新型 日本 肺炎。 【新型コロナウイルス肺炎】(7)「日本肺炎」の誤読がありえない理由

新型コロナウイルス感染症 |新型コロナウイルス感染症|感染症関連情報|医師のみなさまへ|日本医師会

新型 日本 肺炎

当初、中国当局は「人から人への感染の証拠はない」とし、日本の厚生労働省も「通常の生活をしている人が感染するリスクは極めて低い」と高を括っていた。 しかし、感染者が武漢市以外の北京、広東省、上海など中国のほかの地域や、韓国、台湾、日本、タイ、米国、フランス、オーストラリアなどでも確認され、世界の「新型肺炎」に対する認識が変わってきた。 27日までの「新型肺炎」の発症者は中国全土で2700人以上、死者は80人になった。 「人から人へ感染している可能性が非常に強い」(1月20日:北京大学・王月丹教授) 「空港などでの水際対策をしっかりとる」(1月21日:国土交通省) 「中国からの入国時の検疫体制を強化する」(1月21日:加藤勝信厚生労働大臣) 新型肺炎の病原体は「 コロナウイルス」とされている。 人に感染症を起こすコロナウイルスは数種類確認されているが、感染しても風邪などの軽い症状を起こす者がほとんどだ。 しかし、コロナウイルスのなかには、2002~03年に中国で流行した「SARS(重症急性呼吸器症候群)」や中東地域で今も発生している「MERS(中東呼吸器症候群)」のように重篤化するものもある。 SARSは罹患者8069人、死亡者775人で致死率は9. MERSは罹患者2494人、死亡者858人で死亡率は34. 4%と、一般の肺炎の致死率の数倍にもなる。 新型肺炎の病原体のコロナウイルスがSARSのそれと遺伝子構造が似ており、事は穏やかではない。 03年当時、SARSは春節(中国の旧正月)の帰省ラッシュで莫大な数の旅行者が移動したため急速に感染が拡大したとされている。 今年の春節は1月24~30日で、その前後も合わせると約30億人の中国人が移動するという。 日本にも毎年1月、2月には月間約70万人の中国人観光客が訪れるので、 新型肺炎の日本での流行も心配になってくる。 検疫の効果も限定的である。 肺炎の潜伏期に入国されたら、「発熱」などによるチェックができない。 とにかく体を冷やさない コロナウイルスは咳などを通じて飛沫感染しやすい。 ウイルスは咳により、鼻や口、呼吸器に侵入していくし、飛沫したウイルスが電車のつり革、パソコンやエレベーター、便座のボタン、ドアノブ、受話器、手すりなどに付着し、そうしたウイルスに手を触れ、口や鼻から体内へと入っていく。 よって、新型肺炎の予防法も一般の風邪やインフルエンザと同じでよい。

次の

新型肺炎に罹らない6つの生活習慣…日本酒の熱燗や紅茶、マスクは1日5回交換、サウナ

新型 日本 肺炎

当初、中国当局は「人から人への感染の証拠はない」とし、日本の厚生労働省も「通常の生活をしている人が感染するリスクは極めて低い」と高を括っていた。 しかし、感染者が武漢市以外の北京、広東省、上海など中国のほかの地域や、韓国、台湾、日本、タイ、米国、フランス、オーストラリアなどでも確認され、世界の「新型肺炎」に対する認識が変わってきた。 27日までの「新型肺炎」の発症者は中国全土で2700人以上、死者は80人になった。 「人から人へ感染している可能性が非常に強い」(1月20日:北京大学・王月丹教授) 「空港などでの水際対策をしっかりとる」(1月21日:国土交通省) 「中国からの入国時の検疫体制を強化する」(1月21日:加藤勝信厚生労働大臣) 新型肺炎の病原体は「 コロナウイルス」とされている。 人に感染症を起こすコロナウイルスは数種類確認されているが、感染しても風邪などの軽い症状を起こす者がほとんどだ。 しかし、コロナウイルスのなかには、2002~03年に中国で流行した「SARS(重症急性呼吸器症候群)」や中東地域で今も発生している「MERS(中東呼吸器症候群)」のように重篤化するものもある。 SARSは罹患者8069人、死亡者775人で致死率は9. MERSは罹患者2494人、死亡者858人で死亡率は34. 4%と、一般の肺炎の致死率の数倍にもなる。 新型肺炎の病原体のコロナウイルスがSARSのそれと遺伝子構造が似ており、事は穏やかではない。 03年当時、SARSは春節(中国の旧正月)の帰省ラッシュで莫大な数の旅行者が移動したため急速に感染が拡大したとされている。 今年の春節は1月24~30日で、その前後も合わせると約30億人の中国人が移動するという。 日本にも毎年1月、2月には月間約70万人の中国人観光客が訪れるので、 新型肺炎の日本での流行も心配になってくる。 検疫の効果も限定的である。 肺炎の潜伏期に入国されたら、「発熱」などによるチェックができない。 とにかく体を冷やさない コロナウイルスは咳などを通じて飛沫感染しやすい。 ウイルスは咳により、鼻や口、呼吸器に侵入していくし、飛沫したウイルスが電車のつり革、パソコンやエレベーター、便座のボタン、ドアノブ、受話器、手すりなどに付着し、そうしたウイルスに手を触れ、口や鼻から体内へと入っていく。 よって、新型肺炎の予防法も一般の風邪やインフルエンザと同じでよい。

次の

新型肺炎予防で露呈した日本の医療の「盲点」

新型 日本 肺炎

新型肺炎(COVID-19)は中国から世界各地に感染が広がり、日本国内でも感染拡大が心配されています。 そこで、新型コロナウイルス感染症の症状、潜伏期間、感染経路、感染の予防・対策などをまとめました。 <目次>• 新型コロナウイルスとは? 重度の肺炎などを引き起こす新型コロナウイルスは、SARS(サーズ)やMERS(マーズ)と同じコロナウイルスの仲間です。 コロナウイルスはヒトや動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスですが、今回のウイルスは既知のウイルスと一致しない新型のコロナウイルスでした。 ヒトに感染するコロナウイルスは、すでに6種類が知られています。 そのうち4種類は、一般的な風邪の原因となるウイルスで、ヒトに日常的に感染し、風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めるといわれています。 残りの2種類は、重度の肺炎の原因となるSARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)です。 中国で見つかった新型コロナウイルスは、これら6種類には当てはまらない新しい型です。 世界保健機関(WHO)では一時的に「2019-nCoV」と命名しました。 ちなみにコロナウイルスを顕微鏡でみると、表面に突起がみられます。 これが王冠に似ていることから、ギリシャ語で王冠を表す「コロナ」にちなんで名づけられました。 新型肺炎の症状 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のおもな症状は、以下のようなものが確認されています。 全身倦怠感• 乾いた咳• 呼吸困難(入院患者など重症例)• <そのほか>上記以外にも、のどの痛み、鼻水、嘔吐や下痢など消火器系の症状、筋肉痛などを訴えることもあるようです。 新型コロナウイルスの潜伏期間 現時点では調査中ですが、によると、潜伏期間は1~12. 5日(多くは5~6日)とされ、他のコロナウイルスの情報などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。 なお、初期症状が軽い人や無症状とみられる患者もいることから、感染しているかどうかの見分けがつきにくいケースもありますが、通常、肺炎などを起こすウイルス感染症の場合、強い症状が表れる時期にほかの人へウイルスを感染させるリスクがもっとも高くなると言われています。 新型コロナウイルスの感染経路 コロナウイルスは、ヒトや動物の間で感染症を引き起こすウイルスですが、「動物からヒト」あるいは「動物から別の種の動物」へ感染することはほとんどありません。 しかし例外もあり、それが過去に大流行したSARSやMERSです。 SARSはコウモリからヒトへ、MERSはヒトコブラクダからヒトへと感染。 さらにそれがヒトからヒトへと感染していきました。 どちらも感染者の中に、一人から十数人に感染を広げる「スーパー・スプレッダー」がいたことが感染を広げました。 新型コロナウイルスの感染源は明らかではありませんが、おもな感染経路は「飛沫感染」「接触感染」と考えられています。 飛沫感染……感染した人が咳やくしゃみをしたときにウイルスが飛び散り、周囲の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み、体内に入ることで感染する。 接触感染……感染した人の咳やくしゃみ、またはそれらが付いた手で触れることで身の回りのものにウイルスが付着し、それを健康な人が触り、その手で目や口、鼻を触ることでウイルスが体内に入って感染する。 咳や発熱がある人はマスクをするのがエチケット。 マスクは取扱説明書のとおりにつけ、鼻からあごまで覆ってすきまがないように着用します。 <屋外でのマスクの効果は?> 一般に屋内、電車・バスなど換気が不十分な場所では、マスクも感染予防策のひとつとなりますが、屋外ではマスク着用の効果はあまり認められていません。 それよりも、感染の可能性が高い場所に行かない、手洗いの徹底、アルコール消毒といった感染予防策を取りましょう。 外から帰ったら流水と石鹸で丁寧に手を洗い、清潔に保つようにします。 さらなる対策として、手洗い後に手指消毒用のアルコールを使うのもよいでしょう。 一般的にエンベロープのあるウイルスには、アルコール消毒が有効であると考えられているので、身の回りを消毒しておくとよいでしょう。 エンベロープウイルスの代表例:新型コロナウイルス、インフルエンザウイルス、風疹ウイルス、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、エボラウイルス など によると、<アルコール消毒には60%以上の高濃度アルコールが推奨>されています。 自宅やオフィスの消毒には、アルコール濃度60%以上の除菌効果のある除菌スプレーや除菌シートを使って、手でよく触るドアノブやテーブル、リモコン、電気のスイッチなどをこまめに拭いて除菌・消毒をしておくとよいでしょう。 持続効果のあるアルコール除菌スプレーを使えば、除菌効果が長持ちし、感染リスクをおさえることができます。 新型コロナウイルスについては、その特徴や有効な治療方法などわかっていないことも多いです。 最新情報をチェックしながら、できることからはじめることが大切です。 新型肺炎の治療方法 治療方法は現時点ではわかっておらず、有効な治療薬やワクチンもありません。 そのため、感染した場合は対症療法で治療するしかありません。 現時点では致死率は2~3%程度と推測されていますが、今後の患者数の増加によって変わる可能性があります。 新型コロナウイルス感染症の流行状況 新型肺炎の感染者数は増えており、2月13日時点で28の国や地域で感染が確認されており、現時点ではまだ収束の兆しはありません。 世界保健機関(WHO)は、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言し、日本政府は新型肺炎を強制入院や就業制限を可能とする「指定感染症」に指定しました。 新型コロナウイルスの最新の発生状況や相談窓口については、公的機関の情報を参照ください。•

次の