させ て いただく 敬語。 「していただく」の意味と使い方、敬語、「してくださる/させていただく」の違い

「使わさせて」頂きますって変ではないですか?

させ て いただく 敬語

>敬語、謙譲語などでも違うと思いますが… 敬語というのは日本語の用法の一つです。 敬語は、普通、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けられます。 人によっては、丁寧語に加えて美化語・荘重語という分類を使うこともあります。 「いただく」は、「もらう」や「飲む」「食う」の謙譲語ですね。 ただし、「朝はいつもパンをいただいております」のように丁寧語として使う場合もあります。 「いただく」には、「お ご ~いただく」「~ていただく」「~せていただく」の3つの形があります。 さらに「~せていただく」には「知らせていただく」のように相手の動作につける場合と、「確認させていただく」のように自分の動作につける場合があります。 今回のメインは、自分の動作につける「~せていただく」の形ですね。 「~せて」の部分は、動詞のうしろにくっつく助動詞「せる・させる」です。 (「せさせる」という語もありますが、あまり使われませんので省略します) もうわかりますよね。 そうです、「せる」がつくものは「~せていただく」、「させる」がつくものが「~させていただく」なのです。 ということは「せる」と「させる」がどう使い分けられるかを知っていればいいわけです。 「せる」は五段とサ変の動詞につきます。 それ以外は「させる」になります。 「使う」は「使わない」「使います」となりますからワ行五段活用です。 つまり、「使わせていただきます」が正解!です。 面倒でしたらサ変も「させる」と覚えたほうがいいかもしれません。 以下、参考までにすべて正解を列挙してみます。 座らせていただきます (五段) 休ませていただきます (五段) 休業させていただきます(サ変) 対決させていただきます(サ変) 相談させていただきます(サ変) 着させていただきます (上一段) 捨てさせていただきます(下一段) 来させていただきます (カ変) 禁じさせていただきます(ザ変) 簡単でしょ? 五段活用のものだけ「さ」をつけないように注意すればいいのですね。 わたしも,みなさんと同じに,前者の方が正しく,後者は間違い,と主張する仲間です。 しかし, なぜいまそのように(使わさせていただきます と)言うひとたちが増えたか?を考えると, 五段動詞だけに「~せる」を使い他の動詞に「~させる」を使うのは使い分け法則がそれだけ複雑になります。 こりゃめんどい。 で,単純化一般化の法則にしたがって,使い分けなどクソクラエ。 どの動詞のときもお客様相手には丁寧な言葉(敬語)が必要,なんでもみんな丁寧にいうときは一律「~させていただく」を使い出したのです。 お電話させていただく,拝見させていただく,見させていただく,読まさせていただく,聞かさせていただく,書かさせていただく,歌わさせていただく,えとせとらえとせとら (「見せる」と「見させる」の違いはなに? わたしゃー「見せていただく」OR「拝見する」派ですが) 数年後はまだ,「サ入れことば」などと悪口を言われて,肩身の狭い思いをこの言葉たちはするでしょうが,15年後ともなれば,れっきとした辞書にも載ってしまうかもしれません。 そうなればそのときこそやつらの天下というものです。 (悲苦笑) 日本語で動詞を使役形にするときには、「せる」か「させる」をつけます。 日本語の動詞では五段活用、上一段活用、下一段活用、サ行変格活用、カ行変格活用がありますが、このうち下一段の「食べる」は「食べさせる」、上一段の「見る」は「見させる」、カ変「来る」は「来させる」、サ変「する」は「させる」と、「させる」になります。 しかし、五段動詞を使役形にするときは、「せる」なのです。 つまり、ご質問の「使う」は「使わせる」です。 この使役形を、謙った表現として言うので、「食べる」の場合は「食べさせていただきます。 」、「見る」は「見させていただきます。 」なのですが五段活用動詞の「使う」は、「使わせていただきます」としなくてはいけないわけです。 つまり、「使わさせていただく」は明らかに間違いです。 A ベストアンサー No. 5で回答した者です。 下記のように修正します。 申し訳ない。 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。 『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。 「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。 おそらく、本動詞の「~を頂く」と補助動詞の「~ていただく」で使い分けるのでしょう。 bunka. pdf ================引用開始 ・・・かもしれない 間違いかもしれない。 ・・・てあげる 図書を貸してあげる。 ・・・ていく 負担が増えていく。 ・・・ていただく 報告していただく。 ・・・ておく 通知しておく。 ・・・てください 問題点を話してください。 ・・・てくる 寒くなってくる。 ・・・てしまう 書いてしまう。 ・・・てみる 見てみる。 ・・・てよい 連絡してよい。 ・・・にすぎない 調査だけにすぎない。 ・・・について これについて考慮する。 ================引用終了 No. 5で回答した者です。 下記のように修正します。 申し訳ない。 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。 『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。 「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。 おそらく、本動詞の「... A ベストアンサー 「くださる」と「いただく」には、 A:「くださる」のは読み手や聞き手側の行為に用いる B:「いただく」のは書き手や話し手側の行為に用いる という違いがあります。 したがって、お尋ねのケースでは、送る行為をしたのは相手(読み手または聞き手)ですから、ここでは「お送りくださいまして」がふさわしいです。 これだけだとお分かりになりにくいかもしれませんので、一度、敬語を使わない文章にしてみましょう。 A:「(相手が手紙を)送ってくれて、ありがとう」 B:「(相手が手紙を)送ってもらい、ありがとう」 さて、どちらが正しい日本語だと感じますか? では、次の文章を見てください。 A:「あの人が道を教えてくれた」 B:「あの人に道を教えてもらった」 それぞれ敬語にします。 A:「あの人が道を教えてくださった」 B:「あの人に道を教えていただいた」 もう一つ。 A:「あの人が指示をくれたから、順調に作業が進んだ」 B:「あの人に指示をもらってから、作業を始めろ」 それぞれ敬語にします。 A:「あの方がご指示をくださったから、順調に作業が進んだ」 B:「あの方にご指示をいただいてから、作業を始めろ」 さて、「くれる」も「もらう」も、どちらも物理的なモノの移動という視点から見れば同じですが、主体が違います。 例えば、XからYにモノが移動するとします。 これはそれぞれ次のように表現できます。 なんだか数学の公式みたいになってきましたが(笑)、次にこれを手紙に置き換えてみましょう。 A:相手がsanbanmeさんに手紙をくれる B:sanbanmeさんが相手から手紙をもらう では「ありがとう」は、どちらの行為に対して述べているでしょう? もちろん、「相手がsanbanmeさんに手紙をくれた」ということに対して述べています。 「sanbanmeさんが相手から手紙をもらう」ことに対してお礼を述べるのは変な感じがしませんか? ここまでくれば、もうおわかりでしょう。 「わかる」という行為の主体は読み手になりますが、「わかってもらう」という行為の主体は、私(書き手)です。 したがってここでは、「おわかりいただく」になります。 「くださる」と「いただく」の使い分けは、あくまで「その動作の主体が誰にあるか」がポイントになります。 「くださる」と「いただく」には、 A:「くださる」のは読み手や聞き手側の行為に用いる B:「いただく」のは書き手や話し手側の行為に用いる という違いがあります。 したがって、お尋ねのケースでは、送る行為をしたのは相手(読み手または聞き手)ですから、ここでは「お送りくださいまして」がふさわしいです。 これだけだとお分かりになりにくいかもしれませんので、一度、敬語を使わない文章にしてみましょう。 A:「(相手が手紙を)送ってくれて、ありがとう」 B:「(相手が手紙を)送っても...

次の

「見せていただく」「見させて頂く」「拝見させていただく」「おっしゃっていただく」は正しい日本語なのか?

させ て いただく 敬語

「していただく」という表現は、特定の敬意を払うべき方に何らかの行動をとってもらうこと(つまり、その方が何らかの行動を「してくれる」ようにすること)を意味します。 その「特定の敬意を払うべき方」とは、会社の上司や役員(社長を含む)の場合もあれば、取引先の企業の関係者、さらにお客様の場合もあります。 発言する人が「していただく」を使う場合は、その対象となる人がその場にいてもいなくても、その方に対して敬意を示していることとなります。 例えば、会社に取引先の方に来ていただくのであれば「お越しいただく」という表現になり、目上の方に何か食べてもらうのであれば「召し上がっていただく」という表現が使われます。 「了承していただく」とはとどのつまり、どういうこと? 「していただく」がよく使われる例として、「了承していただく」という表現があります。 実際のビジネスの現場では、多くの場合、「了承していただきますよう」や「了承していただけますか」といった表現で使われます。 「了承」とは、辞典に書かれているうえでは「事情を汲んで納得すること、承知すること」を意味します。 つまり、何らかのよくない事情があった場合やそれが予想される場合、受け手側に対して「不快に思われることもありますけれど、どうかご理解ください」というニュアンスで使われる場合が多いです。 このため、「了承していただく」がよく使われる状況としては、何らかのトラブルがあった場合に対応する際などが挙げられます。 「していただく」を漢字で書くと、「して頂く」という表記になることを見てきました。 実は、「いただく」の部分はひらがなで書く場合と漢字で書く場合とでは使い方が若干異なってきます。 まず、ひらがなで書く場合は、補助動詞として動詞の後につけて使います。 「召しあがっていただく」や「閲覧していただく」というような使い方を例に挙げることができます。 「していただく」をメールや文書の中で書く人の中には、「召し上がって頂く」や「閲覧して頂く」という表記を使う人が少なくありませんが、本来は「頂く」ではなく「いただく」と書くのが正式な使い方です。 一方の、「頂く」の方は「もらう」の謙譲語として使われるため、名詞にそのままつけて使います。 「お食事を頂く」や「おみやげを頂く」というような使い方がそのよい例です。 それでは、ここまで見てきた「していただく」と「してくださる」はどのように違うのかについても見ていきましょう。 特に「していただく」が謙譲語で、「してくださる」が尊敬語であるという違い以外の点を見ていきます。 両者の主な違いとしては、使われる状況にあるといえます。 まず、「していただく」の場合は、敬意を表すべき相手に何かをやってもらう際にお願いをするときに使われることが多いです。 よくお願いの際に、「していただきたいのですが」や「していただけけますか」といった表現が使われます。 相手に何かを依頼する場合、はっきりと「してください」というよりも、ある程度オブラートに包んでお願いする言い回しが日本語ではよく使われるため、間接的な「していただく」を使う頻度が増すといえます。 「してくださる」は主に相手が何らかの行動を主体的にした場合の感謝や敬意を示す際に使われます。 「してくださり感謝しますや「してくださって助かります」といった言い回しで使われることが多いです。 動作の主体が自分か、相手か 「していただく」も「してくださる」もこのように状況によって使い分けするという点で違いがありますが、もしその使い分けをするべき状況でどちらを使えばよいかに困ったら、どのようにすればよいのでしょうか? そのような場合は、どちらを使ってもかまいません。 というのは、「していただく」も「してくださる」も基本的にはそれほど違いはなく、先ほど見てきたのもあくまでも「こういう状況で使われる傾向にある」というだけのことであるため、厳密にこの状況ではどちらかを使わなければいけない、というわけではないからです。 このため、「していただく」のかわりに「してくださる」を使っても、またその逆でも十分に相手に意味は通じるので心配をする必要はありません。

次の

「見せていただく」「見させて頂く」「拝見させていただく」「おっしゃっていただく」は正しい日本語なのか?

させ て いただく 敬語

う~ん。 何にでも「させていただく」付ければいいってもんじゃないぞ! 「させていただく」はビジネスシーンだけでなくテレビや日常会話でもよく耳にするフレーズですが、誤用の多い敬語の一つでもあります。 ただし 「させていただく」という言葉自体は日本語として間違いではありません。 あくまで多用しすぎると幼稚な印象になったり、場合によっては失礼にあたるため注意して使う必要があります。 そこで今回はビジネスシーンでスマートに「させていただく」を使いこなせるよう、正しい意味と使用上の注意点を詳しく解説していきます。 また「させていただく」は丁寧語の「ます」と組み合わせて「させていただきます」と使う場合も多いため、本記事では同じ意味の言葉としてご紹介します。 「させていただく」が使えるのは2つの条件を満たしたとき 自分の行為・動作に対して 「させていただく」が使えるのは、以下の2つの条件を満たしたときが適切とされています。 それは 「第三者や相手から許可を受けている場合」と「自分が恩恵を受ける場合」です。 たとえば「会議の開始時刻を変更させていただきます」という文章があります。 これは予定を変更するには「相手の許可・了承」が必要で、また変更によって「自分が恩恵を受ける」という意味を持つため、正しい使い方といえます。 「させていただく」を使った例文 ビジネスシーンにおいて「させていただく」は、取引先やお客様に対して謙虚な姿勢を示す表現として使われます。 ここからは 「させていただく」を使った例文をシチュエーションごとにご紹介していきます。 相手から許可を受けている場合の「させていただく」を使った例文 「させていただく」は「頂く」と漢字で書かない 「させていただく」を「させて頂く」と表記している場合もありますがこれは誤りです。 「いただく」と「頂く」にはそれぞれ別の意味があるため、漢字とひらがなの表記を使い分ける必要があります。 漢字の「頂く」は「食事を頂く」や「プレゼントを頂く」など、「食べる・飲む」「もらう」の謙譲語として使用する場合に使われます。 一方ひらがなの「いただく」は「ご覧いただく」や「お越しいただく」など、補助動詞としての役割のときに使用します。 そのため「させていただく」はひらがなで表記するのが正解です。 二重敬語に注意 「させていただく」を使う場合は、敬語に敬語を重ねた「二重敬語」に注意しましょう。 そのため「させていただきます」を使うのは適切ではありません。 つい習慣で「させていただく」を使ってしまう人は、言葉に出す前に「相手の許可・依頼・恩恵を受けているか?」「いたしますに言い換えできないか?」と頭の中で整理するように心がけましょう。 ・I will happily participate to the wedding. 「させていただく」の正しい使い方をマスターしよう! 「させていただく」は「第三者や相手から許可を受けている場合」と「自分が恩恵を受ける場合」に使えるフレーズです。 これらの条件以外のパターンで「させていただきます」をむやみに使ってしまうと、敬語が使えない未熟な印象を与えてしまう可能性もあります。 適宜「いたします」と言い換え、「させていただく」を多用しないように工夫して使いましょう。 ビジネスシーンにおいて 「させていただく」は正しく適度に使えば、丁寧で低姿勢な態度を示すことができます。 相手や状況に応じて「させていただく」を上手に使いこなせるビジネスパーソンを目指しましょう!.

次の