クリップ ボックス 移行。 クリップボックスでYouTubeアプリに飛ぶのを防ぐ方法

【Windows 10】「クリップボード履歴」を活用する:Tech TIPS

クリップ ボックス 移行

対象:Windows 10 October 2018 Update以降 Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)では、クリップボードの機能が拡張され、「履歴」機能と「同期」機能が実装された。 これまでクリップボードには、「コピー」または「切り取り(カット)」した最新の1つのデータしか保存できなかった。 例えば、メモ帳などで「あ」をコピーし、次に「い」をコピーすると、クリップボードには「い」しか残っておらず、「い」しか貼り付けできなかった。 これがWindows 10 October 2018 Update以降では、クリップボードの「履歴」を呼び出すことで、過去にコピーまたはカットしたデータを選択して貼り付けることができるようになった。 先ほどの例でいえば、「あ」を選択して、貼り付けることができるわけだ。 Excelなどのデータ入力に際して、よく入力する項目名などをクリップボードにコピーしておけば、クリップボードの履歴を選択して、貼り付けるだけで入力ができるようなる。 「同期」機能は、同じMicrosoftアカウントでサインインしているPC間でクリップボードを同期し、他のWindows 10でコピーしたデータを貼り付けられるというものだ。 本TIPSでは、「クリップボードの履歴」機能の使い方を紹介する。 「クリップボードの履歴」機能を有効にする 「クリップボードの履歴」機能は、デフォルトでは無効なので、まず機能を有効にしよう。 [Windows]+[V]キーでクリップボードウィンドウを表示して有効にする 「クリップボードの履歴」機能は、[Windows]+[V]キーで呼び出すことができる。 有効になっていない場合、下画面のように有効になっていないむねの警告が表示される。 この画面の[有効にする]ボタンをクリックすれば、簡単に「クリップボードの履歴」機能を有効にできる。 [Windows]+[V]キーでクリップボードウィンドウを表示して有効にする [Windows]+[V]キーでクリップボードウィンドウを表示して、[有効にする]ボタンをクリックする。 [Windowsの設定]画面から有効にする [スタート]メニューの[歯車(設定)]アイコンをクリックし、[Windowsの設定]画面を開いて[システム]をクリックする。 [システム]画面が開いたら、左ペインの[クリップボード]を選択する。 なお[クリップボード]画面を開くには、[Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、「ms-settings:clipboard」と入力して、[Enter]キーを押してもよい(Tech TIPS「Windows 10の設定画面をコマンドで素早く開く」参照)。 [クリップボード]画面が開いたら、右ペインの「クリップボードの履歴」のスイッチを「オン」にする。 これで、「クリップボードの履歴」機能が有効になり、複数のデータをクリップボードに保持できるようになる。 「クリップボードの履歴」機能を有効にする(3) 「クリップボードの履歴」のスイッチを「オン」にする。 これで、「クリップボードの履歴」機能が有効になる。 「クリップボードの履歴」の使い方 これまでのクリップボードと同様、Windows 10上で「コピー」や「切り取り(カット)」を実行すると、クリップボードにそのデータが保存される。 最新のデータを貼り付けるのであれば、これまでと同様、単に[Ctrl]+[V]キーなどで「貼り付け(ペースト)」を実行すればよい。 ここで過去に「コピー」または「切り取り」を行ったデータを貼り付けたい場合は、[Windows]+[V]キーを押す。 すると、クリップボードウィンドウが表示され、そこに過去に「コピー」や「切り取り(カット)」を実行したデータが表示される。 ただ、保存される履歴は25件ほどのようなので、あまり古いデータは履歴からなくなってしまうので注意が必要だ。 よく利用するデータは、ピン留めしておけば、履歴から消去されないようになる。 メールの定形あいさつ文のようなものは、クリップボードにコピーしておき、ピン留めしておくと便利かもしれない。

次の

クリップボックスでYouTubeアプリに飛ぶのを防ぐ方法

クリップ ボックス 移行

POINT• 送信するファイルは 複数選択可能です。 するとこのようなポップアップが表示されます。 送信側は「 送信」を、 受信側は「 受信」をタップします。 お互いの画面に「接続先の端末を探しています…」という表示が出ます。 少々お待ちください。 接続先が見つかったら、このようなポップアップがでます。 まず 受信側が「 受け取る」をタップしてください。 するとクリップ画面に移行し、データのダウンロードが始まります。 この間、 送信側は 何も操作しないでください。 データのダウンロード(移行)が すべて終了したら、「終了」を押してポップアップを閉じてください。 これで端末間のデータ移行が完了します。 一度AppStoreでバージョンが最新かどうか、確認してみてくださいね。

次の

Clipbox+(クリップボックス)の使い方まとめ。写真・動画を保存するやり方・ばれるのかどうかも紹介【画像保存アプリ】

クリップ ボックス 移行

Clipbox クリップボックス +とは? クリップボックスは、WEB上に公開されている動画をデバイスに保存できるツールです。 以前は、クリップボックスという名前でアプリが配信されていましたが、配信が停止してしまったことによってClipbox+(プラス)として新しくリリースされました。 クリップボックスは人気のアプリのため、配信停止された後さまざまな擬似アプリが出ました。 現在も残っている可能性があるので、インストールする際は間違えないようご注意ください。 また旧バージョンのクリップボックスがスマホに残っている方は、Clipbox+をインストールすることができません。 プラスをインストールする場合は、旧クリップボックスをアンインストールしましょう。 しかし、アンインストールすると、旧クリップボックスは手に入らなくなるので、手放したくない場合はプラスを使う事ができません。 YouTubeの動画はダウンロードできる? クリップボックスでYouTubeの動画はダウンロードできるのか気になりますよね。 結論から申しますと、Clipbox+でYouTubeの動画はダウンロードできません。 旧バージョンのクリップボックスでは可能でしたが、現在のClipbox+ではできなくなったのです。 そもそもYouTubeでは、著作権の関係上、動画のダウンロードを規約で禁止しています。 どうしてもオフラインでYouTubeの動画を見たい場合は、YouTubeプレミアムへの登録をおすすめします。 オフライン再生だけでなく、広告も無くなるのでとても便利ですよ。 それでは、それぞれの対処法について詳しくご説明します。 再生されたか確認する まずは動画が再生されたか確認しましょう。 クリップボックスでは、動画が再生されないとダウンロードができないことがあります。 そのため動画を再生することはとても重要です。 また、それでもできない場合は、一度動画を全て流してみましょう。 全て再生することで、ダウンロードできるようになることがあるようです。 再起動する 次にスマホを再起動してみましょう。 アプリに問題ない場合、スマホに問題があるかもしれません。 再起動をするとスマホの問題がリセットされることがあります。 そのため、 再起動をすることでアプリが利用できるようになる場合もあるのです。 再起動が完了したら、もう一度動画をダウンロードできるか試してみましょう。

次の