フォトシルクプラス 失敗。 イタリア発光治療「フォトシルクプラス」がシミや肝斑に効果絶大!

シミ取りレーザーでよくあるご質問集

フォトシルクプラス 失敗

やっぱり聞きたいのは、ガチでやってる人の話だよね! 体験豊富な美界の住人に、事情聴取! 「レーザー」のほか「IPL」も経験あり。 証言者Aさん [美容ジャーナリスト] 5年前に「レーザー」で消したシミが甦ってきて… 40代前半の5年前からシミ取りスタート。 「5年前にフェースラインにあったシミをふたつ『Qスイッチルビーレーザー』で取ってもらいました。 当時は完全に消えて満足したけれど、5年後あらためて見てみると同じところに同じものが…。 生き返ったのか、新たにできてしまったのか、判断つきません。 もう一度『レーザー』をやるか思案中です。 最近だと、6種の光を打ち分けるという最新の『フォトフェイシャル』=『M22』をやりました。 全顔1回¥50,000でした。 こうして顔全体を大掃除してみたところ、今まで気にしていなかった頰の大きなシミが逆に気になってきて…。 『遅発性太田母斑』ではないかとのこと。 これはアザで肌の深いところにあるので、『レーザー』を弱く当てる『レーザートーニング』を何度もやるのがいいとか。 そこまでして取りたいかというと迷うところだし、コンシーラーで隠せないこともないので、コレはいじらないかもです」 完全インドア生活。 30代半ばからシミ取りスタート。 気になるシミを「レーザー」で狙い撃ち。 証言者Bさん [美容エディター・ライター] 「レーザー」で全滅させたので、私にシミはありません! 「シミは『レーザー』でガッツリ取りたい派。 『IPL』などのマイルドなものには興味なし。 10年くらい前に目立つシミを『レーザー』で取りまくったので、今はほとんどシミを気にせず生きてます。 金額は、顔の目立つシミを全部取って¥50,000くらい。 かなりお得だったと思います。 もちろん、日ごろから日焼け止めは完璧にしています。 予防とアフターケアとしての美白も万全です。 それでも、新たなシミが気になってきたら、また『レーザー』でバチバチに焼き尽くしますよ(笑)」 写真はイメージです 「IPL」は大好き。 子育て中なので屋外多め。 日焼け止めと美白コスメも大好き。 証言者Cさん [美容ジャーナリスト] 「IPL」は定期的にやりたい! お金が続けば…だけど。 「今から20年くらい前かな。 『レーザー』が日本に上陸したてのころ、『レーザー』で火傷になってしまい、後々うっすらとしたシミに…。 無知な自分を呪い、『レーザー』恐怖症になりました。 その後、『アキュチップ』を何回か当ててみましたが、何度やっても消えませんでした。 お金をムダにしました。 最初からシミ専門のところで『レーザー』をやり直せばよかったと後悔。 最近、『Qスイッチアレキサンドライトレーザー』を1回やって、シミの面積が縮小。 次は『炭酸ガスレーザー』で表面を薄く削って取るかもです。 そのシミの話とは別に、顔全体に『レーザー』を弱く薄く当てる『レーザートーニング』や『レーザーフェイシャル』、くすみ取り&ハリアップに『IPL』の『ライムライト』をたまにやっています。 こちらは1か月くらいすごく美肌でいられるので、美肌メンテの一環として有効です。 ただ、全顔1回¥40,000~50,000と高額なのが、ね。 お金があれば月1ペースでやりたいけれど…(笑)」 美容好きな友達からの口コミやネットで格安な施術をチェック。 アウトドア好きで日焼けしやすい。 証言者Dさん [美容マニア] 最新の治療を格安でがモットー! でも、ときにハズレもあり(笑) 「最新の施術がお安く受けられる格安クリニックを日々サーチしています。 シミやくすみも気になるけれど、ハリのアップも課題なので、『IPL』一本やりです。 最近だと『IPL』の中でも新しめというエリプス社製『I2PL』を試しました。 全顔1回¥20,000ちょいだったと思います。 失敗談としては、『フォトフェイシャル』の新機種と言われる『M22』を試したときに、直後にカサブタになるとかいった通常の反応が皆無で、効果がほとんど感じられなかったこと。 全顔1回¥25,000が半額になるお得なチケットを購入したはずだったのですが…。 チケットを消化するか思案中です」 Domani2018年3月号『美容刑事 FILE 012』より 本誌撮影時スタッフ:撮影/恩田はるみ スタイリスト/郡山雅代 構成/木更容子 取材協力/城野親德(シロノクリニック総院長) 写真協力/青山ヒフ科クリニック 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

レーザートーニングを10回受けて感じた効果&口コミ【体験写真付き】

フォトシルクプラス 失敗

・年齢:33歳 ・仕事と生活環境:デスクワーク・通勤で車を運転・休日はたまに買い物へ出かける程度 ・シミの発生:15歳頃に1つ発生。 20代後半でぐんと増えていった。 ・思い当たる原因:中学時代テニス部で日焼けしていた。 【肌の悩み】 ・両頬のシミ そばかす? ・赤ら顔 ・乾燥肌 ・肌のくすみ ・ほうれい線 フォトシルクプラスを受けにシロノクリニックへ行ってきた! ドクターシーラボの生みの親!シロノクリニック 症例数25万例以上を誇るシロノクリニックは、レーザー治療のパイオニアでありエイジングケア専門の美容皮膚科。 レーザーにもシミにも精通している、つまり シミ取りレーザー治療のプロがそろっているクリニックなのです。 コットンや綿棒、スタイリング剤もあるので帰りも安心ですね。 医師によるシミの診察 まずは医師によるカウンセリング 今回担当して下さったのは横浜院の佐藤 美 よしみ 先生。 目がパッチリしている小顔な美人女医さんです。 問診やシミの状態を診て、最適な治療方法を提案してくれます。 佐藤先生:鼻にはないのでそばかすではなくシミでしょう。 あと、左頬に少しモヤっとしているのがあるので肝斑が出始めているかもしれないですね。 oh… ショックはあったけど知らないままいるより、ちゃんと診てもらってよかった。 私のシミを診て佐藤先生が治療法を4つ提案して下さいました。 提案1.「フォトシルクプラス メラニン色素の分解・排出 」と「メドライトC6 肝斑治療 」を一緒に受ける 提案2.「フォトシルクプラス」でシミを消してから「メドライトC6」の肝斑治療に移る 提案3.「フォトシルクプラス」のみにして、肝斑が濃くなったら「メドライトC6」を受ける 提案4.薬によるシミ治療 私は早くシミを消したかったので提案4の選択肢は排除。 そして、肝斑が目立つ前に消したかったので、提案1の 「フォトシルクプラス メラニン色素の分解・排出 」と「メドライトC6 肝斑治療 」で一緒に治療をしてもらうことにしました。 シロノクリニックには 「フォトシルクプラスス」と 「メドライトC6」をセットにした 『トータルホワイトニングフォトセラピー TWP 』というオリジナルのセットメニューがあります。 別々に受けるよりもお得なセットメニューになっていて、私が受けたメニュー名がそれです。 炎症後色素沈着 PIH についても説明がありました。 炎症後色素沈着は、炎症を起こしたあとに茶色くシミになる状態をいいます。 これはレーザー治療だけでなく、虫刺されやニキビ、肌をこする刺激などでも起こります。 撮影した写真は門外不出にしてくれるそうなので安心してください。 医師の診察のあとは、看護師さんがシミの撮影をし、使用するレーザーの効果や痛み、お薬の説明があります。 「フォトシルクプラス」も「メドライトC6」も説明を聞いていて耐えられない痛みではなさそうだったので麻酔なしで受けることにしました。 お薬の効能や使い方を分かりやすく説明してくれます 今回私が処方されたのは以下の3つでした。 肌の生まれ変わりをサポートしキメを整えます。 (照射後2日目~/化粧水または美容液の後) 承諾書を読んで署名と印を押して、治療前の手続き完了です。 この後はいよいよシミの治療に入りますが、もし気になることや医師に聞き忘れたことなどがあればここで聞いておきましょう。 シロノクリニックでは、上記2つのレーザー治療をセットにしたオリジナルメニュー 『トータルホワイトニングフォトセラピー TWP 』というものがあり、私が受けたのはそのセットメニュー。 なので、メドライトC6の体験談は術後の経過というより治療の様子や痛みの程度を参考にしていただければと思います。 ゴーグルをつけ、髪をタオルで巻き、もみあげなどの髪や眉を保護してくれます。 ほくろも照射すると薄くなるそうですが、私はほくろも保護してもらいました。 濃い部分は痛みを感じやすいそうなので。 ビビリなので。 準備完了です まずは顔に1ショットして痛みを確認。 大丈夫だったのでそのまま照射開始です。 メドライトC6照射中 焦げたような臭いがしますが、ゴーグルをして目もつぶっているので眩しさは感じません。 痛みも、眉をしかめるような痛みはなかったです。 この感覚を看護師さんがわかりやすく「火の粉が当たるような感じ」と例えてくださいましたが、まさにそんな感じです。 とても細かい火の粉が雨のように降ってチクチク当たっている感じでした。 ただ、皮膚の薄い部分に痛みを感じやすいそうで、私の場合は鼻下が1番痛みを感じました。 細かい部分まで当てて頂いているのが見えなくても分かりました。 顔全体で7分ほどの治療でした。 治療直後は肌が火照ってヒリつきを感じますが、これもひどいヒリヒリ感ではありませんでした。 「フォトシルクプラス」シミのレーザー治療の様子と痛み フォトシルクプラスで両頬に散らばっているシミの治療をしていきます。 フォトシルクプラスは ジュール数や肌・シミの色の見極めが必要で火傷のリスクもあるので、シロノクリニックでは 必ず医師が照射してくれるそう。 今回、診察をしてくださった佐藤先生が照射も担当して下さいました。 「冷たっ!!」ってなるのでフォトシルクプラスだけ照射される方は心の準備を忘れずに。 こちらも痛みを確認してから照射スタート アイマスクの下で目を閉じているのですが、それでもフォトシルクの場合はカメラのフラッシュのような眩しさを感じます。 フォトシルクプラス照射中 シミがない部分は痛みを感じませんでしたが、シミの部分は痛みを感じやすいそうで、私はシミが多い両頬あたりにゴムでパチンと弾かれたような痛みを感じました。 でも、たっぷりと塗ってもらったジェルと的確な出力調整のおかげで、麻酔なしでも耐えられる程度の痛みです。 私のように肝斑もある人は、強い出力で照射してしまうと返って肝斑が濃くなる事があるので、出力調整はますます大事になってきますね。 2周程まんべんなく照射してフォトシルクプラスが終了です。 顔全体で約5分でした。 本当に細かいところまで丁寧に照射してくれるので嬉しいです。 私は痛みに弱いほうなのですが、「フォトシルクプラス」も「メドライトC6」も余裕で受けることができました。 よっぽどでない限り麻酔なしで受けても大丈夫じゃないかなと思います。 すごくいい香り…この香りは! ジェルを拭き取った後は、照射により火照った肌を冷凍コットンで鎮静してくれます。 しかもこのコットン、ラベンダーのエッセンシャルオイルを含ませてあり、火傷の炎症を抑えてくれる働きもあるんだそう。 施術直後からヒリヒリ感と火照りを感じていたので、この鎮静タイムはとても至福の時間でした。 (鎮静してもらって嬉しそう) 治療直後の肌です。 シミが少し茶色くなってます。 先生や看護師さんが「よく反応してますね」とおっしゃってました。 「フォトシルクプラス」「メドライトC6」どちらも、ダウンタイム 日常生活に戻れるまでの期間 がないので治療後すぐにメイクができます。 必要な方は治療後にメイクルームでお化粧を。 初めての美容皮膚科&レーザー治療で緊張して行ったのですが、シロノクリニックは診察や説明、治療もすべてが丁寧・親切で安心しました。 ただ、私の肝斑はまだ目立つ前に予防として受けたので経過写真では両頬の細かいシミの変化をご覧下さい。 シミ取りレーザー治療から2時間後 時間を追うごとに照射部分が濃くなってきました。 こっちも。 時間を追うごとに茶色くなった部分が濃く黒浮きしてきます。 先生や看護師さんたちがおっしゃっていた「よく反応しましたね」がこのことですね。 むしろこれで気付かない方がどうかしてる。 シミ取りレーザー治療の翌日 昨日より濃くなりました! こちらもハッキリ濃くなってます。 左頬は顔の筋肉を大きく動かすと、大きいシミの部分が若干つっぱる感じがありました。 あと、気になっていた左のほうれい線のシワが浅くなったような気がします。 シミ取りレーザー治療から2日後 シミの部分が落ち着きました。 なんだか肌が明るくなったような。 「最近くすんでるなぁ」って思っていた肌も全体的にワントーン明るくなってる!そしてやっぱり、ほうれい線のシワが薄くなった気がします(わかりにくくてすみません) そんなふうに鏡を見ていたら、目の下や頬のあたりもいつもより潤いとハリ・弾力を感じることに気付きました。 そういえば佐藤先生が「お顔だけでなく手の甲にも白さやハリを与えるために何年も通い続けている方もいらっしゃいます」っておっしゃっていました。 確かにこれは通い続けたくなっちゃう気持ちわかります? シミ取りレーザー治療から3日後 朝起きたら左頬のかさぶたが減ってました。 あと、昨日まではあまり感じなかったかさぶた部分の凹凸を少し感じられるようになりました。 そして写真を撮り忘れました!ごめんなさい!! シミ取りレーザー治療から1週間後 かさぶたの数が減り、小さくなってます こちらもあと少し! 画像だと見にくいのですが、寝ている間に引っ掻いてしまったのか、大きいかさぶたで1つ少し赤くなっているものがありました。 普段掻いたり触ったりしないように気をつけていたのですが、酷くならないかちょっと心配。 シミ取りレーザー治療から13日後 かさぶたが完全になくなりました! は…肌がキレイ!嬉しい!!?? 目立っていたシミが減って、肌にツヤが出ています!比較しやすいように治療前の写真と並べてみましょう。 それは佐藤先生や看護師さんからも「1度で全部なくなるわけではない」と説明を受けていたのでわかっていました。 当たり前ですが、画像処理でシミを消すなんて事してませんしノーメイクの状態です。 トイレに行ったときについつい鏡を見ちゃうくらいすごく嬉しいです! 炎症後色素沈着は出るのかな?気になるところですね。 フォトシルクプラスを受けた後のシミと肌の変化は、皆さんにもぜひ体感してみてもらいたいと思うほどの感動でした! 18年の間、シミにいいといわれるサプリメントや美白美容液を色々試してみても効果がなかったのに、たった1回であのシミがなくなるなんて思ってもみなかったです。 もちろんすべてのシミが1回でなくなるわけではないですが、私と同じように長年シミに悩んでいて美白美容液や美白サプリでも効果を感じられていないなら、着実にシミの悩みを解消していけるシミ取りレーザー治療を受けてみるのもありだと思います。 何回くらい通えば良いの?治療は痛いの?などなど…。 そんな気になる疑問を、シロノクリニック横浜院の医師・佐藤美先生に答えて頂きました! Q. シミ取り治療を受けた後に気を付けることは? A. フォトシルクプラスを受けた場合は、2日間忘炎症止めを塗ります。 メイクや洗顔、入浴は当日からOKです。 Qスイッチルビーレーザーの場合は、7~10日のあいだ保護テープを貼ったままにして、7~10日したらカサブタとともにテープを取ります。 テープが取れないように洗顔し、メイクはテープを避けてください。 どちらもアフターケアが大切です。 低刺激の日焼け止めをこまめに塗りなおし、日差しの強い場所ではサングラスをかけ、紫外線から肌を守りましょう。 2 治療に必要な回数はどれくらい? A. フォトシルクプラスはもう少し回数が必要です。 5回を1クールとしていますが、患者様がゴールとするところまで5回以上も継続可能です。 【番外編】シロノクリニック横浜院 取材後のお話 クリニックから帰る際、おしゃれな私服姿の佐藤先生にばったりお会いしました。 とても素敵なお店なので皆さんも大好きな方とのデートやシミ取りレーザー治療の帰りにぜひ! もしかしたらおしゃれな私服の佐藤先生に会えるかも? 医療関係者の方へ 当サイトに掲載している情報の正確性には万全を期しておりますが、内容について誤りや誤解を招く表現等がございましたらよりご連絡をいただけますと幸いです。

次の

シミ取りレーザーでよくあるご質問集

フォトシルクプラス 失敗

もくじ• レーザートーニングとは レーザートーニングは シミ取りレーザーのひとつで、スペクトラ・ヘリオス・メドライトC6などの機器を使用し、微弱なレーザーを当てることで肌の深い層にあるメラニン色素を 刺激なくゆっくり減らしていく治療です。 肝斑を含むシミ治療に最適 肝斑、くすみ、シミ、毛穴の開きなどの症状改善に使用されますが、 レーザートーニングの最大の特徴は肝斑(かんぱん)の治療ができるということ。 もともと肝斑は、シミ取りレーザーで逆に悪化しまうことから内服薬治療が推奨されてきましたが、レーザートーニングは弱い出力で照射するため 肝斑を悪化させずに治療することが可能になりました。 レーザートーニングは、メラニン吸収の特性を持った1064nmの波長を使用して肝斑を含む各種のくすみなど皮膚表面の色調を改善する治療です。 周囲の組織にダメージを与えることなく肌全体の色調改善 美白効果 や肝斑の改善が期待できます。 引用:湘南美容クリニック(シミ取りレーザー/レーザートーニング) フォトシルクプラスやライムライトとどう違うの? シミやくすみ治療と言えばフォトシルクプラスやフォトフェイシャル、ライムライト、QスイッチYAGレーザーあたりが有名ですが、これらは以下のように使い分けられます。 【シミ取りレーザーの使い分け】• レーザートーニング、ピコレーザー:レーザー (肝斑、くすみ、シミ、そばかす等の改善)• QスイッチYAGレーザー:レーザー (ピンポイントのシミ、あざ、そばかす等の改善)• フォトシルクプラス、フォトフェイシャル、ライムライト:光治療 (くすみ、シミ、そばかす等の改善) レーザートーニングにも使用されるメドライトC6など機器は、QスイッチYAGレーザーのひとつ。 同じ機器を設定を変えて使い分けます。 ちなみにレーザートーニングの上位機種に位置づけされるピコレーザーは、薄い肝斑にも効果が出やすいとされています。 ピコはトーニングに比べてお高めなので、あとはお財布と相談ですね。 一番の違いは、「肝斑治療」ができるかどうか レーザーと光治療は、似ているようで実は別物。 肝斑に強い出力のレーザーや光治療は逆に悪化する可能性があり、「シミ」と「肝斑」は治療を分けて考える必要があります。 もし、治療目的が肝斑でなくシミやくすみということでしたら、フォトシルクプラスやQスイッチYAGレーザーの方が向いている場合もあります。 レーザーと光治療の決定的な違いとは? A. この2つが異なることで、治療できるシミの種類や術後の回復期間(ダウンタイム)も変わってきます。 引用: レーザートーニングの効果(Before・After写真あり) ここからはレーザートーニングの具体的な効果とBefore・After写真についてご紹介します。 レーザートーニングの効果【クリニックサイトより】• 毛穴の開き• くすみ、色素沈着• 炎症後色素沈着(時間が経ったもの) わたしが実際に受けて感じた効果 下記は、レーザーを10回受けたBefore・After写真(ノーメイク)です。 治療後に友人に会ったら「肌がツヤツヤしてる!何かした?」と聞かれた。 何となく肌が明るくなったような感じ。 人に「肌がキレイになった」と言われたのは6回目ぐらい。 レーザートーニングの口コミと体験談 結論から言うと、レーザートーニングは 回数を重ねないと目に見える効果は感じにくいなと思いました。 1回でも毛穴が目立たなくなったりハリ感が出たりなど肌の変化は感じますが、肝斑やくすみの改善目的で受けるのであれば、少なくとも4~6回以上は継続する必要があります。 また、肝斑やシミが薄すぎると逆にレーザーが反応しにくいため、治療に時間が掛かることも。 私は合計10回受けていますが、まだ完全には消えていません。 目的によってメニューを使い分けるのが効果的 個人的には、シミ取りレーザー・光治療は下記のように使い分けをしています。 レーザートーニング:肝斑・くすみの改善、ハリ感アップ• フォトシルクプラス:細かいシミ・くすみの改善、美白• 安さには理由がある!?レーザートーニング料金設定の裏事情 レーザートーニングを受けるときに気になるのがやっぱり料金。 複数のクリニックで受けて分かったのですが、レーザートーニングのショット数(照射数)はクリニックによってかなりバラつきがあります。 レーザートーニングの痛み・ダウンタイム・副作用 さて、ここからは私が実際に受けて感じたレーザートーニングの痛みやダウンタイムについて解説したいと思います。 施術中の痛みについて レーザートーニングを初めて受けたときは結構驚いたのですが、火花のようなパチパチとした刺激があります。 私は痛いというほどではありませんでしたが(むしろこの「レーザー受けてる感」がクセになる。 笑)、肌が敏感な方は少々痛みを感じるかもしれません。 ダウンタイム・副作用について レーザートーニングのダウンタイムや副作用はほとんどないとされていますが、稀に好転反応で細かいニキビ等ができることもあるようです。 私の場合は直後に肌の火照りを感じたぐらいで、その他のダウンタイムや副作用などは何も感じませんでした。 レーザートーニングの施術の流れ 施術の流れはクリニックによって異なると思うので、参考程度にご覧ください。 【1】洗顔・クレンジング 洗顔してメイクを落とします。 レーザーをより効果的に照射するため、洗顔後は何もつけずに待機します。 (ケミカルピーリングなどを併用して受ける場合は、レーザー照射前に行います) 【2】レーザー照射(約5~10分) 照射時間は部位やショット数によって異なります。 レーザーの照射中はパチパチと火花のような刺激がありますが、目は保護用アイキャップ(アイシールド)を付けるので、目に刺激を感じたりということありません。 【3】アイシング(冷却)、保護クリーム塗布 直後は赤みや熱感があるので、アイシングをして保護クリームを塗布してもらいます。 アイシングやクリーム塗布は、行うクリニックと行わないクリニックがありました。 (おそらく料金設定によって変わるのだと思います) 直後からメイクもOKとされていますが、私の場合はいつも少し赤みが出るので、マスク着用でそのまま帰宅することが多いです。 ただし気を付けたいのは肌を擦らないことと、照射後1~2週間は特にしっかりと紫外線対策をすること。 この辺りの注意点は施術後にスタッフさんが説明してくれるので心配ないかと思います。 レーザートーニングはこんな人におすすめ• 肝斑を治療したい• 肝斑やシミ、くすみなど複合的な悩みがある• 肌にハリ感が欲しい• 毛穴の開きを改善したい• ダウンタイムはないほうがいい• レーザー治療が初めて くま子の総評 総評としては、レーザートーニングはやや効果が穏やかですが、お気に入りメニューのひとつです。 肝斑を治療できるメニューは少ないので、そこに焦点を当てるとどうしても効果は穏やかになってしまうのかなと。 結論としては 「レーザートーニングは肝斑治療には最適だけど、それ以外のシミやくすみなら他の方法もあるよ」ということになります。 今後のシミ取り・美白治療予定 私の場合は レーザートーニングを10回受けて肝斑やくすみが改善されてきたので、しばらくはフォトシルクプラスで美白を、QスイッチYAGレーザーでピンポイントのシミ取りを受ける予定です。 シミの症状は、肝斑なのかシミ・そばかすなのかで治療方針が変わります。 特に肝斑は判断が難しいとされているので、まずは医師の診察を受けて、どの治療方法が適しているか教えてもらうと良いですね。

次の