ち 首 が 痛い。 上を向くと首が痛いのはなぜ?2秒で痛みを消す方法を教えます

左首が痛い時の治し方。右側やリンパは病気かも?

ち 首 が 痛い

頭が痛い・首が痛い … どんな場合? 0-1. 頭と首の特徴・・・頭と首の痛みを理解するために 頭は、非常に重要な精密コンピューターである脳とその脳を保護している容れ物である頭の骨(頭蓋骨)と、その前方に存在する「顔」を合わせた部分を指します。 目・鼻・口を含む顔の部分も含むのが普通です。 つまり、首から上、の部分を指して「頭」と呼んでいますね。 さて、この頭の重さは成人では4~6kgもあります。 それを支えているのが首です。 ですから、頭をスイカにたとえると、大変重いスイカであり(通常の大きなスイカでも3~4kgです)、首はそれをズッと支え続けている、ということになります。 歩行やランニングをすると頭は上下左右に揺れます。 ここで重要なのはこの揺れの衝撃から超精密で大切なコンピューターである脳を守る事です。 そのため、この衝撃を伝えないで緩和するために、首の骨(頚椎)は前方に張り出した緩やかな孤を描いた形をしており、そのような形である事で、歩行や走行の時に生じる頭にかかる上下動の衝撃をしなやかに緩和させているのです。 それ以外にも、首の筋肉は頭蓋骨に付着している筋肉と連動して衝撃を和らげようと緊張しています。 ですから、事務作業などで頭をやや前傾させた状態を何時間も続ける場合、頚椎は真っ直ぐかやや前傾した形になりますし、首の筋肉は、首に筋肉だけでは支えきれないので、肩や上背部の筋肉と協力して支える事になります。 このように、大きな頭を持った生物であるヒトの特徴として、頭を支えるために、頭の筋肉と協力するだけでなく、上背部や肩、の筋肉とたえず協力している必要があります。 そのため、無理な姿勢での使い方を長時間すると、首や頭、肩や上背部に痛みが生じます。 これが「肩こり・首こり」と言われている症状です。 この時、「肩こり」なのに頭まで痛くなるのは、頭に付着している筋肉もあたまを支えるために首の筋肉と連動しているから、なのです。 ところが、筋肉の疲れだけに留まらない場合が多いのです。 現代生活では、パソコンを見ての長時間作業や、うつむいてスマホを長時間見るなど、前傾姿勢を長時間続けることが多いので、過剰な負担を頚椎にかける事が多いのです。 その結果、頚椎の骨(椎体)に変形が起きたり、首にかかる衝撃を緩和させるために存在する椎間板という軟骨が変形してひしゃげてズレたりすることが起きます。 変形した頚椎が首の神経(=頸髄や神経根)を圧迫したり、ひしゃげてズレた椎間板軟骨が頸髄や神経根を圧迫することで、筋肉の痛みとは違った神経の痛みが引き起こされる場合があります。 皆さんが「肩こり・首こり」と思っている中には、このように首の骨や軟骨が変形したために神経を刺激して起きている痛みの場合があります。 0-2. 首が痛い・・・どんな場合? 前項に説明しましたように、首が痛い、と感じる時、大雑把に分けますと 1)首の筋肉が疲れて痛い(肩こりや首こり) 2)首の骨(椎体)や軟骨の変形が原因で神経を刺激もしくは障害して痛い(頚椎症や椎間板ヘルニア) 3)それ以外の原因で痛い の3つに分かれます。 3)の場合の発生頻度はとても低いのですが、頸髄(首の脊髄を頸髄と呼びます)の障害で痛みが生じる場合や、首の骨に癌が転移して痛みを引き起こす場合があります。 2)や3)で首に痛みが起きる場合は、神経を刺激や障害していますので、手足や体幹にも痛みが起きる事があります。 いつもの首こりにしては強い痛みだなと思った時や、手足や体幹にも痛みやしびれを感じる様な症状が出た時は、受診を強く奨めます。 なお、首の前方は甲状腺や気管・食道と言ったとても大切な臓器があります。 首の前方に痛みが起きた場合は耳鼻咽喉科領域の症状である場合が多いのですが、どこに受診したら良いのか分からない場合は当院に受診して頂いても全く構いません。 対応します。 0-3. 頭が痛い・・・どんな場合? 頭の痛みは、だいたい3つに分かれる痛みが多いように思います。 1)肩こりや首こりを伴っての頭痛 2)頭の芯から響いてくるような鈍痛で週ごと月ごとに徐々に強くなってくる頭痛 3)鋭いしかもズキンズキンと波打つ様な頭痛 の3つです。 それ以外にも、頭痛と言うよりは「頭が重い(頭重感)」と呼ぶ方が適切な症状もあります。 1)は、事務作業の多い人に良く起きる肩こりからくる頭痛の場合が多いのですが、もし、手足のしびれが出てきたり、いつもより強い痛みのようでしたら、ヘルニアなどの神経症状が重なっているかも知れません。 念のために受診されることを奨めます。 2)のような痛みで、特に、徐々に強くなってくる様な場合は、放置しておいてはいけません。 受診して下さい。 上部頚椎の病気や脳の病気の場合があります。 3)のような痛みは、我慢せずにスグに受診する事。 脳の血管の病気である場合があり緊急対応必要な症状であることが多いからです。 偏頭痛を持っている方(女性に多い)は、偏頭痛でズキンズキンする痛みをよく経験されているのですが、「いつもと違う痛み」を感じられたら、受診されたほうが良いでしょう。 ところで、スポーツなどをしていて転倒して頭を打った後に(数時間後や翌日に)、肩こりや首こりの様な痛みが出てくることがあります。 この様な痛みの場合、吐き気や意識消失などが現れていなくても微小な脳出血(くも膜下出血など)が起きている場合があります。 軽く考えないで受診して下さい。 0-4. 頭が重い(頭重感)・・・どんな場合? 「頭が重い」という感じは、頭が痛い、とは異なりますが、この項に記載しておきます。 熟睡できていない、とか、睡眠時間が絶対的に少ない、などの睡眠障害や、呼吸器の病気で酸素が十分取り込めていない低酸素状態や、腎臓の病気、などの方から訴えられることがあります。 また、精神的な不安や抑うつの症状で起きることもあります。 しかし、それら以外に脳の病気で「頭が重い」症状が出現する事がありますので、いつまでもすっきりしないようでしたら受診してみて下さい。

次の

首がミシミシなる…肩こりの予防・解消に首の1分ストレッチ! [肩こり] All About

ち 首 が 痛い

この場合、首を動かそうとすると痛みがあります。 程度の差によって痛みは異なりますが、ひどい場合は動けないほどになります。 【対処法】 寝違えは炎症ですので、早く治すには安静にしておくべきです。 長い場合は1週間程度痛みが続くこともありますが、無理をすると悪化につながるため、回復するまでは小まめに冷やすなどしてできるだけ動かさないようにしましょう。 寝違えを予防するには、寝ているときに無理な姿勢を取ることがないよう、枕などの寝具を見直したりすることが挙げられます。 またうつぶせの状態で寝ることも、避けたほうがよいとされています。 血行不良を起こすことで筋肉が張り、ひどい場合は痛みを生じます。 また、首の筋肉と肩の筋肉はつながっているので、強い肩こりの場合も、首の痛みを感じることがあります。 【対処法】 首のこりを和らげる場合、マッサージや温熱療法などが挙げられますが、マッサージに関しては注意が必要。 というのも、首には頸動脈や神経など重要な器官があるため、強い刺激を与えることで悪影響が出る場合もあります。 自己流でなんとかするのではなく、専門医に診てもらい、治療するのがいいでしょう。 また首のこり、そして肩こりの予防ですが、これらは姿勢の悪さが原因の場合が多いので、まずは姿勢を正すことが大事。 デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることも、肩や首の血行不良につながるので、適度に運動をして首や肩の筋肉を動かしたりしましょう。 椎間板ヘルニアというのは、背骨の中にある椎間板の髄核(椎間板の中にある組織)が飛び出てしまう病気。 飛び出た髄核によって神経が刺激されるため、頭を支える頸椎にヘルニアがある場合は、首や上肢に痛みが生じます。 軽度のヘルニアであれば痛みだけで済みますが、ひどくなると動けないほどの痛みが出ます。 さらに神経障害を起こしてまひが進行すると、体が動かせなくなるなど取り返しのつかないことにもつながる病気です。 【対処法】 頸椎椎間板ヘルニアは、加齢によって椎間板が老化して起こるほか、強い圧力が椎間板にかかることでもなります。 予防するためにはそうした強い圧力を椎間板にかけないように心掛けるのが一番です。 もし頸椎椎間板ヘルニアになってしまった場合、症状が軽い場合は投薬や首にコルセットを装着するなどして痛みを取り除く保存療法を、症状が重い場合は椎間板ヘルニアに圧迫されている神経の回復を目的とした手術が行われます。 首の骨が真っすぐになることで逆にバランスが崩れ、首の痛みや肩こり、まためまいや頭痛といった症状が出てしまいます。 ストレートネックの主な原因は「姿勢の悪さ」です。 たとえば猫背など、普段から姿勢の悪い人はストレートネックになる危険性が高いとされています。 また、パソコンやスマートフォンを悪い姿勢で長時間使うこともストレートネックになる可能性が高いとされ、「現代病」のひとつともいわれています。 【対処法】 ストレートネック自体は病気ではないのですが、頸椎椎間板ヘルニアなどの首の病気につながることがあります。 ですので、専門医に診てもらい、適切な処置を受けるべきでしょう。 もちろん姿勢を正すなど、ストレートネックにならないように普段から心掛けることも大切です。 脊髄の通りが悪くなることで筋肉のひどいこりが起こり、それにより首周辺に痛みが出ることがあります。 この頸部脊柱管狭窄症が進行すると、「頚椎症性脊髄症」という神経に大きな障害を起こす可能性のある病気につながります。 頸部脊柱管狭窄症になる原因は、先天性のものと後天性のものがあります。 後天性の場合は加齢によるものや事故などによる外傷、そして首に負担がかかるような悪い姿勢を長時間続けたことなどが、その原因として挙げられます。 【対処法】 頸部脊柱管狭窄症の治療は保存療法と手術療法があります。 保存療法では、薬物療法やコルセットなどの装具療法、また神経ブロック注射が行われます。 手術療法もありますが、多くの場合は保存療法が用いられます。 こうした治療をするようなことにならないために、やはり普段から姿勢に気をつけるようにしましょう。 自己免疫疾患は自己免疫機能が異常を起こし、自分の体の組織を敵だと思って攻撃してしまうという病気。 このうち関節に起こるリウマチを関節リウマチといいますが、これが脊椎にも起こります。 その場合に、首に痛みを生じることがあります。 【対処法】 リウマチは不治の病と呼ばれていたこともあり、原因が十分に特定されていない病気のひとつ。 そのため、予防法が確立されていません。 治療に関しても、薬で痛みを抑える、また問題のある部分を手術で除去するなどがされてきましたが、昨今では、治療薬の研究が進み効果的な治療が行われるようになっています。 もし痛みだけでなく熱っぽさや体のだるさなどがあれば、念のため診察を受けるといいですね。 この場合、首に痛みが出ることがあります。 加齢などによって椎間板自体が弱ることで変化を起こし、また椎間板が弱ることで骨同士がぶつかってしまい、それにより椎骨が変形してしまいます。 【対処法】 治療は保存療法と手術療法があります。 保存療法では、薬物療法やコルセットなどの装具療法を行い、変形がひどい場合は、手術によって変形した部分を広げて神経の圧迫がなくなるようにします。 変形性頸椎症の主な原因は加齢によるものですので、まだ若い人は大丈夫かもしれませんが、覚えておくといいでしょう。 腕のしびれのほか、顔面のしびれやめまい、また頸部に痛みが出ることもあります。 胸郭出口症候群になる原因のひとつに「姿勢が悪いこと」が挙げられます。 姿勢が悪いことで鎖骨に近い部分の筋肉に負担をかけてしまい、それが神経や血管の圧迫につながるのです。 【対処法】 胸郭出口症候群を改善するには、姿勢の改善や筋肉の強化が挙げられます。 それによって筋肉も正常な位置に保つことができ、神経や血管が圧迫されることがなくなります。 また、姿勢改善や筋肉の強化は、胸郭出口症候群の予防にもなります。 ただし、首の痛みだけでなく手のしびれなどが強い場合は、薬物治療やブロック注射などの治療が必要となります。 もし症状が重い場合は、早めに専門医に診てもらいましょう。 首は大事な神経や血管が通っているため、ときには「命に関わる症状」につながることもあります。 もし軽い痛みでも、どんな病気が潜んでいるか分かりませんから、気になったらすぐ病院へ行くことが大事ですね。 (中田ボンベ@dcp).

次の

首の後ろが痛い人必見!ストレッチとマッサージの方法と注意点

ち 首 が 痛い

頭が痛い・首が痛い … どんな場合? 0-1. 頭と首の特徴・・・頭と首の痛みを理解するために 頭は、非常に重要な精密コンピューターである脳とその脳を保護している容れ物である頭の骨(頭蓋骨)と、その前方に存在する「顔」を合わせた部分を指します。 目・鼻・口を含む顔の部分も含むのが普通です。 つまり、首から上、の部分を指して「頭」と呼んでいますね。 さて、この頭の重さは成人では4~6kgもあります。 それを支えているのが首です。 ですから、頭をスイカにたとえると、大変重いスイカであり(通常の大きなスイカでも3~4kgです)、首はそれをズッと支え続けている、ということになります。 歩行やランニングをすると頭は上下左右に揺れます。 ここで重要なのはこの揺れの衝撃から超精密で大切なコンピューターである脳を守る事です。 そのため、この衝撃を伝えないで緩和するために、首の骨(頚椎)は前方に張り出した緩やかな孤を描いた形をしており、そのような形である事で、歩行や走行の時に生じる頭にかかる上下動の衝撃をしなやかに緩和させているのです。 それ以外にも、首の筋肉は頭蓋骨に付着している筋肉と連動して衝撃を和らげようと緊張しています。 ですから、事務作業などで頭をやや前傾させた状態を何時間も続ける場合、頚椎は真っ直ぐかやや前傾した形になりますし、首の筋肉は、首に筋肉だけでは支えきれないので、肩や上背部の筋肉と協力して支える事になります。 このように、大きな頭を持った生物であるヒトの特徴として、頭を支えるために、頭の筋肉と協力するだけでなく、上背部や肩、の筋肉とたえず協力している必要があります。 そのため、無理な姿勢での使い方を長時間すると、首や頭、肩や上背部に痛みが生じます。 これが「肩こり・首こり」と言われている症状です。 この時、「肩こり」なのに頭まで痛くなるのは、頭に付着している筋肉もあたまを支えるために首の筋肉と連動しているから、なのです。 ところが、筋肉の疲れだけに留まらない場合が多いのです。 現代生活では、パソコンを見ての長時間作業や、うつむいてスマホを長時間見るなど、前傾姿勢を長時間続けることが多いので、過剰な負担を頚椎にかける事が多いのです。 その結果、頚椎の骨(椎体)に変形が起きたり、首にかかる衝撃を緩和させるために存在する椎間板という軟骨が変形してひしゃげてズレたりすることが起きます。 変形した頚椎が首の神経(=頸髄や神経根)を圧迫したり、ひしゃげてズレた椎間板軟骨が頸髄や神経根を圧迫することで、筋肉の痛みとは違った神経の痛みが引き起こされる場合があります。 皆さんが「肩こり・首こり」と思っている中には、このように首の骨や軟骨が変形したために神経を刺激して起きている痛みの場合があります。 0-2. 首が痛い・・・どんな場合? 前項に説明しましたように、首が痛い、と感じる時、大雑把に分けますと 1)首の筋肉が疲れて痛い(肩こりや首こり) 2)首の骨(椎体)や軟骨の変形が原因で神経を刺激もしくは障害して痛い(頚椎症や椎間板ヘルニア) 3)それ以外の原因で痛い の3つに分かれます。 3)の場合の発生頻度はとても低いのですが、頸髄(首の脊髄を頸髄と呼びます)の障害で痛みが生じる場合や、首の骨に癌が転移して痛みを引き起こす場合があります。 2)や3)で首に痛みが起きる場合は、神経を刺激や障害していますので、手足や体幹にも痛みが起きる事があります。 いつもの首こりにしては強い痛みだなと思った時や、手足や体幹にも痛みやしびれを感じる様な症状が出た時は、受診を強く奨めます。 なお、首の前方は甲状腺や気管・食道と言ったとても大切な臓器があります。 首の前方に痛みが起きた場合は耳鼻咽喉科領域の症状である場合が多いのですが、どこに受診したら良いのか分からない場合は当院に受診して頂いても全く構いません。 対応します。 0-3. 頭が痛い・・・どんな場合? 頭の痛みは、だいたい3つに分かれる痛みが多いように思います。 1)肩こりや首こりを伴っての頭痛 2)頭の芯から響いてくるような鈍痛で週ごと月ごとに徐々に強くなってくる頭痛 3)鋭いしかもズキンズキンと波打つ様な頭痛 の3つです。 それ以外にも、頭痛と言うよりは「頭が重い(頭重感)」と呼ぶ方が適切な症状もあります。 1)は、事務作業の多い人に良く起きる肩こりからくる頭痛の場合が多いのですが、もし、手足のしびれが出てきたり、いつもより強い痛みのようでしたら、ヘルニアなどの神経症状が重なっているかも知れません。 念のために受診されることを奨めます。 2)のような痛みで、特に、徐々に強くなってくる様な場合は、放置しておいてはいけません。 受診して下さい。 上部頚椎の病気や脳の病気の場合があります。 3)のような痛みは、我慢せずにスグに受診する事。 脳の血管の病気である場合があり緊急対応必要な症状であることが多いからです。 偏頭痛を持っている方(女性に多い)は、偏頭痛でズキンズキンする痛みをよく経験されているのですが、「いつもと違う痛み」を感じられたら、受診されたほうが良いでしょう。 ところで、スポーツなどをしていて転倒して頭を打った後に(数時間後や翌日に)、肩こりや首こりの様な痛みが出てくることがあります。 この様な痛みの場合、吐き気や意識消失などが現れていなくても微小な脳出血(くも膜下出血など)が起きている場合があります。 軽く考えないで受診して下さい。 0-4. 頭が重い(頭重感)・・・どんな場合? 「頭が重い」という感じは、頭が痛い、とは異なりますが、この項に記載しておきます。 熟睡できていない、とか、睡眠時間が絶対的に少ない、などの睡眠障害や、呼吸器の病気で酸素が十分取り込めていない低酸素状態や、腎臓の病気、などの方から訴えられることがあります。 また、精神的な不安や抑うつの症状で起きることもあります。 しかし、それら以外に脳の病気で「頭が重い」症状が出現する事がありますので、いつまでもすっきりしないようでしたら受診してみて下さい。

次の