太田 基裕。 渡辺麻友の相手役に太田基裕、ミュージカル『アメリ』全キャスト発表

太田基裕がミュージカル「刀剣乱舞で脱ぎます!?芸能界入りのきっかけは?

太田 基裕

自分の人生にとって何が大切なのか 分かっていますか? この授業では様々な方達の人生の価値観を知ることで、自分らしい生き方を学ぶことが出来ます。 落語家の柳亭小痴楽さんをMCに、各分野でご活躍されている方をゲストにお迎えします。 ・自分の気持ちに嘘をつきたくない。 ・家族との時間を何よりも大切にしたい。 ・お金を稼げなくても好きなことをやりたい。 ・死ぬまで成長し続けたい。 ・社会に貢献していきたい。 など、様々な「人生の美学」についてゲストの方に語って頂きます。 なりたい自分に成長するには、自分らしい生き方を見つけることが必要です。 多様な価値観に触れることで、自分にとって何が大事なのかを見極めていきましょう。

次の

太田基裕の炎上理由や高校大学は?彼女や結婚についても

太田 基裕

自分の人生にとって何が大切なのか 分かっていますか? この授業では様々な方達の人生の価値観を知ることで、自分らしい生き方を学ぶことが出来ます。 落語家の柳亭小痴楽さんをMCに、各分野でご活躍されている方をゲストにお迎えします。 ・自分の気持ちに嘘をつきたくない。 ・家族との時間を何よりも大切にしたい。 ・お金を稼げなくても好きなことをやりたい。 ・死ぬまで成長し続けたい。 ・社会に貢献していきたい。 など、様々な「人生の美学」についてゲストの方に語って頂きます。 なりたい自分に成長するには、自分らしい生き方を見つけることが必要です。 多様な価値観に触れることで、自分にとって何が大事なのかを見極めていきましょう。

次の

太田基裕がミュージカル「刀剣乱舞で脱ぎます!?芸能界入りのきっかけは?

太田 基裕

ブロードウェイで大ヒット中のミュージカル『ディア・エヴァン・ハンセン』や、日本でも人気を博したミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』、『グレイテスト・ショーマン』の楽曲を手がけた作詞・作曲家デュオ、ベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが学生時代に生み出したデビュー作が日本で初上演される。 チームツインズに主演する太田基裕さんに作品の魅力などについて聞いた。 リアルな感情をメロディーに乗せられたら 「 実はだいぶ前に、彼らが手がけているとは知らずにミュージカル『ディア・エヴァン・ハンセン』のアルバムをダウンロードして聴いていたんです。 王道のミュージカルの楽曲とはちょっと違うポップス寄りなアレンジのキャッチーなメロディーが好きで、いつかブロードウェイで見たいなと思っていました。 なので、今回『エッジズ』に出演させていただくことになって、『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』よりも『ディア・エヴァン・ハンセン』のほうに食いついてしまいました(笑)。 さまざまな抱えた胸のモヤモヤに苦悩する4人の若者が、それぞれの歌のなかで人生の意味を問いかける。 「 面白いなと思いましたけど、セリフもないですし、お客様の心に響くように1曲1曲にちゃんと感情移入させるっていうのはそうとう難しいチャレンジ。 だからどうなるんだろうっていう不安もあります。 でも、ひとつの役を通して演じるのとは違うので、自分の日ごろの思考や感覚的なものがより出ると思うんです。 それがこの作品の魅力なのかなと。 だからこそ、3チームでやる意味があるのかなと思うんですけど。 役者本人が日ごろどういうことを考えていて、どういうことに共感して、どういうことを訴えながら生きているかってことを、それぞれの歌の中の人物とすり合わせて表現することができたらいいですよね。 どう生きればいいのかとか漠然とした不安は経験してきたことなので、そこは自分のリアルな感情をメロディーに乗せることができれば、嘘っぽくなく伝えられる気がします」 太田さん自身も、今作の登場人物には共感できるという。 「歌詞を読んで、なんか自分はぜんぜん成長していないなって思いました(笑)。 わかるわかるってところがたくさんあって。 今年、33歳になったのですが、33にもなったら、もう何でも知ってるんだろうって思っていましたけど、ぜんぜん世間知らずだし(笑)。 それこそ、自分はいったい何者なんだ、何のために生きているんだみたいなことは、常日ごろから考えていますし。 そういうところも楽曲に乗せていけたらいいなと思いますね」.

次の