橋本 病 ブログ。 橋本病 人気ブログランキング

TOBYO : 橋本病の闘病記・ブログ 41件

橋本 病 ブログ

「病気ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• 私が長い間こころのなかで思いつづけ、わたくしの仲のいい友達が集まって始めることができました, この運動は、わたくし自身が、乳がんの患者さんを知る医師であるとともに、たったひとりの姉を乳がんで亡くした患者の家族であったからです。 乳がんになられた患者さんにふだんの生活のなかで接する方は、あまりおられないかもしれません。 ですから、乳がんを取り巻く状況がどんなものであるかは、あまりピンとこないかもしれません。 しかし今、乳がんが増え続けていて、女性の癌の中で一番多い現実からすれば、案外他人事ではないかもしれません。 癌の告知を受けたその日から、乳がんの患者さんは、想像を越える絶望感や悲壮感にさいなまれ常に悩み、常に死に対する恐怖心と闘わなくてはなりません。 患者さんの家族にとっても、辛く重くるしい日々が続きます。 しかし、医療の現場では、体は治しても心のケアーができる体制は、残念ながら未熟と言わざるを得ません。 患者さんは、いまでもひとりぼっちなのです。 私の姉は、46才の時に乳がんを発病し、49 才の時にこの世を去りました。 短い人生でした。 姉は、聡明でやさしく、頼りがいのある人でしたが、後には夫と二人の息子が残されてしまい ました。 他の乳がん患者さんの家族の方と同様に、姉を亡くした後は、私を含めて家族のみんなのこころには、悲しさと空白感と寂しさが残りました。 家族もまた深く傷ついたのです・・・私は思いました。 みなさまのご理解とエールをください。 For the future generation! よろしくご支援のほど、お願い申し上げます。 NPO法人J. POSH 日本乳がんピンクリボン運動 理事長 乳腺専門医 田中完児•

次の

橋本病とはどんな病気?

橋本 病 ブログ

薬匠堂 漢方カウンセラー 小原 ページを読み進める前に、まずこちらをご一読下さい。 既に橋本病を発症されている方、橋本病かなと思ってらっしゃる方、どちらも不安な毎日を過ごされていると思います。 何らかの原因で、甲状腺を異物と認識する 自己抗体を作り出し甲状腺を破壊することで 徐々に甲状腺機能低下症に陥ってしまい様々な症状を引き起こしてしまいます。 病院での治療は、甲状腺ホルモンが不足している場合、甲状腺ホルモン薬を内服し、足りないホルモンを補充していきます。 しかし、 甲状腺ホルモンを補充したとしても、根本的な治療をしているわけではありませんので、薬も一生飲み続けなくてはなりません。 橋本病を完治させるためには、ホルモンを補充するだけでなく、根本的な『自己免疫システム』を正常化することが一番大事なことなのです。 漢方対策では、現在出ている症状を改善する為の対策と、症状が出ないように自己免疫システムを正常化するための対策を同時に行います。 今出ている症状を改善し、免疫システムを整える事で自己抗体が自分自身を攻撃しないようになれば、自ずと橋本病も完治に向かっていくのです。 橋本病だからといって、使う漢方が決まっているわけではありません。 患者様お一人お一人に本当に必要な漢方を使う事で、効果発現も早くなり、完治までのスピードも飛躍的に向上するのです。 薬匠堂では電話やメールで、以下のような内容を必ず伺うようにしています。 そういった要因に、過度なストレスなどが重なる事で発症している方が非常に多いと感じます。 橋本病を対策するには、まずどういった経緯で発症したか等しっかりと把握することが、完治に向けてのスタートとなります。 薬を1日何錠服用しているのか、何年続けているのか、薬が変わっているのかなどを伺う事で、今までの状況を細かく把握していきます。 現在出ている症状を細かくチェックすることで対策するべきポイントや優先順位が明確になります。 皮膚の乾燥、脱毛、顔のむくみ、甲状腺腫大、のどの違和感• 脱力感、肩こり、筋肉疲労• 息切れ、浮腫み• 寒がり、疲れやすい• 食欲低下、食欲低下なのに体重増加• 汗が出ない• 気力の低下、過度な眠気、ボーっとしている• 便秘が続く• 体質的な問題があることで、症状が強くなったり、症状が長引いたり、再発しやすくもなりますので、以下の項目に関して細かくチェックしていきます。 体質的な問題が分かることで、改善のスピードも断然速くなります。 精神状態• 舌の色• 排尿・排便状況• 生理状況• 食事などの飲食物• 生活環境• FT4・FT3(甲状腺ホルモン)、TSH(甲状腺刺激ホルモン)、TgAb(抗サイログロブリン抗体)などを中心に細かくチェックします。 定期的に検査している場合は、直近数回のデータがあることが望ましいです。 免疫システムが異常となった結果、自己抗体を作り、甲状腺を攻撃するようになりますが、このメカニズムを根本的に整えていきます。 橋本病で甲状腺機能が低下した場合、FT4、FT3が低く、TSHが高い状態にありますが、このどちらも正常値に安定すれば、免疫システムも整ってきたと言えるでしょう。 自己抗体(TgAb)の数値が正常範囲戻ったかも、改善に向かう上で重要な指標です。 患者様によって症状は様々ですが、症状が長引くことで、患者様の心や体の大きな負担となってしまいます。 そうならないためにも、症状や体質に合った漢方を使う事で、速やかに症状を緩和していきます。 患者様の体質に応じて「補気(気を補う)」漢方を使用します。 精神的なストレスも強く自律神経の乱れがある場合、気力の低下や過度な眠気などが症状として現れます。 自律神経が乱れると様々な症状を起こすだけでなく、免疫システムも乱れやすくなりますので、漢方でしっかりと体質改善する必要があります。 皮膚の乾燥などが体質としてある場合は、そういった部分まで考慮して対策する必要があります。 ホルモンバランスをコントロールするのは『腎』の働きとなりますので、腎の力を補う「補腎薬」が必要となります。 現在出ている症状の改善は15~30日ぐらいで効果を実感される方が多いです。 体質的な部分も早く変化が見えやすい部分、少し時間がかかる部分とありますので、それはその都度お伝えしながら対策を続けます。 FT4やFT3、TSH、TgAbの変化は、2~3か月ぐらいで変化が出てくるケースが多いと感じています。 症状や体質が改善し、血液データも安定すれば、ゴールも近付いていると言えます。 血液データが安定し、半年~1年間服用を続ければ、その後減量しながら服用しなくても大丈夫な状態まで持って行くことが可能です。 せっかくあなたの体に合った漢方を使っても、生活環境が乱れていては漢方の効果も鈍くなってしまいます。 ご相談を頂く際に、現在の生活環境などもチェックしますが、『変えるべきところ』『このまま頑張っていただきたい事』などはその都度アドバイスさせて頂いております。 夜更かししていませんか?• 暴飲暴食していませんか?• ストレスが溜まっていませんか?• 頑張りすぎていませんか?• まだ橋本病と診断はされていないかも、以下のような症状がある場合は、一度病院で検査してみてください。 疲れやすい• 体がだるい• 気力の低下• 過度な眠気• 食欲低下• どのようなご質問にもお答えいたします!!〈相談無料です〉 「まずはメールで相談」という方は、こちらから問診にご回答の上ご送信下さい。 【電話でのご相談が優先となりますのでご了承くださいませ。 】 お気軽にお電話でご相談下さい。 《受付時間 10:00 ~ 18:00》 フリーダイヤル• 定休日(土、日、祝日)や受付時間外にお電話いただいた際には、留守番電話に切り替わります。 お名前とご用件を残していただけますと、翌営業日にこちらからお電話いたします。 非通知のお電話には出れない場合がございます。 予めご了承下さい。 とにかく相談したいという方はお電話での相談をオススメします。 直接詳しくお話をお伺いすることができますので、今後の対策法に関して早くお伝えすることができます。

次の

甲状腺の病気│橋本病の原因と症状を漢方で治療する

橋本 病 ブログ

こんにちは!るみともです。 私が 橋本病と診断されて7年が経ちました。 41歳の時です。 (おっと、年がばれる) 橋本病とわかった時は「あぁ、橋本病だったんだ。 」と病名がわかってホッとしたのを覚えています。 23歳頃から 抜け毛、円形脱毛症、無気力、日中眠い、吹き出物など様々な症状が出始めました。 皮膚科、内科に通院するも原因はわからず、自律神経の乱れからくる症状だと診断されました。 私がこのブログを始めた大きな理由が橋本病にあります。 抜け毛や無気力などの症状に悩み、きつかった長年の日々が、橋本病という病気がわかってから少し楽になりました。 病気が発病した20代前半の頃はインターネットはまだ普及していませんでした。 病気のことを調べるのも難しかった時代です。 今はインターネットが普及して、いつでも、誰でもスマホですぐ調べることができます。 人に知られたくない症状もネットで検索することができるので、情報を知ることが簡単になりました。 私と同じような症状で悩んでいる人が、このブログを読んで、 「もしかして、橋本病では?」と気づいてくれるならいいなと思い書くことにしました。 早く治療を始めれば症状もわたしのようにひどくならないと思うからです。 私は今現在、経過観察中です。 薬も飲んでいません。 年1回病院で検査をするだけです。 しかし、橋本病の症状はまだ続いています。 寒がり• 疲れやすい• 動作が鈍い• 体重の増加• 声が枯れる、低音になる• 低体温• むくみ• 甲状腺肥大• 物忘れ• 無気力• 日中眠い• ボーっとしている• 息切れ• 心肥大• 食欲低下• 皮膚の乾燥• 汗が出ない• 脱力感• 筋力低下• 肩こり• 月経不順・月経過多• コレステロール上昇• 肝障害• 貧血 上記に書いただけでも色々な症状があります。 どんだけあるんだってかんじですね。 それも人によって橋本病の症状の出方が違うので、全部当てはまるわけではありません。 橋本病の症状は他の病気と間違えられやすく、 更年期障害、自律神経失調症などと思われることもあります。 私の場合も最初の病院では自律神経失調症ぎみとあいまいな診断でした。 橋本病は血液検査でわかります。 通常の健康診断の血液検査では橋本病かどうかはわかりません。 甲状腺の血液検査で調べればわかるので、 甲状腺の病気を疑わない限り私のように長年知らない場合もあると思います。 私は23歳頃に症状が出始め、 橋本病と診断されるのに18年かかりました。 抜け毛の原因がやっとわかった!橋本病と診断された日 ある日のこと。 パート先の同僚から、「るみともさん、 首が腫れてるね」と言われました。 首が腫れてる? 意味がわからず、「どういう意味?」とたずねると、「 甲状腺が腫れてる」と言われたのです。 鏡で見ても自分では首が腫れているかどうかわかりません。 そもそも、甲状腺のことも全然知らなかったので頭の中は?マークでいっぱいでした。 同僚に、何で甲状腺が腫れているのがわかるのかたずねてみました。 すると、母親が昔甲状腺の病気になって、首の腫れ方が似ているとのこと。 当時、九州で有名な伊藤病院に一緒に付いて行っていたので少しは甲状腺の病気のこともわかると言われました。 そう言われても内心半信半疑で聞いていました。 だって甲状腺という単語にピンとこなかったのです。 首の腫れを指摘されてから1ヶ月。 会社の健康診断で、お医者さんから「首が腫れてますね。 言われたことない?」と聞かれ、びっくりしました。 同僚から指摘された事を話すと先生もおどろかれ、「一度専門の病院で診てもらってください」と言われました。 そして再検査の通知が来ました。 病院に行くのをためらっていたところ、先日、首の腫れを指摘してくれた同僚から、近くの耳鼻咽喉科でも検査できるからまずはそっちに行ってみたらとアドバイスをもらい、いざ 耳鼻咽喉科へ。 いきなり専門の病院は敷居が高かったのです。 甲状腺専門の病院ではないので血液検査から1週間ほど結果を待ちました。 結果は、橋本病。 陽性でした。 橋本病って何だろう?首が腫れるのが橋本病なのか? またまた頭の中がぐるぐるします。 橋本病という病名を初めて聞いて不安な気持ちが広がります。 しかし、病院の先生の話の中に、思い当たる節があったのです。 無気力、眠気、抜け毛・・・ ずっと悩んでいた症状は橋本病だった! やっと答えにたどり着いた感覚でした。 橋本病と診断された時、 抜け毛、日中眠い、甲状腺肥大、コレステロール上昇といった症状がありました。 1番ひどかった20代の頃に比べたら、40代になった今は過ごしやすい日々を送っています。 しかし、今もずっと症状は残っている状態です。 診断されてから薬の服用が始まりました。 橋本病の薬、 チラーヂン50を1日おきに飲みます。 甲状腺専門の病院ではないのでチラーヂン25がなく、チラーヂン50を1日おきに朝1回飲みます。 小さな白い錠剤です。 これを一生飲むのか・・・ 何となくプレッシャー。 毎日飲めるのかな・・ 橋本病とわかった時はやっと病名がついたことでホッとしたのもつかの間、また不安になりました。 根が気が小さくて心配性なので初めてのことに遭遇するとドキドキします。 ネットで橋本病のことを調べると、甲状腺の病気の中ではメジャーな病気ということがわかり、なぜだか安心。 ただ私が知らなかっただけでした。 甲状腺専門の病院ではなかったので血液検査はその日のうちに結果が出ません。 検査から1週間後。 2011年8月3日。 血液検査の結果が郵送されて来ました。 ドキドキしながら開封したのを覚えています。 結果は、 T4の基準値0. 54~4. 54に対して検査結果 0. 91 、 TSHの基準値0. 97~4. 54に対して検査結果 4. 55 甲状腺機能低下症が疑われます。 更に詳しい精査が必要ですので近いうちに来院お願いします。 T4やらTSHやらこの数値が何を意味するのかはわかりませんでしたが、 甲状腺の病気なんだということはわかりました。 再検査で橋本病と診断されチラーヂンを服用し始め、病名がわかってからはあっという間に治療が始まった気がします。 長年、精神的なストレスからくる抜け毛、無気力感。 昼間の眠気に関しては寝不足なのかと思いこんできた日々でした。 この小さい錠剤ですぐ症状が良くなることは正直、期待はしてなかったです。 チラーヂンを3ヶ月分もらい、薬がなくなったらまた病院です。 服用から3ヶ月後。 なんだか 抜け毛が気持ち少なくなったような・・・ 気のせいかな・・ 薬を飲み始めて3カ月目、抜け毛が減ったように感じました。 それまで毎回のシャンプーでごっそり抜けて排水溝に髪がたまっていたのが、少なくなってきたのです。 シャンプーのとき以外でも髪をドライヤーで乾かすときにも、これでもか!というくらい髪の毛が抜けていました。 ブラッシング後は必ず、床に散らばった抜け毛をかき集めるのが日課です。 その抜け毛の量が少しづつ少なくなってきたのです。 最初は気のせいかな・・ と思うくらいでしたが、チラージンを飲み始めてから半年後には抜け毛が少なくなりました。 やはり抜け毛の原因は橋本病だったのか。 そんなこんなで私の橋本病体験記が始まりました。 るみとも まっきーさん、はじめまして。 コメントありがとうございます。 まっきーさんも同じ橋本病なんですね。 体調に波があると毎日つらいですね。 私は今は薬は飲んでいません。 数値が正常値になったので薬は飲まなくていいと病院から言われました。 診察は年1回検査しています。 しかし、抜け毛はまだあります。 橋本病と診断されてチラージンを飲んでいる時は抜け毛は減っていました。 薬をやめてからは、全盛期ほどではないけど抜け毛はあります。 抜け毛だけではなく、日中眠い、などの症状はまだ続いています。 まっきーさんも抜け毛が増えているとのことで、髪は見た目の変化がある部分なのでよけいに悩みますよね。 数値は正常値だからといって橋本病が治ったわけではないのでは・・と思うところです。 まっきー 返信ありがとうございます。 私はあまりにも抜け毛 1日200から300は抜けてる気がします が多いのが止まらず急遽甲状腺の検査をしました。 一応正常範囲内なので、増やすことはしなくていいのではと言われました。 だけど、今年は暑いのに汗をほとんどかかなくって、もしかしたら、もう少し甲状腺ホルモンが増えたら抜け毛も落ちつくかもだから、正常範囲内でも、ギリギリ上の値までにしてほしいと頼みましたが、ダメでした。 私は正常範囲内でも下の方です。 どこかの甲状腺のお医者さんが、ネットで甲状腺が正常範囲内でも、抜け毛があると載せてました。 そういうのもあるのかもですが、原因がわかりません。 抜け毛が毎日どれだけあると、はげてしまうんだろうと毎日不安です。 このまま行くとあと、一ヶ月後にはウィッグになるのかしら。 抜け毛は精神的にもかなりやられます。 るみとも まっきーさん、こんにちは。 私も二人目を出産後、髪が落ち武者のようになり、カツラを作った経験があります。 その時は橋本病と知りませんでした。 まっきーさんの気持ち本当にわかります。 毎日毎日抜けていくのでシャンプーが苦痛でした。 私は周りの目が気になり抜け毛が多かった時期は外出したくなかったです。 外出するときは常に帽子かバンダナを頭に巻いてました。 私が通院している病院も数値が正常値なら薬は出してもらえないです。 数値だけで判断してもらいたくないのですが・・ まっきーさん、私も長年、髪のことで悩んでいます。 むやみに誰かに相談することもできない悩みなので余計にストレスですよね。 早く数値が正常値まで安定して抜け毛も減ってくれたらいいですね。

次の