あだち充 人気。 あだち充が作った名言と最高傑作は?人気と魅力の理由を調査!

MIX (漫画)

あだち充 人気

「同じにしか見えへん... 」 「あだち充ヒロイン総選挙」は、2017年7月26日発売の「サンデーS」の誌上で開催された。 あだちさんが描いた全15作品に登場する総勢38人のヒロインを「ADC38」と名付け、その中から「センター」を決めるというコンセプトだ。 投票候補となったのは国民的野球漫画「タッチ」のヒロイン・浅倉南をはじめ、いずれも人気キャラばかり。 三角関係の恋愛模様を描いた「みゆき」からは、若松みゆき、鹿島みゆきの両ヒロインがエントリーしている。 投票は8月25日までで、応募者の中から抽選100人に投票で1位となったヒロインのイラストが描かれた特製図書カード(500円分)が当たる。 結果は、9月末発売の同誌11月号で発表するという。 あだちさんの描くイラストをめぐっては、主人公やヒロインの顔立ちが「ソックリ」だと度々話題になる。 そして、今回の「総選挙企画」の特集ページでは、見開き1ページ半にわたって、あだち作品に登場するヒロインのイラストが並んでいる。 そのため、特集ページを見た読者からは、ツイッターやネット掲示板に「見分けがつかない」とのツッコミが相次ぐことになった。 「まず投票前に見分けがつくかどうか」 「同じにしか見えへん... 」 「描いた本人ですら区別付かないだろ」 「どれが誰だかわかんね(笑)」 もちろん、「クロスゲームの青葉かなぁ」「誰がなんと言おうと雨宮ひかり」と純粋に投票を楽しむユーザーの姿もみられるが、ネットの反応は「顔がソックリ」といった意見が目立つ印象だ。 サンデー編集部「正直、『ホントなの?』」 では、今回の「総選挙企画」にネット上でツッコミが相次いでいる件について、サンデー編集部はどう考えているのか。 8月10日のJ-CASTニュースの取材に応じた企画の担当者は、 「もともと、読者に『どのキャラも似すぎでしょ』とツッコんでもらう狙いで始めた企画なんですよ」 と笑う。 だが、企画のためにあだちさんの歴代作品を何度も読み込むうち、この担当者は「実は、ヒロインの顔立ちは全然ソックリじゃないのでは... 」と感じるようになった。 具体的には、キャラの輪郭や黒目の大きさが作品によって「全然違う」そうだ。 そのため、担当者は「当初の想定からは、大きく外れてしまったのかなって思っていたんです」と漏らす。 続けて、 「ですので、皆さんが『見分けがつかない』と盛り上がっていることについては、正直、『ホントなの?』という感想です。 意外というか、複雑というか...。 当初の狙い通りになって『よかったなあ』という部分も、少しはあるんですけど」 と困惑気味に話していた。 ちなみに、誰が人気ナンバーワンヒロインとなるかは、サンデー編集部もまったく予想ができない状態だという。 「やはり、『タッチ』の浅倉南が圧倒的に人気なのでは?」と記者が質問すると、担当者は、 「いやいや、あだち先生の作品は幅広い年代の読者がいるので、最近の作品が若い読者から支持を集める可能性もあります。 ですので、編集部としても、本当に結果が読めないんですよ」 としていた。

次の

あだち充

あだち充 人気

出展 : Amazon. jp 単行本の累計発行部数は2億部以上という希代のマンガ家・あだち充先生の作品をランク付け! 各作品の発行部数や知名度を基準に、あだち作品のランキングを作成してみました! 2019年4月にアニメが放送される『MIX』は果たして何位でしょうか!? あだち作品ランキング 1位:タッチ 2位:H2 3位:みゆき 4位:ラフ 5位:陽あたり良好! 6位:ナイン 7位:クロスゲーム 8位:MIX 9位:虹色とうがらし 10位:KATSU! 1位は累計発行部数1億部、アニメ最高視聴率31. 9%を記録し、社会現象を巻き起こした『タッチ』。 2位には野球マンガの最高傑作と名高い『H2』、3位には妹モノの原典として名高い『みゆき』をそれぞれ選出しました。 4位以下も人気の高い作品ばかりです。 ここからは各作品について見ていきます! 10位:KATSU! 出展 : Amazon. jp 週刊少年サンデーで2001年~2005年に連載された作品です。 ボクシングを取り扱った作品で、コミックスは連載当時の単行本が全16巻、のちに発売されたワイド版が全8巻、文庫版が全9巻となっています。 あだち作品では『タッチ』をはじめ、マンガ内でボクシングを描写するシーンが結構ありますが、本格的にボクシングを取り扱った作品はこのマンガが初ですね。 試合自体は頻繁に行われているものの、試合展開や描写などボクシングに関しては比較的薄味の内容で、登場人物同士の掛け合いと恋愛・青春に重きを置いています。 この作品の大きな特徴は「俺Tueeee」とヒロインの可愛さです。 あだち作品は基本、主人公が圧倒的な才能に恵まれている天才肌ですが、この『KATSU!』はその最たるもの。 ボクシング初心者だった主人公・里山活樹(さとやま かつき)が強敵と戦い、のらりくらりと勝利していくお話です。 (もちろん努力はしていますが) そして本作最大の魅力が、ヒロインの女子高生・水谷香月(みずたに かつき)の存在。 あだち作品のヒロインは恋愛に比較的奥手または達観したような子が多いですが、彼女は活樹に近付く女性には敏感に反応するなど、年齢相応の姿が可愛く描かれています。 作品自体の知名度は代表作に劣るものの、ヒロインの魅力に関しては引けを取りません。 9位:虹色とうがらし 出展 : Amazon. jp 週刊少年サンデーで1990年~1992年に連載された作品です。 コミックスは連載当時の単行本が全11巻、ワイド版および文庫版が全6巻となっています。 あだち先生と言えば「野球」「恋愛」「青春」をテーマにした作品が大半を占めていますが、このマンガは時代劇+SFという異例のジャンルに挑戦しています。 舞台となるのは「昔の地球によく似た星の江戸という町」。 その江戸のからくり長屋で暮らす7人の異母兄弟が、それぞれの故郷を巡る旅に出て、会ったこともない父親と自分たちの出自の謎に迫るというお話です。 主人公・七味(しちみ)は14歳ながら三段式の鳶口を得物に、他の兄弟と共に自分たちの身を守るため日常的に戦いを強いられることに。 アクションシーンはかなり多めで、時代劇なので死者も当然出ますが、作風そのものは他のあだち作品と大きな差はなく、コメディ要素や独特の掛け合いも健在です。 本作のヒロインは、7人兄弟の紅一点で13歳の菜種(なたね)。 あだち作品ではよくあることですが、作中で血が繋がっていないことが判明します。 異色作だったこともありアニメ化には至りませんでしたが、兄弟の個性が豊かでスリリングな展開もあり、隠れた名作としてファン人気の高い一作です。 8位:MIX 出展 : Amazon. jp ゲッサンで2012年より連載されている作品です。 2019年2月現在、単行本は14巻まで刊行されています。 本作の舞台となるのは、あの歴史的名作『タッチ』から約30年後の明青学園。 当時奇跡の全国優勝を成し遂げたものの、その後すっかり低迷してしまった明青学園野球部を、義理の兄弟であるピッチャー・立花投馬(たちばな とうま)、キャッチャー・走一郎(そういちろう)の2人が中心となって立て直す物語です。 タイトルの「MIX」は、投馬と血の繋がらない走一郎、そしてヒロインであり走一郎の妹でもある音美(おとみ)の家族構成に由来しているのと、設定が過去のあだち作品の要素をミックスしていることから付けられたと思われます。

次の

あだち充が作った名言と最高傑作は?人気と魅力の理由を調査!

あだち充 人気

「同じにしか見えへん... 」 「あだち充ヒロイン総選挙」は、2017年7月26日発売の「サンデーS」の誌上で開催された。 あだちさんが描いた全15作品に登場する総勢38人のヒロインを「ADC38」と名付け、その中から「センター」を決めるというコンセプトだ。 投票候補となったのは国民的野球漫画「タッチ」のヒロイン・浅倉南をはじめ、いずれも人気キャラばかり。 三角関係の恋愛模様を描いた「みゆき」からは、若松みゆき、鹿島みゆきの両ヒロインがエントリーしている。 投票は8月25日までで、応募者の中から抽選100人に投票で1位となったヒロインのイラストが描かれた特製図書カード(500円分)が当たる。 結果は、9月末発売の同誌11月号で発表するという。 あだちさんの描くイラストをめぐっては、主人公やヒロインの顔立ちが「ソックリ」だと度々話題になる。 そして、今回の「総選挙企画」の特集ページでは、見開き1ページ半にわたって、あだち作品に登場するヒロインのイラストが並んでいる。 そのため、特集ページを見た読者からは、ツイッターやネット掲示板に「見分けがつかない」とのツッコミが相次ぐことになった。 「まず投票前に見分けがつくかどうか」 「同じにしか見えへん... 」 「描いた本人ですら区別付かないだろ」 「どれが誰だかわかんね(笑)」 もちろん、「クロスゲームの青葉かなぁ」「誰がなんと言おうと雨宮ひかり」と純粋に投票を楽しむユーザーの姿もみられるが、ネットの反応は「顔がソックリ」といった意見が目立つ印象だ。 サンデー編集部「正直、『ホントなの?』」 では、今回の「総選挙企画」にネット上でツッコミが相次いでいる件について、サンデー編集部はどう考えているのか。 8月10日のJ-CASTニュースの取材に応じた企画の担当者は、 「もともと、読者に『どのキャラも似すぎでしょ』とツッコんでもらう狙いで始めた企画なんですよ」 と笑う。 だが、企画のためにあだちさんの歴代作品を何度も読み込むうち、この担当者は「実は、ヒロインの顔立ちは全然ソックリじゃないのでは... 」と感じるようになった。 具体的には、キャラの輪郭や黒目の大きさが作品によって「全然違う」そうだ。 そのため、担当者は「当初の想定からは、大きく外れてしまったのかなって思っていたんです」と漏らす。 続けて、 「ですので、皆さんが『見分けがつかない』と盛り上がっていることについては、正直、『ホントなの?』という感想です。 意外というか、複雑というか...。 当初の狙い通りになって『よかったなあ』という部分も、少しはあるんですけど」 と困惑気味に話していた。 ちなみに、誰が人気ナンバーワンヒロインとなるかは、サンデー編集部もまったく予想ができない状態だという。 「やはり、『タッチ』の浅倉南が圧倒的に人気なのでは?」と記者が質問すると、担当者は、 「いやいや、あだち先生の作品は幅広い年代の読者がいるので、最近の作品が若い読者から支持を集める可能性もあります。 ですので、編集部としても、本当に結果が読めないんですよ」 としていた。

次の