心待ち にし て おり ます。 「楽しみにしている」の敬語は?ビジネスではどう表現するべき?

上田桃子、心待ちにした今季ツアー開幕戦へ「4日間やり抜きたい。自覚を持ってプレーできたら」(スポーツ報知)

心待ち にし て おり ます

好印象「楽しみにしています」 ビジネスシーンにおいて、相手に好印象を与えるポイントはどこにあると思いますか?もちろん、服装や髪型などの見た目、声のトーンも重要な要素のひとつではあります。 しかし、それ以上に言葉も重要なポイントであることを忘れてはいけません。 ビジネスシーンでの「言葉」において注意したいのが、ネガティブワードを口にしないということです。 ネガティブワードを口にしたばかりに、嫌な人の烙印を押されてしまうかもしれません。 ネガティブワードでビジネスの機会を逃してしまう前に、代わりに、ポジティブワードで相手をうまく引き込んでみませんか。 ポジティブワードの中でも活用したいのが、「楽しみにしています」という言葉です。 おそらく、「楽しみにしています」と聞いて不快になる人はほとんどいないでしょう。 現在だけでなく、将来をも予見させるワードとしてぜひビジネスシーンでは取り入れたい言葉です。 どんなシーンで使える? 「楽しみにしています」の一般的な使い方としては、「次のイベント、楽しみにしています。 」と自分自身で完結してしまうことも多いです。 これがビジネスの場合は、「次回開催が予定されている御社のイベント、楽しみにしています。 」と相手を絡めることが重要です。 よく使われるシーンを見てみましょう。 会う約束を取りつけているとき 例文1:ご連絡いただきありがとうございました。 次回お会いできるのを楽しみにしています。 例文2:お目にかかれるのを楽しみにしています。 相手と会う約束を取りつけている場合、「次回お会いしましょう。 」「当日はよろしくお願いいたします。 」という言い方もできますが、少しそっけない印象もあります。 「楽しみにしています。 」と一言付け加えるだけでも、印象が大きく変わるのが分かるでしょう。 予定されている講演や企画を指す場合 例文:次回の企画も楽しみにしています。 相手を直接指すのではなく、相手の所属している会社の企画や講演、相手が開催を予定しているイベントなどに対して、「楽しみにしている」と表現することもできます。 「楽しみにしている」をメールで 外部とやり取りをする場合、連絡のほとんどをメールで行うことは珍しくありません。 「楽しみにしている」という表現は、メールの文面にもよく使われます。 一般的な例を挙げながら使い方を確認していきましょう。 例文1:お目にかかれるのを楽しみにしています。 相手と会うのがはじめての場合で、かつ訪問などが予定されている場合の言い回しです。 「お会いできる」ではなく、「お目にかかれる」とすることで、相手を立てることができます。 例文2:次の講演、楽しみにしています。 相手に講演の予定があって、かつ自身も参加を予定しているケースです。 講演の部分は、御社のイベントや企画など、適宜変更して活用できます。 例文3:またご一緒できることを、楽しみにしております。 一旦プロジェクトが完結した場合などです。 感謝の意味も込めて、締めの文章として使用できます。 直接「楽しみにしている」を伝える ビジネスシーンはもちろん、会話においても、「楽しみにしている」と付け加えると好印象を与える場面があります。 どういったシーンで使えるか、例文をもとに確認してみましょう。 例文1:またお会いできることを楽しみにしています 一旦プロジェクトが完了してしまった場合、別れ際のあいさつとしても使える表現です。 メールの部分でもご紹介しましたが、「またお会いできることを」を「またご一緒できることを」に変えて表現することもできます。 ご一緒できるはやや丁寧な言い回しなので、雰囲気に合わせて使い分けると良いでしょう。 例文2:またのご訪問、楽しみにしています 接客業などでよく使われる表現です。 ビジネスシーンでは、メールなどでのやり取りが多かったり、会社の外での対応が多かったりと、直接来社するパターンが少ない場合などに使用できるでしょう。 「楽しみにしている」以外の言い回し 「楽しみにしています」とシンプルに使うのも良いですが、もうひとつ「楽しみにしている」以外で知っておきたい言い回しがあります。 「心待ちにしています」という言い回しです。 たとえば、同じ文章で2つの表現を見比べてみましょう。 例文1:お目にかかれる日を楽しみにしております。 例文2:お目にかかれる日を心待ちにしております。 内容としてはほとんど同じですが、「心待ちにしています」の方が、丁寧でやわらかな印象を持ったのではないでしょうか。 「心待ちにしています」は、大和言葉と言って、古くから日本で使われている美しいとされる表現です。 合わせて取り入れてみましょう。 なお、「心待ちにしています」は、「幸いに存じます」の代わりとして、相手の行動を促す際にも活用することができます。 まとめ 「楽しみにしている」が使えるビジネスシーン、想像していたよりはあったのではないでしょうか。 特にメールでの締めの文章、別れ際の一言として使われるケースが多いので、意識してみましょう。 一言で、ビジネスにおける印象アップに繋がるはずです。

次の

「楽しみにしております」のビジネスメール|お会いできる/お目にかかる

心待ち にし て おり ます

「お目にかかれる日を楽しみにしております」は、将来いつ相手に会えるのかわからない時にも使える例文です。 つまり、相手が自分の家や会社を訪問したいと思っていても、まだいつ訪問するのか分からない時に、マナーとして使用できる例文になります。 相手側がメールの中で「現在の案件が落ち着きましたら、正式に訪問させていただきます」という文章を送ってきたとします。 メールの中で将来訪問することについて言及されているため、 メールの返信では「いつでも歓迎してる」気持ちを伝えるべきです。 そのようなメールの返信の中に、「お目にかかれる日を楽しみにしております」を含めれば、「将来来てくれる時を心待ちにしています」という意味を伝えられます。 メールを送った人も、返信を見て、気兼ねなく訪問したいという気持ちになるでしょう。 「お会いできるのを楽しみにしています」を言い換えて ・ 「心より楽しみにしております」 にすることができます。 そうすれば、自分の「楽しみ」という気持ちが、上辺だけのものではなく、心からの感情であることを強調できています。 例えば、何年も会うことができなかった、本当にお世話になった上司に久しぶりに会うとします。 長期間会うことができなかったので、心からその上司と会いたいと感じていることでしょう。 そのような場面で、「お会いできるのを心より楽しみにしております」と言えば、心から、その上司に会うのを待ち望んでいる事を表現できます。 きっと、この例文が使われるのを聞いた上司も、自分が慕われていることに気づいて嬉しく感じるでしょう。

次の

「心待ちにしております」の例文5つ|言い換え表現

心待ち にし て おり ます

「お目にかかれる日を楽しみにしております」は、将来いつ相手に会えるのかわからない時にも使える例文です。 つまり、相手が自分の家や会社を訪問したいと思っていても、まだいつ訪問するのか分からない時に、マナーとして使用できる例文になります。 相手側がメールの中で「現在の案件が落ち着きましたら、正式に訪問させていただきます」という文章を送ってきたとします。 メールの中で将来訪問することについて言及されているため、 メールの返信では「いつでも歓迎してる」気持ちを伝えるべきです。 そのようなメールの返信の中に、「お目にかかれる日を楽しみにしております」を含めれば、「将来来てくれる時を心待ちにしています」という意味を伝えられます。 メールを送った人も、返信を見て、気兼ねなく訪問したいという気持ちになるでしょう。 「お会いできるのを楽しみにしています」を言い換えて ・ 「心より楽しみにしております」 にすることができます。 そうすれば、自分の「楽しみ」という気持ちが、上辺だけのものではなく、心からの感情であることを強調できています。 例えば、何年も会うことができなかった、本当にお世話になった上司に久しぶりに会うとします。 長期間会うことができなかったので、心からその上司と会いたいと感じていることでしょう。 そのような場面で、「お会いできるのを心より楽しみにしております」と言えば、心から、その上司に会うのを待ち望んでいる事を表現できます。 きっと、この例文が使われるのを聞いた上司も、自分が慕われていることに気づいて嬉しく感じるでしょう。

次の