ビー ネックス グループ 株価。 ビーネックスグループ(ビーネックス)【2154】の週間株価(週足)|時系列データ|株探(かぶたん)

ビーネックスグループ (2154) : アナリストの予想株価・プロ予想 [BeNEXT Group]

ビー ネックス グループ 株価

ビーネックスグループ を評価してみました。 成長率が有力技術者派遣銘柄の中でトップです。 株価は急下落して割安な高配当株になっていますが、長期保有対象としてはどうでしょうか? この記事では、• 直近の四季報の数値を独自の計算式に入れて5段階評価をしています。 長期投資するメリットがあるかの視点での12項目を評価しています。 12個の5段階評価を考慮し、最終的なランクをつけています。 (Sランク~Dランク)• 最後に主観的なコメントもしています。 ビーネックスグループ とは 2020年1月にトラスト・テックからビーネックスグループ と社名を変えました。 製造に特化した人材サービス事業で、 製造系技術者派遣が高収益を上げています。 海外事業(主にヨーロッパ)にも拡大していますが、まだ収益化はできていないようです。 参考:2018年アニュアルレポートより 下の表はシェアと成長率 CAGR ですが、ビーネックス(旧トラストテック)はシェアは低いが成長率 CAGR はトップです。 「シェアよりも収益性を重視」というのを方針に掲げています。 長期ではキャピタルゲインも狙えるかも。 Aランク : 安心できる優良銘柄。 長期投資での候補にできる。 購入後のチェックは必要。 Bランク : 依然優良銘柄だが、気になるところもある。 こまめにチェックして買い時と売り時を考える必要がある。 Cランク : 長期投資の対象としてはちょっと難しい銘柄。 購入にはより詳細な調査と分析が必要。 Dランク : 長期投資の対象としてはかなり難しい。 (優待が良ければ保有も可) コメント 業績がとてもよく、成長率がとても高いです。 現在、株価が急落しているため割安な高配当株になっています。 これまでの業績や株主還元は最高でしたが、問題はこれからの景気後退局面でどうなるかです。 海外事業のヨーロッパではBREXITの影響と為替の影響をかなり受けそうですし、国内も景気の影響をかなり受けそうですので、株価に納得感はありますが実際どうでしょうか。 下のデータは人材派遣市場の売り上げのデータです。 2018年をピークにリーマンショックの影響を受けていますが、思ったよりも緩やかな影響でした。 売り上げのデータなので、収益とはまた違いそうです。 参考:人材派遣市場データ 2015年 アニュアルレポートより 下は2011年度決算説明資料より持ってきたリーマンショック前後の売り上げと利益の推移です。 かなり影響は受けていますが、赤字にはなっていません。 参考:2011年決算説明資料より やはり派遣業は景気敏感株で、景気後退局面では利益がぐっと下がる傾向がありそうです。 しかし、いままでの成長率を考えると長期で見ればおすすめな銘柄になると思いますが、難しい判断です。 まとめ• 成長率が同業他社内でNo. シェアよりも収益性を重視という方針。 株価下落により割安な高配当株に変わっている。 景気の影響は間違いなく受けるが、今の株価と将来性を考えると、長期投資ではおすすめ。

次の

ビーネックスグループ(ビーネックス)【2154】の週間株価(週足)|時系列データ|株探(かぶたん)

ビー ネックス グループ 株価

1 235. 0 4. 5 272. 8 4. 7 303. 4 5. 1 347. 8 3. 3 340. 9 2. 64 情報提供 株価予想 業績予想.

次の

ビーネックスグループ(ビーネックス)【2154】の週間株価(週足)|時系列データ|株探(かぶたん)

ビー ネックス グループ 株価

ただいまの関連ニュース総数:492件。 最新記事「特別損失額(減損損失)の確定に関するお知らせ」[適時開示] 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の