カローラ ツーリング カスタム。 新型カローラツーリングはモデリスタバージョンでどこまでカッコよくなるか!?|カローラ カスタム

トヨタ・新型カローラで車中泊できるのか?検証しました!

カローラ ツーリング カスタム

カローラスポーツのホイールカスタム カスタムの王道「ホイール交換」。 好みのデザインをチョイスしてインチアップやカラーを変えることでカローラスポーツのイメージが大きく変わります。 純正流用も見逃せないのがホイールカスタムです。 11月に発売し中旬頃から流通を始めたトムスの最新ホイールです。 新型カローラスポーツのスポーツイメージをさらに高めるスポークタイプホイール。 車体色を選ばず精悍なイメージを引き立てるグロスガンメタカラーで、インチアップや組み換えに最適。 最新のフローフォーミング製法により鍛造に近い剛性を鋳造の価格で実現したハイパフォーマンス... カローラスポーツのフロントリップ・ハーフスポイラー カローラスポーツをドレスアップしたいけど、そこまでガッツリやりたくない。 そんなときはフロントリップ・ハーフスポイラーカスタムがおすすめ。 純正バンパーはそのままに、少し付け足すことでカスタム感を確実にアップしてくれます。 カーボン製のフロントスポイラーです。 前の愛車・カローラフィールダーにも、エアロワークス様の3分割カーボンリップを装着しておりました。 ゴツ過ぎず地味過ぎないデザインで、単体で装着してもシルエットのバランスが崩れない適度な主張がたいへん気に入っております。 カロスポ用としては、リアリップスポイラーやリアウイング用のパーツもリリース予定とのことですので、そちらも楽しみにしたいと思います。 カローラスポーツのフロントグリル 思った以上にクルマの印象をガラッと変えてくれるのがフロントグリル交換。 ゴージャスな雰囲気にしてくれるメッキタイプやスポーティーな雰囲気にしてくれるメッシュタイプなど、フロントグリル一つでクルマの雰囲気をどちらにでも変えてくれます。 エンブレム側のねじ山が切れていないので締めていくとキツく感じます。 ガーっと締めても大丈夫だと思いますが慎重...

次の

新型カローラセダンの純正カスタム「モデリスタ」のおすすめを紹介!高くてダサい?!

カローラ ツーリング カスタム

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 「下取りは必ず一括査定サイトを使う」 これが最初のステップです。 ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。 現在、新型カローラの購入を検討している方や日常利用している方の中には、車中泊をしてみたいという方も多いのではないでしょうか。 新型カローラの種類の中には、ステーションワゴンタイプであるカローラツーリングが設定されており、先代モデルであるカローラフィールダーの様に車中泊を行う事ができるのか概要を知りたいと言う方は、少なくないはずです。 そこで今回は、新型カローラツーリングで車中泊は可能なのかや、車中泊を行う上でのポイントの紹介などを中心に、新型カローラツーリングと車中泊について解説をしていきます。 スポンサードリンク トヨタ・新型カローラ:カローラツーリングで車中泊は可能? トヨタ・新型カローラには、セダンタイプのカローラとステーションワゴンタイプの カローラツーリングなどがラインナップされていますが、これらの車種で 車中泊を行う事は可能なのでしょうか。 結論から先に言ってしまうと、セダンタイプの新型カローラはボディの形状から車中泊を行う事はできませんが、 ステーションワゴンタイプである新型カローラツーリングの場合には、車中泊が可能となります。 新型カローラツーリングの荷室サイズは通常5人乗りの場合で• 奥行き: 930mm• 室内幅:1,464mm• 室内高:650mm程度 となり、このままの状態では大人が足を伸ばして寝ることはできませんが、リヤシートを倒し2人乗りの状態にすると• 奥行き: 1,953 mm• 室内幅:1,464mm• 室内高:650mm程度 となるため、大人でも十分に足を伸ばして車中泊を行う事ができるスペースが確保されると言う訳です。 日本人男性の肩幅サイズは、平均で50cm以下(平均身長を170cmとした場合)の方が殆どとなるため、実寸的には成人男性が 2人揃って寝ることもできると言えます。 ただし、 室内幅が1,464mmと若干狭くなっているため、寝返りなどを考慮するとサイズとしてはギリギリの大きさであると言えるでしょう。 スポンサードリンク トヨタ・新型カローラ:荷物の置き場所は? トヨタ・新型カローラツーリングは、リヤシートを倒し荷室を拡張すると1,953mmの奥行きが確保させるため、成人男性2人でも車中泊を行う事が可能ですが車中泊を行う場合、 荷物はどの部分に収納すれば良いのでしょうか。 基本的には、空きスペースとなっている フロントシート部分に荷物を収納する事が基本となりますが、どうしてもスペースが足らない場合には室内ルーフ部分の デッドスペースを有効活用する事になります。 これは、 新型カローラツーリングよりも車両全高の高いミニバン車やSUVで用いられる収納スペースの作り方となっており、用途によってはスノーボードや釣竿などを収納する事も可能です。 収納スペースの作り方は、車内上部に設置されたアシストグリップ部分に鉄製のパイプを組み込みホルダーやネットなどを設置するだけですので、専門的な知識や技術は特に必要ないため、初心者の方でも比較的 簡単に設置することが可能となります。 ただし、新型カローラツーリングの場合には室内高が650mm程度と低くなっている事から、 大型な積載物を収納してしまうとベッドとなる部分に垂れ下がってしまい、車中泊が行いづらくなる場合がありますので、大きな荷物はルーフキャリアなどに収納する事をおすすめします。 スポンサードリンク トヨタ・新型カローラ:車中泊を行う場合にはシェードを有効活用する トヨタ・新型カローラツーリングは、室内のデッドスペースやルーフ部分を有効活用し荷物を収納する事で快適に車中泊を行う事ができますが、その他にもガラス部分を覆う シェードの使用がポイントとなる場合があります。 通常、自動車のシェードというと夏場などに日よけとして使用されますが、 車中泊の場合にはガラス面から入る熱気や冷気を遮断する断熱材の役割を担っているため、室温の調整に重宝するアイテムとなる事が特徴です。 また、車外からの視線を遮断しプライバシーを確保する効果もありますので 安全面の強化としても効果を期待することが可能となります。 ただし、夏場などに使用される一般的なシェードは メッシュ状になっているものが多く、 断熱材としての役割は果たすことができない事や純正オプションとしての設定が無いなどの事から、 DIYで自作をするまたは専門業者に依頼をしてシェードを用意する必要がありますので、覚えておくと良いでしょう。 実は新型カローラツーリングの荷室部分は、 リヤシートを倒した状態でもシート部分からリヤゲートにかけて緩やかな傾斜が付く設計となっているため、このままでは車中泊を行う際に 不自然な格好となり快適に睡眠をとることができません。 これに加えて、倒した リヤシートと フロントシートの間には 必ず隙間ができてしまうため、この部分をエアクッションやマットなどで埋めて調整をしなければ、快適に車中泊を行う事はできないのです。 この様に、 新型カローラツーリングで快適に車中泊を行うにはユーザー自身が工夫をしなければならないケースもありますので、参考にすると良いでしょう。 トヨタ・新型カローラ:オプション品でさらに利便性を向上させる事ができる トヨタ・新型カローラツーリングで車中泊を行う場合、純正オプションを装着する事によって更に 利便性を向上させる事も可能となります。 特に新型カローラツーリングの ハイブリッド車の場合には、メーカーオプション品としてコンソールボックスや荷室部分に 家庭用コンセントを使用するためのオプションが設定されており、これによって車内で家電製品を使用することが可能となるため、より快適に車中泊を行う事ができます。 車中泊を行う場合、水や食料、調理に必要な火気などは簡単に調達する事ができますが、 電気は簡単に調達する事ができないため、アクセサリーコンセントの存在は車中泊を行う上で利便性を高めるオプションであると言えるでしょう。 また、通常の ガソリン車の場合にはオプションとしてアクセサリーコンセントを装着する事はできませんが、車内にあるシガーソケットと社外品の 車載インバーターを組み合わせる事で、ハイブリッド車と同様に家庭用コンセントを使用する事が可能となりますので参考にして下さい。 トヨタ・新型カローラ:カローラツーリングと車中泊のまとめ 今回は、新型カローラツーリングと車中泊について解説をしてきましたが、新型カローラツーリングはリヤシートを倒し荷室を拡張する事ができるため、大人2人でも十分に車中泊を行える事が分かったと思います。 そのほか、 シェードによる室温調整やエアマットなどの導入、オプション品による電源の確保などを行う事で更に快適性を向上させる事ができますので、車中泊での利用を検討している場合には前述してきた例を参考にすると良いでしょう。 新車が値引き価格から、更に50万円安くなる裏ワザとは? 新車が欲しい! 今の新車は、 低燃費のハイブリッド バックカメラやナビの性能はもちろん、 自動ブレーキに自動運転技術! ちょっと前のSF映画のようです。 でも、いざ買うとなると・・・• 「ほしい車は…高い…」• 「頭金とボーナス払いなしで…」• 「値引き交渉が上手くできない…」• 「ディーラーを回るのは大変…」• 「ディーラーの売り込みがイヤ…」• 「やっぱり最安値で手に入れたい…」 などなど、悩みはつきません。 あなたにピッタリの裏技を ご紹介します! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 「下取りは必ず一括査定サイトを使う」 これが最初のステップです。 ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。

次の

カローラツーリングハイブリッド カスタムまとめ

カローラ ツーリング カスタム

エンスーとはエンスージアストの略で、つまりは熱狂的カーマニアのこと。 かつては80点主義とも揶揄され、万人受けの優等生的なクルマとして知られていた「カローラ」の名とは結びつかない言葉だが、新型カローラの走りには思わずマニアも唸ってしまうような地道な煮詰めの跡が随所に見て取れる。 ひとあしお先にデビューしていたカローラ スポーツ(ハッチバック))に加え、今回カローラ(セダン)とカローラ ツーリング(ステーションワゴン)が登場したことで、「本気の」カローラのフルラインナップが完成した。 新型カローラは北米、中国、欧州でのローンチもすでに終えており、この秋には南米生産も立ち上がった。 そしてこうして日本でも発売となって、まずはひと段落らしい。 グローバルでのカローラはハッチバックのみがホイールベース2640mmで、セダンとツーリングのそれは2700mm……とパッケージ(とおそらく走り味)も明確なキャラクター分けがなされている。 一方、5ナンバーだったアクシオ/フィールダーの後継機種となる日本のカローラセダンとツーリングは、ご承知のようにグローバルとはサイズの異なる日本専用ボディとなる。 具体的には日本仕様のみが全ボディ形式でホイールベースを2640mmに統一されて、セダンとツーリングはリヤオーバーハングも削られて全長をさらに短縮。 また、セダンとツーリングは全幅もグローバルモデル比で35〜45mmナロー化された1745mmとなっているが、それはフェンダーやドア、サイドパネル、さらにセダンではトランクリッドも専用化して実現したもの。 フロントまわりで日本専用なのはバンパーだけで、ヘッドライトやグリル、ボンネットフードなどの基本意匠や幅は海外と変わりない。 もちろん、室内空間も後席レッグルームと荷室以外はグローバルで共通である。 コクピットからの眺めは当然ながら、すでに発売済みのスポーツと基本的に同じ。 セダン/ツーリングの発売に合わせてスポーツにも一部改良の手が入って、7インチのディスプレイオーディオ(DA)が新型カローラ全車に標準となった。 このDAは日本の四輪・二輪メーカーを中心とした国際的なメーカー連合が、アンドロイドオートやアップルカープレイに対抗できるスマートフォン連携システムとして普及を目指している国際標準規格「スマートデバイスリンク」に準拠するものだ。 先ごろ発表された「LINEカーナビ」のアプリケーションをダウンロードしたスマホを接続すれば、そのままナビが使える。 もちろん現時点では従来型メモリーナビをDA上で使えるユニットもオプションで用意されるのは当然として、アンドロイドオートやアップルカープレイまでがオプションでないとカローラのDAでは使えないという。 この方面でもトヨタの覇権ねらいは本気らしい。 今回の試乗会では全ボディ共通で用意される1. 8リッターハイブリッドと、セダン/ツーリング専用の1. 8リッターガソリンのみの試乗となったが、べったりと路面にへばりつく低重心かつフラットな身のこなしは、既存のハッチバックも含めて全車に共通している。 ただ、各ボディのハードウェアの特性や、それぞれが想定する顧客層の違いもあってか、そのセッティングや味わいは、結果的な部分でも、また意図的な部分でも少しずつ微妙に差がある。 たとえば日本仕様のカローラでは唯一、グローバルと同じワイドボディとなるスポーツは、明らかに最も安定して落ち着きがある。 開発陣は「実際にもスポーツが最もスポーティな仕立てです」といい、なるほどセダンやツーリングより上屋の動きも抑えが効いているが、踏ん張りが効くディメンションもあってか、他のカローラより明確に硬いわけではない。 これと比較すると、セダンのフットワークは柔らかく、ある意味でシニア層を意識した味わいともいえる。 加えてボディ形式のおかげか、静粛性はロードノイズもパワートレインノイズも明らかに静かである。 日本のカローラで最量販ボディになるはずのツーリングはセダンよりハッキリと引き締まって、パリッと軽快なフットワークである。 代わりに、あくまで3種のカローラのなかでは、ロードノイズや乗り心地面で他の2種に譲ってしまっているのは否定できない。 今回は全車に用意される1. 8Lハイブリッドとセダン/ツーリング専用となる1. 8Lガソリン+CVTの2機種のパワートレーンを試すことができたが、今回のような市街地や都市高速で、ハイブリッドはいい意味で重厚。 さらにアクセル操作によるリニアリティもより煮詰められたようで、右足のわずかな力加減による荷重移動もより正確になり、あらゆる場面でブレーキペダルに足が伸びる頻度が減ったのは素晴らしい。 対する1. 8Lガソリン(コンベンショナル)は軽快。 絶対的な動力性能やキビキビ感は意外なほどハイブリッドに近かった。 ……といったボディやパワートレーンごとの細かい差異はあるものの、今回のカローラが、プリウス、C-HR、そして昨年のカローラスポーツといった歴代のGA-Cプラットフォーム車と較べても、最も良く走り、最もスポーティで、最も正確で直進性が高かったのは事実である。 聞けば、今回のセダン/ツーリングの開発からシャシーに新しい知見を導入して「走行中の乗員頭部の動き抑制、接地感と荷重移動のフィードバック増強」のために、既存のスポーツを含めてサスペンションのセッティングを見直したという。 とはいっても単純に硬くする、柔らかくする……ではなく、路面入力が人間に伝わるタイミングを微調整することで、クルマよりも人間が動かないフラットライドや接地感を追求したという。

次の