渡辺 謙 英語。 渡辺謙さんの英語のポイント!芸能人の勉強法は?

ゴジラの渡辺謙、アメリカハリウッドの評価は意外なものだった

渡辺 謙 英語

発音がかたいというか、イントネーションやアクセントの付け方が、強すぎるのかもしれませんね。 映画では台本があり、それを覚えて話すので、文法には問題はありませんが、 発音ははっきりいって下手ですよ。 ハリウッドが、よくあんなに何度も使うなあ、と思います。 自由に話せるインタビューなどを拝見しましたが、そのときは文法的にも もっとひどかったです。 でも、きちんと勉強していることは見受けられました。 言語習得には臨界期というものがあり、研究者によって臨界期の年齢はさまざまですが、 多くは12歳前後までで、成人(この場合13歳以降)になってから 第一言語(母語)のように習得することは、かなり困難だといわれています。 それから適性もあります。 どんなにがんばっても、向いてない人もいますから。 渡辺謙さんに適性があるかどうかはわかりませんが、背も高く、とても雰囲気のある俳優だと思います。 英語力云々は確かに疑問がありますが、これまでの本人の相当な努力で、 日本のみならず、ハリウッドでも現在の位置を確立してきたのではないでしょうか。 それには敬服しますね。 ちなみに、発音に関しては、伊勢谷友介さんが驚くほど、素晴らしい発音ですよ。 白洲次郎をドラマ化した際、お芝居は下手でしたが、発音にはビックリしました。 ただしインタビューなどの際の自由な会話では、文法的にはめちゃくちゃでした(笑) どうやら子どもの頃に、英語で話す機会がたくさんあったようですね。 芸大の時代に留学もしたようですが、あとからきちんと勉強した成果があまり見られないのは残念です。 その点、渡辺謙さんはご本人の実直さが、今の成功につながっているのではないでしょうか。 ですから英語能力も、他の面でカバーできているのかもしれませんね。

次の

渡辺謙

渡辺 謙 英語

発音がかたいというか、イントネーションやアクセントの付け方が、強すぎるのかもしれませんね。 映画では台本があり、それを覚えて話すので、文法には問題はありませんが、 発音ははっきりいって下手ですよ。 ハリウッドが、よくあんなに何度も使うなあ、と思います。 自由に話せるインタビューなどを拝見しましたが、そのときは文法的にも もっとひどかったです。 でも、きちんと勉強していることは見受けられました。 言語習得には臨界期というものがあり、研究者によって臨界期の年齢はさまざまですが、 多くは12歳前後までで、成人(この場合13歳以降)になってから 第一言語(母語)のように習得することは、かなり困難だといわれています。 それから適性もあります。 どんなにがんばっても、向いてない人もいますから。 渡辺謙さんに適性があるかどうかはわかりませんが、背も高く、とても雰囲気のある俳優だと思います。 英語力云々は確かに疑問がありますが、これまでの本人の相当な努力で、 日本のみならず、ハリウッドでも現在の位置を確立してきたのではないでしょうか。 それには敬服しますね。 ちなみに、発音に関しては、伊勢谷友介さんが驚くほど、素晴らしい発音ですよ。 白洲次郎をドラマ化した際、お芝居は下手でしたが、発音にはビックリしました。 ただしインタビューなどの際の自由な会話では、文法的にはめちゃくちゃでした(笑) どうやら子どもの頃に、英語で話す機会がたくさんあったようですね。 芸大の時代に留学もしたようですが、あとからきちんと勉強した成果があまり見られないのは残念です。 その点、渡辺謙さんはご本人の実直さが、今の成功につながっているのではないでしょうか。 ですから英語能力も、他の面でカバーできているのかもしれませんね。

次の

渡辺謙の英語力が気になったので英会話講師に解説してもらった結果…

渡辺 謙 英語

数々のハリウッド大作に出演されてきた、日本を代表する国際派俳優、渡辺 謙さん。 渡辺さんは2015年にミュージカル『The King and I 王様と私』の王様役でブロードウェイ・デビューし、日本人として初めて、トニー賞ミュージカル部門主演男優賞にノミネートされました。 ニューヨーク、ロンドン公演に続き、東京での公演を終えたばかりの渡辺さんに、お話を伺いました。 「こんなに大変だとは思わなかった」ミュージカルへの挑戦 渡辺さんにとって、初めてのブロードウェイミュージカル出演は大きなチャレンジでした。 日常会話では使わない英語表現、ミュージカル特有の発声、多いときには1日に二幕の舞台をこなすハードな日々……。 王様は、まるで早口言葉のような歌やセリフもたくさんあります。 渡辺さんは「こんなに大変だとは思わなかった」と話します。 東京公演を終え、「ハードな生活からやっと解き放たれた」とほっとした様子の渡辺さんですが、 新しい世界に挑戦することが好きな「根っからのチャレンジャー」。 ミュージカルへの挑戦は大変だったと言いつつも、それが楽しくて仕方がない様子が表情からにじみ出ています。 しかしそれよりもずっと前から、チャレンジを楽しむ姿勢は身に付いていたといいます。 となったのは、ある外国人演出家の言葉でした。 俳優になりたての20代の頃、イギリスの著名な劇団出身の外国人演出家と仕事をする機会があったそうです。 日常の中から何かを発見したり、新しいことに挑戦することを面白がろう。 そうでないと、見ているお客さんも楽しくないだろう』と言われたんです」 この言葉は、強く渡辺さんの心にました。 昔から、新しいものに対してオープンでありたいという気持ちは持っていたそうですが、それに加えて、新しいことに挑戦し、試行錯誤することを楽しむ姿勢を持つようになったといいます。 「何が話せるか」が大事 今では英語での映画や舞台出演はもちろん、海外メディアのインタビューも難なくこなす渡辺さんですが、普段は、「特別英語の勉強はしていません」と話します。 「生活の中でしゃべるだけ。 勉強は、『やらなきゃいけない』という状態にならないとやらないんだよね」と笑います。 「やらなきゃいけない状態」というのはもちろん、海外作品への出演です。 「英語のセリフがある場合は、必ず(セリフ指導を行う)ダイアログコーチについてもらいます」。 今や海外でもベテラン俳優の渡辺さんですが、姿勢は謙虚です。 ネイティブではないのだから、足りないところはプロの手を借りて努力する。 「それは決して恥ずかしいことではないですからね」と強調します。 重要なのは、 「『英語が話せるか』だけではなく、『何が話せるか』」だといいます。 ただ台本に書かれた英語のセリフが話せればいいというものではないのです。 日本人として、アジア人として、その作品に出演するからには、背景となる文化や歴史を、監督や共演者、海外のメディアなどに説明すべき場面が出てきます。 「その時に、そうした知識を持っていなかったり、表現すべき自分の考えがなければ、話の中身が空っぽになってしまう。 話す相手もつまらないと思います」 新しいことに挑戦し、見る人を楽しませたい。 試行錯誤をしてよりよい作品を作り、観客を喜ばせたい。 渡辺さんは、サービス精神が旺盛です。 海外でのメディア対応でも、その精神は発揮されています。 「英語でインタビューを受けるときにも、とにかくウケたい。 相手を笑わせたいんです」と、いたずらっぽい笑顔を見せます。 「英語、日本語に、ユーモアって大事。 言葉の選び方だけでなく、間の取り方や機転の利かせ方を、いつも考えています」 『ENGLISH JOURNAL』11月号は明日発売! 10月4日(金)発売の『ENGLISH JOURNAL』11月号「あっぱれジャパニーズ」では、渡辺 謙さんのインタビューをさらにお楽しみいただけます。 『王様と私』のストーリーのテーマとなっている「異文化間の相互理解」や、NY・ロンドン・東京での観客のリアクションの違いなどについて、お話しいただきました。 1951年初演の大ヒットミュージカルを2015年に渡辺 謙、ケリー・オハラにより再演。 トニー賞の最優秀リバイバル作品賞など4部門を受賞した本作のロンドン公演を映像に記録した、ロンドン版『The King and I 王様と私』が9月27日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて凱旋ロードショー。 1860年代、シャム王の子どもたちの家庭教師として王宮に迎え入れられたイギリス人女性アンナ(ケリー・オハラ)が、専制君主であるシャム王(渡辺 謙)と、衝突しながらも互いに理解を深めていく様子を描く。 11月15日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

次の