忍者 スキル 回し 5.2。 【FF14】パッチ5.2『忍者』最終装備 レベル80最強装備 考察

パッチ5.0忍者 スキル回し

忍者 スキル 回し 5.2

開幕前 2通りあります。 ボスのサークルと土遁がちょっとでも重なっていればokなのでそれも合わせて伝えるとよいでしょう。 断られたらぶっ飛ばします。 ダークアイドルなどの動かないボスは戦闘前に土遁を使っても入れることが出来ないので風遁して開幕の水遁準備で普通に始めます。 開幕回し 最後の雷遁でだましが終わります。 回線によってはだましと夢幻を同時に挟んだ時に多少食い込みますが挟む余地が他にないのでこれで大丈夫です。 トゥルーノースがいらない場合は分身をそっちにもってきてもいいです。 開幕以降の基本ローテーション 開幕以降の忍術 開幕回しが終わると忍術は1スタックもされていない状態になるので次のだましの前の水遁まで使いません。 中断があるボスに対しては叩けるようになる直前に発動するように土遁を入れることによって普通に雷遁をするよりも叩ける時間に印を結ばない分だけダメージを稼げますが、練習段階ではまずだまし中に雷遁を2回入れていけるようにしましょう。 ぶんどるは開幕回しでだましの前に使っているのでだましよりリキャが早く終わり、だまし中にぶんどるを入れてから増えた忍気を使っている余裕は120秒周期のだましには無いのでだましの前に使っておきます。 活殺はだましのための水遁を使った後、分身はだましとリキャが重なる奇数回の分身だけだまし中に追撃が入るようにだましの直前に使います。 2回目以降のだまし だましはコンボの何段目から入るべきなどの指標は無く、とにかくリキャごとに使います。 理由は後述しますがだまし入る時に忍気が90より多いとgdります。 だまし中に 「影牙」 「氷晶乱流と雷遁2回」 「夢幻三段と終撃」 「六道輪廻を1~2回」を必ず入れます。 さらに120秒周期 奇数回 のだましには 「天地人」も追加されてとにかくGCD間に挟むものが多くなります。 天地人の水遁の後だけ 必ず命水をします。 命水によって増えた忍気もだまし中に使いたいのでなるべく早めに天地人を使いましょう。 でも命水で忍気が50も増えてしまうので天地人は忍気が45以下の時じゃないと溢れてしまう。 個人的にここが一番めんどくさい 開幕回しを身に着けている方ならもう理解してると思いますが、 忍術発動後のGCD間に1つだけアビを挟めるのでそれも込みで回していきます。 開幕回しと同じくらいの物量が120秒周期で襲ってくるのでここでよくgdります。 なので3つのコツを伝授します。 「だましを入れたら次は影牙して六道輪廻」 2. 「天地人は忍術のリキャが4. 5秒以上ならさっさと使ってしまう」 3. 毎回同じことをすればいいということは考えなくていいということです。 うれしいですね。 でも戦闘時間が長引いていけば夢幻三段が少しずつずれていってだましには収まっているものの上記のタイミングで入れられないこともあるかもしれません。 という訳で慣れるまではだましと同時に挟んだり六道輪廻などと一緒に挟んでしまいましょう。 やらない方がいいのでどうしてもという方だけ。 XHB配置 アイコン無しマクロは古の兵器の煙玉のマクロです。 強甲はLR同時押しに入ってます。 縮地はのマクロと普通に使う用で2か所入れてます。

次の

【5.2】Lv80モンクのスキル回しと解説

忍者 スキル 回し 5.2

index• 開幕スキル回し• 双刃旋(ぶんどる)• 風断ち(分身の術)• 旋風刃• 双刃旋• 風断ち(だまし討ち)• 影牙(夢幻三段)• 氷遁の術(終撃)• 雷遁の術(六道輪廻・天地人)• 三連遁術(命水)• 雷遁の術 解説 最後の雷遁が騙しから漏れますが、最も瞬発力がある開幕スキル回しです。 天地人は水遁ルートです。 以降はだまし討ちと同じCT60Sスキルを騙しに打ち込んでいきます。 忍術が1スタック以上の場合はCTが勿体無いので、先に雷遁を打ってしまいましょう。 アビリティは適当に打っても漏れることはありませんが、夢幻三段と終撃は別々のGCDの間に分けて入れましょう。 いっぺんに打とうとするとGCDに食い込みます。 命水は天地人とセットで使います。 命水1回で忍気が50貯まるので六道なり分身を使うことができます。 所感 火力は上がっていますし、GCDの食い込みも解消されたので良調整と言えるのではないでしょうか。 ただ、個人的には忙しさと火力のバランスが取れているとは感じないので、メイン忍者に戻ることはまだなさそうです。 だまし討ちの調整は開幕の忙しさ解消と強めのシナジーを両立するためのものだと思われますが、加えて他のジョブとの噛み合わせも意識したのでしょう。 効果時間が延びたとはいえ、ダメージ上昇量が減っているので、だまし討ち自体は実質弱体です。 なんだか尖った部分がなくなってしまったようで、今までの忍者としてのやりがいが減ったようにも感じます。

次の

【5.2】Lv80忍者のスキル回し解説【5/11更新】

忍者 スキル 回し 5.2

単体スキル回し ・忍術の威力が高いので、 騙しに忍術を出来るだけ入れるようにしましょう。 ・ギミック処理や範囲でボスから離れて暇、かつ忍術が少ない場合のみ投刃。 使えない場合は蛙。 ・ 範囲忍術は基本的に火遁、時間がかかりそうな場合は土遁も置く。 (天地人で土遁を置く場合は全部火遁に回す) 忍術優先度 だまし討ちのリキャが戻りそうな時に水遁をかけておき、直にだまし討ちが撃てる準備をしておく。 (活殺も出来れば事前にやっておく) ・ 騙し討ち中に活殺氷は必ず撃ち、あとは出来るだけ雷遁を打ち込む。 ・特に何も無く、忍術が溜まってる場合は取り合えず雷遁。 騙し討ち中は忍術多め 出来るだけ騙し中に忍術を撃った方が良いと思です。 ・だまし討ち・夢幻三段・活殺自在・影牙・終撃はセットで運用。 天地人も騙し討ちと一緒に使う。 ・騙し討ち中は出来るだけ技をぶち込みたいので、その間はかなり忙しいが騙しのリキャ待ち状態は出来る事が少なく非常に楽。 忍気 分身>六道or蛙 ・分身は強力、だまし討ちに合わせるようにしたいが開幕以外はリキャを合わすのが難しいので溜まったら即撃ちをしています。 ・2回目の薬には分身を合わせられるように、リキャ調整する。 単体は六道、範囲は蛙を使うようにする。 分身は単体・範囲、どちらでも火力が出せる。

次の