ハムスター ケージ 大き さ。 ハムスターの【理想のケージ】の大きさと住みやすい環境について解説!

ハムスター用大きいケージおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ハムスター ケージ 大き さ

画像と本文と直接の関係はありません。 じゃあケージとかも他のハムスターと一緒の大きさでいいのか?虫かごとかでもいいのか?というと、ゴールデンハムスターは他のハムスターより一回り大きいハムスターなので、虫かごは個人的には薦めないです。 ゴールデンハムスターって実は一人になりたいこともある生き物なので、広い方のがストレスも少ないと思います。 給水器や、回し車をつけるなら尚更。 自分はハムスターを飼う用のケージセットを買いました! 今回は 【ゴールデンハムスター編 水槽と金網ケージ買うならどっち?】 【ゴールデンハムスター編 レイアウトで必要なもの一覧】 について語ろうと思います! 果たしてゴールデンハムスターの運命はいかに! スポンサードリンク Contents• ゴールデンハムスター編 水槽と金網ケージ買うならどっち? ゴールデンハムスターを飼うにあたって最初の壁にあたります。 「水槽」か「金網のケージ」で飼うか。 皆さん迷うことですね。 個人的な意見ですが、一人になりたいことがあるのと、乾燥したところを好むゴールデンハムスターの場合は、 金網のケージのがいいと思います。 皆さんゴールデンハムスターの立場になって想像してみてください。 一人になりたいときにそのときに筒抜けでみられることを。 自分だったら嫌です。 但し広い水槽で隠れられるようなものがあるなら水槽でも大丈夫だと思います!実際ペットショップとかで販売しているハムスターの水槽に置物みたいな家 ハムスターハウス を置いてもらうのがいいです。 では、金網ケージと水槽のメリットデメリットがあるかというとそれぞれあります。 対照的なメリットデメリットが。 なんでこんなこと書くかというと、実は飼っていたハム子ちゃん。 変な癖がありました。 それが、金網ゲージをうんてい 小学校の校庭にある運動道具 みたいに登ったとき、何故か回し車の後ろと金網の間を移動する癖があったのです。 なので、金網の間に足が挟まってしまい悲鳴をあげることもしばしばありました。 なのに懲りずに何回も同じことをするという。。 未だに原因がわからないですね。。 似たような体験したことある方わかったら教えてください! なので多分ですが、金網よりはまだ水槽の方が怪我をするリスクとしては低いとは思います。。。 野生のハムスターは1日2,3時間移動しているので、こちらも必須です。 場合によりトンネルとか用意してあげるといいでしょう。 「こんなに一辺に無理」という方。 今は「ハムスターセット」というゲージが2,4000円で手に入ります。 金網や、水槽凄いのだと2階建てのゲージもあります。 他、季節や飼うケースにより、あった方がいいものを紹介します。 ファンヒーターとか販売してます。 蓋は金網のがいいと思います。 飛び散り防止に! と、ざっとですがこんな感じです! 参考にしてください! ゴールデンハムスターのケージの大きさ【まとめ】 いかがでしたか? 今回はハムスターを飼う上で外せない水槽や、金網ゲージの大きさ、そしてレイアウトについてまとめました! 中々難しいところもありますが、最終判断は飼い主さんです!今回はゴールデンハムスターで見ましたが、ハムスターも十人十色。 好みも特徴も運動量も違います。 ペットショップの店員さんにアドバイスを交えながら、オリジナルハムスターハウスを造るのも楽しいと思います!では、皆さん素敵なハムスターライフを! スポンサードリンク•

次の

ハムスターのケージには色々な種類や大きさがある。それぞれの特徴を知ろう

ハムスター ケージ 大き さ

【目次】ハムスターにとって良いケージとは?ケージ選びのポイントと各ケージのタイプメリット・デメリット ケージを選ぶ際のポイント まずはケージを選ぶときのポイントをお伝えします。 これらのポイントを押さえておけば、ハムスターにとって快適な空間の出来上がり。 ハムスターが快適に過ごせるか否かがかかっているので、より良いものを購入しましょう。 大きくて広いケージほど良い ハムスターにとって良いケージとは、大きく広いケージ。 手に乗るほど小さなその体からは想像できないほど、実は運動量が非常に多い動物なのです。 さらに、縄張り意識が強い動物でもあるので、広いケージほどハムスターにとって快適な空間と言えます。 大きさが十分でないと、ハムスターのストレスにもなりますから、可能な限り広いケージを選んであげると良いでしょう。 安全性が高いケージを選ぶ ハムスターのケージ選びで最も重要なのが、安全性です。 実は、ケージが原因で怪我をするハムスターがかなり多く、安全性の面で不安のあるケージも市販で売られています。 ハムスターにとって注意が必要なケージとは、2階・3階建てのケージ、または縦方向のトンネル・はしごが付いているケージ。 これらは、ハムスターが上下の移動ができるようになっており、危険性が高いです。 そうというのも、ハムスターはもともと地面と自分が掘った穴の中で暮らす生き物。 ハムスターの動線にはもともと上下の運動は必要ありません。 視力も弱いため、2階や3階建てのケージは危険で、時には落ちて骨折するケースもあります。 より安全なケージを選ぶために、上下移動のないシンプルな作りのものを選びましょう。 ハムスターのケージタイプ ハムスターのケージには大きく分けて4タイプあります。 ペットショップや専門店、インターネットで市販されている中から、最も最適なものを選ぶ必要があります。 ここで、それぞれの種類についてメリット・デメリットを把握しておきましょう。 金網タイプ 金属やプラスチックで金網状に張り巡らされたケージタイプ。 安くて種類が豊富、通気性が良く湿気や匂いがこもりません。 軽量なものが多いので、掃除の時など持ち運びやすいのも特徴。 給水器や回し車などが取り外ししやすいのも利点です。 デメリットは、怪我や健康を害する危険性があること。 金網タイプは金網部分をかじって、歯や口周りの健康トラブルになることがあります。 また、金網をよじ登ったり、天井でうんてい運動をするうちに落下事故が起きたりなど、怪我に繋がることが多いケージです。 金網の隙間に足が挟まって骨折する恐れもあります。 このように、金網タイプは危険やトラブルが多いケージと言えます。 あまりおすすめはできませんが、どうしても金網タイプが良い場合は網目が広いタイプを選ぶと良いでしょう。 中の様子がよく見えるため、観察しやすい、写真が撮りやすいなどの長所があります。 また、ケージをかじる心配がなく、掃除もしやすく、外の音が遮られて防音できます。 保温性もあるため寒い冬でも暖かく安心。 デメリットは、天井の素材によっては通気性が悪く、湿気や匂い、夏は熱がこもってしまう点です。 給水器や回し車の着脱がしにくい、お世話のときにケージの上部から手を入れなければいけないため、ハムスターが怖がってしまうこともあります。 水槽タイプのケージにするなら、ハムスターにとっても安全ですが、こまめな掃除が必要です。 プラスチック<アクリル<ガラスとお値段が高くなっていきます。 写真がお好きな飼い主さんにおすすめのケージです。 ジェックス ハビんぐ グラスハーモニー ジェックス ハビんぐ グラスハーモニーの商品情報 参考価格:3,180円(税込) メーカー名:ジェックス サイズ(幅X奥行X高さ):36. 2cm 重量:2. 5㎏ 生産国:インドネシア プラスチックタイプ 市販品で増えてきたタイプのケージ。 特徴的な形をしているものが多く、カラフルでトンネルやドームなど、楽しそうなものが多いのが特徴です。 プラスチックタイプは安くて種類が豊富で、持ち運びやすい軽さがメリット。 音が遮られるので、ハムスターは静かに過ごすことができます。 保温性があるため、冬でも暖かく、床材や壁材によっては通気性も良いものもあります。 デメリットは、サイズが小さいものが多いため、ハムスターにとって十分な運動量を補えないこと、パーツを分解して掃除する必要があること、2階部分やトンネルから落下する危険性があること。 金網タイプと水槽タイプのどちらの要素も兼ね備えることが可能なプラスチックタイプですが、市販のものの中には、大前提となる広さと安全性がクリアできないものがあります。 SANKO ルーミィベーシック SANKO ルーミィベーシックの商品情報 参考価格:3,252円(税込) メーカー名:SANKO サイズ(幅X奥行X高さ):17. 0cm 重量:1. 3㎏ 生産国:中国 衣装ケース 最近、衣装ケースでオリジナルケージを作る人も増えてきました。 衣装ケースなら、大きいサイズでもお手頃価格で手に入りますね。 軽量で持ち運びやすく、掃除も楽なのが特徴。 自分の思い通りに作れるのが何よりものメリットです。 ハムスターにとっても、外の音が遮られるため、静かに過ごす環境が整います。 保温性があるため冬も安心です。 デメリットは、通気性が悪いこと、半透明で中の様子が確認しずらいこと。 さらに、内側の凹凸部分や、手作りした穴などをかじる可能性があることです。 しかし、自分で1から作るので、問題部分もカスタムによっては解決できます。 例えば、通気性のために天井だけ金網にする、中の様子を見やすいようにアクリル板の覗き窓を作るなど、DIYが好きな方におすすめです。 アイリスオーヤマ 衣装ケース アイリスオーヤマ 衣装ケースの商品情報 参考価格:2,465円(税込) メーカー名:アイリスオーヤマ サイズ(幅X奥行X高さ):57. 5cm ハムスター別の最適なケージの大きさとは 前項まで、ハムスターのケージはできるだけ大きなものが理想的だとお伝えしました。 それでは、少なくともどれぐらいのサイズのものを用意しておげば良いのでしょうか。 それは、ハムスターの大きさによって異なります。 体が大きいだけでなく、力も強いので高さもある程度必要です。 これらの種類のハムスターは、縄張り意識が特に強い種類なので、1ケージ1匹が原則。 ケンカなどのトラブルを避けるために、別々のケージで飼育してください。 ゴールデンハムスターなどに比べて体が小さく、スペースも高さも比較的小さくても問題ありません。 つがいや兄弟など、複数のハムスターを1つのケージで飼育することもできます。 その場合は目安サイズよりよりも1. 5倍程度広いスペースを確保しましょう。 つがいで飼う場合、繁殖力が強いことに注意してください。 衣装ケースでDIY!手作りのハムスターケージ 衣装ケースでハムスターのケージを作るなら、回し車や給水器を設置する必要があります。 また、観察窓や天井に金網を取り付けるなど、飼い主次第でハムスターにとっても飼い主にとってもより良い環境を作ることができます。 工具と100円ショップに売られている道具を用意しておきましょう。 回し車の設置 ケースに穴を開け、回し車を設置できるようにしておきます。 夏と冬で床材の量を変える必要があるため、位置を上下に動かせるように2つ穴を開けておくのがベストです。 給水器の設置 回し車と同じく、穴を開けて給水器が通るようにします。 床材の厚みを考えて高さを調整しましょう。 観察窓を作る 衣装ケースは半透明のため、ハムスターの様子が見にくいもの。 観察窓を作っておくと安心です。 まず、100円ショップなどでアクリル板を用意します。 このアクリル板の上下左右の大きさより2cmほど小さく衣装ケース正面をカッターで切り取ります。 次に、ケースとアクリル板の同じ位置に、電動ドリルで穴を空けましょう。 そして、ネジの頭が内側になるようにアクリル板と衣装ケースをネジで止めて完成です。 簡単に観察窓を取り付けることができます。 通気孔を空ける ケースは熱がこもりやすくなるため、直径5mmほどの穴を空けていきましょう。 かじられないように、ハムスターが届かない位置にたくさん作ります。 出入り口 常に上からお世話をすると、ハムスターが怖がってしまうため、飼い主がお世話をする窓、ハムスターの出入り口を設置すると良いでしょう。 このとき、観察窓を作るときに切り取った衣装ケースのプラスチックを扉として使うことができます。 まず、ハムスターが出やすい位置を適当に切り取り、観察窓を作るときに切り出したプラスチックのサイズを合わせます。 プラスチックを切り出した入り口に当て、ネジで固定して完成です。 ネジを締めすぎると扉の開け閉めがしにくいため、間に紙を挟んで調整しましょう。 ただし、緩すぎるとハムスターが自分で開けて脱走してしまうので注意してください。 夏用に天井の通気性を良くする 衣装ケースで飼育すると、熱がこもり、夏の暑さでハムスターが体調を崩してしまいます。 また、匂いがこもりやすくなるので飼い主にとっても、ただ板を乗せるよりは、天井に工夫する方が良いでしょう。 天井をカスタムするなら、特に夏場は通気性の良い金網がおすすめ。 衣装ケースと網を結束バンドなどで止めるだけで完成です。 ハムスターの飼育において、ケージ選びは非常に重要です。 ケージの環境によって、ハムスターの暮らしが大きく変わりますから、より良いものを選んであげたいですね。 適切な大きさかどうか、ハムスターにとって安全かどうかを考慮した上ご検討ください。 あなたのハムスターケージ選びに本記事が役立てば幸いです。

次の

専門獣医師が解説するハムスターのケージの選び方|ネットで買えるお薦め商品ベスト8!

ハムスター ケージ 大き さ

またケージが大きいため、床材は大量に使うことになるんです! 1回の床材の交換で 大体2~3センチを敷き詰めますが、それだけで 約600~700グラムが必要となります。 また、キンクマハムスターは生後3~4ヶ月で大人のサイズとなり、 オスがやや小さいものの概ね20センチに成長します 20センチのハムスターになぜ高さが30センチも必要なのかというと、ハムちゃんは思いのほか頭が良く、大きくなった時に回し車などの上に乗って天井まで昇ってしまうことがあるからです。 天板が開くタイプのものだと、いつの間にか脱走している場合もあるそうですよ。 このサイズになると市販のハムスター用ケージはジャンガリアンハムスターなどドワーフハムスター(小型のハムスターの分類です)を基準に考えられているので、対応しているケージにあまり選択肢がなく探すのに意外に苦労します。 一般的にケージの大きさは、体長の2~3倍と言われています。 なぜかというと、ハムちゃんだけをケージに入れるのならもっと小さいものでも構いませんが、巣箱、回し車、エサ箱、砂浴び場、囓り木などなど、飼育に必要なものを入れていくとアッという間にケージの中が一杯になって、ハムちゃんが動けるスペースがなくなってしまうのです。 ハムちゃんはちょっとしたことでもストレスを感じてしまうため、一番安心できるケージの中は余裕を持ったスペースが大切なんですね。 ハムスターのケージにはどんな種類があるの? 他の記事でも詳しく紹介していますが、大きく分けて5つあります。 金網タイプ• プラスチックタイプ• 水槽ガラスタイプ• 水槽アクリルタイプ• それから、ガラス性と比較してもプラスチック製のように加工が容易なため、ケースの横にもともと扉が付いているケージもあり、お世話の際にハムスターの頭上から手を入れることがないため、怯えさせにくいです。 DIYタイプ ハムスターが大好きで工作好きな方や、今までのケージでは納得のいかないこだわりのある方は、衣装ケースなどを使って、自分だけのこだわりのケージを作成されることも多いようです。 プラスチックタイプなどは最初からキットで揃っていることが多いですが、水槽タイプになると備品が付いてくることは無くはないのですが、正直希です! また、最初に付属していたキットが小さくなってしまったなどと言うこともあるかと思います。 水槽タイプの場合、是非とも揃えて頂きたいものを紹介させて頂きます。 キンクマにオススメの回し車 体長が一番大きい部類に入る、キンクマハムスター用の回し車は最低でも17センチ~21センチのものが良いと思います。 また、水槽タイプではキットで付いてこない場合が多いです。 ハムスターは夜行性なので、夜中に回し車がガラガラと音を立ていたら眠れませんよね(汗) そんな声に対応した『サイレントホイール』という回し車があるようなので、参考までにご覧下さい。 かといって、大は小を兼ねると言って子供のハムスターに大きな巣箱を与えると、巣箱が大きく落ち着きません。 また、大きすぎると巣箱の中でトイレと寝床を分けてしまい、掃除が大変になると言うこともあります(汗) トイレと一緒になってしまっても掃除を頑張るから良いよ!!という方は、最初から大きめの下記の商品をオススメします。 ただ、どのケージも「風通しは良いけど寒い」とか「湿気が溜まりやすい」など通気性に関して問題があるんですね(汗)これらの問題を解決するにはどうしたら良いでしょうか? ハムスターは キンクマのように大きいものほど、寒さに弱い傾向があります。 ハムスターが暮らす上で 適当な温度は20~26度、湿度は40~60%です。 なんにしても、先ずはハムスターのケージ内の温度と湿度を測ってあげないと、対策の立てようがありませんので温除除湿度計を設置しましょう。 風通しの良い場所にケージを置く(但し、直射日光の当たる場所は避けて下さい)。 除湿剤をケージの天板の上などに置く(ハムちゃんが口にしたりしないように注意して配置して下さい)。 扇風機を弱めにかける。 冬場の湿度や温度管理について 私の住んでいる北海道は、冬になるととんでもなく寒いです。 激さむです。 毎年のことですが、氷点下20度近い日もたくさん出てくると思うと憂鬱ですね・・・(笑) 冬は全国的に湿度が低めになるので、湿度の心配はあまり要らないかもしれませんが、 人間用の加湿器には要注意です。 ポイント風通しの良い場所でも加湿器が近くにあるとケージ内はとんでもなく蒸れてしまうので、部屋全体の湿度をあげるついでにハムスターのケージ内も・・・というのがベスト! また、ケージ内の温度調整には、ハムスター用のヒーターをケージの下に敷いてあげるのが良いと思います。 飼育になれている方はケージの中全体を暖めてくれる保温球を使われる方もいらっしゃいます。 ・・・が!!!温度の自動調整機能が付いていないものが殆どなので、 室温が高くなりすぎたり、万が一ハムスターが触れてしまった場合、 大やけどをすることになるので、 温度調整機能付きのシートタイプのようなものが良いと思います。 ただ、キンクマにオススメしているアクリルタイプのケージやプラスチック製品を使っている場合、ケージの下に直接ヒーターを置いてしまうと、ケージが歪んだり最悪ケースが溶けてしまう可能性もあるので、毛布1枚を挟むのが良さそうです。 使用感としては確かに冷たいですがそこまで驚くほど冷たいというわけではありませんが、表面についた汚れなども洗い流せるのが良い所です。 また、いくら涼しいからといって、エアコンの風がハムスターを直撃しないようにしてあげて下さい。 特にヒゲに風が当たるのは苦手なようで風のない場所へ移動してしまいます。 ちなみに保冷剤はケージの下に置いたらダメですよ。 かならずケージの上に置いてあげて下さい。 ハムスターがお腹を下にして丸まって寝るのは、お腹を冷やすと自律神経が乱れ、体調を崩すからなんです。 湿度の調整に関しては、エアコンだけでもかなり効果がありますが、念のためケージ側に除湿剤を置くのも有効的です。 まとめ• キンクマ用のケージの大きさは幅60センチ、奥行き45センチ、高さ30センチくらいが良い。 キンクマにオススメのケージは水槽アクリルタイプ!• 60センチタイプのケージだと、床材1回の交換で600~700グラムが必要。 水槽タイプのケージを使う場合には、付属品を買い足さないといけない。 また、用途に合ったものを探すのが難しい。 ケージが大きいので、夏も冬もキチンと温度と湿度の管理をする必要がある。

次の