お尻ニキビ 原因。 しつこい“お尻ニキビ”を撃退! 皮膚科医に原因とケア法をASK!

痛いおしりニキビの原因と治し方|跡に残さずキレイに治す!

お尻ニキビ 原因

お尻ニキビができやすい人は、普段から万が一で来た時にサッと使える塗り薬を常備しておくと悪化せずに治しやすいのでおすすめです。 塗り薬には皮膚科を受診して処方できるものもあれば市販されているものもありますし、どんなメカニズムでニキビに働きかけるのかという点も異なります。 乾燥肌の人ならピーリング系よりも保湿系のものが良いですし、ニキビが炎症を起こしやすい人なら抗炎症作用のある塗り薬が良いでしょう。 お尻の肌質やニキビの状態によって使い分けるとなお良いです。 こちらのページではニキビの塗り薬について詳しく解説していきますので、ニキビの塗り薬を入手する前に選び方をチェックしておいてください。 \薬のうんちく飛ばせます 笑 / お尻ニキビが出来た時のために塗り薬を常備しておこう! まずは、お尻ニキビに使える「ニキビの薬の種類」について見ていきましょう。 ニキビ薬と言ってもたくさん種類があるので、その中から自分の肌質やニキビの状態からベストなものを選ぶことが大切です。 お尻ニキビの薬の種類 お尻ニキビを治す薬は、大きく分けると薬局やドラッグストアなどで市販されている 市販薬と、病院で医師に処方箋を書いてもらう必要がある 処方箋タイプとに分類できます。 薬効の強さで言えば処方箋タイプの方が強いのですが、このタイプは長期保存できないものが多いため、常備しておくのは無理があるかもしれません。 常備するなら市販薬の方が使い勝手は良さそうですね。 市販のニキビ薬 市販のニキビ用塗り薬は、たくさんあり、市場に出ているものだけでも50種類以上あると言われているほどです。 お尻ニキビができても肌質やニキビの特徴などには個人差があるため、塗り薬を選ぶ際には 自分にとってピッタリの塗り薬を選ぶことをおすすめします。 例えばニキビ薬としては人気が高いクレアラシルなら、イオウ・レゾルシンを有効成分としていて、短期間で治せるという点が人気ですね。 皮膚科やクリニックで処方してもらえる薬 皮膚科で処方してもらえるニキビ薬は、自分のニキビの症状に合わせてピンポイントに処方してもらうことができるだけでなく、市販薬よりも薬効が強いので 短期間ですっきり治せるというメリットがあります。 ただし、防腐剤などが入っていないものが多く、 保管期間が短い ために、常備しておく薬としてはあまりおススメではないかもしれません。 ただしニキビの炎症がひどくて困っている時などには、市販のものよりも処方箋タイプの方がおススメです。 ニキビ薬はどんな効果効能があるの? ニキビ薬には、どんな有効成分が入っているかによって、治療のメカニズムが異なります。 ニキビの原因を取り除く抗菌成分が入っているものや、炎症を抑えて治す成分が入っているもの、毛穴のつまりを取り除いて治療するピーリング成分が入っているものや、漂白成分、皮脂分泌を抑える成分など、アプローチ方法は多種多様です。 抗菌作用 お尻ニキビの原因は、アクネ菌が皮脂や角質などを食べながら増殖することです。 そのため、 原因となるアクネ菌を殺菌することができれば、ニキビが悪化しなくなるというメカニズムで治療アプローチをするのが、抗菌作用のあるニキビ薬ですね。 抗菌作用に伴って肌が少し乾燥しやすくなってしまう場合があるので、乾燥肌の人は注意したほうが良いかもしれませんね。 ちなみに、抗菌成分はアクネ菌だけでなく他の菌も殺菌するという特徴があるため、 日常的な使用はNGとなっています。 抗炎症作用 抗炎症作用というのは、 ニキビの炎症を抑える働きのことで、多くのニキビ薬に抗炎症成分が含まれています。 ニキビの炎症を放置していると、炎症がどんどん肌の内側まで進行して真皮層まで達してしまいます。 そうなると、ニキビ跡が残ってしまう原因となるので、ニキビ薬を使う際には抗炎症作用が入ったものを選び、炎症を素早く鎮める工夫が必要ですね。 ちなみに炎症がひどい場合には、病院でステロイドを処方されることもあります。 ピーリング作用 ニキビ薬の中には、毛穴につまっている角質を取り除くために、 角質表面をピーリングすることでニキビの原因を取り除くというアプローチ方法をする薬があります。 ピーリング作用と言ってもケミカルピーリングのように痛みやダウンタイムを伴うものではなく、肌表面の角質を取り除くというものなので、使った時に痛くなることはありません。 しかし、指でこすりすぎると角質が取れすぎてヒリヒリしますし、 肌が乾燥する原因となるので注意しましょう。 漂白作用 ニキビ治療薬というよりは、ニキビ跡治療のための塗り薬に多く含まれているのが、漂白成分や美白成分ですね。 ニキビ跡は、ニキビの炎症によって皮膚細胞がダメージを受け、メラニン色素が作られてしまう事によって起こることが多く、この メラニン色素を退治してくれるのが、漂白成分や美白成分などです。 ニキビ治療薬にも漂白成分が入っているものはありますが、漂白成分が赤く炎症を起こしているニキビを治療してくれるわけではないという点は理解しておきましょう。 皮脂を抑える効果 ニキビ薬の中には、過剰な皮脂分泌を抑えてニキビを作りにくい毛穴環境へと改善できる成分が含まれているものがあります。 皮脂の分泌を抑えたり、 分泌された皮脂を素早く吸収することで毛穴を詰まらせないようにするなど、アプローチ方法は塗り薬によって異なりますが、オイリー肌な人や、下着の中が蒸れやすくてニキビができやすいという人にとってはおすすめのニキビ対策方法と言えるでしょう。 常備しておけば安心!お尻ニキビにおすすめの薬10選! お尻ニキビにおすすめの薬はたくさんあり、市販されているものだけでもたくさんあります。 それぞれ、入っている有効成分やニキビへのアプローチ法などは異なるため、自分のニキビと相性が良いものを選ぶことが必要ですね。 ここでは、口コミなどでも人気のニキビ薬を10商品ご紹介しましょう。 ディフェリンゲル0. 1% ダラシンカプセルにはロジールというジェネリック薬品がラインナップされていて、どちらも個人輸入の通販サイトで購入できます。 ダラシンのジェネリックにはクリンダマイシンもありますが、こちらは嫌気性細菌や細菌性膣症などの治療に用いられるなど、ダラシンカプセルの治療用途とは異なります。 お尻ニキビのケアにおすすめのセット お尻ニキビをケアするなら、ニキビができた時にサッとつけることができる塗り薬以外にも、ニキビ予防ができるスキンケアアイテムを併用するのが安心です。 低刺激の石鹸を使うことによって、ニキビを作りにくい肌質へと改善できますし、塗り薬があれば万が一の時にはサッと沈静化できそうですね。 ディフェリンゲル+ジェネリックダラシンゲル+オパシー石鹸 ディフェリンゲルとジェネリックダラシンジェルが炎症のひどいニキビを撃退するとともに、オパシー石鹸がニキビ予防をしてくれるこのセットは、お尻ニキビができやすい人にピッタリのセットです。 できたニキビはひどくなる前にサッと治療し、ニキビができないように予防ケアもできるので、毎日使うことで脱!お尻ニキビですね。 ベンザックジェル+オパシー石鹸 お尻ニキビに詳しい皮膚科医がすすめる有効成分、過疎化ベンゾイルをたっぷり配合されているベンザックジェルと、ニキビ予防効果のある低刺激性オパシー石鹸を使うことによって、お尻ニキビの効果的な予防と治療ができます。 ベンザックジェルは塗り薬なので、必要な所にピンポイントでサッと塗れるという点も、使いやすい理由と言えるでしょう。 トレチノイン+オパシー石鹸 日本皮膚科学会が尋常性ざ瘡治療ガイドラインの中で推奨度Aとされているトレチノインと、ニキビ予防ができる低刺激タイプの石鹸、オパシー石鹸がセットになっています。 肌に刺激を与えることなくしっかりとニキビ予防をしたい人や、気になるニキビを進行させずに治療したい人におすすめのセットです。 お尻ニキビが出来た時の塗り薬の使い方 お尻ニキビができた時に便利な塗り薬は、ニキビを見つけたらすぐにさっと塗ってあげることが必要です。 また、薬によって薬効がどのぐらい持続するかが異なるので、一日に何回か薬効が切れてしまう事がないように何回か塗りが押してあげることも必要ですね。 塗り方は簡単で、ニキビが気になる部分にピンポイントで塗るのが良いでしょう。 スキンケアと塗り薬の順番 スキンケアと塗り薬の両方を使う場合には、まずはスッピンの肌に対して塗り薬をぬり、有効成分が肌の内側にきちんと浸透した上でスキンケアを使うのがおすすめです。 ニキビケア用の塗り薬の中には、薬の後にメイクすることを前提としたものなどがありますが、お尻ニキビのようにメイクの必要がない部位でも、 塗り薬をぬって有効成分が浸透するまでの10分ぐらい放置した上で、クリームやローションなどのスキンケアを使いましょう。 ニキビ薬を使用する時の注意点 ニキビ薬を使う場合には、いくつか注意したい点があります。 ニキビ薬はニキビという皮膚疾患を治療するための医薬品で、スキンケア商品ではありません。 そのため、ニキビを予防したいからと言って 長期間使い続けるのはNGです。 特に作用が強いステロイドは短期間の使用でなければ肌トラブルを引き起こす可能性があるので要注意です。 抗菌薬の長期で使うのはNG!今後効かなくなる危険性が!? 抗菌作用を持つニキビ治療薬は、 基本的には短期間の使用に限定となります。 長期間使い続けてしまうと、細菌に耐性が作られてしまい、以前では効果があったニキビ治療薬でも全く効果が出なくなってしまいます。 アクネ菌などの菌に耐性を作らせないためには、 使用は短期間にとどめておき、使用を再開する場合には使わない時期を一定期間設けることが必要です。 自己判断するのが不安な場合には、医師に相談することをおすすめします。 ステロイドの長期使用は皮膚科で相談 ニキビ治療薬の中でも作用が特に強いステロイド配合の薬については、使用上の注意をきちんと守ることが必要です。 処方された薬なら、医師もしくは薬剤師が説明してくれますが、市販の薬でもステロイド配合のものはあるので、長期使用を避けるためにも、なかなかニキビが治らない場合などには皮膚科に行って相談することをおすすめします。 自己判断で長期間使ってしまうと、肌が黒ずんだりというトラブルの原因となります。 まとめ お尻ニキビは、普段鏡で見ることができない場所なので、なかなか気づきにくいものです。 ニキビは原因を取り除かない限りはどんどん進行してしまうので、気づかないと言って放置してしまうと、知らない間に炎症が進行して真皮層までダメージを与えてしまったり、炎症がひどくなって我慢できない痛みにもなりかねません。 そのため、お尻ニキビは出来るだけ早期発見することがとても大切ですし、見つけたら原因を解消するとともに適切なケアをして治療することが、跡を残さない早期治療につながります。

次の

触ると痛い!おしりニキビの原因とケア方法を紹介!おすすめのクリームは?

お尻ニキビ 原因

デリケートな悩みでもあるお尻の肌トラブル。 誰にも言えず悩んでいる人も多いはず…。 特に、厄介なのが お尻ニキビですよね。 汗をかく季節はどうしても蒸れてニキビができやすい状態に!!!! お尻ニキビができる原因 突如現れるお尻ニキビですが、実はお尻はニキビができやすい部位の1つでもあります。 お尻は、下着や衣類によって通気性が悪く、汗や皮脂などで非常に蒸れやすいところです。 そのため、雑菌が繁殖しやすく特に夏場などの汗をかく季節はニキビの原因でもあるアクネ菌が繁殖しニキビができやすくなってしまいます。 この3つの条件が揃っているお尻はニキビができやすい環境です。 心当たりがある方は要注意!• アクネ菌が多く存在する• 毛穴汚れや詰まりがある• 皮脂分泌が多い また、睡眠不足やストレス、食生活の乱れもニキビの原因になるので注意してくださいね! お尻ニキビができてしまったら? ニキビができてしまうとどうしても触りがちに…。 ですが、 極力触らないように意識しましょう。 気になって触りすぎると、ニキビが炎症を起こしたり重症化しやすくなったりして、治りが遅くなるのに加えニキビ跡が残ってしまう可能性があります。 また、お風呂で体を洗う際はゴシゴシ洗わず手で優しく洗い石鹸の洗い残しがないようしっかり洗い流しましょう。 万が一ニキビ跡ができしてまった…という方は、次の3つのセルフケアをしてみましょう。 密着度が高い下着の着用は避ける• 入浴後高保湿の化粧水や乳液をつける• 長時間座るのは極力避ける お尻ニキビを防ぐには? お尻ニキビがきると デスクワークなど座っている時間が長い人にとっては痛みを感じることもあるので辛いですよね。 また、体質によっては完治しても新たなニキビが出来ることも少なくないはず。 ニキビができやすいなと思う人は次の5つのポイントに気を付けて生活してみましょう!• 入浴時にお尻を丁寧に洗う• 湯船に浸かる• 汗をかいた際はこまめに着替える• 下着は締め付けが少ないものを着用する• 長時間座るなどは避け、お尻が蒸れやすい環境を避ける また、 乾燥はニキビの炎症を引き起こすことがあるため日頃からボディローションなどで保湿をすることをおすすめします。

次の

【医師監修】おしりニキビの原因とケア方法|ニキビに似た粉瘤(ふんりゅう)との見分け方

お尻ニキビ 原因

デリケートな悩みでもあるお尻の肌トラブル。 誰にも言えず悩んでいる人も多いはず…。 特に、厄介なのが お尻ニキビですよね。 汗をかく季節はどうしても蒸れてニキビができやすい状態に!!!! お尻ニキビができる原因 突如現れるお尻ニキビですが、実はお尻はニキビができやすい部位の1つでもあります。 お尻は、下着や衣類によって通気性が悪く、汗や皮脂などで非常に蒸れやすいところです。 そのため、雑菌が繁殖しやすく特に夏場などの汗をかく季節はニキビの原因でもあるアクネ菌が繁殖しニキビができやすくなってしまいます。 この3つの条件が揃っているお尻はニキビができやすい環境です。 心当たりがある方は要注意!• アクネ菌が多く存在する• 毛穴汚れや詰まりがある• 皮脂分泌が多い また、睡眠不足やストレス、食生活の乱れもニキビの原因になるので注意してくださいね! お尻ニキビができてしまったら? ニキビができてしまうとどうしても触りがちに…。 ですが、 極力触らないように意識しましょう。 気になって触りすぎると、ニキビが炎症を起こしたり重症化しやすくなったりして、治りが遅くなるのに加えニキビ跡が残ってしまう可能性があります。 また、お風呂で体を洗う際はゴシゴシ洗わず手で優しく洗い石鹸の洗い残しがないようしっかり洗い流しましょう。 万が一ニキビ跡ができしてまった…という方は、次の3つのセルフケアをしてみましょう。 密着度が高い下着の着用は避ける• 入浴後高保湿の化粧水や乳液をつける• 長時間座るのは極力避ける お尻ニキビを防ぐには? お尻ニキビがきると デスクワークなど座っている時間が長い人にとっては痛みを感じることもあるので辛いですよね。 また、体質によっては完治しても新たなニキビが出来ることも少なくないはず。 ニキビができやすいなと思う人は次の5つのポイントに気を付けて生活してみましょう!• 入浴時にお尻を丁寧に洗う• 湯船に浸かる• 汗をかいた際はこまめに着替える• 下着は締め付けが少ないものを着用する• 長時間座るなどは避け、お尻が蒸れやすい環境を避ける また、 乾燥はニキビの炎症を引き起こすことがあるため日頃からボディローションなどで保湿をすることをおすすめします。

次の