埼玉県緊急事態宣言。 【コロナ】緊急事態宣言対象の7都道府県はどこ?いつからいつまで?

【5月3日発表】5月7日以降の緊急事態措置等の方向性について

埼玉県緊急事態宣言

緊急事態宣言される7都道府県はどこ? 緊急事態宣言の対象地域は、 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡 こちらの7都道府県になります。 緊急事態宣言の期間はいつからいつまで?? 2020年4月7日に宣言し、 効力は8日から〜5月6日まで。 この期間は、生活に不可欠なもの以外の事業の休業、人が大勢あつまる施設の使用停止など要請できるようになります。 緊急事態宣言でいったいどうなるの?? この『休業要請』ですが、知事が使用制限を要請する事ができます。 要請できる施設は、学校、劇場、映画館、百貨店、体育館、ホテル。 など 食料や衣料品、燃料など生活必需品売り場は営業を続ける事ができるようです。 緊急事態宣言にみんなの声は?? — E531Kさん E531K1 埼玉は車で15分圏内で 東京は高速で1時間少々で行ける所に住んでる者として 今回の緊急事態宣言怖すぎる 群馬は指定に入ってないけど 仕事で行かなきゃならんし なんか群馬って前橋とか高崎にしか 目がいってないんじゃないかな そう思う — たけ shiketa0430.

次の

埼玉、千葉、東京、神奈川、北海道の緊急事態宣言解除5月25日に判断 月末まで不要不急の移動自粛を全国で呼び掛け

埼玉県緊急事態宣言

もくじ• 2020年4月7日に発令見込みの緊急事態宣言について 具体邸に話が出始めたのは、2020年4月6日になります。 安倍晋三首相は2020年4月7日の緊急事態宣言発令に向けて準備をする意向を表明しました。 現在判明している対象地域は以下の通りとなります。 神奈川• 福岡 期間については約1ヶ月程度となり、2020年5月6日までを予定しているとのことです。 首相官邸からも具体的に以下の様に情報が出ております。 《総理の動き》本日(4月6日)安倍総理は官邸で会見を行いました。 総理は、緊急事態宣言の検討状況について次のように述べました。 …対象となる地域の皆様には、冷静な対応をお願いしたいと思います。 以下の要件が満たされた場合に出すことが出来るとのこと。 政令で定められた「国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与える恐れがある」などの感染症が発生し• 全国的かつ急速な蔓延により国民生活を呼び国民経済に甚大な影響を及ぼす、またはその恐れがある スポンサーリンク 2020年4月7日に発令見込みの緊急事態宣言について埼玉県で変わること変わらないこと 緊急事態宣言でロックダウンではない(変わらないこと) 現行法制上、罰則を付けた上で移動制限を行ったり都市の封鎖を行うといったことが出来ません。 なので何週間前のニューヨークと同じ、といった表現で海外と似た形を印象付けておりますが、同じ様な強制力を出すことはできません。 なので、今お願いされている内容がそのまま継続される形となります。 基本的には封鎖ではないのでお隣の栃木県にも群馬県にも茨城県にも千葉県にも東京都にも山梨県にも長野県にも移動することは可能です。 ですが、今回は新型コロナウイルスを広めないための緊急事態宣言ですので、なるべく自宅から出ない様にしましょう。 緊急事態宣言で外出自粛ではない(変わらないこと) こちらもどうように法制上罰則を付けた上での移動制限をすることはできませんので今の状況とは変わりません。 病院にも行けますし、お仕事にもいけます。 お散歩もジョギングも特には制限されておりません。 ですので、埼玉スタジアム周辺の散歩も大宮駅周辺も浦和駅周辺も行くことは可能です。 ですが、今回は新型コロナウイルスを広めないための緊急事態宣言ですので、なるべく自宅から出ない様にしましょう。 交通機関もインフラ、運送、通信も止まらない 特措法内には交通機関を止めるような条文は存在しません。 むしろ、国民の生活を安定させるよう適切な運用を続けるように対策を講じるよう都道府県知事が求めるが出来るくらいです。 これはインフラ、運送、通信についても同じです。 国民生活の安定の為、適切な運用を続けるように対策を講じるようにする必要があります。 強制することができるのは? 以下2点が対応できるようになります。 臨時の医療施設をつくるための土地や家屋について、同意が得られない場合でも使用することができる• 業者に対し、医薬品や食品などの必要なものの保管を命じることもできる 医療施設については、すでにホテル業界が提供し始めていますね。 むしろ緊急事態宣言発動前にすでに動いている感じです。 そして、2番についてもマスクの作成をシャープに依頼することですでに動いていますね。 そう考えると緊急事態宣言で出来ることはすでに対応していそうです。

次の

緊急事態宣言のテレビ情報

埼玉県緊急事態宣言

安倍首相は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言を39県で解除することを決めた。 宣言の対象地域を解除するのは、4月7日の発令以来、初めてだ。 首相は疲弊した経済を支援するため、2020年度第2次補正予算案の編成を指示した。 首相は記者会見で、「感染拡大を予防しながら社会経済活動を本格的に回復させる『新たな日常』を作り上げる極めて困難なチャレンジに踏み出す」と強調した。 そのうえで、緊急事態宣言を続ける8都道府県について、「収束に向けて前進しているのは間違いない。 可能であれば(宣言の)期限の31日を待たずに解除する」と述べた。 1週間後の21日をめどに解除の可否を改めて判断する考えだ。 記者会見後に開かれた政府対策本部では、宣言の対象区域を全都道府県から、いずれも感染対策を重点的に行う「特定警戒都道府県」の北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫の8都道府県に変更すると正式決定した。 これまで特定警戒だった茨城、石川、岐阜、愛知、福岡の5県を含む計39県は14日付で解除となった。 これを受け、店舗の営業などは、知事の協力要請や業種ごとの指針に基づき判断してもらうことになる。 あわせて読みたい•

次の