コインランドリー経営 期間。 コインランドリー経営への投資で即時償却する法人節税スキーム

即時償却で節税!中小企業経営強化税制を使った新しいビジネスとは?

コインランドリー経営 期間

土地活用のコインランドリーの基本的な知識 コインランドリーは、「 コインランドリーとは?」という説明は不要なくらい、現在の日本には浸透している施設ですが、一度くらい利用したことがある人も多いと思います。 私も以前洗濯機が壊れたことがあるので買いなおすまでずっとお世話になっていました。 コインランドリーは、田舎・都会関係なく 住宅が密集しているエリア・ 学生が多く住むエリアなどでよく見かけます。 福岡では、特に「WASHハウス」というコインランドリーをよく見かけますが、福岡市内のちょっと道を入ったところなどでも「こんなところにコインランドリーあったんだ」とびっくりするような場所にあったりするわけです。 古いコインランドリーもあれば、新しいコインランドリーもあり、最近はコインランドリーは新しくきれいなイメージが定着してきているように思います。 また、 コインランドリー市場は年々成長を続けており、これからもさらに伸びるといわれています。 土地活用には「駐車場経営」「アパート」「マンション」などの経営など様々な種類の 土地活用方法が 存在しますが、コインランドリーを選択する人も増えてきており、特に西日本エリアの方には人気がある土地活用方法なのではないでしょうか。 コインランドリーは身近で馴染みのある施設• これからも需要が伸びていく市場と言われている では、 土地活用で コインランドリーを選んだ場合には、どんなメリットがあり、どんなデメリットが考えられるのか一緒に見ていきましょう。 コインランドリーのメリット 土地活用の コインランドリーの基本的な メリットは以下の通りです。 コインランドリーのメリット• 生活で欠かせない「衣」なので 固定客を獲得しやすい• 自分することは基本的に何もなし• 人件費がかからない• 土地が自己所有であれば 経費は水道光熱費と洗剤程度• 固定資産税がムダにならない• やり方によっては初期投資額を 抑えられる• 代金未回収リスクが少ない 生活で欠かせない衣食住の「衣」なので固定客を獲得しやすい コインランドリーは、人の生活に欠かすことできない「 衣」にかかわることなので、 利用客が獲得しやすいビジネスモデルと言えます。 また、 コインランドリーは粗利益率が75%と通常の商売(ビジネス)と比較しても 投資効率が良いモデルと言えます。 コインランドリーを利用する人は、 リピーターとなりやすく固定客になってくれる可能性が高いといわれています。 自分ですることは何もない コインランドリーは、 機械が自動で洗濯してくれるので、あなたが自身でコインランドリーを経営したとしても、 接客・ 対応する必要は全くありません。 人件費がかからない コインランドリーは機械さえ導入すればあとは、 お客さんがすべて自分でやってくれるので従業員は必要ありません。 商売を行う上で最もかかる経費が「 人件費 」ですが、ここが一切かからないビジネスモデルは中々ないでしょう。 自己所有の土地であれば仕入れはほとんどなし コインランドリーを経営する土地が元々から持っていた土地であれば毎月かかる経費は基本的に「 水道光熱費」 のみです。 また、ほかの仕入れは「 洗剤」くらい。 在庫などを抱えることなく経営ができるのは強みと言えるのではないでしょうか? やり方によっては初期投資額を抑えられる 一般的に、コインランドリーを行うために必要な 初期投資額は• (様々なやり方が存在するので以外には言えないのが本音) しかし、契約をおこなうコインランドリー業者によっては、 リース契約も可能なので 初期投資額を抑えることも可能です。 代金未回収リスクが少ない コインランドリーは、 基本的に前払い制の現金もしくはプリペイドカードなどでの利用になるので、クレジットカード決済を取り入れているようなビジネスと比較すると「代金の未回収リスク」が非常に少ないといえます。 特にプリペイドカードを導入している店舗は、代金前払い方式なので売り上げを前倒しで回収することができるメリットがあると言えるでしょう。 コインランドリーデメリット 土地活用のコインランドリーのデメリットは以下の通りです。 コインランドリーのデメリット• 高額な初期投資が必要• 高収益を実現できるわけではない• 機械を導入しているため定期的にメンテが必須• ライバル店が現れると売上が下がる可能性がある• 機械設置後は移転は難しい• 撤退する場合機械の売却は二束三文 高額な初期投資が必要 コインランドリーの基本的な初期投資額は店舗に導入する機械の数などによっても変動はありますが、およそ• 3000万円~5000万円の初期投資額が必要 高収益を実現できるとは限らない 初期投資額が大きい割に大きな収益を得にくいのがデメリットです。 ただし、店舗によっては年間1200万円~1500万円の売り上げを上げることも可能だといわれているので、立地がカギになってくると考えられます。 機械を導入してるので定期的なメンテナンスが必須 コインランドリーで欠かせない自動洗濯機ですが、やはり機械・消耗品であるため定期的なメンテナンスも必要になってきます。 競合店(ライバル)が近くにできると売上に影響する可能性アリ 競合店が運営する店舗の近くにできると、必然的に売上が下がる可能性が高いと言えます。 また、基本的にはコインランドリーは差別化も難しいといわれています。 機械を設置して稼働し始めると移転は簡単ではない コインランドリーは、一度機械を設置し稼働させるため、簡単には移動させることはできないといわれています。 コインランドリーの設置は通常困難なため、最初のテナント選びが重要になります。 最近は、移動式のコインランドリーも出てきており、今後このようなコインランドリーが増えていくかもしれません (日本一低リスクなコインランドリー「」) 撤退した場合の機械の売却は二束三文程度 コインランドリーを始めたものの、あまりよい結果が出ず撤退する人もいるでしょう。 撤退する場合は、機械などを売却すると思いますが、その時の売却金額は「二束三文」にしかならないといわれています。 土地活用としてのコインランドリーをする方法は2パターン 土地活用として、コインランドリーをおこなう方法は基本的に2パターンに分かれます。 自分でコインランドリーを経営する方法(FC加盟加入・加入無し)• 土地だけを貸してコインランドリーを経営を任せる方法 以下では少し詳しく解説します。 自分自身でコインランドリーを経営をする方法 自分自身でコインランドリーを経営する方法としては、更地の土地にコインランドリー用の建物を建設し、コインランドリーで必要な機器などを購入しその後搬入し設置後、店舗をオープンさせます。 昔からあるような、古びたコインランドリーは、すべて自分で準備して経営する方式をとっているところが多くあります。 テナントなどに入っているコインランドリーは機材などを準備して経営していますが、コインランドリー用の建物を建設してスタートするところは、莫大な初期投資が必要になるため、最近は中々少なくなっているといえます。 また、すべて自分で準備してきたコインランドリーの経営者であれば、利用客・固定客をうまく獲得できれば、大きな収入につながるはずです。 また、自分自身ですべて準備してコインランドリーをおこなう以外にも、コインランドリーのフランチャイズを行っている会社に相談しコインランドリーのノウハウを手に入れ経営するオーナーの方も存在します。 土地を貸してコインランドリーを人に任せる方法 自分自身が所有する土地(遊休地)にコインランドリー経営を行いたい人を誘致して経営してもらう方法です。 土地を貸している側の方は、基本的にコインランドリーを経営するわけではないので「地代(家賃収入)」をもらうだけなのでその他のリスクは何もありません。 「借地(定期借地等)」として土地を貸すだけなので初期投資額もなにも必要ありません。 この方法が最もベストな土地活用の方法と言えます。 仮に土地を貸して「コインランドリー経営が失敗」に終わったとしてもあなたに降りかかるリスクと言えば、毎月の家賃収入がなくなるだけです。 といっても元々も土地貸しをする前まではなかった収入なので元に戻っただけと言えます。 コインランドリーの需要と将来性 現在の日本では「 共働き」「 一人暮らし( 単身赴任含む)」「 家事の時短」などを理由に、 コインランドリーの需要が高まっています。 最近は外国人観光客の利用も増えているようです。 今までは、 布団・ 毛布・ 衣類などをクリーニングに出していた方が、自分自身でコインランドリーへ持っていき、 洗濯・乾燥までを すべて自分でおこなうようになってきています。 コインランドリーの店舗数も平成8年では1万店舗弱だったものが、平成25年には1万6000店舗に急増しています。 平成29年には2万店舗。 しかし、これだけコインランドリーが増えてきたなと感じていても、 まだまだ利用しているのは8%前後だといわれており、今後もコインランドリー市場は拡大していくと予測されています。 コインランドリーを行う上での注意点 コインランドリーは、無人店舗なので利用客がいなければ誰も人がいない空間になります。 コインランドリーの近くにお住いの方は、洗濯が終わるまで時間がかかることもあるため、洗濯物を放置することもあり、洗濯物の盗難がおこることもあります。 また、コインランドリーの中には24時間営業を行っている店舗も多いため駐車場や店舗内でたむろされる可能性もあるのです。 盗難が発生した時は、場合によっては店舗責任者に責任を取らないといけない場合もあります。 盗難対策などは必須のビジネスモデルと言えるでしょう。 (しっかりしたFC会社で行う場合は、この点はしっかりと管理されています。 ) コインランドリー以外にも収支計画を見て他の土地活用についても検討することをおすすめ 土地活用は、コインランドリーのほかにも様々な活用方法が存在します。 人それぞれ土地活用をする目的は様々ですが主にこのような目的を持って土地活用を検討されているはずです。 新たな収入源を模索している• 節税対策・相続税対策として このような目的をかなえるためにも土地活用では「土地活用プランを比較する」ことが非常に重要です。 土地によって広さや形はそれぞれ違うので、その土地にあった「最適な土地活用プラン」を模索することが大切なのです。 しかし、自分では最適な土地活用プランを見つけるのは大変です。 そこでおすすめなのが 「土地活用プラン一括資料請求サービス」です!! 基本的な情報を入力するだけであなたの土地にベストマッチする土地活用プランを複数の土地活用会社からプランを提案してもらうことができます。 そこで特におすすめなのがNTTデータグループが運営する、全国の厳選された優良企業が参加している「 」です。 出店形態(機械販売のみ、個人経営、フランチャイズなど)• 何店舗出店して何店舗閉店しているか• 出店エリア(遊休地活用ではなく、売上の上がる場所に出店しているか)• 開店後の業務負荷はどの程度か• FCとしてTV CMや新聞・雑誌等メディアで統一戦略がとれているかどうか(統一したキャンペーン・出店CMなど) 本社を見比べることや資本を比較してみることも重要な判断基準のひとつです。 コインランドリー事業は儲かるのですか? いわゆる大もうけは期待できませんが、安定した現金収入があるのがコインランドリーの特徴です。 掃除以外の手間・がほとんどかからないため、運営費・維持費も抑えることができます。 コインランドリー事業は飽和状態ではないですか? 現在コインランドリーの利用率はわずか3~5%程度と言われています。 九州などでは、知名度のあるコインランドリー事業者がCMを行っていますが、現在は30%程の利用率があるといわれています。 機器の償却期間は何年くらいですか? もっとも長いパターンで13年です。 銀行借り入れなどによる買取の場合は10~15年の返済計画が多く、リースの場合は5~7年のケースを多く見受けます。 なお、法人の場合は税金や利益計画の関係から短くする場合も見受けられます。 ちなみに機器の寿命ですが、しっかりメンテナンスを行えば20年以上は稼働します。 コインランドリー業界の課題は? 以下のような規制を無視した、違法なコインランドリーが多いことです。 洗濯機・乾燥機排気ダクトに亜鉛やアルミなどの材質を使用(業務用洗濯機・乾燥器はガス機器であるため、 ガス事業法で排気ダクトの材質はステンレスのSUS304以上と定められています)• 土地を保有していないのですが、出店することは可能ですか? 土地を保有していなくてもコインランドリーオーナーになることは可能です。 コインランドリーの出店費用はいくらぐらいですか? FC(フランチャイズ)展開しているところからスタートする場合と個人ですべてスタートする場合でも出店にかかる費用はバラバラです。 中古品などでコインランドリーをスタートする方は、600万円前後でスタートするという方も中にはいらっしゃいますし、すべて新品の機器を準備してスタートされる方は2000万円以上の初期投資額でスタートする人がいます。 【土地活用】コインランドリー経営・土地貸しのメリット・デメリットを徹底解説まとめ ここまで、土地活用でのコインランドリーの特徴やメリット・デメリットについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか? 最後に メリット・ デメリットをまとめておきます。

次の

店舗検索ナビ|コインランドリー開業・リネン・クリーニング総合力のランドリープレス|Laundry Press

コインランドリー経営 期間

Contents• コインランドリー経営 ~2016年の頃~ ちょうど、不動産を購入した時期にコインランドリー経営を考え始めていた。 保育園の経営と同時に検討していた。 現在の、2018年12月、結果から言うと、今年の8月に晴れて愛媛県松山市にてコインランドリーをオープンした。 じゃあ、今は儲かっているのかと言うと、オープンして3ヶ月で儲かるほど甘い話はないなぜならば、フランチャイズ経営の成功者と言える メガフランチャイジー(30店舗以上もしくはFC売上20億円以上を達成している)でさえ、最短3ヶ月移行の黒字化が目安であるからだ。 つまり三ヶ月までは、基本赤字!! さらに、それほどFC経営に慣れた方でも3ヶ月赤字であるから、私などはいったいどれほど赤字が続くのか・・・?? これは改めて記事にしよう。 当時(2016年)私も問い合わせをしてみた! コインランドリー経営にかかる資金 書籍によれば資金計画は 自己資金 500万円 親族からの借り入れ 500万円 金融機関からの借り入れ 500万円 これが一つのモデルとして提案されていた。 問い合わせの結果は 「現在は工事費なども上がっておりまして、だいたい2000万円がボーダーラインとなっております」 との解答。 私の資金計画 自己資金 200万 項目名 1300万 単純にこれをラインとして考えていた。 しかし、不動産購入と、実はちょうどこの時期、自身が勤めていたビジネスを株式会社を設立し、買収したので・・・資金計画が立たず、コインランドリー経営は、ひとまず構想だけ進めることにした。 お金が無くても出来る行動 情報収集 書籍を読む 書籍は、とにかく読むに限る!! 何かをしようと思った時、10冊以上は同じ系統の本を読むようにしている。 1冊では、ただそれは著者の考えであり、成功談であるから、それが自分に当てはまるとは限らない。 2冊読めば、正反対のことが書いてあることもある。 10冊読めば、だいたい大まかに分けた成功パターンと、共通して皆様が同じ事を主張していることが見つかる。 この情報は大事。 ググる これは賛否両論、玉石混交ではある。 が、無料で手軽に読める読み物として ネットに書いてあることは 持論で正しいとは限らない 裏も取れていない 極端な話嘘かも知れない。 という認識のもと、参考までに読むのにはとても良い。 例えば をググるとネガティブ情報も出てくる。 「毎月20万円の赤字」 これは現実的に備えておく現実的な数字である。 当たり前のことながら、経営を進める側の提供する情報は、やはり成功事例を大きく取り上げる。 消費者(顧客)というのはそれを承知の上で、自身で判断しなければならない。 人から情報収集 ネット社会となった今でも、これはやはり一番重要だ!! しかし、不動産でもそうであるが、資産も学も何もない私の周りには、同じような人が集まっている。 よって、不動産経営をしている人が周りにいないのと同様に、さらにニッチな「コインランドリー経営」をしてる人が近場にいるわけはない。 そのうえ、近場のライバル候補にわざわざ情報を送るとは考えられない。 なので、コインランドリー経営を考えていない、何かの経営に携わっている人の意見を聞くのが良い。 2016年から2018年までに、聞いた情報は 不動産経営をしている方たちによると2016年の時点ですでに 事業に乗り遅れはないと思うわ 不動産投資をされている方々はさずがにアンテナが早く、コインランドリー経営が流行り始めていることを知っている。 確かに、すでに乗り遅れ感もあるかもしれない。 だが、これはソーラーなどの事業でも言えることだが、初期に始めた方は大きく事業を広げる可能性もあるが、リスクも大きい。 実は少し遅れて始める人は、まず、先人の経験を参考にすることが出来る上に、設備品も整ってきていたり、生産量の増加で、製品自体の値段も下がるし、様々なノウハウも用意されていることも多い。 フランチャイズとはまさにその現れである。 そうは言っても、そこから二年後、事実爆発的に愛媛県松山市でもコインランドリは増えた。 コインランドリーは陣取り合戦です 2018年はもうそんな状況。 人に話す 「コインランドリー経営を考えています」 とにかくこれを人に話しておく! これだけでも、何かの情報が入って来ることもある。 実際に 「遠方にいて、管理会社の方が契約外でコインランドリーの管理をして集めた 売上から家賃を回収して困っている」 なので、引き継ぎで買収してくれる人を探している、というような案件もあった。 また、松山で多くのコインランドリーを経営している方を紹介してもらうという話もあった。 どちらの流れたのだけど。 コインランドリーの経営に乗り出す ともあれ、二年の充電期間を経て、私はコインランドリー経営に乗り出した。 これから書く、 庶民のリアル は、書籍では得られないし、今の所ネットでもそこまで詳しく書かれている記事は見当たらない。 そんな情報をこれから綴る。

次の

コインランドリー経営の開業資金と収入は?フランチャイズの費用は

コインランドリー経営 期間

コインランドリービジネスも、その特性から個人の遊休資産活用が多かったのですが、最近は法人のサブ事業としての参入も急増しています。 そこで減価償却に関わってくるランドリー設備の【法廷耐用年数】についてご説明していきます。 まず 法定耐用年数(ほうていたいようねんすう)とは、減価償却資産が利用に耐える年数で、長期にわたり反復使用に耐える経済的に価値があるものの使用又は所有の価値の減価を、各年度に費用配分していく場合の計算の基礎となるとされています。 平成20年度の改正で法定耐用年数の見直し等が行われ、 コインランドリーの機器は【洗濯業、理容業、美容業又は浴場業用設備】に該当し、耐用年数は13年に変更されました。 6 端数切捨て で計算した年数以上となりますので、 リース期間は最短7年からとなります。 これは機器が実際に何年使用できるかの寿命、耐久年数とは異なります。 したがって、法定耐用年数を経過したからといって使用不能となることも当然ありません。 実際、コインランドリーの機器は不特定多数の方が使う使用環境を想定し、かなり高い耐久性で設計されています。 もちろん使用頻度やメンテナンス状況によって異なりますが、多くの機器が15年以上も元気に稼働しています。 特に乾燥機は洗濯機と異なり、振動や給排水などの劣化要因となるリスクが少なく20年以上使用されているケースも稀ではありません。 とうぜん、劣化による安全性低下や、なんと言ってもユーザー様に気持ちよくご使用頂くという観点から、法定耐用年数やリース期間をひとつの目安にリニューアルをお勧めします。

次の