カトリック と プロテスタント。 知っておきたい! カトリックとプロテスタントの4つの大きな違い

カトリックとプロテスタントの違いって?教会式の流れとマナー

カトリック と プロテスタント

ライターの市(いち)です。 学生時代、私は音楽を専門で勉強していたのですが、その中でも一番苦労したのが 音楽史です。 西洋音楽の大元と言っても良いのがキリスト教の「讃美歌」と「聖歌」で、そこから西洋音楽の歴史が始まります。 キリスト教に縁のない私たちは「讃美歌と聖歌ってどう違うの?」と思いますよね。 実はこれが、今回お話しする「プロテスタント」と「カトリック」の違いにあるのです。 仏教にも色々な宗派がありますが、キリスト教にも 多くの教派(宗派)が存在します。 その中でも、大きな教派として「プロテスタント」と「カトリック」が挙げられますが、この2つは同じキリスト教でも内容に大きな違いがあります。 私自身が理解に苦しんだ 2つの教派の違いについて、どう違うのかを分かりやすく紹介していきたいと思います。 カトリックに反発して生まれたのが「プロテスタント」 プロテスタントとカトリックにはなぜ違いがあるのか、まずは2つの教派が 誕生した経緯からお話しするところから始めたいと思います。 先に誕生したのは「カトリック」ですが、いつ始まったのかという年代は不明と言われています。 カトリックは、イエス・キリストの弟子たちが作った「初代教会(初期キリスト教)」の流れを汲んでおり、当初はキリスト教の 主流ともいえる教派でした。 それが312年に、当時ヨーロッパの一大勢力であったローマ帝国の皇帝・コンスタンチンがキリスト信者になったことで、カトリックは ローマ帝国の国教として一気に広がっていきました。 ところが16世紀に入り、ルターという人物を中心にカトリックに反発する人たちが現れます。 カトリックでは、自らの罪を軽くするためには教会が行っていた奉仕活動や改修などに必要な金銭を出すことが近道であると教えていました。 1517年、当時の教皇・レオ10世は、サン・ピエトロ大聖堂の改修費用を集めるため、罪を軽くする「贖宥状(しょくゆうじょう、免罪符とも言う)」を売り出し、購入した者は全免償(全ての罪が許される)という布告をしました。 「許しをお金で買うのはおかしい!」と考えた ルター達は、1529年に「抗議」という意味である「プロテスタント」という名の新しい教派を作りました。 (他にも、ローマの国教になったことで教えに政治的要素が含まれるようになったことなど、色々な要因はありますが、この出来事が大きなきっかけだったと言われています) キリスト教は、誕生してから多くの人たちがその考えに賛同したり、反発したりして様々な教派が生まれましたが、カトリックとプロテスタントは現在その中でも信者数の多い、 大きな教派になっています。 そのため、元々あったカトリックを「旧教」、新しく出来たプロテスタントを「新教」と呼ぶこともあります。 【ゆげ塾の5分でわかる「カトリックとプロテスタント」【お勉強デレッチョ】】 こちらの動画では、先ほど説明した歴史について説明されています。 見ていただいてから続きを読んでいただくと、2つの違いがより理解できますよ。 SPONSORED LINK プロテスタントとカトリック、大きな違いはこんなところ 先ほどは、プロテスタントとカトリックが誕生した経緯を紹介しましたが、次は具体的な 内容の違いを紹介します。 そのため「聖地巡礼」を行うのもカトリック信者だけです。 ただ、プロテスタントでもエルサレムはキリストが信仰を広め、処刑・復活した土地として重要な場所であるという考えはあります。 カトリックが「神父」でプロテスタントが「牧師」です。 そして、神父は男性のみ(女性は修道女)で生涯独身でないといけないのに対し、牧師は男女両方存在し、結婚も許されています。 また、カトリックの「神父」というのは聖職者の敬称であり、その中には 細かい階級(職名)があります。 階級は上から下記の通りです。 これに対してプロテスタントには階級と言うものがなく、プロテスタントの聖職者=「牧師」のみとなっています。 しかし、カトリックには細かな注釈があり、教派全体で内容の解釈が統一されているのに対し、プロテスタントは注釈がなく、内容の解釈は個人の自由とされています。 これも、カトリックは政治的要素を含み、組織として統一を図るためにできました。 こちらも政治的要素が含まれるようになったため、聖書よりも注釈を加えた教会(聖職者)が上になったという時代背景があります。 カトリックでは 儀式を「ミサ」、歌を「聖歌」と呼び、プロテスタントでは儀式を「礼拝」、歌を「讃美歌」と呼びます。 カトリックのミサとは、正確にはパンとぶどう酒をキリストの肉と血として信者に分け与える典礼のことで、その際に祈りの言葉をメロディに乗せて歌ったものが 聖歌です。 (最近ではカトリックの儀式全般がミサと言われています) そのため、聖歌はメロディが違っても歌詞は典礼の祈りの言葉が使われおり、どの曲も同じです。 これに対し、プロテスタントではパンとぶどう酒はあくまでキリストの象徴でしかなく、「 聖餐式(せいさんしき)」と呼ばれる同様の儀式があるものの、あまり形式にはこだわらず、月の第一日曜日だけに行われる場合が多いです。 また、讃美歌も聖歌とは違い、祈りの言葉ではなく神を称える言葉が歌詞に使われているため、歌詞は 千差万別です。 また、ミサと礼拝の内容にも違いがあります。 カトリック(ミサ)では、宗教的な儀式の時間が多くを占めるのに対し、プロテスタント(礼拝)では神を讃える、祈りを捧げる、聖書朗読と聖書説教の時間が大半を占めています。 まず、教会全体の見た目や内装です。 カトリックはとてもゴージャスで、中には彫像などが多く飾られている教会が多いのに対し、プロテスタントはとてもシンプルで中も十字架とパイプオルガンだけという教会が多いです。 これは、上で紹介したように、カトリックでは罪を軽くするという理由で信者から多くの金銭を集めていたため、資金が豊富だったことが要因の一つと言えます。 下の画像はカトリック教会の内装です。 そして、カトリック教会内には 「懺悔室」が存在します。 それに対し、プロテスタントでは誰でも直接罪の赦しを神から受けることができるので、懺悔室は存在しません。 さらに、キリストがはりつけにされている十字架はカトリック、十字架のみのものはプロテスタントという違いもあります。 だからといって、カトリックで神以外のものも拝む 「偶像崇拝」が認められているわけではありません。 これは「キリストや聖母マリアを通して神に祈る」という意味であって、その像自体を拝んでいるわけではないのです。 プロテスタントでは聖書にある「あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない」という言葉を重要視するため、キリストや 聖母マリアの像を見ることはありません。 このように、マリア像の有無でもどちらの教派なのかを見分けることができます。 日本では昔、神様のことを「天主」と呼んでいたため、教会は「天主堂」と言われるようになったのですが、日本にキリスト教が入ってきた当時は、まだプロテスタントが存在していなかったため、 天主堂は全てカトリック教会となっているのです。 これも、プロテスタントがカトリックから分離する際に、聖書にないことは排除しようという考えから十字をきらなくなったと言われています。 SPONSORED LINK カトリックとプロテスタントの違い・まとめ カトリックとプロテスタントの違いを色々ご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?以下は、上で紹介した違いを表でまとめました。 色々な考えがあると思いますが、キリスト教信者でない私は、教派によって違いがあるということだけは理解し、もし何かの機会にキリスト教の儀式に参加することがあった場合は失礼がないように、基礎知識だけは覚えておこうと思います。 その中でも、一番参加する可能性が高い儀式と言えば「葬儀」ではないでしょうか?仏教徒が多い日本ですが、その仏教のお葬式でさえ、作法や決まりを忘れがちです。 あまり縁のないキリスト教となれば、何をどうしていいか迷ってしまいますよね。 子供の頃、夏になると「お中元」と書かれた贈り物が届いて喜んでいた記憶はありませんか? 大人の風 7月から8月にかけて、日ごろお世話になっている方に感謝の意を込めて贈りものを贈る風習として、お中元が ライターのMichelleです。 多くの人が集まって華やかにお祝いをする結婚式。 主役である こんにちは!ライターのfunnyasukaです! 小学生の時に「ベルマーク」を集めていたことは ライターのyuzuharuです。 キリスト教の葬儀に参列されたことはありますか? もしク 七五三は可愛い我が子の成長を祝う大切な日。 親なら誰でも、我が子にできるだけのことをしてあげた 一人暮らしをする時に、ご近所への挨拶は必要でしょうか? それとも、必要ないのでしょうか? ライターの岸井アオイです。 お子さんの通っている小学校や保育園などでベルマークを集めていません 「ネクタイは毎日しているけれど、結び方は一種類しか知らない。 」という男性は意外と多いようです。 こんにちは、ライターの長谷川です。 みなさんは思わぬ訃報に、遺族に対してどのような言葉をかけて.

次の

プロテスタントとは?カトリックとの違いや歴史など解説

カトリック と プロテスタント

キリスト教カトリックとは? 規模が最大なキリスト教の宗派です。 キリスト教は、大きく分けると3つの宗派があります。 カトリック、プロテスタント、正教会です。 なぜこのように宗派が分かれるかというと イエス・キリストの弟子が解釈を加えて行って それで反発するものと賛同するものが出てきて 宗派が分かれていったのです。 キリスト教プロテスタントとは? 16世紀に宗教改革が起こりました。 当時のカトリックの教えに異議を唱えたものがいたのです。 その名もマルティン・ルター。 クリスマスのイルミネーションでも 有名なあの人です。 詳しくは、 を参照。 カトリック教会は、免罪符を発行してこれを買えば 人の罪は浄化されるといって大量の資金を集めていました。 「そんなのおかしいじゃん!」と思ってルターが宗教改革を 起こしたのです。 そうして誕生したのがプロテスタントです。 要するにプロテスタントのほうがより近代的で 聖書のみを信ずるという点で平等と言えるでしょう。 カトリックとプロテスタントの違いは? カトリック(旧教)の特徴 ・儀式を典礼という ・ペテロは使徒の頭 ・位階制度がある。 (司教、司祭、助祭) ・教皇がトップ ・聖職者は、神父 ・聖職者は独身でなければならない ・聖人の存在を認めている ・聖書の他に聖伝を信仰している ・聖書の細かい解釈まで教会が決める 十字架 十字架にイエス・キリストが貼り付けられている 教会 派手な装飾が特徴。 カトリックの大学(有名どころのみ) ・上智大学 ・南山大学 ・聖心女子大学 ・清泉女子大学 ・白百合女子大学 ・東京純心女子大学 プロテスタント 新教)の特徴 ・儀式を礼拝という ・ローマ教皇の存在を認めない ・位階制度を認めない ・聖職者は牧師 ・聖職者は結婚できる ・聖人を認めない ・マリア様を崇拝しない(マリアは人) ・聖書の言葉のみを信仰の対象にする ・聖書の細かい解釈は個人次第 ・偶像崇拝しない 十字架 プロテスタントは十字架に、イエス・キリストを はりつけないのが特徴。 教会 カトリックと比べれば割かしシンプルなデザイン。 大学(有名どころのみ) ・立教大学 ・関西学院大学 ・津田塾大学 ・同志社大学 ・国際基督教大学 ・フェリス女学院大学 まとめ いかがでしょうか。 今回はカトリックとプロテスタントの 違いを簡単に説明しました。 参考になりましたら幸いです。 — — — — — — — — — -PR- — — — — — — — — — 大和民族が持つ最強遺伝子を発現する 最新にして最古の肉体活性メソッド (今すぐクリック) — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —• 人気ブログ• 329,668ビュー 11月 25, 2014 に投稿された カテゴリ:• 314,597ビュー 11月 23, 2014 に投稿された カテゴリ:• 226,593ビュー 10月 24, 2014 に投稿された カテゴリ:• 224,291ビュー 10月 19, 2014 に投稿された カテゴリ:• 212,109ビュー 10月 23, 2014 に投稿された カテゴリ: , ,• 205,441ビュー 10月 20, 2014 に投稿された カテゴリ:• 203,560ビュー 11月 17, 2014 に投稿された カテゴリ: , ,• 201,149ビュー 11月 24, 2014 に投稿された カテゴリ:• 194,437ビュー 11月 28, 2014 に投稿された カテゴリ:• 178,030ビュー 10月 20, 2014 に投稿された カテゴリ:• 153,355ビュー 12月 9, 2014 に投稿された カテゴリ:• 129,132ビュー 11月 30, 2014 に投稿された カテゴリ:• 123,372ビュー 12月 8, 2014 に投稿された カテゴリ: ,• 120,238ビュー 10月 21, 2014 に投稿された カテゴリ:• 111,898ビュー 12月 4, 2014 に投稿された カテゴリ: ,•

次の

カトリックとプロテスタントの違いを簡単に。対立や十字架は?

カトリック と プロテスタント

しかし、自殺の量、自殺率は、結局、社会学的にしか説明できない、ということをデュルケームは、一生懸命論証しようとしています。 つまり、とても個人的・私的な自殺を含めて、自殺は一般に社会現象である、ということをデュルケームは論証したのです。 この本の特徴は、きわめてたくさんの統計資料を使っていることです。 つまり、現代的な社会学論文のスタイルの走りのような本なのです。 まず、いろいろな「非」社会的原因を退けていきます。 ちょっとおもしろいのは、「模倣」も原因として退けられていることです。 そして残ったのは、社会的要因しかない、ということになるわけです。 結論的に言うと、結局、デュルケームは「 社会的自殺の3つの類型」という名高い説を出します。 簡単に解説しましょう。 デュルケームがどういう資料に基づいているかというと、ヨーロッパで見ると、たとえばカトリックが多いところとプロテスタントが多いところでは、プロテスタントが多いところのほうが圧倒的に自殺率が高いことを示す資料です。 後者は前者の2倍ぐらいになる。 どうしてだろうか? あるいは、結婚している人と結婚していない人では、結婚していない人のほうが圧倒的に自殺率が高い。 カトリックとプロテスタントについて言うと、どう考えても教義には何の関係もありません。 キリスト教的には、カトリックだろうがプロテスタントだろうが自殺はいけないことです。 孤立することで自己本位的自殺へ では なぜ、カトリックとプロテスタントの間で、自殺率に大きな差が出るのか。 たとえば、プロテスタントは自分一人で聖書を読む。 勝手に読んで、自分で自由に解釈するのです。 しかしカトリックはそれをやってはいけない。 聖書の自由検討をカトリックは許しません。 だから、読めなくてもいいわけです。 しかし、プロテスタントは自分で、自らの責任において解釈しなければいけない。 そういうかたちで、プロテスタントは個人主義的な態度が形成される。 プロテスタントの場合には、自分で孤独に世界と自らを見つめ直し、反省することが中心になりますから。 このように集団から個人が分離しているとき、自殺が起きやすくなる。 こういう感じです。 たとえば失恋はしばしば自殺の原因だと言われます。 しかし実際には、失恋して自殺する人と、自殺しない人がいます。 プロテスタントのほうが自殺率が高いのは、もちろん彼らがカトリックの信者より失恋しやすいからではない。 わかりやすく言い切ってしまえば、失恋して落ち込んだときに、それを受け止め、慰めてくれる仲間がいる人と、その試練に自己責任において、究極的には孤独に立ち向かわなくてはならない人がいる。 後者の、 孤立している人の間で自殺率が高くなる。 このようなメカニズムが想定できる自殺、要するに社会統合が弱体化し、個人化が進行したことによる自殺、これが、 自己本位的自殺です。 ちなみに、デュルケームはここでカトリックとプロテスタントの比較をやっていますが、ヴェーバーは、両者の比較をもっと徹底的に試みています。 ヴェーバーは資本主義の精神との関係で考えますが、どちらかと言えば、プロテスタントがもっているポジティヴな意図せざる結果に目を向けています。 それに対して、デュルケームはやや否定的で、プロテスタントがカトリックに比べて人間を不幸にしている、というニュアンスを感じます。

次の