ミナミ a アシュタール ブログ。 新・日本列島から日本人が消える日(上巻)

『3000倍、引き寄せる』ミナミ・Aアシュタール-願いは叶うようにできている

ミナミ a アシュタール ブログ

今回は、 あつしさんの が 一冊の本としてまとめられていて、 宇宙人さくやさんの情報から、 これまでの古代から近代までの日本の歴史が覆される! 驚きの…内容となっています。 いやぁ~ 面白かったです、というか 興味深い、とんでもない内容で 厚めの本ながら 一気読みしたくなる。。。 事実は小説よりも奇なり…かもよ!?(笑) たぶん、謎というか これまでの歴史についての違和感があったとしたら 逆にかなりしっくりくる、不思議な歴史ドラマが 提示されていて、SFチックに思えても面白い。 これは、ちょっと引用のしようがないけれどね。 (下に目次の内容を載せておきます) プロローグ 第一章 刷り込まれた勝者の歴史 第二章 宇宙のはじまり 第三章 テラ(地球)の誕生 第四章 本当の存在したムーと文明 第五章 恐竜時代の謎を解き明かす 第六章 は、超ハイテクな文明だった 第七章 大陸から支配された 第八章 が八人?……は、和歌山? 第九章 神社の知られざる真実 第十章 飛鳥から戦国時代まで続いた権力争い 第十一章 の本当の思い 第十二章 が信長との約束を破った 第十三章 が天下を取ったのは想定外の出来事 第十四章 間違いだらけの江戸時代の認識 第十五章 はクーデター、黒幕は 第十六章 明治時代になぜ戦争が多いのか 第十七章 大正から昭和(戦前)まで裏歴史 第十八章 会が腐っている理由 プロローグ(ここからが本題) なかには、まさか…と思われる説も少なくないでしょうが そもそも、これまでの歴史は一部の支配者の人たちに 都合よく書かれてきたという前提のもとに ほんとのところは、こうでして…という展開になっています。 事実、最近では かつて教えられてきた歴史の内容も どんどん変わってきていますね。 の文化が実は高度であったということや、 もはや、という記述はなくなっていることなど 通説が覆されて、新しくなっていることを見ても これから更にどんどん変わっていくことになるでしょう。 歴史に詳しい人のなかにも これまでも多くの、いわゆる とんでも説というものがあり それだけ、歴史には確証がなかったということです。 そして、本ではもともとの人類の始まりて、 地球は一部の支配層によってコンされてきたことを 明かしているのですが、ようやく近年は 今の社会をおかしいと感じる人々が増えているため もしかして、とんでもないような真実もあったかも… 案外、腑に落ちる内容と感じるのかもしれません。 タイトルがまたすごいのですが、 消えるというのは、姿が消えるというより 意識の問題で、スピで言う波動領域を変えると 波長の違うもの同士は交わらないという ことのようです。 どうしたら、波動領域を変えることが出来るの? どうしたら、やいるーの支配する世界から 消えることが出来るの?」 「別に超感覚なんて必要ないわ。 すごく簡単にできるのよ」 「え? よかった。 じゃあ、俺でも波動領域を変えることが出来るんだね?」 「ええ、誰でもできるわ。 そうしたいと思ったらね」 「具体的にはどうしたらいいの?」 「好きなこと、楽しいことをしてご機嫌さんでいることね?」 「あなた達は、レプテリィアンが庶民から搾取するためだけに創られた ピラミッド社会の中でいきていくための教育をされて来てるの。 その中だけで通用する考え方をしっかりと刷り込まれてしまってる。 だから、その考え方を手放せばいいのよ。 常識、価値観、道徳、倫理観、などね。 それは彼らにとって都合の良い考え方なの。 例えば、我慢しなさい、我慢は美徳です。 人に迷惑をかけないように我慢しなさい…… ってね。 我慢ばかり押し付けられてる。 だって、あなたが我慢すれば、支配者たちは楽になるわ。 自分がしたいことを我慢して、常識を守ってくれれば、支配者たちは何もしなくてもいい。 遊ぶことを我慢して働きなさい。 自分の欲望に打ち勝って働くことが素晴らしいことなんですっていう価値観を刷り込めば、いくらでも働いてくれるようになる。 庶民が進んで働いてくれるようになると支配者達は何もしなくても たくさん搾取することが出来るでしょ。 歴史と一緒で、常識、価値観、倫理観、道徳観などは、 支配者達の都合の良いように操作されているってこと。 そう、以前から ミナミAアシュタールさんたち(チーム)が 提唱してきたように 新しい時代を幸せに生きるためには これまで繰り返されてきた歴史の本当のところを知り、 さまざまな事実に気づき、 支配される側から出ていきましょう というわけなのですね。 ですから、 長~~い歴史に関する(第十八章まで)本文の 後のエピローグが、ここからが本題となっています(笑) まあ、こうした本は お好み次第でしょうが、 今のあぶない社会から目覚めるためにも 凝り固まった頭と常識などを一度ほぐす意味でも 読んでみるのもいいのではないでしょうか。 まさか、そんな歴史が…というあつしさんと 驚愕の情報をもたらすさくやさんとの会話形式なので とても読みやすくなっています。 追記: 2019年5月27日) 話題のベストセラーとなった上記の本でしたが なぜか、その後の増版とはならなかったんですね。 しかし、やはりミナミさんたちへのお問い合わせも多かったようで ついに新たに加筆され、『新・日本列島から…』上下巻二冊となって 出版されることになったそうです!! アマゾンで予約開始中。 80頁も加筆され、以前お読みになった方にも オススメされています。

次の

ミナミAアシュタール、アシュタールとは?

ミナミ a アシュタール ブログ

こんにちはミヨです。 ミナミAアシュタールさんのブログから今日はこちらをご紹介します。 〈ここから〉 引きこもりについて・・ 2019-06-28 17:00:59 テーマ:フツーの世界の・・ホント?? 最近、引きこもりのことについてのご質問をいただくことが 多くなってきました。 引きこもりについて教えてアシュタールぅ~~^0^ 「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。 引きこもる原因は、逃げるためです。 コンのエネルギーから逃げたいと思うから 引きこもるのです。 自分の意見ではなく、まわりの人たちの言うとおりにしなければ いけないと思うと 辛くてしかたがなくなります。 従順に従うことが良しとされていること、 親やまわ りの人たちが持っている常識を守らなければいけな いこと、 を強制され、そこに大きな期待が かけられると自分がつぶれてしまいそうに 感じ、どうしたら いいのかわからなくなります。 コンのエネルギーに耐えられなくなった時に使う手段が三つあ ります。 ひとつは、思考を停止して、何も考えず、何も感じず、言われたように 従順に従うことです。 コンのエネルギーを自ら受け入れるのです。 これが多数の方たちが選ぶ手段です。 これを選べば、楽に社会に順応できると思うのです。 もうひとつは、引きこもる(誰とも交流しない ことでコンのエネルギー を感じないようにす る)という手段。 そして、もう一つは力に訴える ということです。 と言うものです。 は、力が必要となります。 力で何とかしようとすると、またもっと大きな力で 押さえつけられるように なります。 力が強くないと 出来ないことです。 そして、暴力はいけないと教えられていると、それも出来なくなります。 だから、力 で何とか出来ない 人は、引きこもるしか手段はなくなるのです。 引きこもって、コンのエネルギ ーから遮断 され、自分のエネルギーを 取り戻そうとするのです。 たとえば、親が子どもの将来のために良い学校にいれようとかと思うのは、 子どもを自分の思いでコン しているのです。 子どもに自分の思いを押し付け、期待を押し付け、それを受け入れるように 諭すことは、子どもにとってとてもツラいコンのエネルギーなのです。 そこから逃げたいと思う子どもは、そのエネルギーを跳ね返すために 暴力を使ったり、それが出来ない 子は引きこもったりするのです。 そして、出てきてほしい(子どもの将来や自分の将 来が不安だったりす るから)と 思って、いろんな手を使うことが、またコンのエネルギーを子 どもに 送ることにな ります。 そして、また、子どもはもっと引きこもり、殻に閉 じこもってしまうことになります。 ですから、放っておいてあげてください。 もう、子どもをどうにかしようと思わないで、子どもが自分 でどうするかを 見守ってあげていてくださ い。 理由はそれぞれ違うと思いますが、もし家族の誰かが引 きこもってしまったら、 放っておいてあげてください。 心配や不安や動揺のエネルギーをその人に向け てし まうと、 またその人は殻に閉じこもってしまいます。 心配や不安、動揺、怒り(引きこもっている ん じゃない、など)は、 言葉に出さなくても、エネルギーで分かります。 その心配などのエネルギーもまたコンのエネルギーなのです。 だから、そのエネルギーを感じ るとまた(もっと、ますます)そのエネルギー から逃げたくて、引きこもる(殻に閉じこもる)と いうことになります。 放っておいてほしいのです。 重い、ツライと感じるコンのエネルギーを 感じたくないのです。 一生懸命そのエネルギーに応えようとしたけれど、もうムリだと思って 引きこも ってしまっているのですから、放っておいてもらうのが一番楽なのです。 家族の人は、その人のことは放っておいてあげて、自分たちの好きなこと、 楽しいことをしていてくだ さい。 コンのエネルギーを感じて枯渇してしまったその人のエネルギーが 補充されればまた何 かをはじめたいと思い、自分で行動を起こすようになります。 それまで、その人自身の力を信じて放っ ておいてあげてください。 そして、疲れ果てて引きこもるという選択をした方にもお伝えしたいと思い ます。 あなたが自分のエネルギーを充分に充電できるまで、そのままじっとして いてください。 大丈夫です・・あなたには自分で生きていく力があります。 ただ、社会に蔓延しているコンのエネルギーで、 自分のエネルギーが枯渇してしまって疲れ果 てているだけです。 ですから、積極的に引きこもってください。 繭(殻)に入っていてください。 積極的に・・とお伝えしたのは、繭に入ることに罪悪感を 持たないでくださいということです。 こんなことをしていていいのでしょうか? 社会に出られない私はダメな人ですね? みんなが出来ていること(働いているなど)が出来ない私はダメです。 などと思う必要はありません。 そんなことを思ってしまうと、繭の中に入ってせっかくチャージしようと しているエネルギーが放電さ れてしまい、エネルギーが戻ってきません。 いまはエネルギーをチャージするために積極的に休 みますと思ってください。 罪悪感はエネルギーを大量に使ってしまいます。 そして、もう一つお伝えしたいことがありますが・・ 引きこもるということを、リベンジに使わな いでくださいね。 誰それが、自分をコンしようとしたから、 自分はこんな風になってしまっ た。 だから、あなたもツライ思いをすればいい・・と その人に突きつける手段にしないでください。 そんなことをしても、お互いにツラい現実が続くだけです。 言っている意味が伝わっていますでしょう か? 社会がコンのエネルギーでまわっているのですから、 みんなエネルギーが枯渇してしまっ ています。 感受性が高く、そのエネルギーに敏感で、耐えられなくなって来ている人が 増えていま す。 登校拒否()も同じです。 引きこもりの原因はコンのエネルギーなのです。 原因がわかれば解決することが出来ます。 誰からのコンのエネルギーを受けて、あな たのエネルギーが 枯渇してしまったのかがわかれば、あなたがどうしたらいいのかも 分かります。 その人と話をすることで、分かってもらえることもあります。 もし、話しをしてもお互いの意見が違うのであれば、そっと離れてください。 あなたに愛をこめてお伝えいたします。 」 ありがとう、アシュタール!感謝します。 〈ここまで〉 M-O-M11 から転載させていただきました。 ミナミAアシュタールさん、ありがとうございました。 感謝します。 〝引きこもり〟という言葉のもつニュアンスにとても違和感を感じます。 そこには引きこまざるを得ない状況にいる人への思いやりが感じられないから。 そこまでに至るには、それぞれの理由が必ずある。 〝心に蓋をして自分を守る〟その為にこもる。 それは自分自身を大切にしている証だと思う。 外が安全だったら、とうの昔に出ていっている。 繊細な心には、繊細な気持ちで居られる場所じゃなきゃダメなんだ。 外の世界が合わなければ、自分の居心地のいい場所を作ればいい。 そのためには、常識的な生活から離れて、どんなに小さなことでも、自分にとっての楽しいことに夢中になる。 そしてそれが僅かでも、人の役にたてるようになれたら、そこが私の安全な場所になる。 引きこもりの私は、今その道を歩いています!! 「この記事はミナミAアシュタールさんより承認を得て転載しており、この記事からの他への転載は禁止になっております。 記事使用ご希望の方は直接、ミナミAアシュタールさんより承認を得ていただければと思います。 M-O-M11」 miyo1968.

次の

『3000倍、引き寄せる』ミナミ・Aアシュタール-願いは叶うようにできている

ミナミ a アシュタール ブログ

こんにちは!不二たけしです。 本日はいつも拝見させて頂いている、 ミナミAアシュタールさんが発信している、 アシュタールのメッセージについて書いていきたい、と思っていましたが、、、 その前にミナミAアシュタールって誰?アシュタールって? という人もいると思いますので、まずはそちらの説明をしていきたいと思います。 また、時折名前が出てくる「さくや」さんについても紹介します。 ミナミAアシュタールとは? 初めに、ミナミAアシュタールについて紹介します。 「ミナミAアシュタール」とは、神奈川県藤沢市にある「サロンMuu」を経営されている スピリチュアルカウンセラーの 「ミナミ」さんと、 パートナーのあつしさんの 「A」、 そしてお二人がメッセージを受け取っている高次元の存在 「アシュタール」、 の 3人? の名前を繋げたチーム名だそうです。 ミナミのライトらいとライフ ミナミさんのブログでは、アシュタールや他の高次元の存在である「さくや」と呼ばれている存在のメッセージを紹介されています。 身近な問題・疑問を取り上げ、どうしたら機嫌良く解決できるかといった内容が多く紹介されています。 こちらの内容はYoutubeにはアップされていないので、ブログで読むしかありません。 破・常識あつしの歴史ドラマブログ 破・常識あつしさんのブログではアシュタールのメッセージと日本の歴史について書かれています。 ブログには日本の歴史の真実! が細かく書かれてあり、 歴史の教科書では絶対に知りえないぶっ飛んだ面白い内容となっています。 アシュタールという名前は金星の言葉で「愛」を意味し、地球が愛で満たされた平和な星になるよう幾人かの地球人をとおして、メッセージを送り続けながら地球のアセンションを見守り、サポートしています。 (ちなみに地球人は3次元の存在で、今は5次元に共振してきているそうです。 へぇ~ ) ミナミさんは、世界中で何百人かアシュタールと交信している人たちのうちの一人だそうです。 詳しくは(ミナミさんがチャネリングを始めた経緯)も読んでみてください。 ググってみるとアシュタールのサイトが多くあり、 最初は「アシュタールってどんだけおるねん! 笑 」と思いましたが、 何百人もが交信しているせいなんですね。 また、サイト毎にアシュタールの語り口調が違ってたりしますが、 それはチャネラーによって受け取り方? が違うためだそうです。 つまりアシュタールという名の存在が沢山いるわけではなく、 チャネラーの個性がメッセージに反映されているというわけですね。 さくやさんとは? ミナミさんを通じて歴史の真実や様々な知恵を語ってくれているのが さくやさんです。 さくやさんとは、ミナミさんがチャネリングしている5次元の存在で、地球の誕生から現在までの様子をつぶさに見てきた人物? さくやさんは、別名はコノハナノサクヤビメ(木花開耶姫)とも呼ばれるそうですが、日本神話に登場するコノハナノサクヤビメとは厳密には違うそうです。 さくやさんのメッセージは、ミナミAアシュタールさんの各書籍やミナミさんのブログに頻繁に目にすることができるので、気になる方はそちらをお読みいただければと思います。 また数年間、 バシャールという別の高次存在のメッセージを研究・実践してきました。 しかし、バシャールのメッセージは素晴らしいものでしたが、 自分としてはもう一歩踏み込んだ知識が欲しいとも思っていました。 そんな中で、偶然見つけたミナミAアシュタールさんの発信する情報が自分には合っていたようで、 今はとても役立たせてもらってます。 また、アシュタールやさくやさんは人類誕生の秘密についても教えてくれているので、 歴史という面から日本や地球・宇宙について理解する上でも、非常に興味深く面白いです。 次回からは冒頭でも書いた通り、アシュタールのメッセージについてまとめていきたいと思っています。 ミナミAアシュタール おすすめの書籍! ミナミAアシュタールさんの最新刊 『新・日本列島から日本人が消える日(上・下巻)』が発売されました。 歴史の教科書を覆す、常識破りのぶっちゃけ話が書かれています! 宇宙の秘密や日本列島・日本人の真実が語られ、さらに織田信長や徳川家康、豊臣秀吉など「本人」も登場します(!?

次の