山本 一 太 ツイッター。 国会議員情報:山本 一太(やまもと いちた):時事ドットコム

安倍首相のTwitterアカウントで山本一太議員が「爆睡」と誤爆ツイートし謝罪

山本 一 太 ツイッター

2015. 31(日) 山本一太よ、良心を取り戻せ! 沖縄での「朝まで生テレビ」の打ち合わせの時、 山本一太が写メを撮っていたらしい。 秘書岸端がそれを見てひょっとしてと思い、彼のツイッター を調べてみた。 するとそこに「 アウェー感が半端ではない(笑)」と書いて、 写真を載せていたのだ! 山本一太は「元沖縄振興担当大臣」である。 沖縄はホームのはずではないか! 「元沖縄振興担当大臣」が沖縄に来て、沖縄について 討論する番組に出ることが、なぜ「アウェー」になるのか? 少なくとも山本一太と似た主張をする側には、森本敏、 恵隆之介、三浦瑠麗らの論客がいる。 わしは沖縄県民の反戦平和サヨクのど真ん中の席(結構気に入った) に座っているが、わしだけ改憲派だ。 わしの左右の席の誰もわしを味方だとは思っていない。 わしは真向いの親米ポチ保守派にとっても、沖縄にとっても、 日本国民にとっても、都合の悪い発言をする「たった一人派」 なのだから、敵味方の感覚で言うなら、わしこそが 全面アウェーではないか! そもそも国会議員にとって、国民の前で議論する場を、 敵側・味方側に分けて考えていいのだろうか? 山本はもはや完全にネトウヨ体質になっている。 安倍政権がそもそもネトウヨ体質だから、ニコニコ動画で話すのが 一番「ホーム感」があって安心なのだろう。 だが、本当は、国会議員は「公」に向かって話すべきであり、 「国民」に向かって話すべきなのだ。 山本一太は、昔はもっといい奴だった。 だが今は、とことん堕落した。 イラク戦争を支持して、その間違いを認めぬまま、 日米同盟強化にまい進する自分自身の良心が痛むのだろう。 良心がある分は、まだ人間だと認めてやっても良かろう。 山本が安倍首相のツイッターでも発言していることは知っている。 それにしてもネトウヨを味方につけて「ホーム・アウェー」 感覚で議論する国会議員が登場するようになるとは、 政治家も矮小になったものだ。

次の

安倍首相のTwitterアカウントで山本一太議員が「爆睡」と誤爆ツイートし謝罪

山本 一 太 ツイッター

2015. 31(日) 山本一太よ、良心を取り戻せ! 沖縄での「朝まで生テレビ」の打ち合わせの時、 山本一太が写メを撮っていたらしい。 秘書岸端がそれを見てひょっとしてと思い、彼のツイッター を調べてみた。 するとそこに「 アウェー感が半端ではない(笑)」と書いて、 写真を載せていたのだ! 山本一太は「元沖縄振興担当大臣」である。 沖縄はホームのはずではないか! 「元沖縄振興担当大臣」が沖縄に来て、沖縄について 討論する番組に出ることが、なぜ「アウェー」になるのか? 少なくとも山本一太と似た主張をする側には、森本敏、 恵隆之介、三浦瑠麗らの論客がいる。 わしは沖縄県民の反戦平和サヨクのど真ん中の席(結構気に入った) に座っているが、わしだけ改憲派だ。 わしの左右の席の誰もわしを味方だとは思っていない。 わしは真向いの親米ポチ保守派にとっても、沖縄にとっても、 日本国民にとっても、都合の悪い発言をする「たった一人派」 なのだから、敵味方の感覚で言うなら、わしこそが 全面アウェーではないか! そもそも国会議員にとって、国民の前で議論する場を、 敵側・味方側に分けて考えていいのだろうか? 山本はもはや完全にネトウヨ体質になっている。 安倍政権がそもそもネトウヨ体質だから、ニコニコ動画で話すのが 一番「ホーム感」があって安心なのだろう。 だが、本当は、国会議員は「公」に向かって話すべきであり、 「国民」に向かって話すべきなのだ。 山本一太は、昔はもっといい奴だった。 だが今は、とことん堕落した。 イラク戦争を支持して、その間違いを認めぬまま、 日米同盟強化にまい進する自分自身の良心が痛むのだろう。 良心がある分は、まだ人間だと認めてやっても良かろう。 山本が安倍首相のツイッターでも発言していることは知っている。 それにしてもネトウヨを味方につけて「ホーム・アウェー」 感覚で議論する国会議員が登場するようになるとは、 政治家も矮小になったものだ。

次の

山本アーセンの嫁や父親は?山本キッドの甥で山本美憂の息子【RIZIN】

山本 一 太 ツイッター

第25回参議院選挙で当選確実となり、インタビューに答える「れいわ新選組」の舩後靖彦氏(中央)と山本太郎代表=2019年7月21日、東京都千代田区(写真=時事通信フォト) 「総理大臣を目指す」とテレビ番組で明言 25日朝、山本氏は、テレビ朝日の「モーニングショー」に出演した。 参院選挙期間中は政党要件の壁に阻まれ、テレビでの露出はほとんどなかった山本氏。 冒頭は「『放送禁止物体』としてこれまで生きてきたので、今日、地上波で呼ばれるなんてビックリです」とおどけてみせた。 しかしコメンテーターの玉川徹氏から「総理大臣を目指すのですか」と聞かれると「そういうことになります。 本気じゃなかったら(れいわを)旗揚げしないですよ」と神妙な顔で語った。 参院選で「れいわ」が2議席獲得したとはいえ、山本氏自身は議員バッジを失った。 「首相を目指す」と言っても普通なら誰も見向きもしないだろうがが、今の彼の口から出る言葉は「大風呂敷」には聞こえない。 小泉進次郎氏でも進められなかった国会改革に動き 山本氏の発言以外でも「れいわ」は注目を集める。 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦さんと、重度障害者の木村英子さんの当選を受け、与野党は参院議院運営委員会を開き国会の改修や、代理投票を認めるなどの改革方針を確認した。 「日本で一番改革が遅れているところ」と揶揄されることが多い国会。 単にバリアフリー化が進んでいないだけでなく、ペーパーレスなど民間企業なら当たり前の改革が手つかずの部分が多い。 自民党の小泉進次郎衆院議員らが、妊娠中や出産直後の議員が「遠隔投票」できる改革などに取り組み「平成のうちに」実現しようとしたが、実現には至らなかったことは記憶に新しい。 にもかかわらず「れいわ」の2人が当選したことで、これまで崩されなかったバリアーがあっという間に崩された。 障害がある当事者が議席を得たことのインパクトと、山本氏の存在感のたまものだろう。

次の