茂木 大臣。 【動画】茂木敏充大臣の英語力を検証!理由は華麗な経歴にあった!

茂木外務大臣会見記録

茂木 大臣

毎日新聞が「茂木外務大臣が習近平来日は11月以降」と発言したと報道しています。 この記事は重要な点が隠されています。 毎日新聞が「茂木外務大臣 習近平来日は11月」と報道 () 茂木敏充外相は 3日夜にBSフジの番組で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっている中国の習近平国家主席の国賓来日について、11月にサウジアラビアで予定される主要20カ国・地域(G20)首脳会議の後になるとの見通しを示した。 9月には米国で主要7カ国(G7)首脳会議の開催が調整されているが、茂木氏は習氏の来日時期について「外交日程でいうと、どう考えてもG7サミットが先に来るのは間違いない。 サウジが議長国で国際世論を形成するG20サミットも日程的に先になるだろう」と指摘した。 毎日新聞が「茂木外務大臣 習近平来日は11月」と報道してますが、ソースは3日放送のBSフジのプライムニュースです。 BSフジのプライムニュースで何と言っていたか? 番組アンカーの反町氏から茂木外相と元外交官の宮家邦彦氏の対談。 中国関連は39分から。 習近平訪日については49分から 茂木外務大臣の認識が示されるのは52分10秒から 毎日新聞の関連部分は58分30秒から。 ここでは52分あたりからの茂木外務大臣のコメントと宮家邦彦氏の発言、アンカーの反町氏の問いかけも含めて概要を振り返ります。 「言うべきことは言うことが日中新時代を開く」 茂木 今は具体的な日程調整をする段階にないというのは確か。 中国の国家主席の訪日というのは大体10年に1回。 前回は2008年。 こういう機会を捉えて 中国に対して言うべきことは言うということが大切であって、それが日中新時代を開くということにもつながっていく。 中国の決めたルールではなく国際社会のスタンダードに則って責任ある態度をとってもらうということが日本だけじゃなくて国際社会全体にとっても極めて重要。 新型コロナが中国から発生して世界に広がったというのは間違いのない事実だけれども、同時にWHOどうなのかという議論もあるので、独立的・中立的な包括的な検証が必要。 香港の問題や東シナ海の問題もそうだが 日本だけの問題ではなくて国際社会全体の懸念であると、日中間でこういう懸念を世界がもっているんだということを理解してほしいと言っていくべき。 茂木外相は「具体的な日程調整をする段階にない」としながらも、 「言うべきことは言うことが日中新時代を開く」と言っており、日本側から来賓を呼ぶことを否定してはいません。 しかし、同時に新型コロナ・香港・WHOの問題について指摘していくとも言っています。 中国に対して何を言うか? 反町 主席が日本に来て首脳会談を行い、日中共同文書として香港の問題について国際社会の懸念を日本の安倍総理が示して周首席が返して、日中間でこういうようにしていこうという文言を入れたり、WHOの在り方についてなども、今言ったようなテーマが共同文書に盛り込むのはほとんど無理ではないか? 宮家 普通の国ならあり得る。 中国に対してやる価値は私はあると思う。 中身がまとまらないようだったら、おそらく来られない。 反町 そこは日本外交の見せ所? 宮家 見せ所でありバランスを見ながら、 中国が国際社会の懸念を理解した上での文言になれば、非常に大きな成果。 それが嫌なら困りますよ、と言っているうちに時間が経っていくかもしれない。 中国が国賓で外国に行く場合には絶対に失敗できない。 必ず成功するときは一定の譲歩をしてでも成功させる。 それが嫌なら来ない。 反町 コロナの問題の透明性、WHO改革、香港の民主化の問題だとかで一定の譲歩をする言葉を盛り込むことを日中で合意することが中国にとってプラスになるのか? 宮家 ならないでしょう。 でも、そうせざるを得ないでしょうと。 日本だって当たり障りのない紙を作ってさよならということなら、ああ中国は国際社会に認められたんだ、という事になってしまいますから、そんなわけにはいかないわけですよ。 言うべきことを言ってそれができないならちょっと時間かけてやりましょうということになる。 宮家邦彦氏からは日中間で来日するならば事前にどういう内容を決定するのか調整するだろうと。 調整がつかなければ中国の習近平は来られないだろう、ということを言っています。 ここが重要です。 「外交日程的に見るとG7、G20サミットが先に来る」 茂木 外交日程的に見るとG7のサミットが先にくるのが間違いない。 そこで中国の問題だとか今回のコロナ対応について議論し、G7として声明をだす。 さらにはG20でも話し合って世論形成をする必要がある。 その上での話ということ。 宮家さんが話した通り、中国は成果を挙げなければならない。 日本としてもお迎えをする以上は成果を挙げなければお互いにとって意味が無い。 そこで様々な事前の調整、外交手腕が試されるんだと思う。 G7は9月以降、G20は11月以降を予定しているため、毎日新聞の記事にあるような発言を茂木外務大臣が言っていたというのは否定できないでしょう。 しかし、一連の話を聞くと、 注目すべきは来日時期ではなく「来日条件」だという事が言えます。 注目すべきは来日時期ではなく「来日条件」 茂木外務大臣は来日を前提として前のめりに時期に言及したのではなく、宮家氏も触れた「 来日条件」について触れた上で、仮定の話として論じているに過ぎません。 「来日条件」とは、宮家邦彦氏が発言した内容も一定程度関係してきます。 要するに「 G7等で中国が譲歩せざるを得ないような国際社会の共通認識を作り、それに基づいた日本の要求に中国が応じるかどうか」が問題ですよね、そこが事前の日中間の協議ですよと、嫌なら中国の習近平側から断ってこい、という話なのです。 要するに• チャイナ側から来日を断る• チャイナ側が譲歩せざるを得ない状況にして来日させる こういう状況を作ろうという 攻めの姿勢なわけです。 「習近平は来るな!」と言っているだけでは出てこない発想でしょう。 毎日新聞の記事は、この話の流れを無視して来日時期のみに言及しており、我々の茂木外務大臣の意図を理解するための役に全く立っていません。 中国共産党のプロパガンダに加担する毎日新聞 毎日新聞は中国共産党のプロパガンダ紙であるチャイナウォッチを拡散しているとイギリスのガーディアン紙の調査報道で指摘され、それについて大高美貴氏が公開質問状を送ったところ実質的に報道内容を認める対応をしています。 毎日新聞の報じ方があのようなものになるのは当然だろうと思います。 以上 Nathannate.

次の

茂木外務大臣会見記録

茂木 大臣

Contents• 茂木敏充政調会長のプロフィールや経歴は? 都議選の惨敗もあり、8月の終わりに予定されていた内閣改造時期が早まるようです。 都議選前に「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」という失言が問題となった稲田朋美防衛相などが入れ替わるのではと言われていますが、岸田文雄議員が務める外務大臣も岸田文雄議員の意向で入れ替わるようです。 岸田文雄外相の後釜として名前が挙がっているのが、現在自民党の政調会長を務める茂木敏充(もてぎとしみつ)議員。 「茂木」という名字を見ると思い浮かべるのが、脳科学者の茂木健一郎さん。 茂木健一郎さんの名字は「もぎ」と読みますが、茂木敏充政調会長の場合は「もてぎ」ですね。 名字の読み方はさておき、まずは茂木敏充政調会長のプロフィールから見ていきたいと思います。 茂木敏充(もてぎとしみつ)• 生年月日:1955年10月7日• 年齢:61歳• 出身地:栃木県足利市• 出身高校:栃木県立足利高等学校• 出身大学:東京大学経済学部、ハーバード大学ケネディ行政大学院 茂木敏充政調会長は1955年生まれで現在61歳。 栃木県足利市の出身で、地元の足利高校から東京大学に進学し丸紅や読売新聞社勤務を経て、ハーバード大学ケネディ行政大学院に留学。 そこから、マッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルタントとして活躍したそうです。 マッキンゼー・アンド・カンパニーと聞くと大前研一さんを思い浮かべますが、その後大前研一さんが設立した平成維新の会事務局長に就任し、1993年の衆議院議員総選挙で当選し政治家としてのキャリアをスタートしています。 Sponsored Links 茂木敏充政調会長の派閥は? これまでに、所属する政党を何度か変えている茂木敏充政調会長。 1993年の衆議院議員総選挙では、日本新党から出馬しましたが日本新党が解党した後は、無所属となりました。 その後、自由民主党に入り、自民党では現在額賀派に所属しているようです。 茂木敏充政調会長の家族構成は? 現在61歳の茂木敏充(もてぎとしみつ)政調会長は結婚していて妻と子供もいるようです。 子供については以前栃木放送のインタビューで「息子とキャッチボールをする時間を作りたい」と話していることから息子さんがいるようです。 インタビューでは家族や子供については息子さんのみ話していたようですが、茂木敏充政調会長の家族構成に関する情報はこれくらいしかないようです。 息子さんも、父親の背中を見て政治家になるのでしょうか? その場合はまず茂木敏充政調会長の秘書となる可能性もありそうです。 Sponsored Links 茂木敏充政調会長の秘書に接待疑惑? 茂木敏充(もてぎとしみつ)政調会長の秘書の話になったところで、次に秘書についての情報を見ていたら気になる記事が・・・。 2015年に週刊文春Webに掲載された「茂木元経産相秘書官が豪華香港旅行接待を受けていた」という記事で、茂木義之氏という政策秘書と公設第二秘書を務める女性の秘書が2泊3日の香港旅行の代金約55万円を民間業者に払ってもらっていたんだとか。 2白3日でなぜそんな高額になるのかと思ったら、2人は飛行機はJALのビジネスクラス、ホテルはザ・リッツ・カールトン香港とお金のかかる香港旅行を楽しんでいたようです・・・。 「週刊文春」の取材に対してこの民間業者は「ビジネス上の口利きをしてもらうためだった」と話したそうですが、秘書はこの疑惑を否定。 茂木敏充氏も秘書に確認させるとしただけで期日までに回答はなし。 この茂木敏充政調会長の秘書に関する疑惑がその後どうなったのか気になったのですが、数年前の記事で他に情報がなかったので結局うやむやのまま終わっている可能性が高そうです・・・。 茂木敏充政調会長が事故?! 過去の情報見ればもっと気になる情報があるかもと思い調べてみたら茂木敏充(もてぎとしみつ)政調会長は事故にあっていたことがあるようです。 昨年の1月に茂木敏充政調会長が乗っていた車が首都高速道路で後続のトラックに追突される玉突き事故にあっていたようです。 車は秘書が運転していて茂木敏充政調会長は後部座席に座っていたようですがけが人は出ていないようです。 事故と聞いて何か大事故に巻き込まれたのかと思いましたが、これはトラックを運転していた男性の前方不注意で起きた玉突き事故だったようです。 Sponsored Links 茂木敏充政調会長の女性問題って何? 茂木敏充(もてぎとしみつ)政調会長について見ていると「女性問題」について調べている人が多ことが分かります。 これは、茂木敏充政調会長の女性スキャンダルかと気になって調べてみたのですが、これまでに茂木敏充政調会長が女性問題でのスキャンダルが報道されたことはないようです。 では、なぜ多くの人が茂木敏充政調会長の女性問題について調べているのか? 可能性がありそうなのは、昨年のデイリー新潮の「自民・茂木政調会長、スケベを見抜かれ番記者に女性が増加」という記事。 この記事では、茂木敏充政調会長が女性の記者だと口が滑らかになるから番記者の多くが女性記者になっているんだとか。 政治記者の多くは男性のようですが、この記事が出た時点で茂木敏充政調会長の番記者16人のうち7人が女性。 番記者の約半数が女性記者ということから、茂木敏充政調会長と女性記者のやり取りを紹介している記事ですが、カードマジックの最中に相手役になった女性記者の手を握っていたとか、懇親会で「いぬのさんぽ」と書かれた紙を裏返して読ませようとしたとか・・・。 ・・・。 「いぬのさんぽ」を裏返して読むとどうなるか・・・。 気になる人は試してみてください。 内閣改造で入閣すると言われている小野寺五典元防衛相の記事はこちら See ya! Sponsored Links.

次の

茂木敏充は人望がないと言われる理由や性格!経歴は文句なしの英語力

茂木 大臣

Contents• 茂木敏充政調会長のプロフィールや経歴は? 都議選の惨敗もあり、8月の終わりに予定されていた内閣改造時期が早まるようです。 都議選前に「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」という失言が問題となった稲田朋美防衛相などが入れ替わるのではと言われていますが、岸田文雄議員が務める外務大臣も岸田文雄議員の意向で入れ替わるようです。 岸田文雄外相の後釜として名前が挙がっているのが、現在自民党の政調会長を務める茂木敏充(もてぎとしみつ)議員。 「茂木」という名字を見ると思い浮かべるのが、脳科学者の茂木健一郎さん。 茂木健一郎さんの名字は「もぎ」と読みますが、茂木敏充政調会長の場合は「もてぎ」ですね。 名字の読み方はさておき、まずは茂木敏充政調会長のプロフィールから見ていきたいと思います。 茂木敏充(もてぎとしみつ)• 生年月日:1955年10月7日• 年齢:61歳• 出身地:栃木県足利市• 出身高校:栃木県立足利高等学校• 出身大学:東京大学経済学部、ハーバード大学ケネディ行政大学院 茂木敏充政調会長は1955年生まれで現在61歳。 栃木県足利市の出身で、地元の足利高校から東京大学に進学し丸紅や読売新聞社勤務を経て、ハーバード大学ケネディ行政大学院に留学。 そこから、マッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルタントとして活躍したそうです。 マッキンゼー・アンド・カンパニーと聞くと大前研一さんを思い浮かべますが、その後大前研一さんが設立した平成維新の会事務局長に就任し、1993年の衆議院議員総選挙で当選し政治家としてのキャリアをスタートしています。 Sponsored Links 茂木敏充政調会長の派閥は? これまでに、所属する政党を何度か変えている茂木敏充政調会長。 1993年の衆議院議員総選挙では、日本新党から出馬しましたが日本新党が解党した後は、無所属となりました。 その後、自由民主党に入り、自民党では現在額賀派に所属しているようです。 茂木敏充政調会長の家族構成は? 現在61歳の茂木敏充(もてぎとしみつ)政調会長は結婚していて妻と子供もいるようです。 子供については以前栃木放送のインタビューで「息子とキャッチボールをする時間を作りたい」と話していることから息子さんがいるようです。 インタビューでは家族や子供については息子さんのみ話していたようですが、茂木敏充政調会長の家族構成に関する情報はこれくらいしかないようです。 息子さんも、父親の背中を見て政治家になるのでしょうか? その場合はまず茂木敏充政調会長の秘書となる可能性もありそうです。 Sponsored Links 茂木敏充政調会長の秘書に接待疑惑? 茂木敏充(もてぎとしみつ)政調会長の秘書の話になったところで、次に秘書についての情報を見ていたら気になる記事が・・・。 2015年に週刊文春Webに掲載された「茂木元経産相秘書官が豪華香港旅行接待を受けていた」という記事で、茂木義之氏という政策秘書と公設第二秘書を務める女性の秘書が2泊3日の香港旅行の代金約55万円を民間業者に払ってもらっていたんだとか。 2白3日でなぜそんな高額になるのかと思ったら、2人は飛行機はJALのビジネスクラス、ホテルはザ・リッツ・カールトン香港とお金のかかる香港旅行を楽しんでいたようです・・・。 「週刊文春」の取材に対してこの民間業者は「ビジネス上の口利きをしてもらうためだった」と話したそうですが、秘書はこの疑惑を否定。 茂木敏充氏も秘書に確認させるとしただけで期日までに回答はなし。 この茂木敏充政調会長の秘書に関する疑惑がその後どうなったのか気になったのですが、数年前の記事で他に情報がなかったので結局うやむやのまま終わっている可能性が高そうです・・・。 茂木敏充政調会長が事故?! 過去の情報見ればもっと気になる情報があるかもと思い調べてみたら茂木敏充(もてぎとしみつ)政調会長は事故にあっていたことがあるようです。 昨年の1月に茂木敏充政調会長が乗っていた車が首都高速道路で後続のトラックに追突される玉突き事故にあっていたようです。 車は秘書が運転していて茂木敏充政調会長は後部座席に座っていたようですがけが人は出ていないようです。 事故と聞いて何か大事故に巻き込まれたのかと思いましたが、これはトラックを運転していた男性の前方不注意で起きた玉突き事故だったようです。 Sponsored Links 茂木敏充政調会長の女性問題って何? 茂木敏充(もてぎとしみつ)政調会長について見ていると「女性問題」について調べている人が多ことが分かります。 これは、茂木敏充政調会長の女性スキャンダルかと気になって調べてみたのですが、これまでに茂木敏充政調会長が女性問題でのスキャンダルが報道されたことはないようです。 では、なぜ多くの人が茂木敏充政調会長の女性問題について調べているのか? 可能性がありそうなのは、昨年のデイリー新潮の「自民・茂木政調会長、スケベを見抜かれ番記者に女性が増加」という記事。 この記事では、茂木敏充政調会長が女性の記者だと口が滑らかになるから番記者の多くが女性記者になっているんだとか。 政治記者の多くは男性のようですが、この記事が出た時点で茂木敏充政調会長の番記者16人のうち7人が女性。 番記者の約半数が女性記者ということから、茂木敏充政調会長と女性記者のやり取りを紹介している記事ですが、カードマジックの最中に相手役になった女性記者の手を握っていたとか、懇親会で「いぬのさんぽ」と書かれた紙を裏返して読ませようとしたとか・・・。 ・・・。 「いぬのさんぽ」を裏返して読むとどうなるか・・・。 気になる人は試してみてください。 内閣改造で入閣すると言われている小野寺五典元防衛相の記事はこちら See ya! Sponsored Links.

次の