフルアルバム『』を発表。 アートワークはアルバム5作目の共作となるが、ミュージック・ビデオは監督が担当。 先行シングル「Precious」が「」エンディングテーマとなる。 東日本大震災による被災動物を救うためのチャリティーイベント「いぬねこうし祭り」を立ち上げ、開催 渋谷)。 福島の避難所を周り、チャリティーライブを行う。 『 2011』に初出演。 8月、の三浦康嗣が主宰する『スカイツリー合唱団』とメンバーとなり、にてライブを行う。 10月21日、坂本の歌声を元にして作られた3対応のボーカル音源「Mew」が発売。 10月3日、ラジオ局 系全国38局ネットの長寿番組『』の6代目パーソナリティに就任。 10月12日、自主イベント『Direct MIUsical』Vol. 5を開催。 ゲストは旧友の。 12月10日、にてのライブに参加。 2012年• 『@横浜』にてと共演。 3月20日、自主企画ライブイベント『Direct MIUsical Vol. 6』を開催。 ゲストに、スカイツリー合唱団。 4月、被災動物救済のための『いぬねこうし祭り』Vol. 2を開催。 5月12日、ヒガシトーキョーフェス『道との遭遇』に出演。 5月19日、に出演。 6月15日 - 17日、劇団の『Le Nez』に音楽参加。 7月14日、に名義で出演。 のATSUSHIが飛び入り参加。 8月8日、7枚目フルアルバム『I'm yours! 』をリリース。 のDave Liangとの共同制作。 アートワークは。 をラップに迎えたタイトル曲「I'm yours」を収録。 リリース当日にはスペシャルワンデーが行われ、朝から夕方までの番組にゲスト出演を果たす。 エレクトロアルバムチャート1位となる。 8月12日、『2012』に出演。 ともライブ共演を果たす。 8月19日、『2012』に名義で出演。 9月2日、『I'm yours! 』リリース記念インストアライブ 渋谷• 9月8日、『』に出演。 のATSUSHIと共演。 9月15日、『芋煮会@猪苗代』に出演。 9月22日、宮城県塩竈市で行われた『』に出演。 チャリティ・ソング『タイトルのない唄』歌唱参加。 作曲は• 『音楽劇ファンファーレ』の「ファーレ」役をつとめる。 (9月28日 - 10月14日)、他、、、にて公演を行う。 (作演:、、 ))• 10月3日、『』の6代目パーソナリティとして2年目突入。 のツアーメンバーとして11月12日 - 12月6日まで全国9カ所10公演を行う。 のコラボレーションアルバム『』に参加。 「雅 vs vs 坂本美雨」名義で『祈りを』を歌唱。 劇団の『Le Nez』再演。 歌唱参加。 ニューアルバム『渋彩歌謡大全』に参加。 「渡」を歌唱。 2013年• 3月、 壺中天公演『忘れろ、思い出せ。 』に舞台音楽を提供。 3月7日、ワンマンライブ (Saravah Tokyo• 5月30日、「DIRECT MIUsical Vol. 7 feat. 」()• ベストアルバム「miusic - 1997〜2012」のリリースを発表。 6月26日発売。 2014年• 3月1日、ブックディレクター兼の男性と結婚。 3月5日、をプロデューサーに迎えた8枚目のフルアルバム『』をリリース。 2015年• 7月27日、にて第1子女児を出産。 父である坂本龍一にとっては初孫に当たる 母である矢野から見た場合は2人目、前年秋に異父兄に子供が生まれていたため。 音楽作品 シングル タイトル 発売日 最高順位 規格品番 備考 The Other Side Of Love 1997年1月29日 6位 FLDG-1007 featuring Sister M 名義• ドラマ『』主題歌 鉄道員(TETSUDOIN) 1999年5月26日 49位 WPC6-10018• ドラマ『』主題歌 sleep away 2002年4月24日 - WPC6-10205 sleep away• 『』 2002年4 - 6月 オープニングテーマ Cosmo MiuMiu• 『』2002年10月・11月放送楽曲 2005年11月16日 77位 YCCW-30004 「」のカバー• 「環境テーマ広告」CMソング はじまりはじまり 2010年11月24日 - 配信限定 として配信• 株式会社キナリ「草花木果」CMソング アルバム タイトル 発売日 最高順位 規格品番 販売形態 備考 aquascape 1998年11月26日 49位 WPC6-8695-6 CD2枚組 ミニアルバム。 DAWN PINK 1999年9月29日 28位 WPC6-10037 1stフルアルバム。 Miu Sakamoto シングル 2000年5月24日 WPCV-10072 VB-1032(アナログ盤) Finally (スケボーキング feat. Miu Sakamoto) スケボーキング アルバム 2000年9月27日 WPCV-10100 Finally (スケボーキング feat. Miu Sakamoto) Another Sunny Day honeydip アルバム 2000年12月15日 EM-0001 (コーラスで参加) アルバム 2001年12月5日 AICL-1352 いいの (feat. 坂本美雨) トリビュート〜青春〜 アルバム 2006年12月6日 UICZ-8018 揺れるまなざし Tribute to アルバム 2007年3月21日 GYCL-10021 Dancing in the Street ( feat. hayato アルバム 2009年4月15日 LEXCD-09004 babyblue feat. 坂本美雨 アルバム 2009年7月22日 VFCF-00044〜5 (坂本美雨 feat. 1 雅-Miyavi- アルバム 2012年11月14日 TOCT-29086 TOCT-29087 祈りを (Miyavi vs 亀田誠司 vs 坂本美雨) V. River of Crystals (作曲・編曲:、歌:) - アニメーション映画『』挿入歌• 伊藤君子「フォロー・ミー」(2004年3月3日、VACH-1002)収録• 川井憲次『イノセンス オリジナル・サウンドトラック』 2004年3月3日、VICL-61294)収録• sail away (作曲・編曲:川井憲次、歌:) - アニメーション映画『』挿入歌• 川井憲次『SOUND of The Sky Crawlers』 2008年7月25日、VPCG-84882)収録• ROSE (作曲:、歌:)• Salyu「」(2009年8月19日、TFCC-89283[初回限定版]・TFCC-89284)収録 その他の音楽作品• 横浜開港150周年『』のシアター映像作品『gift〜未来へのおくりもの』のテーマ曲を作詞・歌唱• 『トキメキからだフェスティバル』(金沢eAT'10)テーマソング歌+ダンス• 『フィンランドからの森だより』サウンドトラック、歌• 35周年『こころのことば』ムービー声、歌 出演番組 テレビレギュラー• (、2001年)- 、と共に司会を1年間務める。 (、2004年11月2日 - 2011年6月29日)- ナレーション。 坂本美雨の出演は2004年11月2日 - 2007年3月25日。 テレビ出演・ナレーション• シベリア鉄道音紀行 坂本美雨ロシアの音を求めて9000キロ(、2002年4月29日)• (、2002年) - やらと同じく会場外で個人的なジャッジ、コメントをするコメンテーターとして出演。 また、会場で応援歌として自作『ブランク』を披露し、その様子も放送された。 (NHK) - ゲスト出演• 芸術劇場・特集番組()- ナレーション• () - ゲスト出演• (NHK教育、2010年10月 - 12月)• -Our Voices(NHK - ナレーション• (フジテレビ、2013年6月20日) - ゲスト出演• スペシャル 2013年6月22日 - ゲスト出演• 第9話(TBS、2017年3月14日) - 山本みずえ 役 ラジオレギュラー• Life Safari(、2001年 - 2003年)• Sunday Morning Delight(J-WAVE、2003年 - 2005年)• (J-WAVE、月-金24:00 - 24:30、2006年4月 - 2007年3月) - 旅人で作家のと司会を務める。 中部電力 FUTURE STANDARD(、日曜9:35 - 9:50、2008年10月 - 2009年)• 坂本美雨の(、月-木11:00 - 11:30、 - )- パーソナリティ• (、日曜7:00 - 7:30、 - )- パーソナリティ• きこえタマゴ! (NHKラジオ第1、2017年4月3日 - ) - MC ラジオ出演• 坂本美雨の(放送、) - ゲストに坂本龍一を迎える。 CM テレビCM• 『グリーンベンチ篇』(2007年)と共演• PANASONIC「NIGHT COLOR」シリーズ - ナレーション• 「彩」(アイスクリーム) - ナレーション• 「あうて」(2014年) ラジオCM• 「エコアイデア」キャンペーン、「NIGHT COLOR 夜家電」キャンペーン 舞台出演• (2005年8月、、作:、脚色・演出:)- ハーミア役• (2006年12月、竹中直人の匙かげん 作: 演出:)• (2009年10月、リンゴ企画、振付・演出:) - 2011年1月にニューヨーク、2011年4月3日に神楽坂で再演。 ファンファーレ(2012年10月、 作: 演出:柴幸男、、) - ファーレ役 執筆業• 2003年、詩画集「aqua」をリトルモア社より発行• 2007年、絵本『せかいでいちばんあたまのいいいぬ〜ピートがっこうへいく』(マイラ・カルマン著)を矢野顕子と共同で翻訳(リトル・ドッグ・プレス社より発行)• 2014年、『ネコの吸い方』を幻冬舎から発行。 2014年3月1日に結婚・入籍しており、相手の姓が「山口」であるため(( FOODIE))、本名は「山口美雨」に変わっている可能性がある。 美雨には異父兄・風太のほか、姉と弟がいることを父・坂本龍一が公表している。 姉は坂本龍一と前妻との子、弟は矢野との結婚生活の破綻後に坂本龍一と事実婚の関係にあった女性との子である• 坂本美雨の(放送)• (公式ブログ 2013年1月25日)• 2013年のベストアルバム『miusic』のジャケットにサバ美が使用されている。 1997年間シングルランキング• ( 2014年3月1日 同日閲覧)• Sponichi Annex 2015年7月27日. 2015年7月27日閲覧。 音楽ナタリー 2015年12月4日. 2015年12月4日閲覧。 (坂本美雨公式サイト 2014年2月19日 外部リンク• - 公式サイト• miusakamoto -• - 旧ブログ ブログ•

次の

ディア・フレンズ

坂本 美雨 の ディア フレンズ

人物 父親は、母親はという、ミュージシャンの両親の元に生まれ、やを胎教として育った。 5歳年上の異父兄、風太がいる。 祖父は編集者の。 9歳だった(2年)には家族で・に移住し、高校卒業まで同地で過ごしたため、とのである。 高校時代には美術を専攻していた。 名前の「美雨」は、を意味する英語、「ミュータント(mutant)」に由来し、父が名付けた。 初恋の人は両親の友人であった音楽バンド、のボーカル、。 初めて買ったCDはの「」だった。 16歳だった(平成9年)より日本での音楽活動を開始。 現在は都内在住であるが、母親の矢野顕子がニューヨーク在住であることからの母の住まいを「実家」と称し、度々行き来していることをブログで明かしている。 北京、上海、韓国での経験もある。 大の映画好きであり、新作映画への推薦コメントや批評の執筆も行っている。 演劇、ダンス好き、読書家にして愛猫家。 また旅好きでも知られ、これまでカナダの、中国(、、、、、)、、(、)、、、など様々な都市へ出かけたほか、に乗り3週間旅したドキュメンタリーが放送されたことがある(なお、坂本は自らいわゆる「」であると称している )。 さらに演劇への造詣も深く、舞踏全般、主にコンテンポラリーやを観劇。 自身の"声を楽器として"さらに意識した楽曲制作、コンサート活動を行う(インタビューより)。 シンガーソングライターとのユニット『おお雨』としても活動。 の藤戸じゅにあとのエレクトロユニット『NAKED LAMP』や、との『サカモト兄妹』など、コラボレーションも多数。 Salyu、映画「」サントラなど他アーティストへの歌詞提供も行う。 また、演劇の舞台出演やダンス公演なども行い、『音楽劇ファンファーレ』ではメインのファーレ役をつとめる。 熱心な愛猫家である。 愛猫"サバ美" が雑誌や新聞に掲載されるなど、人気を集めている。 「FreePets〜ペットと呼ばれる動物たちの生命を考える会」のメンバーとして、また一般社団法人「ランコントレ・ミグノン」のボランティアとして動物愛護活動も行い、東日本大震災の被災動物の救援活動にも熱心に携わる。 略歴 1997年• 1月29日、16歳にして「Sister M」名義で坂本龍一の「」に客演して歌手デビュー。 当初 Sister M の正体は公表されておらず、当時に所属し、坂本龍一とそれぞれが共演経験を持っていたやではないかと噂が飛び交った が、の『』で坂本龍一が正体を公表した。 この曲はドラマ『』の主題歌で、CD売上が70万枚を越えるヒットとなる(オリコン推定売り上げ721,690枚、最高位6位)。 坂本龍一によれば本来、の為に書いた曲だが(のちに日本語の歌詞で『』としてリリースされた)、素人っぽい謎めいたアーティストを探していた際にニューヨークの自宅でたまたま美雨に歌わせてみたところ、「イメージとピッタリ合ったので起用した」と語っている。 坂本龍一はそれまで娘の歌声は聞いたことがなかったと言う。 1998年• 11月、本名・坂本美雨としてミニアルバム『aquascape』でよりデビュー。 のギタリストと、そのSUGIZOが時代からリスペクトしている、が共同でプロデュースした。 1999年• 音楽活動を続けながら通っていたニューヨークの現地の高校を卒業。 映画『』の主題歌を歌う。 初のオリジナルアルバム『DAWN PINK』をリリース。 その中で母の「ひとつだけ」をカバーしている。 2000年 - 2002年• 数枚のシングルをリリース(セカンドアルバム『miutation』をリリースする予定でレコーディングしていたが、レコード会社の事情によりお蔵入りに)。 執筆活動も増え、連載、絵本の翻訳、テレビでの司会、ラジオのパーソナリティなど幅広い分野で活躍。 テレビ番組 のドキュメンタリー番組の撮影で、に乗り3週間ロシアを旅した。 2003年• ジュエリー・ブランド「」のプロデュースをスタート。 詩画集『aqua』を社より出版。 東京・名古屋で個展も行う。 この頃から、中国でのライブ、ミュージシャンでのプロデューサーであるとのコラボレーション、中国各地への取材旅行など、中国との縁も深まっている。 2004年 - 2005年• へ移籍。 初めての舞台に立つ。 シェイクスピア『夏の夜の夢』ハーミア役。 自身が生まれて初めて観た映画『』の主題歌をカバーし、の企業CMに起用された。 2006年• 5月、オリジナルアルバム『Harmonious』をリリース。 このアルバムは父・の手を一切借りず、アーティスト坂本美雨としてひとり立ちを果たすことに成功した作品といえる。 アルバムのアートワークはなどのアートワークで数々の賞を受賞しているアートディレクターが手がけ、公私共に親しい仲である。 「」のミュージック・ビデオでは、ダンス・カンパニー主宰のが踊りで出演。 この年、女優デビューを果たす。 の勧めで舞台『竹中直人の匙かげん2』に出演し、、らと共演。 下北沢、大阪、静岡で約1ヶ月間上演される。 2007年• の新商品、ヱビス〈ザ・ホップ〉のTVCMに出演。 友人である歌手と共演。 12月、3枚目のアルバム『朧の彼方、灯りの気配』をリリース。 "人力トランス"として知られるバンドのメンバー、の、の、のなどと組み、自身の声を中心とした色彩豊かな音を創りあげる。 タワーレコードインストアライブ(東名阪)を行う。 シンガーソングライターとのユニット『おお雨』を結成。 ライブ活動を行う。 自身のPV「Swan Dive」で初監督(ダンス演出は)。 写真家のの個展『NINAGAWA WOMAN』の看板を飾る。 (12月13日から翌2008年1月6日) 2008年• -Tribute to Haruomi Hosono 2-』に参加。 (2008年1月23日発売)• 11月5日、アルバム「ZOY」を発売。 (、、、、、、参加。 エンジニアは益子樹())• 12月12日、朗読劇『LOVE LETTERS』出演。 (相手:舞踏家)• ツアー『Zoy's Room』(東名阪)• 『情熱大陸スペシャルライブ』東京・大阪公演に出演。 雑誌アイスランド特集号の表紙・巻頭特集でアイスランド音楽を紹介。 名古屋でレギュラー番組『 Future Standard』のナビゲートを開始。 (毎週日曜 9:35-9:50) 2009年• 演出は主宰、近藤良平。 『』におおはた雄一と出演。 トリビュートアルバムに参加。 横浜開港150周年『』のシアター映像作品『gift〜未来へのおくりもの』のテーマ曲を作詞・歌唱• 1st アルバム『PLEASURE』に「baby blue」で参加。 ザ・ミュージアムの展覧会『ピカソとクレーの生きた時代』テーマソング「Libera in Sleep」(「ZOY」収録) 2010年• 「NIGHT COLOR」CMナレーション。 2月1日から2月7日まで渋谷駅前大型ビジョン4台をジャックし深夜0時より1時間放映。 金沢eAT'10 『トキメキからだフェスティバル』出演。 、らと共演。 テーマソングの歌唱、ダンス出演。 5月19日、新アルバム『PHANTOM girl』発売。 NY在住のミュージシャンShanghai Restoration Projectと共作。 アートワークは、アルバム4作目の共作となる友人のアートディレクターが担当。 先行シングル「Phantom girl's first love」が『』のエンディングテーマとなる。 Shanghai Restoration Projectと共にタワーレコードインストアライブ(東名阪)を行う。 との共作曲「地球はやっぱり青かった」を発表。 「おお雨」名義で『情熱大陸スペシャルライブ』札幌公演に出演。 自主企画ライブイベント『Direct MIUsical』(会場:EATS and MEETS Cay をスタートさせる。 第一回ゲストは、第二回目ゲストは。 ・藤戸じゅにあとのユニット『NAKED LAMP』を結成。 化粧品『草花木果』TVCMテーマソング『はじまり はじまり』(作詞:、作曲:)を歌唱。 動物愛護活動を本格的に始める。 社団法人の立ち上げに参加。 NHK『ミューズの微笑み』で美術館を巡る旅人を務める。 2011年• のらとのダンス公演『山羊ボー走』ニューヨークのでの公演。 とのユニット『おお雨』ファーストワンマンライブを行う。 ダンス公演『山羊ボー走』凱旋公演(神楽坂セッションハウス)。 のソロアルバム『』に歌唱参加。 『坂本美雨presents Direct MIUsical』第3回目公演を主催。 ゲストはシンガーソングライターの。 バンドは、鈴木正人、。 ヒガシトーキョーフェス『道との遭遇』に出演。 東日本大地震支援アルバム『Play for Japan Vol. 10』に参加しYMOの「Perspective」を、とカバー。 5月18日、6枚目のフルアルバム『』を発表。 アートワークはアルバム5作目の共作となるが、ミュージック・ビデオは監督が担当。 先行シングル「Precious」が「」エンディングテーマとなる。 東日本大震災による被災動物を救うためのチャリティーイベント「いぬねこうし祭り」を立ち上げ、開催 渋谷)。 福島の避難所を周り、チャリティーライブを行う。 『 2011』に初出演。 8月、の三浦康嗣が主宰する『スカイツリー合唱団』とメンバーとなり、にてライブを行う。 10月21日、坂本の歌声を元にして作られた3対応のボーカル音源「Mew」が発売。 10月3日、ラジオ局 系全国38局ネットの長寿番組『』の6代目パーソナリティに就任。 10月12日、自主イベント『Direct MIUsical』Vol. 5を開催。 ゲストは旧友の。 12月10日、にてのライブに参加。 2012年• 『@横浜』にてと共演。 3月20日、自主企画ライブイベント『Direct MIUsical Vol. 6』を開催。 ゲストに、スカイツリー合唱団。 4月、被災動物救済のための『いぬねこうし祭り』Vol. 2を開催。 5月12日、ヒガシトーキョーフェス『道との遭遇』に出演。 5月19日、に出演。 6月15日 - 17日、劇団の『Le Nez』に音楽参加。 7月14日、に名義で出演。 のATSUSHIが飛び入り参加。 8月8日、7枚目フルアルバム『I'm yours! 』をリリース。 のDave Liangとの共同制作。 アートワークは。 をラップに迎えたタイトル曲「I'm yours」を収録。 リリース当日にはスペシャルワンデーが行われ、朝から夕方までの番組にゲスト出演を果たす。 エレクトロアルバムチャート1位となる。 8月12日、『2012』に出演。 ともライブ共演を果たす。 8月19日、『2012』に名義で出演。 9月2日、『I'm yours! 』リリース記念インストアライブ 渋谷• 9月8日、『』に出演。 のATSUSHIと共演。 9月15日、『芋煮会@猪苗代』に出演。 9月22日、宮城県塩竈市で行われた『』に出演。 チャリティ・ソング『タイトルのない唄』歌唱参加。 作曲は• 『音楽劇ファンファーレ』の「ファーレ」役をつとめる。 (9月28日 - 10月14日)、他、、、にて公演を行う。 (作演:、、 ))• 10月3日、『』の6代目パーソナリティとして2年目突入。 のツアーメンバーとして11月12日 - 12月6日まで全国9カ所10公演を行う。 のコラボレーションアルバム『』に参加。 「雅 vs vs 坂本美雨」名義で『祈りを』を歌唱。 劇団の『Le Nez』再演。 歌唱参加。 ニューアルバム『渋彩歌謡大全』に参加。 「渡」を歌唱。 2013年• 3月、 壺中天公演『忘れろ、思い出せ。 』に舞台音楽を提供。 3月7日、ワンマンライブ (Saravah Tokyo• 5月30日、「DIRECT MIUsical Vol. 7 feat. 」()• ベストアルバム「miusic - 1997〜2012」のリリースを発表。 6月26日発売。 2014年• 3月1日、ブックディレクター兼の男性と結婚。 3月5日、をプロデューサーに迎えた8枚目のフルアルバム『』をリリース。 2015年• 7月27日、にて第1子女児を出産。 父である坂本龍一にとっては初孫に当たる 母である矢野から見た場合は2人目、前年秋に異父兄に子供が生まれていたため。 音楽作品 シングル タイトル 発売日 最高順位 規格品番 備考 The Other Side Of Love 1997年1月29日 6位 FLDG-1007 featuring Sister M 名義• ドラマ『』主題歌 鉄道員(TETSUDOIN) 1999年5月26日 49位 WPC6-10018• ドラマ『』主題歌 sleep away 2002年4月24日 - WPC6-10205 sleep away• 『』 2002年4 - 6月 オープニングテーマ Cosmo MiuMiu• 『』2002年10月・11月放送楽曲 2005年11月16日 77位 YCCW-30004 「」のカバー• 「環境テーマ広告」CMソング はじまりはじまり 2010年11月24日 - 配信限定 として配信• 株式会社キナリ「草花木果」CMソング アルバム タイトル 発売日 最高順位 規格品番 販売形態 備考 aquascape 1998年11月26日 49位 WPC6-8695-6 CD2枚組 ミニアルバム。 DAWN PINK 1999年9月29日 28位 WPC6-10037 1stフルアルバム。 Miu Sakamoto シングル 2000年5月24日 WPCV-10072 VB-1032(アナログ盤) Finally (スケボーキング feat. Miu Sakamoto) スケボーキング アルバム 2000年9月27日 WPCV-10100 Finally (スケボーキング feat. Miu Sakamoto) Another Sunny Day honeydip アルバム 2000年12月15日 EM-0001 (コーラスで参加) アルバム 2001年12月5日 AICL-1352 いいの (feat. 坂本美雨) トリビュート〜青春〜 アルバム 2006年12月6日 UICZ-8018 揺れるまなざし Tribute to アルバム 2007年3月21日 GYCL-10021 Dancing in the Street ( feat. hayato アルバム 2009年4月15日 LEXCD-09004 babyblue feat. 坂本美雨 アルバム 2009年7月22日 VFCF-00044〜5 (坂本美雨 feat. 1 雅-Miyavi- アルバム 2012年11月14日 TOCT-29086 TOCT-29087 祈りを (Miyavi vs 亀田誠司 vs 坂本美雨) V. River of Crystals (作曲・編曲:、歌:) - アニメーション映画『』挿入歌• 伊藤君子「フォロー・ミー」(2004年3月3日、VACH-1002)収録• 川井憲次『イノセンス オリジナル・サウンドトラック』 2004年3月3日、VICL-61294)収録• sail away (作曲・編曲:川井憲次、歌:) - アニメーション映画『』挿入歌• 川井憲次『SOUND of The Sky Crawlers』 2008年7月25日、VPCG-84882)収録• ROSE (作曲:、歌:)• Salyu「」(2009年8月19日、TFCC-89283[初回限定版]・TFCC-89284)収録 その他の音楽作品• 横浜開港150周年『』のシアター映像作品『gift〜未来へのおくりもの』のテーマ曲を作詞・歌唱• 『トキメキからだフェスティバル』(金沢eAT'10)テーマソング歌+ダンス• 『フィンランドからの森だより』サウンドトラック、歌• 35周年『こころのことば』ムービー声、歌 出演番組 テレビレギュラー• (、2001年)- 、と共に司会を1年間務める。 (、2004年11月2日 - 2011年6月29日)- ナレーション。 坂本美雨の出演は2004年11月2日 - 2007年3月25日。 テレビ出演・ナレーション• シベリア鉄道音紀行 坂本美雨ロシアの音を求めて9000キロ(、2002年4月29日)• (、2002年) - やらと同じく会場外で個人的なジャッジ、コメントをするコメンテーターとして出演。 また、会場で応援歌として自作『ブランク』を披露し、その様子も放送された。 (NHK) - ゲスト出演• 芸術劇場・特集番組()- ナレーション• () - ゲスト出演• (NHK教育、2010年10月 - 12月)• -Our Voices(NHK - ナレーション• (フジテレビ、2013年6月20日) - ゲスト出演• スペシャル 2013年6月22日 - ゲスト出演• 第9話(TBS、2017年3月14日) - 山本みずえ 役 ラジオレギュラー• Life Safari(、2001年 - 2003年)• Sunday Morning Delight(J-WAVE、2003年 - 2005年)• (J-WAVE、月-金24:00 - 24:30、2006年4月 - 2007年3月) - 旅人で作家のと司会を務める。 中部電力 FUTURE STANDARD(、日曜9:35 - 9:50、2008年10月 - 2009年)• 坂本美雨の(、月-木11:00 - 11:30、 - )- パーソナリティ• (、日曜7:00 - 7:30、 - )- パーソナリティ• きこえタマゴ! (NHKラジオ第1、2017年4月3日 - ) - MC ラジオ出演• 坂本美雨の(放送、) - ゲストに坂本龍一を迎える。 CM テレビCM• 『グリーンベンチ篇』(2007年)と共演• PANASONIC「NIGHT COLOR」シリーズ - ナレーション• 「彩」(アイスクリーム) - ナレーション• 「あうて」(2014年) ラジオCM• 「エコアイデア」キャンペーン、「NIGHT COLOR 夜家電」キャンペーン 舞台出演• (2005年8月、、作:、脚色・演出:)- ハーミア役• (2006年12月、竹中直人の匙かげん 作: 演出:)• (2009年10月、リンゴ企画、振付・演出:) - 2011年1月にニューヨーク、2011年4月3日に神楽坂で再演。 ファンファーレ(2012年10月、 作: 演出:柴幸男、、) - ファーレ役 執筆業• 2003年、詩画集「aqua」をリトルモア社より発行• 2007年、絵本『せかいでいちばんあたまのいいいぬ〜ピートがっこうへいく』(マイラ・カルマン著)を矢野顕子と共同で翻訳(リトル・ドッグ・プレス社より発行)• 2014年、『ネコの吸い方』を幻冬舎から発行。 2014年3月1日に結婚・入籍しており、相手の姓が「山口」であるため(( FOODIE))、本名は「山口美雨」に変わっている可能性がある。 美雨には異父兄・風太のほか、姉と弟がいることを父・坂本龍一が公表している。 姉は坂本龍一と前妻との子、弟は矢野との結婚生活の破綻後に坂本龍一と事実婚の関係にあった女性との子である• 坂本美雨の(放送)• (公式ブログ 2013年1月25日)• 2013年のベストアルバム『miusic』のジャケットにサバ美が使用されている。 1997年間シングルランキング• ( 2014年3月1日 同日閲覧)• Sponichi Annex 2015年7月27日. 2015年7月27日閲覧。 音楽ナタリー 2015年12月4日. 2015年12月4日閲覧。 (坂本美雨公式サイト 2014年2月19日 外部リンク• - 公式サイト• miusakamoto -• - 旧ブログ ブログ•

次の

坂本美雨

坂本 美雨 の ディア フレンズ

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態の、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 ディア・フレンズ ジャンル 放送方式 放送期間 - 現在 放送時間 月曜 - 木曜 11:00 - 11:30 放送局 ネットワーク パーソナリティ ( - ) 提供 ( - ) 特記事項: 番組内では『 パーソナリティ のディア・フレンズ』としてパーソナリティの名前が入るで放送。 までは金曜日も放送。 『 ディア・フレンズ』( Dear Friends)は、をとする全国の加盟のFM局38局で月 - 木曜日の11:00 - 11:30()に放送されている。 一部の局では自社制作番組に内包される形で放送される。 毎回、ゲストを迎えて放送している。 金曜に放送されていた時期もある。 前身は『』。 パーソナリティの歴史 [ ]• 初代:(1995年4月 - 1997年3月)• 『ディア・フレンズ』の番組名は飯星の発案によるもの。 2代目:(1997年4月 - 1998年9月)• 坂上は当時TOKYO FMの平日午前ワイド『』のパーソナリティをしており、同局ではその中の1コーナーだった。 なお、前身の『コーヒータイム』でも末期に金曜日のパーソナリティだったことがある。 その後は、『』や『』(2006年4月 - 2008年3月)のパーソナリティをしていた。 3代目:(1998年10月 - 1999年12月、2011年2月 - 12月)• 石井が担当していた時は毎週金曜日にはゲストを呼ばず、リスナーからのお便りを紹介する日となっていた。 石井はこの番組降板後、日曜午後の『』(2007年3月まで)、土曜深夜の『』(2007年4月 - 2008年3月)のパーソナリティをしていた。 2011年2月18日から、『 石井竜也のディア・フレンズ CASIO 〜Mind Frame〜』(毎週金曜日)を担当、番組パーソナリティとして約14年ぶりに復帰する。 4代目:(2000年1月 - 2006年3月)• 恵は2005年4月からで『』の司会を担当していたが、この番組のパーソナリティはそのまま継続。 この時代のテーマソングはによるRhythmsticks「Working People」 ・• 5代目:(2006年4月 - 2011年9月)• 担当開始当初は恵との差別化のためか、ゲストはほぼすべてアーティストだったが、2006年10月頃から文化人も増えた。 同一ゲストが2日続けて登場することも多い。 2010年10月からは、ゲストとのトークの前に女性の声でゲストのプロフィールを紹介することになった。 6代目(現在):(2011年10月 - )• 坂本が担当してからは、ゲスト出演前に「ディアペディア」(のディア・フレンズ版)というゲストのプロフィール紹介と、番組終了前に今日印象に残った一言をゲストとのやり取りで振り返る試みが導入された。 2015年4月に放送開始20周年を迎え、第3週に歴代パーソナリティである飯星、石井、赤坂、坂上(出演順)をゲストに迎える企画が行われた(放送時同時間帯の『』に出演していた恵は登場せず)。 放送開始25周年の2020年4月20日からは新型コロナウイルスの影響でスタジオ収録が出来なくなり、当面は「StayHome~サバ美といっしょにおうちラジオ~」として坂本の自宅からリモート、オンラインでゲストとトークをする内容となっている。 テーマ曲はLUSRICA「Memory Lane Follows」。 ディア・フレンズ金曜版 [ ]• 10月の改編から、『赤坂泰彦のディア・フレンズ』の放送は月 - 木に短縮され、代わって金曜日の同枠で『 ディア・フレンズ・フライデー』がスタートした。 パーソナリティは。 なお、2010年6月25日で終了した。 2010年7月からは、がパーソナリティとなり、3か月限定の番組『 コブクロ Dear Songs』(コブクロディアソングス)を放送。 同年8月25日に発売されたアルバム『』に収録された楽曲を基にしたトークを行った。 また、アルバム発売前日には、『コブクロ Dear Songs』の公開放送の収録を兼ねたイベントが行われた。 10月の改編から、『赤坂泰彦のディア・フレンズ』が1年ぶりに金曜日にも放送を開始。 2011年2月4日に終了(翌週11日はを放送するため休止)• 2月18日から同年12月30日にかけて、金曜日は約14年ぶりに復帰する石井竜也が『 石井竜也のディア・フレンズ CASIO 〜Mind Frame〜』(いしいたつやのディアフレンズカシオマインドフレーム)を担当した。 これをもって一旦金曜のディア・フレンズは終了。 1月6日からの金曜日同時間帯は『』を放送中。 ピンチヒッター [ ]• - 2007年9月3日 - 9月7日• - 2015年7月27日 - 9月30日 坂本美雨がに入ったため、坂本の友人である土岐が代理を務めた。 坂本が復帰した10月1日にはゲストとして登場した。 主なコーナー [ ] 2019年4月現在 [ ] カフェトーク 放送分から開始した番組後半のコーナー。 森永乳業がスポンサーとなっている(は番組開始時と終了時に行っているため番組全体のスポンサーという形だが、同社CMはコーナー直後のみで、番組中に形式のコマーシャルも放送される。 スタジオにが持ち込まれ、庫内の同社製品からゲストが好きなものを選択する。 製品裏にはゲストへの質問が書かれており、それにゲストが答える形となる。 森永乳業は前日の2019年3月31日まで東名阪でネットしていたのスポンサーだった。 過去 [ ] ニチイ Everyday Thanks 放送分から開始した番組後半のコーナーで(放送は月曜 - 木曜)、がスポンサーとなっている。 ゲストが「ありがとう」を伝えたい人への思いを語る。 また、リスナーからのメッセージも紹介している。 Dear My Dream 2010年11月26日放送分から12月31日まで放送したコーナーで(放送は金曜)、ゲストの「夢」を語る。 また、リスナーからの夢にちなんだメッセージも紹介しており、コーナーの最後にはの発売情報も伝えていた。 The IMPRESSION 番組前半の、ゲストへのインタビューコーナー。 スポンサーは。 2009年3月31日まではがスポンサーで、DHCの冠が付けられていた。 SOUND PORTRAIT まで番組後半に放送されていたコーナーで、ゲストが選曲したドライビングソングを紹介する。 2009年3月31日までは、それ以前はがスポンサーで、それぞれTOYOTA、JTの冠が付けられていた。 the focus から同年12月まで放送されていたコーナー(放送は月曜 - 木曜が番組前半、金曜はカシオが番組全体のスポンサーなのでコーナーとしての区切りはなく、番組後半に同内容の構成がなされている)。 内容は過去のthe IMPRESSIONに似ているが、ゲストのお気に入りの一品をカメラに収め、サイト「IMAGING SQUARE」で加工したものを番組サイトにアップしている。 、リスナーからも募集しており、毎月最優秀作品一作品(The Focus賞)を選び、こちらも番組サイトにアップされた。 同年をもって月曜 - 木曜の放送は終了し、金曜のみに縮小して続けられた。 2001年4月開局から。 放送地域 放送局 備考 1996年12月開局から。 JFNに加盟した2003年4月から。 1999年4月開局から。 はの中継のため12:00から時差ネット。 イベント [ ] 坂本美雨が担当するようになってから、公開収録を兼ねたゲストと坂本が共演するライブ「ディア・フレンズLIVE」が行われるようになった。 「ディア・フレンズLIVE Vol. 1 Welcomes supported by あ・う・て」 2013年6月14日• 「ディア・フレンズLIVE Vol. 2 Welcomes supported by あ・う・て」 2014年4月5日• 「ディア・フレンズLIVE Vol. 3 Welcomes supported by あ・う・て」 2014年11月19日 脚注 [ ]• の「」のベースの曲• 2010年8月25日• プレスリリース 2015年7月16日 PDF• 2015年7月16日• 坂本美雨のディアフレンズ 2015年10月1日• かつては• を付けで除名され、また同年をもってJFNからの番組供給が停止される予定だったが、9月まで供給延長が決まり、続行されることになった。 更に、9月28日に供給延長が再び決まり、11月4日の新規加盟まで続行された。 なお、2010年9月30日までの社名は「株式会社Kiss-FM KOBE」であった。 番組公式サイト• 番組公式サイト• 番組公式サイト 外部リンク [ ]• - 番組公式サイト• dearfriends80 -• - 『ディア・フレンズ』に出演したゲストのリスト(一部のみ) ・JFN系列 月曜日 - 木曜日 11:00 - 11:30 前番組 番組名 次番組.

次の