コロナ 鎮痛 解熱剤。 【新型コロナ】イブプロフェン系解熱剤の服用に注意!|AI TRUST

新型コロナに罹ったらイブプロフェンは飲まない方が良いのか(忽那賢志)

コロナ 鎮痛 解熱剤

ウィーンのCOVID-19を研究している研究所の情報によると、亡くなった人の大多数は自分の持っている解熱剤イブプロフェン系のアドビルなどを服用していた。 そして、回復した人はイブプロフェン系の薬を服用していなかった。 発熱の症状がある場合、アセトアミノフェンのみを服用するのが良い。 新型コロナウイルスはイブプロフェンで繁栄させてしまう可能性が高く、服用しないこと。 コロナのイブプロフェン系の薬アドビルは避けるべき バンクーバー総合病院(VGH)に勤務する看護師の友人からのシェアされた情報によると、イブプロフェン系の薬であるアドビルが肺にウイルスを10倍悪化させることを知ったそうだ。 また、40代と50代前の健康で換気装置を使用していた人が、アドビルを服用したために呼吸が困難になった人々を発見したとも述べている。 タイレノールは当面の間の服用には適している。 VGHの4人の医師が現在感染しており、これまで、医師たちは、このような恐怖を感じた事がないと語っている。 現在この情報はコロナのイブプロフェンチェーンメールとしても出回っている。 ネットにも記載されている情報 ネグリン博士の病院から:中国人は現在、剖検の結果、Covid-19ウイルスの挙動を理解しています。 このウイルスは、気道と肺を固化して遮断する粘液で、粘液で呼吸経路を妨害することを特徴としています。 薬を適用できるようにするには、これらの気道を開いて遮断を解除する必要があるので、将来、治療に使用でき有効になるでしょう。 ただし、それにはまだ時間が掛かります。 自分を守る為に出来る事についての推奨事項は次のとおり 1 沢山の熱い液体を飲む• コーヒー• スープ• 温水 更に、口を湿らせ、胃液で口に入るウイルスを洗い流すため、20分ごとに温水を一口飲んでください。 ウイルスは、肺に到達する前に中和されます。 2 温水で防止剤になるものを使用してうがいをする 毎日欠かさずうがいをすることが大切です。 酢、塩、レモンなど使いましょう。 うがい薬は、時に喉の良い菌も殺してしまう事がありますから、頻繁にうがい薬を使用しない方が良いでしょう。 ウイルスは肺に入る前に喉の中に3〜4日間留まります。 うがいはウィルスの攻撃に適しています。 3 ウイルスは髪や衣服に付着する 洗剤や石鹸はウイルスを殺します。 帰宅したときは、風呂かシャワーを浴びる必要があります。 どこにも座らないように触らないようにしてバスルームやシャワーに直行します。 毎日洗濯できない場合は、ウイルスを中和する直射日光に当ててください。 4 ウイルスは9日間感染し続ける可能性があるため、金属面を注意深く除菌すること 自分の家の中の手すりやドアハンドルなどに触れる事にも注意してください。 それらを清潔に保ち、定期的に拭き取ってください。 5 喫煙しない 喫煙することで免疫力が低下し、肺炎になるリスクが高まります。 6 泡立つ石鹸を使用して、20分ごとに20秒間、手をよく洗うこと Happy Birthdayの曲2回くらいの時間が目処になります。 しっかり洗いましょう。 7 果物と野菜を食べる ビタミンCだけでなく、亜鉛も取り、自分の免疫力を上げるようにしてください。 8 動物は人にウイルスを広めない 人から人への感染です。 9 冷たいものを飲んだり食べたりしない また一般的なインフルエンザにかかるのを避ける為、冷たいものを食べたり飲んだりしないようにしてください。 喉の痛みなど、喉に不快感を感じた場合は、1〜9の方法ですぐにウィルスを攻撃してください。 皆さんの幸運を祈ります。 そして自分で自分の身を守る為に、この情報を皆さんにお伝えします。

次の

コロナ流行中の発熱!?市販薬「アセトアミノフェン」服用時の注意

コロナ 鎮痛 解熱剤

新型コロナウイルス感染症 COVID-19 してはいけない 5 つのポイント (2020. 15号) 『薬のチェック』速報No184 新型コロナウイルス感染症 COVID-19 してはいけない 5 つのポイント NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック)編集委員会 前回 では、やるべきこと5つのポイントを詳しく述べました。 その際の予告どおり、今回は「やってはいけないこと5つのポイント」のうち、初めの2点にについて詳しくお話しましょう。 やってはいけないこと まとめ• 解熱剤で熱を下げてはいけない。 ウイルスは熱に弱いので、解熱するとウイルスが再増殖する。 特に非ステロイド抗炎症剤は使ってはいけない。 アセトアミノフェンも、基本的には害がある。 ステロイド剤は、もちろん使ってはいけない。 理由は解熱剤と同じ。 発熱にタミフルやゾフルーザを使ってはいけない。 これらは免疫を落とす。 その他、免疫を低下させる薬剤は多数ある。 必須のもの以外は、使わないほうがよい。 身近なものでは、ある種の降圧剤 特に ARB,カルシウム拮抗剤 、睡眠剤・安定剤、抗がん剤、ステロイド剤、コレステロール低下剤、PPI などなど• 睡眠不足・夜ふかしをしない。 睡眠不足は最大のストレス、免疫力低下の元凶。 特に、アスピリンやボルタレン、ポンタール、イブプロフェンなど非ステロイド抗炎症剤 NSAIDs は、解熱させるだけでなく、免疫も落としますので、感染症が重症化して死亡率が高まります。 決して使ってはいけません。 アセトアミノフェンは、NSAIDs 解熱剤よりは害が多少少ないのですが、アセトアミノフェンといえども、大量に使って平熱に下げると感染症を悪化させます。 例えば、小児の水痘に使うと治癒までの時間が長引きました。 そして、敗血症など重篤な感染症の発熱をアセトアミノフェンで平熱にまで下げると、ヒトでも死亡の危険度が 7 倍になりました。 NSAIDs 解熱剤のなかでは、比較的緩やかな作用とされるアスピリンは、1970 年代に世界的に問題になったライ症候群 主に小児が、感染症後に脳症と肝障害を起こした の原因であることが疫学的、医学的に確立しています 危険度約 20 倍。 また、イブプロフェンはボルタレンやポンタールよりは害が少ないと一般的には考えられていますが、ヒトでも感染症を重症化し 危険度約 10 倍 、感染動物の死亡率を高めています 危険度約 20 倍。 解熱剤は、どれも使ってはいけません。 では、一つ一つを詳しく点検しましょう。 爬虫類 は自分で体温をわずかしか上げることができないのでこのようにして比較したものです。 1日目、2日目、3日目、1週間目と、どの時点でも温度が低いほど死亡率が高く、温度が高いほど死亡率は低かったのです。 実際は、感染症で 41. むしろ、解熱剤を使っていったん熱を下げた後で再び発熱した時のほうが、高くなります。 これを発見した医師の名前から、ライ症候群と言われています。 1980年前後から精力的に研究が行われ、その原因がアスピリンであり、ライ症候群を約20倍増やすことがわかりました(図2)。 そして、欧米ではアスピリンを使わなくなった結果、ライ症候群は発症しなくなりました[2]。 6 13. 0, 55. 5 5. 0001 日本ではアスピリンはほとんど使われなかったのですが、ライ症候群よりも、ずっと急激な経過で悪化する急性脳症が問題になり、後にはインフルエンザ脳症として調査研究が行われました。 日本ではアスピリンの代わりにもっと強い抗炎症作用が解熱剤として使われていたために、経過が急激になったのです。 原因となった解熱剤は、ボルタレン ジクロフェナク やポンタール メフェナム酸 などでした。 これら解熱剤を小児に使わないようにした結果、インフルエンザになって脳症になり死亡することは急激に減ってきました。 現在では、小児にはアセトアミノフェンだけが解熱剤として使われています。 ただし、タミフルを使い始めて、またインフルエンザで死亡することが増えてきましたが。 (3)アセトアミノフェンでも積極的に解熱すると死亡率を高める 現在、解熱剤の中では、アセトアミノフェンが最も安全と考えられて、よく用いられています。 048)[5]。 さらに、主に敗血症などで38. その結果緩和群では2. 06 [6]。 つまり、アセトアミノフェンといえども、平熱に近づけて解熱させると、7倍死亡率が高まるということを示しています。 (4)イブプロフェンも感染症を重症化 一方、海外では、非ステロイド抗炎症剤(NSAIDs)の中では最も作用が緩やかとされるイブプロフェンが、解熱剤として市販薬としても売られ、使用されています。 たとえば、日本では成人のイブプロフェンの1日常用量600mgですが、米国では、1錠が400mgとか、600mgの錠剤が、処方箋なしに購入できます。 これは、アセトアミノフェンと比較した2つの大規模な対照試験[3,4]の結果で、安全面では、アセトアミノフェンと変わらないと評価されたからです。 しかし、アセトアミノフェンで解熱すること自体が危険であるのですから、イブプロフェンは当然ながら、感染症を悪化させるでしょう。 実際、そのことが調査で示されています。 水痘にかかると、時に細菌感染を合併して、壊死性の筋膜炎など、皮下組織に細菌感染を起こし、重症化することがあります。 このような患者を症例とし、合併症をおこすことなく治った水痘患者を対照として、イブプロフェンなどきつい解熱剤の使用状況を調べた症例-対照研究が3件ありました[7-9]。 0009)(図4)。 それを総合解析すると、イブプロフェンなどNSAIDs解熱剤は、感染動物の死亡を15倍増やす、ということがわかりました。 図5には、イブプロフェンを各種動物の感染症に用いた場合の危険度の総合解析の結果を示します。 感染は、インフルエンザウイルスのほか、盲腸を結紮のうえ、穿刺して腸内細菌に感染させた場合などが含まれています。 イブプロフェンは感染動物の死亡を解熱剤を使わない場合に比べて、22倍増やすということが示されています。 図5:イブプロフェンは、感染動物の死亡を20倍増やす(総合解析結果より) 条件つき最尤法による総合オッズ比= 22. 3, 84. 0001 図6:NSAIDsはインフルエンザ感染動物の死亡を10倍以上増やす(総合解析結果より) 条件つき最尤法による総合オッズ比=無限大(95%CI: 3. 0001 また、図6には、インフルエンザウイルスに感染させて種々のNSAIDs解熱剤を用いた実験を取り出して、死亡の危険度を示しています(図5と図6で、一つの実験はダブっている)。 その結果、NSAIDs解熱剤をインフルエンザ感染症に用いると、死亡を10倍以上増やすことがわかりました(計算上は無限大となって計算できない)。 これらの文献は割愛します。 (6)感染動物とヒトでの感染の重症化や死亡の危険度は極めてよく似ている ヒトがインフルエンザなど感染症にかかりNSAIDs解熱剤を用いると、ライ症候群やインフルエンザ脳症を20倍増加し、イブプロフェンは水痘の重症感染症を10倍増やし、アセトアミノフェンでも積極的に解熱すると重症感染症の死亡を7倍増やしていることを、第(3)項で述べました。 前項(5)では、感染動物の死亡がNSAIDs解熱剤を使うと使わない場合の10倍~20倍に増えることを述べました。 このように、NSAIDs解熱剤を使った場合のヒトの感染症の悪化・死亡増加の危険度と、感染動物の死亡の増加危険度が、実によく一致しています。 したがって、NSAIDs解熱剤のほうが、もちろん危険度は大きいですが、アセトアミノフェンでも、積極的に解熱すると、感染症を重症化することはもはや疑う余地のないことです。 今回の新型コロナウイルス(COVID-19)でも、発熱時に解熱剤を用いることは、きわめて危険です。 絶対に用いないようにしましょう。 2.ステロイド剤は、もちろん使ってはいけない。 日本でも、まれには、インフルエンザにステロイド剤が使う医師がいますが、中国では、インフルエンザの初期にステロイド剤の使用がかなり行われていたようです。 インフルエンザの初期(発症72時間=3日以内)あるいは後期(72時間以降)にステロイド剤を使った場合に、まったく使わなかった場合と比較して重症化や死亡に影響があったかどうかが調べられました[10]。 その結果、表1に示したように、早期にステロイド剤を使うと、死亡を含め、重症化を6. 5倍増やすことがわかりました。 表1:インフルエンザにステロイド剤使用は重症化・死亡を増やす 発症3日以内に使うと、特に危険度大(6. 5倍) 早期:発症72時間以内に使用、後期:発症72時間超後に使用開始 この調査[10]の著者らは、危険度をリスク比やハザード比で示しているが、重篤・死亡例と非重篤例との症例-対照研究的な調査なので、オッズ比による危険度が適切である。 なお、この調査では、3日以降にステロイド剤が用いられた場合も調べており、死亡も含め重症化を約3倍増やしていました。 一方、重症化してから、ステロイド剤を使った場合に、死亡を増やすかどうかは、比較的たくさんの報告があります。 しかし、その場合、重症化したからステロイド剤が使われたのか、ステロイド剤を使ったから重症化したのか、判定が困難です。 ところが、この調査[10]は、まだ重症化していない発症早期に使ったステロイド剤を調べているので、重症化や死亡にステロイド剤が関与したとの因果関係はあきらかでしょう。 さらに、後述するように、動物実験でも、感染の1日後にステロイド剤を使うのが最も死亡率を高めることが証明されています。 感染初期は、体の免疫力を総動員してウイルスを減らすことに集中しなければならないときです。 その時に免疫反応、炎症反応を抑制するとウイルスが減らなくなります。 ステロイド剤の、こうした作用機序から考えても、ヒトでの結果や、後述する動物実験の結果は、十分に納得のいくことです。 (2)インフルエンザ入院患者へのステロイド剤治療は死亡を増やす インフルエンザが重症化して入院すると、しばしば、ステロイド剤が使われます。 その際、ステロイド剤を使った場合と使わなかった場合とで、死亡の危険度を報告した観察研究の総合解析の結果が報告されています[11]。 その結果、危険度は4. 8倍でした(図7)。 もともと重症化していたから死亡率が高くなったのか、ステロイド剤を使ったから死亡率が高くなったのか、判断は難しいところですが、タイミングをそろえて分析しても、2. 2倍でしたから、やはり関連があると考えておいた方がよさそうです(図7)。 図7:インフルエンザ入院患者へのステロイド剤治療の死亡への影響 文献[11]より引用 (3)敗血症性ショックでも、大量ステロイド剤は害がある 敗血症性ショックに対して、メチルプレドニゾロンの短期間(3日間)、大量(1日1000mg)に使用する、いわゆるパルス療法は、死亡率を高めて危険です。 日本の添付文書上でも、「クレアチニン値の高値(>2. 敗血症性ショックになった場合に、1日プレドニゾロンで50mg相当のヒドロコルチゾン(200mg を用いる療法は、入院後28日までの死亡を減らしたとされていますが、半年後には、用いなかった場合と死亡率に差は全くなくなっていました[13]。 いずれにしても、敗血症性ショックに対する使用も、ほとんど意味がなかったということです。 (4)動物実験ではステロイド剤を早期に使用するほど死亡の危険が大きい ステロイド剤を感染症に使うと死亡率が高まることについても、感染動物を用いた実験で確かめられています。 しかも、感染してからの時期が早いほど、死亡への影響が大きいことが確認されています。 エンテロウイルス71 EV71 というウイルスは、手足口病や、ヘルパンギーナといった軽い感染症を起こします。 通常は軽い感染症ですが、中国やタイなどで、小児に時として脳症や無菌性髄膜炎を起こしたりしたと報告されています。 また、重症化した状態では、サイトカイン・ストーム(註)を起こしているために、それを鎮めるために、しばしばステロイド剤が用いられていました。 しかし、ステロイド剤が逆に症状を悪化させているのではないかと疑われて、動物実験が実施されました[14]。 図8はそのうちの一つの実験結果です。 註:ウイルスが感染すると、体は、ウイルスをやっつけるために、熱とともに、インターフェロンや腫瘍壊死因子などのサイトカインと呼ばれる種々の化学物質をだす。 ウイルスの量が多くなると多くのサイトカインを出す必要に迫られ、極端にそれが高まると、サイトカインが嵐(ストーム)のように出てきてウイルスを攻撃する。 ところが、ウイルスだけでなく、体の細胞も攻撃を受けてダメージを負う。 解熱剤やステロイド剤は、ウイルスを殺すわけではなく、むしろウイルスが増殖するために、体は、より多くのサイトカインを出す必要に迫られて、その結果として、サイトカイン・ストームが起こる。 図8:ウイルス感染後ステロイド剤開始が早いほど死亡危険度が大きい 文献14より翻訳引用 ウイルス(エンテロウイルス71:EV71 をマウスに接種後1、3、4、8日目にデキサメサゾンを開始した場合と、1日目から生理食塩液を投与した場合の生存率を比較した。 1日目にステロイド剤を開始した場合の危険度が最大。 1日目に接種するとウイルスが死滅せず増殖するため。 EV71ウイルスをマウスに接種後1、3、4、8日目にステロイド剤のデキサメタゾンを開始し、生理食塩液を1日目から投与した群とで、死亡率を比較しました。 1日目からステロイド剤を使うと、次々にマウスは死亡していきました。 ステロイド剤の開始を遅くすると、生理食塩液とあまり変わりませんでした。 接種するウイルスの量を多くすると、生理食塩液でも多くが死亡しましたが、ステロイド剤を1日目から開始すると、9日目ですべてが死亡しました。 3つの実験を総合解析すると、生理食塩液に比べて、感染1日目にステロイド剤を開始すると70倍死亡の危険度を高める、という結果が得られました(図9)。 図9:ウイルス感染後ステロイド剤開始が早いほど死亡危険度が大きい 大量のウイルス接種時は、より早期に死亡 文献14の3つの実験データを総合解析:条件つき最尤法による総合オッズ比=70. 8 95%CI:7. 0001 以下の3項目は次号(速報No185)で詳しく述べます。 3.発熱にタミフルやゾフルーザを使ってはいけない。 これらは免疫を落とす。 4.その他、免疫を低下させる薬剤は多数ある。 必須のもの以外は、使わないほうがよい。 身近なものでは、ある種の降圧剤(特にARB,カルシウム拮抗剤)、睡眠剤・安定剤、抗がん剤、ステロイド剤、コレステロール低下剤、PPI など 5.睡眠不足・夜ふかしをしない。 睡眠不足は最大のストレス、免疫力低下の元凶。 参考文献• Kluger MJ, Ringler DH, Anver MR. Science. 1975 11;188 4184 :166-8. PMID: 1114347• Belay ED, Bresee JS, Holman RC, Khan AS, Shahriari A, Schonberger LB. N Engl J Med. 1999 May 6;340 18 :1377-82. PMID:10228187• Lesko SM, Mitchell AA JAMA. 1995 Mar 22-29;273 12 :929-33. PMID: 7884951• Lesko SM, Mitchell AA. Pediatrics. 1999 Oct;104 4 :e39. PMID: 10506264• Doran TF, De Angelis C, Baumgardner RA, Mellits ED. J Pediatr. 1989 Jun;114 6 :1045-8. PMID: 2656959• Schulman CI, Namias N, Doherty J, Manning RJ, Li P, Elhaddad A, Lasko D, Amortegui J, Dy CJ, Dlugasch L, Baracco G, Cohn SM. Surg Infect Larchmt. 2005 Winter;6 4 :369-75. Erratum in: Surg Infect Larchmt. 2010 Oct;11 5 :495. Li, Pam [corrected to Li, Pamela]; Alhaddad, Ahmed [corrected to Elhaddad, Ahmed]. PMID:16433601• Zerr DM, Alexander ER, Duchin JS, Koutsky LA, Pediatrics. 1999 Apr;103 4 Pt 1 :783-90. PMID:10103303• Lesko SM, O'Brien KL, Schwartz B, Vezina R, Mitchell AA. Pediatrics. 2001 May;107 5 :1108-15. PMID: 11331694• Souyri C, Olivier P, Grolleau S, Lapeyre-Mestre M; French Network of Pharmacovigilance Centres Clin Exp Dermatol. 2008 May;33 3 :249-55. PMID:18261144• Han K et al. Early use of glucocorticoids was a risk factor for critical disease and death from pH1N1 infection. Clin Infect Dis. 2011;53 4 :326-33. PMID: 21810744• Lansbury L et al. Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 2. Art. : CD010406. PMID: 30798570• Bone RC, Fisher CJ Jr, Clemmer TP, Slotman GJ, Metz CA, Balk RA. N Engl J Med. 1987 Sep 10;317 11 :653-8. PMID:3306374• Annane D, Bellissant E, Bollaert PE, Briegel J, Keh D, Kupfer Y, Pirracchio R, Rochwerg B. Corticosteroids for treating sepsis in children and adults. Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 12. Art. : CD002243. PMID:31808551• Shen FH, Shen TJ, Chang TM, Su IJ, Chen SH. Virology. 2014 Sep;464-465:218-227. PMID: 25104614 市民患者が「ほんまもん」の情報を持つことが真の改革につながる 薬の「ほんまもん」情報は『』 で!!.

次の

新型コロナウイルス禍:医療崩壊に備えて備蓄薬リスト|tak1974|note

コロナ 鎮痛 解熱剤

今回は、感染症などで発熱した時の人為的な解熱について触れたいと思います。 ここでは、熱を下げる方法として、1)クーリングを行う、2)アセトアミノフェン(カロナール、アンヒバなど)を使用する、3)非ステロイド系消炎鎮痛薬NSAIDs(ロキソニン、ボルタレンなど)を使用する、に分けて考えたいと思います。 日本と韓国の病院の集中治療室に入院した敗血症の患者(細菌学的に診断された患者と、臨床的な基準を満たした感染症の患者が含まれる)606人に対する観察研究では、クーリングは患者の経過に影響を与えなかったと報告されています。 61と2. 05)。 80人の成人インフルエンザ患者に対してアセトアミノフェンの効果を調べた二重盲検ランダム化比較試験では、ウイルス量、症状のスコア、症状が改善するまでの期間のいずれの項目においても、アセトアミノフェンを使用した群と使用しない群との間に有意差を認めなかったと報告されています。 現在、インフルエンザの成人患者を対象に、解熱剤(アセトアミノフェン、イブプロフェン)の使用とその後の経過を調べたもっと大規模な研究が実施され、その結果が待たれるところです。 そして、36. いずれも、病原体が侵入した時の発熱は、免疫細胞を活性化するための「生理的な手段」と考えてもよさそうです。 ということは、ある程度の発熱は(38. 発熱に対して、保護者や介護者の心配のために解熱剤を使用していることが少なくありません。 安易な解熱剤の使用について、もう一度考えてみるべき機会なのかもしれません。

次の