仏壇 の 置き場 所 マンション。 仏壇の置き場所について|仏壇・墓石・墓地霊園選びのポイント|長野県 仏壇 墓石 墓地 霊園の一休さんのはなおか

マンションに仏壇を置きたい方必見!仏壇選びに役立つ知識

仏壇 の 置き場 所 マンション

新しく仏壇を設置する時や仏壇を移動したい時、向きや方角は気になるものです。 仏様やご先祖様をお祭りしている大切な仏壇です。 宗教や宗派、またお部屋に合った方角の 決め方がありますので、こちらで詳しくご説明します。 ぜひ、参考にしてください。 【もくじ】 仏壇の向きが持つ特徴 かつては、どの家にも仏間があったため、仏壇を設置する向きについて考えることはありませんでした。 しかし、現在の住宅事情では、仏間が無いだけでなく、和室がない家も多くあります。 そのため、どこに仏壇を設置したら良いか悩んでしまう方が多くいらっしゃいます。 仏壇の向きは、宗教・宗派の考え方によって異なり、それぞれ意味があります。 こちらでは、それぞれの方角が持つ意味をはじめ、宗教・宗派、またお部屋に合った場所に ついて詳しくご説明します。 ぜひ、最適な場所を選んでさしあげてください。 仏様は十方どの方角にもいらっしゃるので、仏壇を設置する方角に吉凶はありません。 しかし、昔から仏壇を設置する方向には諸説がありますが、 一般的に北向きは避けて設置します。 仏壇の方角 南面北座説(なんめんほくざせつ) 北向きを避けるのは、仏壇を南に向け、北を背にして設置する考え方で、 仏壇に直射日光が当たることがなく、風通しが良いことから、 家の中で最適な設置場所とされている考え方です。 本山中心説(ほんざんちゅうしんせつ) 本山中心説とは、仏壇の前に座って拝む時、拝む延長線上に信仰する 宗派の総本山がある方向に仏壇を設置する考え方です。 結果、 本山や住む場所によって、東向きにも西向きにも、そして南向きにもなります。 西方浄土説(さいほうじょうどせつ) 仏壇を東に向けて安置すると、 拝むたびに西方極楽浄土が あるとされている 西の方に向かって 礼拝できるとする考え方です。 西方浄土説の場合、極楽浄土である西方浄土の方向である西に向かって 拝めるように、 仏壇を東向きに設置します。 浄土真宗、浄土宗、天台宗はこの考えに基づいて、設置する方角を決めています。 宗派による考え方 宗派における仏壇の向き・方角 宗派によって、お勧めしている仏壇の向きや方角があります。 主な宗派に関して以下に書きます。 曹洞宗・臨済宗 南向きに置く、 南面北座説を勧めています。 これは、お釈迦様が説法をする時に、 南向きに座っていたと言われている事が関係しています。 浄土真宗・浄土宗・天台宗 浄土真宗・浄土宗・天台宗の3つの宗派は、ご本尊として阿弥陀如来を祀っています。 阿弥陀如来は西方浄土にいるとされていることから、その方角に向かって祈るため、 東面西座説である東向きが良いとされています。 真言宗 真言宗では、 本山中心説が良いとされています。 拝む方向の延長線上に総本山があるように、仏壇を置きます。 真言宗の総本山は、和歌山県にある高野山金剛峯寺となります。 日蓮宗 日蓮宗では、置く場所に決まった方角はなく、 自由に置いて構わないと言われています。 仏壇を置くのに適した部屋 仏壇を置くのに適した部屋には、 2 つの考え方があります。 ひとつは、 床の間のあるような場所で、家の中でもっとも立派な、 お客様をお通しする部屋に置くという考え方です。 もうひとつは、普段、家族が長く過ごしている 居間や 茶の間のような部屋を選ぶという考え方です。 仏壇を置くのに適さない場所 仏壇は、ご本尊やご先祖様の位牌の安置場所であると同時に、 繊細な細工を施した木製の工芸品でもあります。 そういう意味で考えれば、仏壇を傷めやすいような場所です。 例えば、 直射日光の当たる場所や、湿気の多い場所、 電子レンジや冷蔵庫のような熱を持つ電化製品の上、 音の振動が伝わるテレビやオーディオ機器などの上に置くのは 避けた方が良いでしょう。 仏壇を置くのに気を付けるポイント もうひとつ気を付けたいのは、 仏壇を設置した際のご本尊の高さです。 座ってお参りする場合は、ご本尊が目線よりやや上にくるようにします。 また、立ってお参りする場合には、 ご本尊が胸の高さより上になるよう設置します。 ご本尊を見下ろして拝むことにならないよう、背の低い上置きタイプの仏壇は、 床に直接置くようなことをせず、机や台の上などに乗せて安置しましょう。 部屋に神棚がある場合 仏壇を安置する部屋に神棚がある場合、 仏壇と神棚が向かいあわせにならないように配置します。 これは、片方を拝む際、もう片方にお尻を向けることになるのを防ぐためです。 また、仏壇と神棚を同じ向きに置く場合は、 神棚の真下が仏壇にならないようずらして安置してください。 まとめ お仏壇の設置場所についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。 初めてお仏壇を購入される、もしくは場所を移す場合や住宅事情によって、 置きたい場所に置くことができない場合もあるかと思います。 その様な場合でも、決まり事を知っていることで、考慮して設置する場所を決めることができ、 信仰や供養をすることができますので、ぜひ、参考にして、より良い場所に設置しましょう。 関連記事.

次の

マンション仏壇の選び方、その種類と置き場所について|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

仏壇 の 置き場 所 マンション

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ 仏壇の向きが持つ意味 宗教によって仏壇を置く方向が変わるのは、宗教の歴史上の意味があるためです。 仏教では、あらゆる方角に仏がいるという考え方があり、仏壇を置く向きに吉凶はありませんが、北に向けて置くことは避けられます。 ここでは仏壇の向きとして主である「東」と「南」の理由をお伝えします。 東向き(東面西座説) 東向きの東面西座説は、インドの慣習からきており、東は日の出の方角で立身出世の象徴とされています。 そのため、インドでは主人は東向きに座るのが良いといわれています。 これが日本にも伝わり、仏壇を東向きに置くようになりました。 また、極楽浄土は西方浄土とも呼ばれ、西にあるとされています。 その極楽浄土の方角を向いて祈るために、仏壇は東向きになっているという説もあります。 これを西方浄土説といいます。 南向き(南面北座説) 仏壇は南向きがよいとする南面北座説は、中国の慣習からきているといわれています。 王などの高貴な人は南を向いて座る習慣があったため、家来は北を向いて座ります。 古代中国ではこれが一般的で、日本でもこれに倣って敬う人は南向きに座るようになりました。 それ故に、敬うべき仏も南を向くのです。 宗派ごとの仏壇の向き 各宗派では、どの向きに置かれているのでしょうか。 曹洞宗・臨済宗 曹洞宗と臨済宗では、仏壇を 南向きに置くことが多いです。 これには、先ほど紹介した中国の習慣とは別に、釈迦が説法をするときに南向きに座っていたといわれていることも関係しています。 曹洞宗では実際に、場所条件さえ合えば南向きに置くことを推奨しています。 浄土真宗・浄土宗・天台宗 浄土真宗、浄土宗、天台宗の3つの宗派は、仏壇を 東向きに置くことが多いです。 この3つの宗派は、本尊として阿弥陀如来を祀っています。 阿弥陀如来は西方浄土にいるとされているため、その方角に向かって祈るために仏壇は東向きになっています。 真言宗 真言宗は、ここまででご紹介した説に当てはまらない、本山中心説です。 本山中心説とは、拝む方向の延長線上に総本山がくるように仏壇を置くため、 方角が決まっているわけではありません。 仏壇を置く部屋と本山との位置関係により、方角は変わるのです。 日蓮宗 日蓮宗では、特別どの方角に向けて置くというものはありません。 そういったことは気にせず、自由に置いても良いとされています。 しかし、それでも他の宗派の話などを聞くと、仏壇を置く向きについて気になることもあるでしょう。 そういった場合は、祈祷によって置く方角を占ってもらうこともできます。 置き場所を決めるときに注意すること 仏壇を置く方角は、宗派によりある程度決まっていますが、置く場所によってはいくつか気を付けなければならないことがあります。 直射日光などの環境に注意 これは特に、本山中心説の場合に注意が必要です。 太陽は東からのぼるため、東側に窓がある部屋では直射日光が差し込みます。 そのような環境で、西側に本山があるからと東側に仏壇をおいては、仏壇が直射日光を浴びてしまうことになります。 ほかには多湿など、仏壇を置くのに適さないこともあります。 このような場合、置く部屋や向きを変える必要があります。 神棚と向かい合わせにしない 神棚と仏壇が同じ部屋にある家も珍しくはありません。 日本では神仏習合(しんぶつしゅうごう)によって、神道と仏教が同一視された時期があったためです。 しかし、 同じ部屋にあること自体には問題がないものの、向かい合わせに置かれていればそれは問題となります。 向かい合わせに置いた場合、神棚に祈っているときは仏壇に、仏壇に祈っているときは神棚にお尻を向けてしまうことになります。 神仏両方にとって大変失礼なことですので、向かい合わせにしないようにしましょう。 床の間と向かい合わせにしない 向かい合わせについては、床の間と仏壇を向かい合わせにすることもいけないとされています。 床の間は、その家でも 最高の上座になります。 そのため、これに向かい合うように置かれた仏壇は、下座の扱いとなってしまいます。 逆に、床の間に仏壇を置くことは最上であるともいわれているので、床の間に仏壇を置くのは良い事とされています。 現代の住宅事情に合った仏壇 置き場所の注意点をお伝えしましたが、マンションやアパートに住んでいる方は、スペースが手狭で置きたい場所に仏壇を置けない場合もあるでしょう。 現代の住宅事情に合った、どのお部屋のインテリアにも合わせられる、小型の仏壇もございます。 参考: 仏壇への供物にも正しい向きがある 仏壇にお供え物をするとき、そのお供え物に掛紙や包み紙がついていることがあります。 お供え物には名前などが書かれていますが、その文字が自分たちに向くように置くのが良いとされています。 仏にお供えするものであるから仏に向けるべきだという意見もありますが、お供え物は仏に差し上げるという意味ではなく、仏から下されたものだと受け止めます。 受け取るのが自分たちであるため、文字も自分たちの方を向くようにして置くのです。 まとめ 仏壇やそれに関係するものは、置くときの向きについても理由があり、決められています。 必ずその通りにしなければいけないわけではありませんが、より深い信仰と供養をするために、考慮して決めるようにしましょう。 「小さなお葬式」では、どのお部屋にも合うコンパクトな仏壇を、低価格でご用意いたしております。 和室にも洋室にもマッチする仏壇や、伝統的で本格的な作りの仏壇など、お手頃価格で購入いただけます。

次の

お仏壇の最適な向きが分かる!宗派や部屋に合った方角の決め方

仏壇 の 置き場 所 マンション

省スペースな仏壇の種類 マンションなどにオススメな仏壇のサイズ マンションでの仏壇の置き場所は? マンションの場合、戸建てと違い、仏間などなく、部屋数や広さも限られていることと思います。 限られた部屋の中から、仏壇を安置する場所を決める際には、以下の点を確認しながら選ぶと良いでしょう。 ・風通しが良く、直射日光が当たらない場所 (例)リビング、和室 仏壇は繊細なものになりますので、湿気が多かったり、直射日光が当たったりすることで カビが生えたり、変色したり、場合によっては壊れてしまいますので、注意が必要です。 ・人が集まり、手を合わせやすい場所 (例)リビング、和室 仏壇に手を合わせるのは、1日2回なので、1年間で約730回となります。 これだけの回数手を合わせるため、少しでも手を合わせやすい場所を選びましょう。 ・正座をした際、ご本尊が自分の目線より上になる場所 自分の目線より下に安置した場合、仏様を見下すことになるため、失礼な行為となりますので、 注意が必要です。 不安な場合は、事前に安置を予定している場所に正座をして確かめることをお勧めします。 ・神棚と向かい合わせにならない場所 神棚と向かい合わせにした場合、片方を拝んでいる間、もう片方にお尻を向けてしまうことになり、 とても失礼な行為となりますので、気をつけましょう。 マンションへ仏壇を移動するなら マンションへ仏壇を移動する場合、移動前と移動後に行う儀式がありますので、以下をご参照ください。 これは、仏壇の安置場所を移動する場合には、必ず必要となりますので、事前に執り行ってくださる お坊様もしくは業者に予約を入れておきましょう。 また、マンションへの移動を機に、新しい仏壇を購入するために、古い仏壇の処分が必要な場合は、 お寺のお坊さま、仏具店もしくは廃棄専門の業者に予約をしておくことをお勧めします。 一般的に、新旧の仏壇を同時に安置することはありませんので、注意が必要です。 (移動前に執り行う儀式) ・閉眼供養:仏壇に宿っている魂を抜く儀式となり、「魂抜き」とも呼ばれます (移動後に執り行う儀式) ・開眼供養:新しい仏壇に魂を入れる儀式となり、「魂入れ」とも呼ばれます 仏壇を置く場所が無い方にお勧めの「自宅供養」 家族葬など、規模の小さい葬儀の普及とともに、少しずつ認知されてきている、故人を供養する方法の一つで、 「手元供養」とも呼ばれています。 一般的に故人の遺骨はお墓もしくは納骨堂に納めますが、自宅供養の場合は、遺骨もしくは 遺灰を骨壷に入れて自宅に安置したり、ペンダントなど身につけるものの中に納めたりします。 そのため、仏壇を安置する場所が無い方やお墓や納骨堂が遠方にあり自宅供養を希望されている方、 もしくはお墓や納骨堂の購入を控えたい方などにお勧めしたい供養の方法となります。 自宅供養や供養の方法について分からない方にとっては、不安が多いかと思いますが、こちらで、 自宅供養の方法やメリット・デメリットについて詳しく説明していきますので、ぜひ、お役立てください。 自宅供養の方法 まずは、自宅供養の方法についてご紹介します。 自宅供養の方法は大きく分けて「全骨供養」と「分骨供養」2種類あります。 全骨供養は、火葬後収骨した遺骨全てを骨壷に入れて、自宅に安置して供養する方法となります。 対して、分骨供養は、遺骨の一部を骨壷や置物、ペンダントや指輪の中に収骨したり、遺骨そのものを ブレスレットやペンダントに加工したりして供養する方法となります。 全骨供養と分骨供養とで、 どちらの方法の方が供養として良いということはありませんので、ご自身の好みや生活スタイルに合う方を選ぶと良いでしょう。 ちなみに、地域によっては遺骨全てを回収する風習がありませんので、全骨供養と言っても意味合いが 変わってくる場合があります。 大きく分けて、西寄りの地域は遺骨の一部のみを収骨しますが、 関東圏始め東寄りの地域は全ての遺骨を収骨します。 もし、西寄りの地域で火葬をされる場合で、全ての遺骨を収めたい場合は、 事前に葬儀会社や火葬場に相談されることをお勧めします。 自宅供養で仏壇を設置しない場合はどうしたら良いの? 自宅供養で仏壇を設置しない場合は、「飾り棚」と呼ばれる手元供養のものを置くための棚を使うことをお勧めします。 サイズとして、1m以内の物が主流となっていますので、狭い場所にも設置しやすくなっています。 自宅供養のメリット・デメリット 自宅供養が拡がりつつありますが、やはりメリットとデメリットがあります。 自宅供養を希望される場合は、メリットとデメリットを比較して決めることをお勧めします。 (メリット) ・出費が少なくてすみます 墓や納骨堂を準備する場合、一般的に数十万円〜数百万円に管理費が発生しますが、 自宅供養の場合は墓や納骨堂にかかる費用が発生しない分、安くてすみます ・故人に側にいて欲しいという願いが叶います 大切な方の死は受け入れ難く、いつまでも側にいて欲しいと思うものです。 自宅供養の場合、遺骨が側にあることで、故人が側にいてくれると思え、支えにすることができます ・子供への負担が減ります 少子化が続いて、兄弟がいない子供も増えてきている中、 子供にお墓や納骨堂を守っていくという負担をかけずに済みます (デメリット) ・自分が死んだ後の問題 自分が生きている間は供養をすることができますが、自分が亡くなった後は、 残された家族は自宅供養を続けるか、改めて墓や納骨堂を購入することになってしまいます。 ・自宅供養の受け入れ 周りの人が全て、自宅供養を受け入れているわけではありません。 四十九日を過ぎて納骨をしていないと、故人が成仏できないという、昔からの言い伝えもあり、 特にお年を召された方々には受け入れてもらうことが難しいと考えましょう。 ・遺骨の紛失 自宅で供養をしていて、水害や地震などの天災が原因で、遺骨がなくなってしまう場合があります。 特に全骨供養の場合、天災の発生により、故人の遺骨を全て無くしてしまうことになります。 自宅供養を行う場合の注意点 自宅供養を行う場合、いくつか注意することがあります。 これは、ご自身だけの問題ではありませんので、 必ず確認することをお勧めします。 ・身内の方々の賛同を得てから行いましょう まだ一般的でない供養の方法となりますので、人によっては快く思えないことがあります。 ご自身以外の方の気持ちを差し置いて勝手に決めてしまった場合、いさかいが生じたり、わだかまりや しこりを残したりすることになってしまいます。 必ず事前に相談をし、決めておきましょう。 ・お寺に事前に連絡しましょう 決まったお寺がある場合は、お坊さまは納骨されるものとして準備を進められることがありますので、 事前に自宅供養であることをお知らせしておきましょう ・カビが生えないように気をつけましょう 骨壷に入れた遺骨は、高温多湿の環境に置いた場合、カビが生えてしまうことがあります。 防止策としては、骨壷を入れてあった桐箱に入れたまま安置することをお勧めします。 また、高温多湿を避けるために、安置している部屋はエアコンなどで、最適な環境づくりをしましょう。 ・葬儀会社に事前に伝えておきましょう 葬儀をお願いした葬儀会社に事前に伝えておくことをお勧めします。 事前に伝えておくことで、自宅供養に関しての助言等もらえることが多いためです。 まとめ マンションを中心に狭い場所での仏壇の設置や自宅供養について説明してきましたがいかがでしたか。 身内の死はまだ先だと思っている方も多いと思いますが、死は突然やってくることもあります。 ご自身で決められていることや希望がある場合、早めに調べて、身内で相談しておくことで、 ご自身にとっても、故人にとっても、気持ちの良い供養の形になることでしょう。 商品のお届けについて 振込確認日より10日前後で発送いたします。 (位牌の場合は、位牌原稿とお支払いの確認が取れてから10日前後で発送いたします。 ) お振込のタイミングによっては、取扱い在庫がなくなる場合があります。 送料について すべての商品を、 送料無料で全国にお届けいたします。 お支払いについて お支払い方法はクレジットカード、または銀行振込からご選択いただけます。 期日内にお振込みの確認ができなかった場合はキャンセルいたします。 返品交換・キャンセルについて ご注文後のキャンセルは承っておりません。 予めご了承ください。 お仏壇の返品に関してはをご覧ください。 ご返品、交換を承ります。

次の